東京銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京銀行(とうきょうぎんこう)

  • 明治時代に創業された銀行。株式東京銀行に改名した後、消滅。成立消滅年不明。
  • 1896年に設立された銀行。1918年、近江銀行に吸収されて消滅。
  • 横浜正金銀行の後継銀行。東京三菱銀行の前身。本項で説明。

株式会社 東京銀行
THE BANK OF TOKYO Ltd.
Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ (Nihonbashi branch).jpg
旧・東京銀行本店
現・三菱東京UFJ銀行日本橋支店・室町支店・日本橋MUFGプラザ
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8313
1949年5月16日 - 1996年3月25日
大証1部(廃止) 8313
1949年5月16日 - 1996年3月25日
京証 8313
1949年7月4日 - 1996年3月25日
札証 8313
1950年4月1日 - 1996年3月25日
略称 東銀・BOT
本店所在地 日本の旗 日本
103
東京都中央区日本橋本石町一丁目3番2号
設立 1946年昭和21年)12月17日
業種 銀行業
金融機関コード 0015
SWIFTコード BOTKJPJT
事業内容 外国為替銀行業務
資本金 2,638億3,592万1,506円
発行済株式総数 20億4,075万9,317株
テンプレートを表示
東京銀行のデータ
統一金融機関コード 0015
SWIFTコード BOTKJPJT
テンプレートを表示

株式会社東京銀行(とうきょうぎんこう、英称The Bank of Tokyo, Ltd.)は、かつて存在した日本銀行。略称は東銀(とうぎん)、自行内や金融業界内では英語名を略してBOT(ビー・オー・ティー)と呼ぶこともあった。コーポレートカラー。キャッチコピーは 「 広がる世界 身近な東銀 」

1996年(平成8年)4月1日三菱銀行と合併し東京三菱銀行となった。三菱東京UFJ銀行の前身の一つである。

概略[編集]

設立は1946年(昭和21年)。初代頭取は濱口雄彦。実質的前身は、戦前における特殊銀行・横浜正金銀行普通銀行として新規に発足したが、事実上は閉鎖機関に指定された横浜正金銀行の資産を引き継いでの開業であった。1954年(昭和29年)公布の外国為替銀行法に基づき、日本で唯一の外国為替銀行(いわゆる「外国為替専門銀行」のこと。略称「為専」)となったが、便宜上都市銀行として扱われ、BANCSにも参加していた。

本店は東京都中央区日本橋本石町一丁目にあった。この場所はかつての横浜正金銀行東京支店の位置であるが、日本銀行本店のすぐ隣りでもあり、この銀行が通常の商業銀行とは違う、かつての特殊銀行であったことを伺わせる。

外国為替銀行法に基づく外国為替銀行という性格上、貿易に直接関係のない業務は認められないため、外国為替銀行の認可をうけるにあたっては半数近くの支店を閉鎖した[1][2]。しかし、後にはその制約から円資金の調達に支障をきたしたため、日本興業銀行日本長期信用銀行日本債券信用銀行農林中央金庫商工組合中央金庫などと並んで金融債を発行することが許可されるに至った(後述)。

上記の経緯から、1954年(昭和29年)の時点で保有していた店舗のなかには、第一銀行三井銀行大和銀行 [3]などの他銀行へ営業を譲渡されたものもある(ただし、その後、譲渡先の近隣店等への店舗統廃合等で廃止となった店舗もある。譲渡店と同地域に再出店するケースも見受けられた[4])。

金融債CMキャラクターとして、15代目片岡仁左衛門(当時は片岡孝夫)と、その長女で宝塚歌劇団に所属していた汐風幸を起用していた(1989年7月以降)。当初は汐風幸単独で、後に親子共演となった。

比較的、旧 大蔵省 の影響力が強く、元 大蔵省 財務官 の柏木雄介を頭取(のち会長)として迎えるなど、人的つながりも強く見られた(もっとも、柏木雄介の父は、横浜正金銀行 の頭取を務めていたという縁もある)。合併時の会長であり、現在も 東銀 由来の国際通貨研究所の理事長を務める行天豊雄も元財務官である。

1970年代までは、主に日系企業の海外進出の支援や国外でのシンジケート・ローン等に強みを発揮していたが、1980年代に入ると中南米向けの不良債権がその体力を急速に衰えさせ、外国為替業務の独占も既に崩れており、その優位性と存在意義は最早ゆるぎないものではなくなっていた。実際、1990年代にかけ、他行との合併の噂が浮かんでは消え、「引く手あまたの花嫁候補」などと報道されていたこともある[5]

金融債[編集]

1954年(昭和29年)に外国為替銀行の認可をうけたことによる制約から、円資金の調達に支障をきたしたため、日本興業銀行日本長期信用銀行日本債券信用銀行農林中央金庫商工組合中央金庫などと並んで金融債の発行が許可された。それが「東京銀行債券」である。

3年物の利付金融債「リットー」「ハイジャンプ」や、1年物の割引金融債「ワリトー」が主力商品であった。

普通銀行であり金融債を発行していなかった 三菱銀行 との合併に際して、「東京三菱銀行債券」として6年間のみ継続発行が認められた。2002年(平成14年)、当該期間終了に伴い、 東京三菱銀行 は金融債の発行を終了した。

三菱銀行との合併[編集]

1995年(平成7年)3月28日午後、日本経済新聞により 三菱銀行 との合併がスクープされ(同日常務会での合併覚書への調印決議)、1996年(平成8年)4月に合併し 東京三菱銀行 となった。外国為替銀行法に基づき、業務に制約のある 東京銀行 を存続会社とするのは現実的ではなかったため、三菱銀行 を存続会社とし、合併比率も持ち株ベースで1:0.8と数字上三菱銀行に吸収される形で 東京銀行 は消滅したが、現在の 三菱東京UFJ銀行 の沿革図中[6]に書かれる「横浜正金銀行-東京銀行」の位置を見てもわかる通り、事実上対等(もしくは、やや東京銀行側寄り)な合併であり、国立銀行条例に基づき政府の1/3出資により設立された横浜正金銀行を源流とする特殊銀行(外為銀)である東京銀行のブランド性と、富豪の金融事業に端を発する三菱銀行のボリューム力が、互いの求める部分に合致した非常に合理的な相互補完であった。また、この合併比率は東銀側に有利な算定であったとも言われる。

新銀行発足当初の役員人事は、初代頭取を旧 東銀 出身の高垣佑(たすく)としたのをはじめ、見事なたすきがけ人事であったが、高垣の退陣後、東京三菱銀行 および現在の 三菱東京UFJ銀行 に至るまで、旧 東銀 出身者が頭取に就任した実績は皆無である。最後の頭取であり、東京三菱銀行の初代頭取も務めた高垣佑は、初代三菱商事社長・高垣勝次郎を父に持ち、生まれながらにして三菱グループびいきの人物との評があった。東京三菱銀行 の誕生は、このような高垣の人的バックグラウンドが大きく作用したと言われる。

三菱銀行 との合併の際、新銀行名は「東京」を先に「三菱」を後ろに据えた「東京三菱銀行」( BTM: Bank of Tokyo-Mitsubishi )としたが、これは東京銀行が吸収した側であることを示すものではなく、単なる名(銀行名や頭取)と体(存続会社や本社機能所在地)のたすきがけであり、また、海外での東京銀行の知名度の高さを意識したCI戦略のひとつでもあった。その後東京営業部と本店の統合がなされ、旧 東急百貨店日本橋店脇にあった( 旧 三菱銀行 の )日本橋支店が東京営業部跡へ移転し[7]、預金は日本橋支店(現: BTMU日本橋支店 )もしくは本店等に移管された。

その後、2006年1月に 東京三菱銀行 が UFJ銀行 を救済合併( 吸収合併 )した際は新銀行名を 三菱東京UFJ銀行(BTMU: Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ)とBank of Tokyoを残し、海外との決済などで使われるSWIFTコードは 旧 東京銀行 の本店が使っていた「BOTKJPJT」が引き継がれた一方、親会社である金融持株会社ではMTFGの“東京”が省かれ、三菱UFJフィナンシャル・グループとされた。しかし、2017年5月15日、同グループより銀行名も2018年春には「三菱UFJ銀行」に商号変更となることが正式に公表された。これにより、三菱銀行との合併から22年にして「東京」の文字が消え、銀行界からかつての「東京銀行」を示す名称が消滅することとなった[8]

企業文化[編集]

リベラルな行風[編集]

旧 東銀では、保守的な日本の銀行界にあってリベラルな行風であったと言われる。女性を活用する行風があったこと、役員・部長を含め、上司に対して「さん」付けで呼んでいたこと、当時白シャツが主流であった日本の銀行員の中で、若手を含めカラーシャツを着用することが多かったこと、中堅行員はベルト代わりにサスペンダーを着用するなど、外資系金融機関的なカルチャーを有していた。

合併後、旧 三菱銀行 の権威主義的・官僚的社風になじめず、外資系金融機関や国際機関などを中心に、転出・転職者が相次いだのも事実であり、現在では外資系投資銀行の幹部等として活躍している者も多い[9]

女性の活用[編集]

旧 東銀 では男女雇用機会均等法が施行される前から女性を活用する行風があり、大卒女子学生の人気企業の一つであった。女性の管理職への登用も古くから活発で、三菱銀行 と合併する以前から、女性が本店営業部長を務めたこともある。

現在、早稲田大学大学院教授の川本裕子も旧 東京銀行 出身である。

男女雇用機会均等法施行後は、最初から総合職として採用した女性こそ全体の5%〜10%(他行並み)と少なかったが、一般職の女性であっても、優秀な者については海外勤務や本部にて基幹業務に携わる機会が与えられていた。

著名な出身者[編集]

現存する関連企業・団体[編集]

2014年現在

合併時(1996年3月31日現在)における国内拠点[編集]

  • 本店営業部
  • 銀座支店
  • 八重洲通支店
  • 人形町支店
  • 上野支店
  • 神田支店
  • 丸ノ内支店
  • 有楽町出張所
  • 内幸町支店
  • 赤坂支店
  • 新橋支店
  • 浜松町支店
  • 浅草支店
  • 池袋支店
  • 新宿支店
  • 渋谷支店
  • 五反田支店
  • 青山支店
  • 蒲田支店
  • 横浜駅前支店
  • 横浜支店
  • 立川支店
  • 成田空港支店
  • 成田空港第2ビル出張所
  • 名古屋支店
  • 名古屋東出張所
  • 京都支店
  • 大阪支店
  • 船場支店
  • 神戸支店
  • 関西空港出張所
  • 広島支店
  • 下関支店
  • 福岡支店
  • 札幌支店

合併時(1996年3月31日現在)における海外拠点(地名のみは支店)[編集]

ヨーロッパ

アフリカ

中近東

アジア

北米

中南米

その他、欧州・北米・アジアに証券子会社、、リース子会社、投資顧問子会社があった。

合併時以前に閉鎖された拠点(外国為替専門銀行転換以降。年月日は各閉鎖日)[編集]

国内

  • 六本木出張所(1995年9月8日)
  • 日比谷支店(1995年7月21日)
  • 大阪空港支店(1994年11月13日)
  • 羽田支店(1993年9月27日)
  • トーアロード支店(1985年4月20日)
  • 名古屋駅前支店(1983年11月19日)
  • 長崎支店(1980年3月2日)
  • 清水支店(1980年3月2日)
  • 日本橋出張所(1974年4月14日)
  • 心斎橋支店(1973年1月16日)
  • 小樽支店(1969年11月30日)
  • 門司支店(1961年9月30日)

海外(地名のみは支店)

脚注[編集]

  1. ^ 昭和30年版通商白書によると、国内45店から24店に整理された。
  2. ^ 1991年(平成3年)時点の店舗数は東京都20、その他国内13、国外52であった。
  3. ^ 現在のりそな銀行熊本支店は旧大和銀行店舗であるが、もともとは1954年(昭和29年)に当行から譲り受けた店舗である(現在の三菱東京UFJ銀行熊本支店は三菱銀行熊本支店を前身とする)。
  4. ^ その例として、初代渋谷支店は三井銀行に営業譲渡された(当時、三井銀行には渋谷支店は存在したが、同店譲受と共に廃止となり同店に統合されたが、同店は、譲渡後三井銀行渋谷支店と名乗っていたため、一般には移転と捉えられていた)。さくら銀行渋谷支店を経て現在は、三井住友銀行渋谷支店となっている。2代目渋谷支店は、東京三菱銀行発足に伴い同行の渋谷明治通支店となり、現在は三菱東京UFJ銀行渋谷明治通支店となっている。
  5. ^ ビッグコミック増刊』1993年8月23日号掲載の『ゴルゴ13』『BEST BANK』には、三菱銀行をモデルとする、四菱グループの一員「四菱銀行」と、東京銀行をモデルとする、国際業務に強みを持つ「東亜銀行」の合併に関連してゴルゴ13が暗躍するエピソードが描かれている(リイド社単行本版・第89巻に表題作として掲載されている)。
  6. ^ 三菱東京UFJ銀行の沿革・一行目(二行目に三菱為換店〜三菱銀行
  7. ^ 旧:三菱銀行の日本橋支店跡には三菱UFJ証券(現・三菱UFJモルガン・スタンレー証券)日本橋支店が東京支店・日本橋支店を統合移転している。
  8. ^ グループの「機能別再編」と子会社の商号変更について
  9. ^ 津川清『我々は外資に負けなかった―旧東京銀行の挑戦』(2001年(平成13年)、ISコム)ISBN 4915652289
    旧東京銀行の投資銀行部門関係者が中心になってまとめた