平和相互銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
平和相互銀行のデータ
代表者氏名 田代一正(社長)
設立日 1949年6月1日(日本殖産株式会社)
所在地
東京都港区新橋五丁目1番2号
特記事項:
1986年9月30日解散時点
テンプレートを表示

平和相互銀行(へいわそうごぎんこう)は、かつて存在した相互銀行1986年10月1日住友銀行(現:三井住友銀行)に吸収合併され消滅した。

概歴[編集]

創業と乱脈経営[編集]

東京木挽町鉄屑屋「小宮山商店」を営む小宮山英蔵が、それで得た財を元手に、殖産会社の東北林業を買収して日本殖産を設立。さらに大日殖産を吸収合併し、社名を平和貯蓄殖産無尽に変更の上で日掛け金融を始める。1951年相互銀行法(法律第199号)の施行によって相互銀行に転換、平和相互銀行となる[1]

英蔵は小宮山常吉参議院議員の長男で、次弟に小宮山精一平和相銀社長、三弟に小宮山重四郎郵政大臣、姪に小宮山泰子衆議院議員、孫にミュージシャンの小宮山雄飛がいる。

相銀転換後暫くして、夜9時までの窓口営業を開始(後に行政指導により夜7時までの営業に短縮)した。これは当時、同行の顧客の多くが水商売で夜遅くまで営業していたことから、大蔵省に直談判して窓口の夜間営業を認めさせたと謂われている。こうした夜間までの窓口営業に加え、首都圏の駅前から住宅地まで店舗網の整備を進めたほか、都市銀行各行と提携しATMではどの銀行のキャッシュカードでも使用可能とするなど顧客に対する利便性の充実に努めた。これら施策が実を結び、店舗数103・資金量1兆1500億円と相銀界6位の規模にまで成長した[1]

その一方で、英蔵は私的な利益を追求し関連会社を次々と設立・買収。総武流山電鉄や後に内紛でクローズアップされることとなる西鉄ライオンズを買収した福岡野球のメインスポンサーとなる太平洋クラブ、海外での鉱山、木材、漁業などを手掛ける総武通商や総武都市開発、足立産業などグループ企業は100社以上数えた[2]。ほかに、英蔵の私的な側近である正和恒産の安積正、旅友開発の作本宏芳、日誠総業の次郎丸嘉介、太陽開発の松尾秀登の"四天王"や、政治家総会屋右翼なども平和相銀と関係を持つようになり[3]、平和相銀は「闇の紳士の貯金箱」というのが金融界の評価であった[4]

英蔵の死去と経営陣の内紛と不正融資[編集]

1979年に創業者の英蔵会長が死亡すると、グループの後継の座を巡って英蔵の弟の小宮山精一社長、娘婿の池田勉専務、長男の小宮山英一常務との間で内紛が勃発[5]。"四天王"を排除して実権を握ろうとした池田に対し、英一は元東京地検特捜部で監査役の伊坂重昭の後ろ盾を得て池田の失脚に成功する。この過程で精一社長も会長へと棚上げされて、やがて会長も辞任に追い込まれる。

池田を失脚させて一時は経営の実権を握るかに見えた英一だったが、やがて伊坂や稲井田隆社長らを中心とする新経営陣との確執が表面化、結果として英一は常務を解任される[6]。この後、1982年の不動産融資事件や翌年の馬毛島事件、更には1985年の金屏風事件などによって、ますます経営は悪化した。

平和相銀解体と住銀への吸収合併[編集]

1985年6月中旬、山口光秀大蔵省事務次官と磯田一郎住銀頭取は、共にゴルフに興じ、その場で磯田が平和相銀の買収の意思表示をし、表沙汰になると話が壊れるので、以後「住銀は関知しない」で通すことで両者は合意したとされる。この直後から磯田は具体的な合併工作を指示した[7]。同年8月、大蔵省吉田正輝銀行局長(奇しくも後に乱脈経営で破綻する兵庫銀行最後の頭取)の陣頭指揮のもとに、10人の検査官を動員、異例ともいえる5ヶ月間にわたる長期検査を平和相銀に実施した。この検査で、融資額半分を占める約5千億円が回収不能の不良債権であると判明する。

検査終了後の1986年1月、検査結果がマスコミにリークされたことや[8]、内紛に基づく訴訟合戦が加熱報道を呼んだこともあり、不安に感じた預金者は預金の引き出しに走った。このため、1985年10月から1986年2月にかけては2370億円が流出し、預金残高が1兆円を割り込む事態となった[9]。同年2月6日、伊坂ら実権派の四人組は辞任。翌日、大蔵省OBだった田代一正会長が社長に就任し、平和相銀は自主再建断念を表明。同年10月1日住友銀行に吸収合併された[8][注釈 1]。合併に先立ち、同年7月、東京地検特捜部は平和相銀事件の捜査に着手。神戸市内の山林売買融資について特別背任にあたるとして、同7月6日、伊坂ら実権派4人を逮捕、同月26日に起訴した。

その後[編集]

合併によって「住友残酷物語」と呼ばれる旧平和相銀行員の大粛清が行われ、合併から半年でほぼ全行員がいなくなったとの話が、一部でまことしやかに囁かれたが、実際には合併から半年を経過した後でも、旧平和相銀出身者は多数在籍している[注釈 2][注釈 3]

合併後、住銀企画部長に就任した西川善文は、各地の旧平和相銀の店舗を実際に足を運んで見て回った。その折に、住都公団(現:UR都市機構)の団地の商店街にある郵便局程度の規模の店舗、新興住宅地の丘の上にあって営業時間が10時から2時までの店舗、駅前のビルに立地するものの地下にピンク映画専門の映画館のある店舗を視察。ひとつ、ひとつの店舗規模が小さく、使い物にならない店舗が多いと判定し、合併から1年経った1987年12月段階には、継承した103店を62の支店または特別出張所までに絞り込んだ[10]

また平和相銀は夜間や日曜営業が特色であったが、これは顧客にとっては便利この上ないが、銀行にとっては非効率そのものであり、今日のような機械化が進んでいない時代で、ただでさえ人手がかかっていた支店業務が、営業時間が長ければ、行員は必然的に二交代制になるので、他の銀行より遥かに人数が必要になり、これを続ければ、住銀の収益を圧迫する懸念が出てきた。そこで7時までの営業をやめようと、西川が大蔵省に折衝に出向くと、「住友銀行は七時営業を続ける前提で平和相銀を買うのではないか」と銀行課長はうんと言ってくれなかった。結局、その後も折衝を重ね、平和相銀の名前が残っているうちは仕方がないが、正式合併後は勘弁してもらうということで了承してもらった[11]

住銀の平和相銀合併における目的の第一は、首都圏店舗網の拡充にあったが[12]、合併から数年後には大蔵省の店舗行政は緩和していき、新規出店ははるかにやりやすくなった。こうした情況の変化を受け、西川は無理をしてまで平和相銀は買わなくてもよかったかもしれない。また、払うべき代償はあまりにも大きかったと顧みている。代償とは平和相銀株取得のためイトマンファイナンスの力を頼ったことであり、平和相銀問題があったからイトマン事件もあったとの見解を自著で披瀝している[13]

平和相銀本店は現在の三井住友銀行西新橋ビルにあたり、平和相銀消滅から12年後の1998年まで第二東京営業部として存続していた。ビルは2014年に、銀泉が取得したうえで再開発のため解体された。

沿革[編集]

  • 1949年6月 - 日本殖産株式会社として設立。
  • 1950年3月 - 大日殖産株式会社を吸収して、平和貯蓄殖産無尽株式会社へ商号変更。
  • 1951年10月20日 - 株式会社平和相互銀行に商号変更。
  • 1954年11月 - 東京住宅無尽株式会社を吸収
  • 1974年4月1日 - 福徳信用組合を合併。
  • 1986年10月1日 - 住友銀行に吸収合併。

その他[編集]

  • 秘密戦隊ゴレンジャー」の第51話「青いニセ札づくり!夕陽のガンマン」でガンマン仮面が襲う銀行は、平和相互銀行である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 吸収後の店番は「平和相銀時代の番号+800」となり、従来からの住友店とは隔てられた800・900番台に区別関東地方の従前からの住友店は200・300番台が中心であった。
  2. ^ 産経新聞記者の近藤弘は著書『住友銀行-7人の頭取』の中で、このたびたび語られる「住友残酷物語」に関しては東京系都銀が流布した虚構であるとしている。同じように、「住友残酷物語」によって"行員が大粛清された"とされる旧河内銀行(1965年4月合併)の吸収合併を検証し、「合併当時の河内銀行行員は301人、1988年時点で約半数の165人が在籍し、現職含め支店長経験者は35人いる(平均年間離職率は過去23年間で2%弱となる)」と論じている。なお、本書の初版時期である1988年の時点(合併から約3年後)では旧平相銀行員の減少率について触れていないが、住銀店舗の支店長に抜擢された2人の旧平和相銀行員の活躍ぶりを取材している
  3. ^ フリージャーナリスト田澤拓也の著書『住友銀行人事第2部 旧平和相互銀行員25人の証言と軌跡』によれば、住友銀行に在籍している旧平和相銀行員は、合併時3300名、本書執筆時で2100名と明記している。退職者のうち、8割近くが女性行員との事である。

出典[編集]

  1. ^ a b 『銀行の墓碑銘』p.508
  2. ^ 『銀行の墓碑銘』p.488
  3. ^ 『銀行の墓碑銘』p.509
  4. ^ 『銀行の墓碑銘』p.485
  5. ^ 『銀行の墓碑銘』p.503
  6. ^ 『銀行の墓碑銘』p.489
  7. ^ 『銀行の墓碑銘』p.486
  8. ^ a b 『銀行の墓碑銘』p.487
  9. ^ 『ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録』p.108
  10. ^ 『ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録』p.110
  11. ^ 『ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録』p.111
  12. ^ 『ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録』p.109
  13. ^ 『ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録』p.113

参考文献[編集]