平沼淑郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平沼 淑郎(ひらぬま よしろう、1864年3月14日文久4年2月7日)- 1938年昭和13年)8月14日)は日本の経済学者。法学博士。第三代早稲田大学学長。元首相平沼騏一郎の兄。字は君一。鶴峯、洋堂学入、灑骨野人、鶴廼家などと号す。平沼赳夫は曾孫。

早稲田大学商学部長として学部の充実に貢献し、商学部棟の1階に朝倉文夫作の胸像がある。

年譜[編集]

その他[編集]

  • 官位:従五位勲四等(没後特旨により従六位より位二級追陞)
  • 法名:祥雲院殿仁誉高風鶴峯居士

家族 親族[編集]

家系[編集]

平沼家について『日本現今人名辞典』(1900年(明治33年))に「…其先詳ならず八代の祖織右衛門延良駿府[2]與力たり弓術に長ず享保[3]津山藩士籍に列す父を晋と云ふ」とある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)24頁
  2. ^ 駿府は今の静岡市
  3. ^ 享保江戸時代中御門天皇桜町天皇の時代。西暦1716年から1735年までの期間。

外部リンク[編集]