加野忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加野 忠(かの ただし、1933年 - )は日本の実業家経済学者。元ソロモン・ブラザーズ銀行日本代表、博士(経済学)

人物[編集]

北海道小樽市出身。1957年一橋大学経済学部卒業。大学では都留重人ゼミナールに参加。1962年イェール大学大学院修士課程修了。一橋都留ゼミの同期に、仲澤泰彦(元日本電気常務)、近藤久也(元フジテレビディレクター)、関根友彦(元ヨーク大学教授)、岩崎八男(通産官僚、元中小企業庁長官)などがいる[1]

大学卒業後東京銀行に入行し証券部長等を経て、1985年退社。セキュリティ・パシフィックに移り、円スワップ取引部門の立ち上げを行う。その後ソロモン・ブラザーズで銀行子会社の設立を行う[2]

セキュリティ・パシフィック・キャピタル・マーケッツ代表取締役・東京駐在員事務所長、ホア・ゴベット証券社長、ソロモン・ブラザーズ銀行日本代表を歴任[3]

1993年4月静岡県立大学教授に就任し、週2回横浜市の自宅から静岡まで通い金融論を講じた[4]。1997年4月横浜商科大学教授就任。横浜商科大学では、金融論、国際金融論、証券市場論等を講じた。2006年横浜商科大学を退職し、青葉台リサーチ&コンサルティグ設立。

2009年論文「ドル円相場の政治経済学 : 為替変動にみる日米関係」で、中央大学から博士(経済学)の学位を取得。

略歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「都留重人ゼミ昭和32年会」
  2. ^ 1997/01/29, 日本経済新聞
  3. ^ 1995/03/26, 日本経済新聞
  4. ^ 1993/06/15, 日経金融新聞

外部リンク[編集]