東京専門学校 (旧制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京専門学校から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京専門学校の校舎と学生たち(1884年5月)

東京専門学校(とうきょうせんもんがっこう)は、1882年(明治15年)、大隈重信により東京府に設立された私立学校

この項目では1902年に東京専門学校から改称し、1904年以降専門学校令に準拠した早稲田大学についても扱う。

概要[編集]

東京専門学校の設立者・大隈重信の像 / 現在の早大早稲田キャンパス内に立つ

現在の早稲田大学の源流は、東京専門学校の校地に所在していた宝泉寺学寮佐賀藩校弘道館[1](のち蘭学寮[2][3]致遠館)、北門義塾など様々な説があるが、直接の前身は大隈重信を中心に、小野梓ら東京帝国大学出身者らが結成した「鷗渡会」のメンバー(高田早苗市島謙吉坪内逍遥天野為之早稲田四尊)が設立した本校であると考えるのが一般的である。イギリス政治学の教育に重点をおき、東京大学のようにドイツ流の法学を中心とする学問体系と異なり、政治学と経済学の融合を志向した政治経済学の構築を目指した。そのため、法学部が文系学部の中心学部であることが多い他の大学と異なり、政治経済学部が現在もなお早稲田大学の看板学部・中心学部となっている。また、当時のいわゆる「五大法律学校」の一つに数えられたが、他の私立法律学校と異なり理学科・文学科を併設するなど総合教育への志向が見られた。開校時校舎として使われていた洋館造りのグリーンハウスは、まだ明治大学記念館(1911年竣工)や慶應義塾旧図書館(1912年竣工)が建造される以前から存在し、バンカラな校風とは対照的にモダンな雰囲気があり、東京専門学校の象徴的な建物であった。現在は、早稲田大学の軽井沢セミナーハウスに復元されている。

なお、東京専門学校の設立に先行して大阪専門学校(1879年)・石川県専門学校(1881年)が設立されている[4]が、東京専門学校を含め、これらの「専門学校」とは一般的な高等教育機関の意であり、その後制定された専門学校令(1903年)に準拠する旧制専門学校とは制度的に異なる。

沿革[編集]

小野梓
高田 早苗
天野為之
坪内逍遥
大正期の早稲田大学

設立の背景[編集]

明治十四年の政変により下野した大隈重信は、河野敏鎌小野梓らとともに立憲改進党(総裁:大隈重信、副総裁:河野敏鎌)を結党した(党では、大隈は矢野文雄(大隈重信のブレーン、名改め、号龍渓)ら慶応義塾出身者らも呼び付け登用した[5])。大隈重信が呼び付けた東京帝国大学出身者で将来有望な幹部候補の卵達で結成された「鴎渡会」のメンバー(高田早苗天野為之市島謙吉ら)の支援を受け[6]、やがて樹立されるであろう立憲政治の指導的人材の養成を主たる目的として学校の設立を構想した。しかし、それ以前に、アメリカ留学で理学を学んだ娘婿の大隈英麿が理学の学校の創立を大隈に勧めていたが、理学は学生が集まらず早々に廃止された。

この構想はさっそく翌1882年(明治15年)に入って具体化し、9月には「政治を改良し、その法律を前進」することを標榜した「東京専門学校」の開設が公表された。そして入学試験を経て10月21日東京専門学校の開校式が挙行され、小野梓は「学問の独立」を宣言した。

一国の独立は国民の独立に基き、国民の独立は其精神の独立に根ざす。而して国民精神の独立は実に学問の独立に由るものであるから、其国を独立せしめんと欲せば、必ず先づその精神を独立せしめざるを得ず。しかしてその精神を独立せしめんと欲せば、必ず先ず其学問を独立せしめなければならぬ。これ自然の理であつて、勢のおもむくところである。[7]

学校存続の危機[編集]

設立当初は政治経済学・法律学・理学の3学科が設置(その後理学科は廃止)され、のちに坪内雄蔵(逍遥)を中心に、日本最初の純粋な文学研究学科として文学科も設置された。

しかし官学中心主義をとる政府は、東京専門学校が「学問の独立」を謳っていたにもかかわらず、大隈が設立に関与していたことから、これを改進党系の学校とみなし、私立校への判事・検事および大学教授(すなわち東大教授)の出講禁止措置など、さまざまな妨害や圧迫を加えた[8])。また、自由民権運動と政治運動を気風とし、文部省の文部大書記官辻新次・少書記官穂積陳重の巡視を受け、看過できない落書きが構内にあった、と参議に報告されている[9]。しばらくの間東京専門学校は講師の確保にも窮する状態が続き、一時は同じく英法系で新設の英吉利法律学校中央大学の前身)との合併話が持ち上がるほどであった。

しかし、第1回卒業式(得業式)には、来賓として、鍋島直彬辻新次外山正一福澤諭吉中村正直穂積陳重北畠治房中島永元杉浦重剛野村文夫尾崎行雄ら各界の名士数十人が数えられて、開校式の大きさに匹敵する盛大さがあった[10]

また第1議会学苑関係議員には、高田早苗、天野為之、岡山兼吉などの他、犬養毅関直彦藤田茂吉などもいた[11]


早稲田大学への移行[編集]

東京専門学校は、明治時代に創立した私立の法律学校のうち、東京府(現在の東京都)下に所在し、とくに教育水準が高く特別許認可を受けた五大法律学校の1つであった。1886年(明治19年)に「私立法律学校特別監督条規」により、帝国大学総長の監督下となった帝国大学特別監督学校の5校のうちの1校である。 明治30年代以降、学校の運営はようやく安定を迎えてその体裁を次第に整え、大学昇格を展望して組織を改編し、1902年(明治35年)9月に「早稲田大学」への改称が認可された。ただしこの時点では、早稲田大学は制度上の大学(旧制大学)ではなく、その後、1904年(明治37年)4月に専門学校令に準拠する高等教育機関(すなわち旧制専門学校)となり、1920年(大正9年)2月5日、大学令による大学となった(大学令により慶應義塾大学と共に私立大学として最初に認可された[12])。

略年表[編集]

  • 1882年8月 - 学校名を「東京専門学校」と決定。
  • 1882年9月22日 - 『郵便報知新聞』に開設広告掲載。
  • 1882年10月21日 - 開校。78名が入学。
政治経済学科・法律学科・理学科の3学科および英学科を設置。理学科を除く2学科は修業年限3年、理学科は4年。
  • 1883年9月 - 予科を設置(修業年限1年)。政治経済学科を「政治学科」と改称。
  • 1884年6月 - 学生団体「同攻会」の結成。
  • 1884年7月26日 - 第1回卒業式。
  • 1885年 - この年以降、理学科の募集を停止。高等科(のちの研究科)を設置。
  • 1886年 - 私立法律学校特別監督条規により、帝国大学総長の監督下となった帝国大学特別監督学校の5校のうちの1校となる。
  • 1886年5月 - 各学科の講義録を発行し校外生の募集を開始。
  • 1886年9月 - 学部制を施行し政治学科・法律学科・英学科をそれぞれ政学部・法学部・英学部と改称。修業年限を4年に延長。
  • 1886年11月:英学部を除く2学部の修業年限を3年に復旧。
  • 1887年6月 - 文部省令「特別認可学校規則」公布にともない学部制・高等科の廃止。
修業年限3年の政治科・法律科(司法科=第一法律科)・行政科(第二法律科)・英学本科・兼修英学科を設置。
  • 1887年秋 - 「講義録」発行元として出版局を設置。現・早稲田大学出版部の前身。
  • 1887年11月 - 政治科・第一法律科・第二法律科をそれぞれ邦語政治科・邦語第一法律科(司法科)・邦語第二法律科(行政科)に改称、英語政治科・英語第一法律科(司法科)・英語第二法律科(行政科)の3英語専門科を新設。また英学本科・兼修英学科を英語普通科・英語兼修科に改称し前者を英語専門諸科への進学課程とする。高等小学校卒業者を対象とする2年制の予科を新設。
  • 1888年 - 予科の修業年限を1年に短縮。政治科を除く法律科、行政科の2学科が特別認可学校となって文部省の管轄下に入り徴兵・就職などで特典。
  • 1890年9月 - 文学科を新設(修業年限3年)。
  • 1891年9月 - 予科を廃止し政学部・法学部・文学部の3学部制を復活。
  • 1892年10月21日 - 創立10周年祝典挙行。
  • 1893年 - この年の夏期休暇以降、各地の校友会と連携し巡回学術講演会を開催。
  • 1893年9月 - 卒業者を対象とする修業年限2年の研究科を新設。
  • 1896年4月 - 早稲田尋常中学校設立。東京専門学校への「予備門」的性格をもつ。
  • 1897年7月20日 - 創立第15周年記念祝典を挙行。大隈重信が初めて学校公式行事に出席。
  • 1898年11月 - 「財団法人東京専門学校」設立。現在の学校法人早稲田大学の前身。
  • 1899年 - 文学部修業年限を3年半に延長。3月には修業年限1年の高等予科設置。
  • 1900年2月 - 大学部設置。
  • 1901年4月 - 高等予科を大学部への予備門とし修業年限を1年半に延長。
  • 1902年9月2日 - 早稲田大学への改称が認可される。
  • 1903年 - 高等師範部設置。
  • 1904年 - 専門学校令準拠の教育機関となる。
  • 1907年4月 - 校長・学監制を廃し、総長・学長制を採用。
  • 1908年 - 理工科設置。
  • 1911年 - 恩賜記念館竣工。
  • 1917年 - 早稲田騒動起こる。
  • 1920年2月5日 - 大学令準拠の早稲田大学となる。

歴代校長[編集]

  • 第1代:大隈英麿(1882年 - 1886年)
  • 第2代:前島密(1887年 - 1890年)
  • 第3代:鳩山和夫(1890年 - 1902年)
    • 1902年 - 1907年、早稲田大学校長。

主な講師陣[編集]

以下、「明治二十三年十月 東京牛込早稲田 私立東京専門学校」、『早稲田大学百年史』による[13]

校地の変遷と継承[編集]

開校に先立ち、東京府下早稲田(当時は南豊島郡下戸塚村内、現新宿区)に所在していた大隈の別荘に隣接して校舎が建設された。明治時代まで学校の敷地の大部分が寶泉寺の寺領、水稲荷神社の社領であった。大隈重信も足繁く通ったという。徒然草の「仁和寺にある法師」にもあるが、大物政治家や企業経営者は、寺院の住職や占いなどを頼りにする部分も大きく、大隈も政治的判断等に決断を迫られた際に、寺の住職から何がしかの鶴の一声があったと容易に推測できる。早稲田の校地は、相良剛造(大隈の甥)、山本治郎兵衛ら大隈家が所有していた土地を借用する形で始まった[15]。その後の早稲田大学への改称・昇格を経て近隣地の取得により拡大しつつも、現在の早大早稲田キャンパスへと継承されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『早稲田大学百年史第一巻 第五章 朱子学と弘道館 P40-』
  2. ^ 大隈重信は、弘道館、蘭学寮で学び、弘道館教授、蘭学寮頭取となった。のちフルベッキと長崎に致遠館設立。
  3. ^ 佐賀市地域文化財データベースサイト
  4. ^ ただしこの2校は、東京専門学校とは異なり、江戸時代以来の洋学校藩校が明治維新後、中等教育相当の外国語学校に改編されたものを母体として設立された官・公立の学校である。大阪専門学校は大阪英語学校を前身に官立学校として設立され、のち(旧制)第三高等学校へと発展し、現在の京都大学の源流の一つとなっている。「京都大学 沿革」参照。石川県専門学校は金沢藩校「明倫堂」の系譜をひきつぐ中学校師範学校を前身に県立学校として設立されたもので、のち(旧制)第四高等学校へと発展し、現在の金沢大学の源流の一つとなっている。今井一良、「加賀英学の系譜・石川県啓明学校開設前後」 『英学史研究』 1977 年 1978 巻 10 号 p. 109-119, doi:10.5024/jeigakushi.1978.109, p.114参照。
  5. ^ 『早稲田大学百年史』
  6. ^ 『早稲田大学百年史』
  7. ^ 中村尚美 『大隈重信』 吉川公文館、177頁 ISBN 4-642-05026-4。なお、大隈重信は開校式を欠席した。
  8. ^ 『法科回顧録』「回顧座談会」より抜粋記事
  9. ^ 「初期東京専門学校入学生の志と活動」(真辺将之)
  10. ^ 『早稲田大学百年史』
  11. ^ 『早稲田大学百年史』
  12. ^ 官報』1920年2月6日、文部省告示第36号。
  13. ^ 『早稲田大学百年史』1巻~3巻
  14. ^ 専修大学ホームページ
  15. ^ 『図録 大隈重信の軌跡』(早稲田大学大学史資料センター 2015年9月18日発行)

関連文献[編集]

事典項目
単行書

外部リンク[編集]