ウォートン・スクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォートン・スクール
創立 1881
学校種別 私立
運営資金 $691 million
学部長 トーマス・ロバートソン
教職員 304
学部生 2,305
大学院生 1,671
所在地 アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア
Alumni 81,000
所属提携 ペンシルベニア大学
ウェブサイト http://www.wharton.upenn.edu/
テンプレートを表示

ペンシルバニア大学ウォートン校(ウォートン、ウォートン校とも呼ばれる): The Wharton School of the University of Pennsylvania)は、アイビー・リーグ (en:Ivy League)8校の中のペンシルベニア大学ビジネススクールである。

1881年フィラデルフィア実業家であるジョセフ・ウォートン(en:Joseph Wharton)の寄付により設立された。

ウォートン・スクールは、ビジネスウィーク誌のMBAランキングで1994年からおよそ10年間に亘って1位の座を獲得したほか、フィナンシャル・タイムズ紙によるランキングにおいても最近の2008年発表を含め9年連続して1位をとるなど、世界的に最も高い評価を受けているビジネススクールである。また、ウォートン・スクールは全米で最初に設立されたビジネススクールとしても知られており、ファイナンスを中心に、マーケティングやマネージメントも実用性の高いプログラムを提供している。

歴史[編集]

フィラデルフィア出身のジョセフ・ウォートンは、工業用の冶金分野においてリーダー的な存在であり、アメリカン・ニッケル・カンパニー、そして、ベツレヘム・スティールを興し、富を築いた。ウォートンは、自身のビジネスが成長するにつれて、ビジネスに必要な知識が徒弟制度を通じてのみ伝えられており、産業革命のさなかにおいて大きな経済を作り出す上で、大きな制約となる事に課題を感じた。2年間の構想期間を経て、ウォートンは1881年に10万ドルを寄付し、ウォートン校(Wharton School of Finance and Economy )を創設した。これは米国における最初のビジネススクールであった。工業化が進展する社会において、企業や公共団体を指導するリーダーを育成するのが学校の目的であった。「現代のビジネス闘争を勝ち抜くため」の教育を施すとされた。

学校の設立当初より、彼は、若者に対し、営利・非営利団体の運営において、必要とされる知識の伝達と財務や経済のスキルを身につける事が目的とされ、これらの重要な分野において誤謬のない正確な知識を身につけ、公私両面において共同体の役に立つ事が目的とされた。要するに、ファイナンスと経済におけるリベラル教育を施すための手段を確立する事がモック的だったのである。

1902年に学校は、the Wharton School of Finance and Commerceと名称変更され、1972年に単純にウォートン校と変更された。

初期における教授陣は、Philadelphia School of Political Economyという学校を組織していたビジネスマンや銀行家、法律家などで形成された。ビジネス教育の分野がまだ未発達だった当時に、教授陣は、社会科学をウォートンのカリキュラムに持ち込んだ。 弁護士であるAlbert S. Bolles氏が最初の教授を務め、1921年には産業研究部門が設立された。

ノーベル経済学賞を受賞したSimon Kuznets教授は、国の生産量、価格、投資、資本蓄積などに関する統計データを作り出し、季節性や景気サイクル等の実社会におけるトレンドを測定した。彼の研究は、GNPやGDPの標準的な測定手法の基礎を作った。彼は、全ての国の経済活動に関し、同じ統計情報を整えるべく、国際的な努力を行った。 同じくノーベル経済学賞受賞者である、Lawrence Klein教授は、経済理論に数学を組み合わせ、初の米国経済の経済学的モデリングに成功し、経済理論のテストや将来の経済トレンドの予測が可能となった。

George W. Taylor教授は、インダストリアルリレーション(労使関係論)の分野を創設した。

大学ランキング[編集]

大学全体のランキング[編集]

ビジネススクールのランキング[編集]

学校全体のグローバルランキング[編集]

QS 5
Times Higher Education 9

MBAのグローバルランキング[編集]

Business Insider 1
Economist 12
Financial times 4

MBAの米国ランキング[編集]

Bloomberg Businessweek 5
Forbes 7
U.S. News & World Report 4
Vault 4

米国の学部プログラム[編集]

Bloomberg Businessweek 16
U.S. News & World Report

2003年12月5日に、ウォートン校は、学生のプライバシーへの配慮や、ランキングの算出方法に懸念があるとして、ビジネススクールのランキングを算出するプログラムへの不参加を決定した。一方で、ウォートンは、ビジネス教育の分野において、世界トップの教育機関であると広く認められている。

U.S. News & World Reportによる2014年〜2015年期間のランキングによれば、ウォートンの学部プログラム(Undergraduate program)がランキングの1位、MBAのプログラムが1位、エグゼクティブMBAのプログラムが1位と評価されている。3分野において、同時に1位を獲得したのはウォートン校が唯一である。ウォートンの学部プログラムに関しては、ランキングが始まって以来、常に1位を獲得し続けている。フィナンシャルタイムズによれば2000年〜2009年の間にウォートン校がランキング1位となり、2011年にも再び1位となり、全体を通じて最もランキングが高い学校として評価されている。また、ビジネスウィークのランキングにおいても、4年連続で1位に選ばれている。2016年のコーポレートナイト誌の評価によれば、社会や環境に与えたインパクトの観点で、世界中で27位にランキングされている。

ウォートンは、ファイナンス教育において有名である。U.S. News & World Reportのランキングが始まって以来、ファイナンス部門では常に1位の評価である。QSグローバル(QS 200 Business Schools Report 2013/2014)のランキングにおいても、ファイナンス部門でトップの評価であり、「ウォートンはファイナンス部門での卓越さを示し1位の座に輝いた」との評価を得ている。ニューヨークタイムズは、ウォートンの学部プログラムを受けている学生を評価して、ウォールストリートのプロフェッショナルファームの人材に、最も近い存在であると評価し、Poets & Quants誌も、ウォートンのプログラムは、非常に濃密な教育プログラムと学生間での競争的なカルチャーにより、ファイナンス分野における唯一最高のプログラムであると評価している。

ウォートン校は、学会や企業の採用官などからも毎年高い評価を受けている。

ウォートン校のエグゼクティブMBAは、Poets & Quants誌のランキングにおいて、2011年、2012年、2013年の3年連続で1位にランクインしている。(Poets & Quants誌のランキングは、U.S. News & World Report、ビジネスウィーク、ウォールストリートジャーナル、フィナンシャルタイムズなどのランキングデータを取得し、総合的に順位付けしたものである)

研究におけるランキング[編集]

世界で発行される24の学術誌での研究発表に基づくと、ウォートンは、ビジネススクールの間で、もっとも高いリサーチの生産性を上げている。インディアナ大学の調査レポートによれば、1986年の調査開始より、ウォートン校は、研究の生産性において1位の順位を占めている。

学生生活[編集]

ウォートン校では、グレーディングカーブと呼ばれる成績分布ルールに基づいて成績が決定される。また、プリンストンレビューによれば、295のビジネススクールに中で、もっとも競争度合いが高いと評価されている。一方で、学生間でのチームワークを促進するために、ウォートンの学生団体(the Wharton Graduate Association)では、成績の非公開ポリシーを定めている。まず、第一の原則は、就職先の企業からフルタイムのポジションが提示されるまでは、全体の成績(GPAという)、個別クラスの成績、クラス内でのランキング、成績表などは、企業に開示しないというものである。第二の原則は、学業において守るべき模範的な態度やルールを明確に定めたものである。企業は、ウォートン校における採用活動において、これらのルールを遵守しつつ、採用活動を行っている。ウォートン内には、100以上の学生のクラブがある。また、学生が主体となって19以上のビジネスカンファレンスを開催している。

卒業生ネットワーク[編集]

ウォートンは、世界中の80地域で卒業生のクラブネットワークを有しており、92,000名が加盟している。 定期的にフィラデルフィアのキャンパスで、リユニオンと呼ばれる同窓会イベントが開催される他、学校が各地域の卒業生クラブと連携して、グローバル・アルムナイ・フォーラムと呼ばれるビジネスカンファレンスを主催している。

著名な卒業生[編集]

パルマー・スカラー[編集]

パルマー・スカラー(Palmer Scholar)とは、2年間を通じて成績上位5%(全科目ほぼ全てA)の生徒に与えられるタイトル。

学術提携機関[編集]

外部リンク[編集]