太陽銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社太陽銀行
The Taiyo Bank Limited
種類 株式会社
本店所在地 日本の旗 日本
東京都中央区八重洲一丁目
設立 1940年12月
業種 銀行業
金融機関コード 0021
資本金 230億円[1]
従業員数 6858人[1]
決算期 3月31日
テンプレートを表示
太陽銀行のデータ
店舗数 148店[1]
貸出金残高 1兆1,612億円[1]
預金残高 1兆4,633億円[1]
特記事項:
1972年12月末のデータ
テンプレートを表示

太陽銀行(たいようぎんこう)とは現在の三井住友銀行の前身のひとつで、相互銀行を前身とする都市銀行である。本店は東京都中央区の呉服橋交差点際に立地していた[注釈 1]

概要[編集]

1940年川崎財閥の相生無尽を中心に東京市内の無尽会社5社が合併し、大日本無尽が成立。

その後同社は、政府の勧奨に基づき相互無尽1社を除く東京府内の無尽会社を統合。終戦までに神奈川県埼玉県山梨県および長野県下の無尽会社を統合した[注釈 2]

戦後、日本無尽と改称、相互銀行法の制定により相互銀行に転換し日本相互銀行と改称。この時点で相銀界のリーディングカンパニーとなり、ときわ相互銀行[注釈 3]第一相互銀行[注釈 4]が経営危機に陥った際には、率先してこれを支援した。

無尽会社→相互銀行という業態のため、当初の取引先は中小企業がほとんどであったが高度経済成長期において、当初は中小企業であった取引先の成長と共に日本相銀も急成長し、その一方で相銀特有の零細融資である相互掛金の取扱高は減少する事態となり、大蔵省から河野一之社長を迎えた頃はもはや地銀上位行をしのぐ内容となっていた。

太陽神戸銀行が大蔵省との関係が特に深いのは1963年池田勇人総理大臣の旧友・坂口芳久日本相互銀行社長が急逝し、池田が日本長期信用銀行副頭取に天下りしていた河野一之に後任社長就任を要請したことに端を発す[2]。長銀の副頭取から日本相互銀行社長に転職では役不足だったが、池田が河野に「普通銀行に転換すれば預金量からいっても即日、都市銀行になる。すぐに石野信一に法律を作らせる」と口説き、当時の大蔵事務次官・石野信一に「合転法」を作らせた[2]1967年(昭和42年)に太陽生命保険と業務提携。先の法律によって1968年(昭和43年)普通銀行に移行し「太陽銀行」と改称[2][注釈 5]、同時に都市銀行の一角に加わった。この際には当時大蔵省銀行局長であった澄田智が骨を折った。

河野一之は太陽銀行になってからも引き続き同行の頭取を務めた。時を同じくして、都市銀行は、三井銀行東都銀行の合併(1968年)、第一銀行三菱銀行の合併発表(1969年、のちに破談)、日本勧業銀行と第一銀行の合併(1971年)といった再編の動きを見せていた。当時、都市銀行の中で、神戸銀行山陽特殊製鋼倒産事件などを機にやはり大蔵省から石野信一を頭取を迎えていた。石野は河野の後輩で、ともに大蔵省時代に大蔵次官を経験しかつて先輩後輩の仲であった河野と石野との“トップ会談”により、一連の金融再編の動きの末に都市銀行下位どうしになっていた太陽銀行と神戸銀行は合併、1973年(昭和48年)10月1日に太陽神戸銀行となった。

神戸銀行を存続会社とし本店も金融機関コードも神戸銀行のものをそのまま引き継いだが、本部機能は東京と神戸の2本部制とし、太陽銀行時代の本店は東京本部(店舗としては東京営業部)[注釈 6]となった。

合併に際し、太陽銀行はリテール・関東地方、神戸銀行は大企業・関西+国際取引に強みがあり相互補完できるとの期待もあったが、言い換えれば水と油のように異なっていた両行でもあり、合併がトップで決まったこと、合併発表から合併までが短期間であったことなどで合併後も長くこの色彩が続くことになった。また頭取については、1990年に三井銀行と合併するまで、内部人事を行うことがないまま大蔵省出身者が歴代就任した。

日本相互銀行末期の営業エリアは関東地方一円、甲信越・静岡一円、愛知県一円、大阪府のうち大阪市等一部の地域であった。金融機関コードは、日本相互銀行時代は0523、普通銀行に転換後の太陽銀行は0021であった。

沿革[編集]

  • 1940年12月 - 大日本無尽株式会社が設立される。
  • 1948年4月 - 大日本無尽株式会社は日本無尽株式会社にそれぞれを商号変更する。
  • 1951年10月 - 日本無尽銀行は相互銀行に転換し、株式会社日本相互銀行に商号変更する。
  • 1968年12月 - 日本相互銀行は普通銀行に転換し、株式会社太陽銀行に商号を変更する。
  • 1973年10月1日 - 神戸銀行に合併し解散。太陽神戸銀行となる。

当時の主な融資系列[編集]

イメージキャラクター[編集]

  • 吉永小百合 - 日本相互銀行時代から太陽銀行に至るまでイメージキャラクターを務めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 前川國男設計。2009年(平成21年)9月まで三井住友銀行東京中央支店が置かれていたが、取り壊された。跡地には三井住友銀行呉服橋ビルが建ち、系列のSMBCコンサルティングのセミナー会場等が入居する。
  2. ^ このとき、関東地方では千葉県下で千葉合同無尽(現在の京葉銀行)、栃木県下で栃木無尽(現在の栃木銀行)、群馬県下で群馬大生無尽(現在の東和銀行)が成立している。茨城県下は茨城無尽・下妻無尽(ともに現在の筑波銀行)と常盤無尽(現在の東日本銀行)が併存して未統合に終わったが、このうち常盤無尽は川崎財閥の繋がりで大日本無尽と関係があった。
  3. ^ 常盤無尽の後身。戦後東京都に営業基盤を移転。現在の東日本銀行
  4. ^ 相互無尽の後身で、普銀転換後は太平洋銀行。同行破綻後受け皿銀行としてわかしお銀行が設立されて営業を継承したが、同行が法手続上現在の三井住友銀行になっている。
  5. ^ 「太陽銀行」は公募による改称であったが、太陽生命保険との関係が少なからずあった。なお、コーポレートフラワーは日本相銀時代はカーネーションであったが、太陽銀行時代は太陽生命・太陽火災とともにひまわりを採用していた。また太陽銀行時代の行章は、現在も三井住友銀行の親密先企業である陽栄グループが使用している。
  6. ^ 成立直後に九段に移転したため、跡には東京中央支店が設置された。三井住友銀行発足後、日本橋中央支店(旧住友銀行日本橋支店)と統廃合した際に旧・日本橋中央支店所在地に移転、さらに再開発に伴い、現在は日本橋交差点の柳屋ビルディング(かつての東洋信託銀行日本橋支店のあった場所)に置かれている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 「金融再編に刺激 神戸・太陽銀行合併 預金量6位に」『読売新聞』1973年2月14日
  2. ^ a b c 佐高信 『経済戦犯 日本をダメにした9人の罪状徳間書店2001年、21-25頁。ISBN 4-19-861385-0