りんかい日産建設

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
りんかい日産建設株式会社
NISSAN RINKAI CONSTRUCTION CO.,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-0014
東京都港区二丁目3番8号
設立 1936年(昭和11年)1月
業種 建設業
法人番号 3010401031409
事業内容 総合建設業
代表者 山口 竹彦(代表取締役社長
資本金 19億50百万円
売上高 538億49百万円(2015年3月期)
純資産 68億30百万円(2015年3月31日現在)
総資産 320億40百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数 504名(2015年3月31日現在)
主要株主 今治造船
主要子会社 栄臨建設株式会社
昌立地所株式会社
外部リンク http://www.rncc.co.jp/
特記事項:特定建設業 国土交通大臣許可(特-24)第2315号
テンプレートを表示

りんかい日産建設株式会社りんかいにっさんけんせつ)は日本の中堅総合建設会社であり、本社は東京都港区芝2丁目3番8号に所在する。略称はりんかい日産、RNCC(英名略称)。

概要[編集]

旧りんかい建設はのちにジャフコなどの支援下に入り、また旧日産建設(以下、旧日産)は戦後から90年代初頭までは日立造船系で、旧日産倒産(2002年)まではマイカル(現:イオンリテール)傘下に入っていた。なお、同社は2008年(平成20年)8月29日に会社更生手続開始の申立てを東京地方裁判所に行い、翌2009年(平成21年)9月18日に更生計画認可を受け、2015年(平成27年)3月に更生手続が終結した。

2016年9月15日付で、今治造船が投資ファンドのアスパラントグループと大和PIパートナーズが保有するすべての株式を取得し、今治造船の子会社となった[1]

沿革[編集]

りんかい建設[編集]

  • 1926年 渡辺了武が臨海土木工業所を創業
  • 1936年 (株)臨海土木工業所に改組
  • 1971年 社名を臨海土木(株)に変更
  • 1976年 シンガポール・チャンギ国際空港建設工事を受注
  • 1979年 社名をりんかい建設(株)に改称
  • 1984年 建築工事に本格的進出を図る
  • 1986年 関西国際空港建設工事を受注する
  • 1995年 『バージアンローダー砂撒工法』の港湾に係わる民間技術評価取得
  • 1998年 東京支店を皮切りにISO9002取得。以後2000年までに全支店で取得
  • 2000年 ストックオプション制度導入

日産建設[編集]

  • 1905年 久原房之助が茨城県赤沢鉱山を買収し「久原鉱業所日立鉱山」として鉱山業を始める
  • 1912年 個人経営・久原鉱業所が法人化され「久原鉱業株式会社」となる
  • 1928年 久原鉱業を鮎川義介により持株会社に改組。また持株会社自体の株式を公開して「日本産業株式会社」とする
  • 1933年 日本初の自動車工場・日産自動車横浜工場の建設を請け負う
  • 1961年 資生堂銀座本社ビル建設
  • 1974年 日立造船(現・ジャパン マリンユナイテッド有明工場に最新設備を兼ね備えた大型ドッグを建設
  • 1988年 東京都都庁新庁舎(新宿区)建設工事参加
  • 2000年 密閉式管理型廃棄物貯蔵施設「エバーピット」が環境事業団より次世代廃棄物処理技術基盤整備事業の助成金交付を受ける
  • 2001年 全社一括によりISO14001取得
  • 2002年 東京地方裁判所に会社更生法申請・受理、同時に東京証券取引所での上場廃止

りんかい日産建設[編集]

  • 2002年 りんかい建設と日産建設が2003年7月1日をもって合併する契約書に覚書を交わす
  • 2003年 合併により『りんかい日産建設(株)』となる
  • 2004年 環境省より土壌汚染指定調査機関の指定取得
  • 2004年 『鋼棒ダンパー制振装置(棒振くん)』の特許取得
  • 2006年5月11日 防衛施設庁談合事件にからむ不正入札に関して、国土交通省から30日間の営業停止命令が下りる。また、同事件にからむ営業停止命令は、同社を含んだゼネコン大手など8社に及ぶ規模。
  • 2008年8月29日 東京地裁に会社更生法の申請を行った。
  • 2009年9月18日 同地裁より更生計画認可決定を受けた。
  • 2015年3月 会社更生手続終結。
  • 2016年9月 今治造船の子会社となる。

特徴[編集]

平成20年2月

  • 鉄道運輸機構より北陸新幹線富山水橋開発橋工事(延長1422mの高架橋)の大型工事を受注する。
  • 山梨リニア実験線《御坂トンネル(中)》でもJVの一員として受注する。

施工物件[編集]

建築物件

土木物件

脚注[編集]

  1. ^ 今治造船、りんかい日産を買収 工場の維持管理強化 - 日本経済新聞(2016年10月4日)、2016年10月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]