村瀬哲司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村瀬 哲司(むらせ てつじ、1945年1月 - )日本の経済学者。専門は国際金融論。京都大学名誉教授、博士(経済学)

人物[編集]

福岡県立修猷館高等学校を経て、1968年に一橋大学商学部を卒業。大学では藻利重隆ゼミに所属。大学卒業後東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。東京三菱銀行調査部長、京都大学国際交流センター教授、龍谷大学経済学部教授等を歴任。

ユーロを参考にしたアジア通貨問題の研究を行い、2001年に論文「アジア安定通貨圏 : ユーロに学ぶ円の役割」京都大学で博士(経済学)の学位を取得した 。

略歴[編集]

著書 [編集]

  • 『アジア安定通貨圏—ユーロに学ぶ円の役割—』勁草書房、2000年
  • "A Zone of Asian Monetary Stability"Asia Pacific Press, 2002年
  • 『東アジアの通貨・金融協力—欧州の経験を未来に活かす—』勁草書房、2007年

訳書[編集]

  • (D.バルクハウゼン著)『マルクの幻想—ドイツ連銀の栄光と苦悩』日本経済新聞社、1993年
  • (ハンス・ティートマイヤー著)「ユーロへの挑戦」京都大学学術出版会、2007年