エム・ユー・フロンティア債権回収

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エム・ユー・フロンティア債権回収株式会社
MU Frontier Servicer Co.,Ltd
種類 株式会社
本店所在地 日本の旗 日本
164-0012
東京都中野区本町二丁目46番1号
中野坂上サンブライトツイン20階
設立 1999年7月
業種 その他金融業
法人番号 2011201006320
代表者 大倉雄一(代表取締役社長
戸原健夫(代表取締役副社長)
資本金 15億円
従業員数 約1100名
(出向・嘱託・パート・派遣社員を含む)
決算期 3月31日
主要株主 株式会社三菱東京UFJ銀行(96.471%)
株式会社ジェーシービー(2.353%)
損害保険ジャパン日本興亜株式会社(1.176%)
2017年3月末現在)[1]
外部リンク http://www.mufr.co.jp/
テンプレートを表示

エム・ユー・フロンティア債権回収株式会社( - さいけんかいしゅう、MU Frontier Servicer Co., Ltd.)は、株式会社三菱東京UFJ銀行(BTMU)の子会社で、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の債権回収会社である。

概要[編集]

1999年に当時の株式会社アプラス(現在の株式会社アプラスフィナンシャル)が100%出資し、アプラス債権回収株式会社として設立されたが、その後の度重なる母体企業の変更を経て、現在はBTMUの連結子会社である。

なお、グループから債権回収会社を失った当時のアプラス(現在のアプラスフィナンシャル)は、2005年に100%出資し、アルファ債権回収株式会社を設立したが、2017年に株式会社新生銀行に譲渡している[2]

2008年以降、S&P社から住宅ローン・スペシャル・サービサー総合評価「能力が極めて高い」を取得している[3]

主な業務[編集]

BTMUの個人・中小企業向け融資(カードローン住宅ローン)、住宅金融支援機構モビット、かつて存在したローソンCSカードなどの延滞債権の督促・債権回収を行う。

沿革[編集]

  • 1999年 - 7月 アプラス債権回収株式会社設立。
  • 2000年 - 1月 アプラス債権回収株式会社が商号をフロンティア債権回収株式会社に変更。10月 東京ダイヤモンド債権回収株式会社設立。
  • 2001年 - 8月 エヌ・エス債権回収株式会社設立。
  • 2004年 - 5月 東京ダイヤモンド債権回収株式会社が商号を東京ダイヤモンド再生・債権回収株式会社に変更。10月 フロンティア債権回収株式会社がエヌ・エス債権回収株式会社を吸収合併。
  • 2005年 - 10月 フロンティア債権回収株式会社が東京ダイヤモンド再生・債権回収株式会社を吸収合併し、商号をエム・ユー・フロンティア債権回収株式会社に変更。
  • 2007年 - 4月 エム・ユー・フロンティア債権回収株式会社が株式会社日本ビジネスサポートを吸収合併。

脚注[編集]

外部リンク[編集]