三菱HCキャピタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三菱HCキャピタル株式会社
Mitsubishi HC Capital Inc.
Shin-Marunouchi Building 2018Ⅱ.jpg
三菱HCキャピタル本社(新丸の内ビルディング)
種類 株式会社
市場情報
本社所在地 日本の旗 日本
100-6525
東京都千代田区丸の内一丁目5番1号
新丸の内ビルディング
設立 1971年昭和46年)4月12日
業種 その他金融業
法人番号 4010001049866
事業内容 機械、器具等のリース、割賦販売取引、金銭の貸付。
代表者 柳井隆博
(代表取締役 社長執行役員)
西浦完司
(代表取締役 副社長執行役員)
資本金 331億9,600万円
(2019年3月31日現在)
発行済株式総数 8億9,583万4,160株
(2019年3月31日現在)
売上高 連結:8,642億24百万円
単体:4,740億81百万円
(2019年3月31日現在)
純利益 連結:687億96百万円
単体:462億79百万円
(2019年3月31日現在)
純資産 連結:7,785億82百万円
単体:4,973億24百万円
(2019年3月31日現在)
総資産 連結:5兆7,909億29百万円
単体:4兆2,368億14百万円
(2019年3月31日現在)
従業員数 連結3,301名
単体1,379名
(2020年3月末現在)
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任監査法人トーマツ
主要株主 三菱商事 20.12%
三菱UFJフィナンシャル・グループ 13.51%
三菱UFJ銀行 6.11%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 4.66%
明治安田生命保険 3.46%
(2019年3月31日現在[1]
主要子会社 #主な連結子会社参照
外部リンク 三菱HCキャピタル株式会社
テンプレートを表示

三菱HCキャピタル株式会社(みつびしエイチシーキャピタル、英 Mitsubishi HC Capital Inc.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く大手総合リース会社。三菱グループの中核リース会社である。東京証券取引所市場第一部上場。コーポレートスローガンは「Voyager to the Frontier」。

概要[編集]

2007年4月にダイヤモンドリース株式会社とUFJセントラルリース株式会社が、リース業界大型再編の先陣をきって[2]合併し、三菱UFJリースが誕生した。合併により規模が国内トップクラスのリース会社となっている。三菱商事三菱UFJフィナンシャル・グループとの密な連携と土地建物リースやPFI事業の取扱いに強みを有する。また、近年欧米の航空機リース関連企業を相次いで買収し、海外収益が高いのも強みである。合併と同時期に、本社所在地を、東京駅直結の新丸の内ビルディングに置き、社員の大半が同ビルで勤務している。

2016年現在、三菱東京UFJ銀行三菱UFJ信託銀行三菱UFJ証券ホールディングス三菱UFJニコスと共に、持株会社三菱UFJフィナンシャル・グループを構成する主要中核5社であるが、他の4社は持株会社傘下の非上場連結子会社であるのに対し、当社は上場を維持し、かつ子会社ではない。そして株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ三菱商事株式会社の持分法適用関連会社である。

当社は、会社発足時からの経緯で三菱広報委員会及びみどり会の会員企業である[3][4]

なお、旧東京銀行系列の東銀リースは2016年現在もそのまま別会社として存在し業界10位の規模、旧日本信販系の日本ビジネスリース(現:日立キャピタルNBL株式会社)は日立キャピタルにより子会社化している。

2016年5月13日、日立キャピタルとの資本業務提携を行うことを合意し、三菱UFJ フィナンシャル・グループ三菱東京 UFJ 銀行日立製作所、日立キャピタルとの間で、金融プラットフォーム構築を目的とした業務提携への合意に至ったことを発表した[5]。2020年9月24日、臨時株主総会の決議承認を経て、2021年4月1日に日立キャピタルを吸収合併し、経営統合することを発表[6]。統合後、「三菱HCキャピタル株式会社」へ商号(社名)変更した[7]。三菱UFJリース時代は三菱UFJフィナンシャル・グループのロゴマークを使用していたが、三菱HCキャピタル発足後は三菱グループ共通の赤いスリーダイヤに変えている[8]

沿革[編集]

旧ダイヤモンドリース[編集]

旧UFJセントラルリース[編集]

  • 1969年5月29日 - 東海銀行の関連リース会社として、セントラルリース株式会社設立。
  • 1989年11月 - 名古屋証券取引所2部上場。
  • 2004年4月1日 - UFJグループの企業再編の一環として、旧三和銀行系の株式会社UFJビジネスファイナンスの会社分割により、同社のリース事業部門を承継し「ユーエフジェイセントラルリース株式会社」に商号変更(英語表記はUFJ Central Leasing Co., Ltd.)。あわせて、東京証券取引所、名古屋証券取引所各1部上場。

旧三菱UFJリース[編集]

  • 2007年4月 - ダイヤモンドリース株式会社がUFJセントラルリース株式会社と経営統合し、商号(社名)を三菱UFJリース株式会社に変更。あわせて名古屋証券取引所1部上場。
  • 2007年10月 - 完全子会社・三菱オートリース・ホールディング株式会社傘下の三菱オートリース株式会社が、ダイヤモンドオートリース株式会社を吸収合併
  • 2013年1月 - 米サンフランシスコに拠点を置くJSAInternational Holdings, L.P の全出費持分を取得し連結子会社化。
  • 2013年11月 - インドネシアの PT.Takari Kokoh Sejahteraを連結子会社化。
  • 2014年11月 - アイルランドのEngine Lease Finance Corporationの全株式及び米ボストンに拠点を置くBeacon Intermodal Leasing, LLCの全出費持分を取得し、連結子会社化。
  • 2016年5月 - 日立キャピタルとの間で資本業務提携を行うことに合意。
  • 2018年12月-米シカゴ郊外に拠点を置くENGS全株式を取得し、連結子会社化。
  • 2020年9月 - 日立キャピタルとの経営統合を発表。

三菱HCキャピタル[編集]

  • 2021年4月 - 日立キャピタルを吸収合併し経営統合。商号(社名)を三菱HCキャピタル株式会社に変更。

主なグループ会社[編集]

国内[編集]

  • ディー・エフ・エル・リース株式会社
  • 首都圏リース株式会社
  • ディーアールエス株式会社
  • MULエコビジネス株式会社
  • 株式会社U-MACHINE
  • MULインシュアランス株式会社
  • MULビジネス株式会社
  • 三菱電機クレジット株式会社
  • 株式会社日医リース
  • エム・キャスト株式会社
  • MULヘルスケア株式会社
  • ヘルスケアマネジメントパートナーズ株式会社
  • MULエナジーインベストメント株式会社
  • MULユーティリティーイノベーション株式会社
  • MULプロパティ株式会社
  • ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社
  • 株式会社御幸ビルディング
  • MULリアルティインベストメント株式会社
  • MUL不動産投資顧問株式会社
  • 株式会社センターポイント・ディベロップメント
  • 三菱オートリース株式会社
  • ジャパン・インフラストラクチャー・イニシアティブ株式会社
  • 日立キャピタル債権回収株式会社
  • 日立キャピタルサービス株式会社
  • 日立キャピタルオートリース株式会社
  • 日立トリプルウィン株式会社
  • 積水リース株式会社
  • 日立キャピタル損害保険株式会社
  • 日立キャピタルコミュニティ株式会社
  • 日立キャピタル信託株式会社
  • 第一信用保証株式会社
  • 日立キャピタルNBL株式会社
  • 日立グリーンエナジー株式会社
  • 日立ウィンドパワー株式会社
  • 日立サステナブルエナジー株式会社

海外[編集]

  • Mitsubishi UFJ Lease & Finance (China) Co. Ltd.
  • U-MACHINE (CHINA) CO.,LTD.
  • Mitsubishi UFJ Lease & Finance (Hong Kong) Limited
  • DFL-Shutoken Leasing (Hong Kong) Company Limited
  • Bangkok Mitsubishi UFJ Lease Co., Ltd.
  • MUL (Thailand) Co., Ltd.
  • U-MACHINE (THAILAND) CO.,LTD.
  • Mitsubishi UFJ Lease (Singapore) Pte. Ltd.
  • PT. Mitsubishi UFJ Lease & Finance Indonesia
  • Mitsubishi UFJ Lease & Finance (U.S.A.) Inc.
  • ENGS Commercial Finance Co.
  • Ho Chi Minh City Representative Office
  • Yangon Representative Office
  • PT. Manajemen Unggul Lestari
  • Jackson Square Aviation,LLC
  • Beacon Intermodal Leasing,LLC
  • MUL Railcars, Inc.
  • Jackson Square Aviation Ireland Limited
  • Engine Lease Finance Corporation
  • PT. Takari Kokoh Sejahtera
  • Hitachi Capital (UK) PLC
  • Hitachi Capital Polska Sp. z o.o.
  • Hitachi Capital Mobility Netherlands B.V.
  • Maske Fleet GmbH
  • Maske Langzeit-Vermietung GmbH
  • Hitachi Capital America Corp.
  • Hitachi Capital Canada Corp.
  • CLE Capital Inc
  • Hitachi Capital (Hong Kong) Ltd.
  • Hitachi Capital Management (China) Ltd.
  • 日立租賃(中国)有限公司
  • 日立商業保理(中国)有限公司
  • Hitachi Capital Asia Pacific Pte. Ltd.
  • Hitachi Capital (Thailand) Co., Ltd.
  • Hitachi Capital Malaysia Sdn. Bhd.
  • PT. Arthaasia Finance
  • PT. Hitachi Capital Finance Indonesia

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 有価証券報告書(第48期)
  2. ^ この合併以後、三井住友銀リースと住商リースの合併、協同リースと三井リース事業の合併、センチュリー・リーシング・システムと東京リースの合併と、大型の企業再編が進んだ。
  3. ^ 三菱広報委員会の加盟会社”. 三菱グループホームページ. 2020年12月8日閲覧。
  4. ^ メンバー会社一覧 - みどり会
  5. ^ 三菱 UFJ リース株式会社及び日立キャピタル株式会社の金融機能強化に向けた 資本業務提携に関するお知らせ
  6. ^ 日立キャピタルとの経営統合について | 三菱UFJリース株式会社”. www.lf.mufg.jp. 2020年9月25日閲覧。
  7. ^ 商号の変更に関するお知らせ | 三菱UFJリース株式会社”. www.lf.mufg.jp. 2021年1月24日閲覧。
  8. ^ 会社概要(三菱HCキャピタル)

外部リンク[編集]