時子山常三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

時子山 常三郎(とこやま つねさぶろう、1900年4月9日 - 1984年6月26日)は日本経済学者早稲田大学第9代総長

長男は元一橋大学教授で経済学者の時子山和彦

人物[編集]

早稲田大学総長として先代・阿部賢一総長に引き続き大学紛争の解決に力を注ぎ、また大学史の編纂事業を手がけた。

早稲田大学雄弁会の学生弁論大会で優勝した海部俊樹(後の第76・77代内閣総理大臣)を「海部の前に海部なし、海部の後に海部なし」と評した。