SMBC信託銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社 SMBC信託銀行
SMBC Trust Bank Ltd.
Nishi-Shimbashi Square.JPG
本社(西新橋スクエア)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本店所在地 日本の旗 日本
105-0003
東京都港区西新橋一丁目3番1号
西新橋スクエア 19階)
設立 1986年(昭和61年)2月25日
(ケミカル信託銀行株式会社)
業種 銀行業
法人番号 1010401017640
金融機関コード 0300
SWIFTコード (PRESTIA)SMTCJPJT , (PrivateBanking)SMTCJPJ2BNK
代表者 蔵原文秋
(代表取締役社長)
資本金 875億5千万円
(2018年3月31日現在)
従業員数 1998名
(2018年3月31日現在)
主要株主 三井住友銀行 100%
外部リンク 公式サイト
特記事項:営業開始は、2002年6月としている。
テンプレートを表示
SMBC信託銀行のデータ
法人番号 1010401017640
貸出金残高 1兆23億88百万円
預金残高 2兆5405億34百万円
特記事項:
(2018年3月31日現在)
テンプレートを表示

株式会社SMBC信託銀行(エスエムビーシーしんたくぎんこう、英語: SMBC Trust Bank Ltd.)は、三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)傘下の信託銀行である[1]三井住友銀行の100%子会社。従来、メガバンクで唯一グループ内に信託部門を持っていなかったSMBCグループにおける信託銀行として、2013年に発足した。

ちなみにSMBC信託銀はSMBCグループ傘下であり、三井住友トラスト・ホールディングス傘下の三井住友信託銀行(SMTB)と直接的な資本関係こそないが、SMBCの前身行はそれぞれ信託部門を子会社として持っており、いずれもSMTBの前身行に売却されている。

概要[編集]

SMBC信託銀は、JPモルガン・チェースグループのケミカル信託銀行株式会社として1986年に設立。その後社名変更によりチェース信託銀行株式会社となり、ソシエテ・ジェネラルによる買収後はエス・ジー・信託銀行株式会社ソシエテジェネラル信託銀行株式会社となった。

2013年10月1日、三井住友銀行ソシエテ・ジェネラル傘下のソシエテジェネラル信託の全株式を取得、株式会社SMBC信託銀行として発足した[2][3]

2014年12月25日、SMBCグループが、シティバンク銀行(シティ銀)のリテールバンク部門の預金2兆4,400億円と、32支店及び約1600人の従業員を400億円程度で取得[4][5]、SMBC信託銀が業務を引き継いだ上で営業を開始すると発表した。

なお、統合は当初予定を繰り延べして2015年11月1日に行われ[6]、SMBC信託銀は新ブランドである「PRESTIA」を立ち上げ、同部門を承継した[7][8]。 統合発表に併せ、シティ銀が海外で190万台展開するATMでの現金引き出しなど、従来サービスはすべて継続する旨を公表した[9]。また統合に先立ち、2015年4月13日からシティ銀、SMBCの既存顧客に対し、両行のサービス利用時における手数料優遇等を実施した[6][10]

沿革[編集]

  • 1986年(昭和61年)2月:ケミカル信託銀行株式会社、ケミカル・インターナショナル・ファイナンスリミテッドの100%出資により設立。
  • 1996年(平成8年)11月:チェース信託銀行株式会社に改称。
  • 2002年(平成14年)6月:ソシエテ・ジェネラルにより買収され、エス・ジー・信託銀行株式会社に改称。この時を「営業開始」としている。
  • 2010年(平成22年)1月:ソシエテジェネラル信託銀行株式会社に改称
  • 2012年(平成24年)10月:金融庁より行政処分を受ける[11]。プライベートバンキング部門は翌月まで、法人部門は翌年1月まで業務停止。
  • 2013年(平成25年)10月:三井住友銀行により買収され、株式会社SMBC信託銀行に改称、三井住友フィナンシャルグループの傘下に入る。
  • 2015年(平成27年)
    • 4月1日:本社機能を東京都港区赤坂から同区西新橋へ移転。
    • 7月1日:SMBC日興証券を委託元証券会社とする金融商品仲介業務を開始。
    • 11月1日:シティバンク銀行のリテールバンク部門を引き継ぎ、PRESTIA部門の業務を開始。
  • 2016年(平成28年)
  • 2018年(平成30年)
    • 4月1日:三井住友銀行の外貨両替コーナーに関する事業を承継。「PRESTIA EXCHANGE」の業務を開始。
    • 7月17日:勘定系システムを変更。三井住友銀行ATMでの無料入金サービスを開始。

脚注[編集]

  1. ^ “三井住友FG、4月からグループ呼称を「SMBCグループ」に”. 日本経済新聞. (2018年3月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL23HWE_T20C18A3000000/ 2018年8月20日閲覧。 
  2. ^ “三井住友、10月1日に仏信託銀を完全子会社化 SMBC信託銀に”. 日本経済新聞. (2013年9月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL240MY_U3A920C1000000/ 2014年5月6日閲覧。 
  3. ^ 三井住友銀行によるソシエテジェネラル信託銀行の完全子会社化について (PDF)”. 株式会社三井住友銀行 ソシエテジェネラル信託銀行株式会社 (2013年9月24日). 2014年5月6日閲覧。
  4. ^ “三井住友FG:米シティの個人銀行部門買収で合意-正式発表”. ブルームバーグニュース. (2014年12月25日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NH4ASD6S972E01.html 2014年12月29日閲覧。 
  5. ^ SMBC信託銀行によるシティバンク銀行のリテールバンク事業取得について (PDF)”. 株式会社三井住友フィナンシャルグループ 株式会社三井住友銀行 株式会社SMBC信託銀行 (2014年12月25日). 2014年12月29日閲覧。
  6. ^ a b “SMBC信託銀行によるシティバンク銀行のリテールバンク事業取得に伴う各種施策の実施と統合予定日について”. 株式会社三井住友銀行 株式会社SMBC信託銀行 シティバンク銀行株式会社. (2015年4月6日). http://www.smbc.co.jp/news/j601022_01.html 2015年4月7日閲覧。 
  7. ^ “三井住友銀、富裕層向け銀行ブランド”. 日本経済新聞. (2015年6月16日). https://www.nikkei.com/article/DGKKASGC15H0T_V10C15A6MM8000/ 2018年8月20日閲覧。 
  8. ^ “三井住友銀、富裕層に照準 シティ銀の個人部門買収グループで囲い込み”. 日本経済新聞. (2014年12月29日). http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ma.aspx?g=DGXLASGC25H2D_25122014EE8000 2014年12月29日閲覧。 
  9. ^ “SMBC信託の新ブランド営業開始 「富裕層ビジネス拡大」”. 日本経済新聞. (2015年11月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC02H07_S5A101C1EAF000/ 2015年11月2日閲覧。 
  10. ^ “三井住友銀、シティ銀統合を実質前倒し 他行の切り崩しに対抗”. 日本経済新聞. (2015年4月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGC02H1B_S5A400C1NN7000/ 2018年8月20日閲覧。 
  11. ^ “ソシエテジェネラル信託銀行株式会社に対する行政処分について”. 金融庁. (2012年10月16日). http://www.fsa.go.jp/news/24/syouken/20121016-1.html 2014年5月6日閲覧。 
  12. ^ “SMBC信託、VISAカード発行 富裕層獲得狙う”. 日本経済新聞. (2016年2月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO96755950R30C16A1NN7000/ 2016年2月13日閲覧。 
  13. ^ “新しい提携クレジットカードのご案内”. SMBC信託銀行. (2016年2月1日). https://www.smbctb.co.jp/news/2016/news_020116_03.html 2016年2月13日閲覧。 
  14. ^ “SMBC信託、名古屋駅前支店を開設”. 日本経済新聞. (2016年4月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO99267000U6A400C1L91000/ 2016年10月11日閲覧。 

外部リンク[編集]