島田孝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:島田孝一の画像提供をお願いします。2019年8月

島田 孝一(しまだ こういち、1893年 - 1987年)は、日本交通経済学者。商学博士[1][2]

第6代早稲田大学総長1946年 - 1954年)、流通経済大学初代学長1965年-1974年)、日本交通学会初代会長(1941年-1973年)。初代日本私立大学連盟会長(1951年 - 1955年)。

来歴[編集]

東京麹町の番町(現・千代田区四番町)で生まれた[3]。父は衆議院議員でジャーナリストでもあった島田三郎

1906年東京高等師範学校附属小学校1911年東京高等師範学校附属中学校を卒業。

1917年早稲田大学大学部商科を卒業[1]ペンシルベニア大学ウォートン・スクール留学、帰国後は早大にて交通経済学、鉄道経済論、電車及自動車論等を講じた。

人物[編集]

大学総長として[編集]

太平洋戦争大東亜戦争)の敗戦後、GHQ/SCAP(連合国軍最高司令官総司令部)による教育機関の民主化、反軍国主義化の苛烈な措置が取られてゆく中で、早稲田大学においても大学総長の公選制が導入され、1946年5月総長選においては敗戦による歴史観の転換を受け、当時の史学界でカリスマ的な存在となりつつあった津田左右吉が選出されたものの、津田が総長就任を固辞したため、再選挙の結果島田が当選し、同年9月より第六代早稲田大学総長に就任した[4]

占領下の学制改革による旧制大学から新制大学への移行に伴い大学が混乱する中で、専門部・夜間専門学校の廃止と第二学部の発足、教旨の改訂(第四節から「立憲帝国の忠良なる臣民として」の一文を削除)[5]、新制大学院修士課程博士課程の設置など、大学教育の制度や価値観が変わりゆく中、戦後の再出発を図る早稲田大学の環境整備に務めた[4]

1964年に早稲田大学を定年退職。日本通運株式会社に設けられた、大学設立準備委員会(学校法人日通学園及び流通経済大学設立のために設けられた組織)に、顧問として委嘱され、交通・物流関連のカリキュラム策定に携わる[要出典]

1965年、学校法人日通学園理事及び流通経済大学の学長に就任[6]

1974年、流通経済大学学長を退任。日通学園の理事は1984年まで継続[要出典]

人柄[編集]

島田について流通経済大学学長の佐伯弘治は「資性温厚で、感情を露にされるようなことのない方であるが、時折、反権力的なキリッとした姿勢をのぞかせることがあった。」と述べている[3]。趣味は登山、スキー[1]ゴルフ[2]。宗教はキリスト教[1]

家族・親族[編集]

父・島田三郎
島田家

東京都千代田区四番町

  • 父・三郎(政治家、ジャーナリスト)
1852年 - 1923年
  • 母・信子(神奈川、西村喜三郎の姉)[7]
1873年 -
  • 妻・嘉津子(福井安次郎の二女)[2]
1904年 -
親戚
  • 西村喜三郎(絹織物商)[7]

著書[編集]

  • 『交通経済学概論』(東京泰文社, 1929年
  • 『自動車運送の経済学的研究』(丸善, 1932年
  • 『交通賃率の研究』(東京泰文社, 1933年
  • 『陸運経営論』(東洋出版社, 1935年
  • 『自動車及航空』(春秋社, 1937年
  • 『交通論』(千倉書房, 1937年
  • 『交通経済学研究』(東京泰文社, 1938年
  • 『陸運問題研究』(丸善, 1940年
  • 『交通政策』(千倉書房, 1942年
  • 『南方交通論』(千倉書房, 1943年
  • 『米国における労働と経営』(早稲田大学人文科学研究所, 1947年
  • 『米国鉄道政策研究』(早稲田大学出版部, 1954年
  • 『早稲田とともに』(島田孝一, 1964年

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『早稲田大学紳士録 昭和15年版』431頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月10日閲覧。
  2. ^ a b c 『人事興信録 第12版 上』シ61頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月11日閲覧。
  3. ^ a b 昭和57年初春 流通経済大学学長 佐伯弘治、島田孝一先生米寿記念号によせて。
  4. ^ a b ワセ歴 第9回 敗戦から創立125年までの歩み
  5. ^ ワセ歴 第5回 創立30周年
  6. ^ 早稲田人名データベース 島田孝一
  7. ^ a b 『人事興信録 第4版』に26頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月11日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 早稲田大学紳士録刊行会編『早稲田大学紳士録 昭和15年版』早稲田大学紳士録刊行会、1939年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版 上』人事興信所、1940年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]