ぺんてる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぺんてる株式会社
Pentel Co., Ltd.
Logo Pentel.jpg
Pentel (head office).jpg
本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ぺんてる
本社所在地 日本の旗 日本
103-8538
東京都中央区日本橋小網町7-2
設立 1946年3月
業種 その他製品
事業内容 文具、事務機器、生産機械等の製造・販売など
代表者 和田優(代表取締役社長)
資本金 4億5,000万円
売上高 233億2,600万円(2012年3月期)
従業員数 773名(2012年3月現在・単体)
関係する人物 堀江幸夫(創業者)、関口友三(設計士,デザイン考案者)
外部リンク http://www.pentel.co.jp/
テンプレートを表示

ぺんてる株式会社は、東京都中央区日本橋小網町に本社を置く、大手文具メーカー。創立は1946年。旧称は大日本文具株式会社。現社名の由来はpenと伝達の意味を表すtellを合成した造語(ペンで伝える、といった意味)で、1971年に社名変更。だが、元来の意味はペインティングとパステルの造語であり、同社が送り出した新開発パステルの商標であった。

主な取扱商品に当社の発明品でもあるサインペン筆ペンボールペン消しゴム修正テープなどの筆記器具、絵具、マーカーなどの画材などがある。

アナログ的な文具メーカーのイメージが持たれているが、タッチパネル液晶パネルなどハイテク分野にも進出している。 みどり会の会員企業であり三和グループに属している[1]

沿革[編集]

堀江幸夫の父で筆職人の利定が1911年に創業した「堀江文海堂」というの卸問屋浅草で営んでいたのが祖である。その後、幸夫が後を継ぎ戦後の1946年に現在の本社所在地に移転し大日本文具株式会社を設立。当初は文具の卸売業であったが、後に自社での生産・販売を開始した。最初に生産したのは粉墨とクレヨンで、以降は他の文具も手がけるようになった。さらに文具だけにとどまらず、自社で使用する生産機器の製作していたことから、それらの生産・販売も手がけるなど、取り扱う品目を増やしていった。

長きに渡り創業者の堀江幸夫が社長を務め、後に幸夫の息子・利幸に譲ったが急死[2]。創業家一族以外から社長が出ていたが、2002年6月に利幸の息子・堀江圭馬が当時32歳で就任。ドットイーボール、エルゴノミックス、ランスロットシリーズ、エナージェル、ローリー、ビクーニャ、ノック式マーカーなど数々の商品を開発した。2012年5月、代表取締役社長に和田優が就任した。

主な商品[編集]

文具事務用品[編集]

ボールペン[編集]

油性ボールペン
エルゴノミックス(生産中止)
VICUNA(ビクーニャ)
世界で最も低粘度の新開発油性ボールペンインキを採用(2010年1月現在)、ペン先のボールの回転もスムーズに。
水性ボールペン
ボールぺんてる
樹脂チップを採用しており独特の書き味が特徴。多彩な派生品があったが、現在日本ではB100(ボール径0.6mm)の黒・赤・青色のみ販売されている。
マイクロボール
金属チップ、耐久顔料インキを採用。ボール径は0.5mm。
ゲルインクボールペン
ハイブリッド
中性ボールペンとして発売された、ぺんてる初のゲルインクボールペン。キャップを透明にしたのは、ハイブリッドが初めて。クリアな多角形ボディが特徴である。滑り過ぎない適度な抵抗感のある書き味で人気となった。初期はグリップは細かい溝があり、無色だったが、今は黒色のプリントになっている。同様に、インクの色が濃くなり、ペン先の素材が洋白からステンレスに変わっている。後に、極細タイプでニードルポイントが特徴である、ハイブリットテクニカも発売されている。また、派生品に絹物語と言うラメ入りボールペンもあったが現在では廃番となっている。
スリッチ
エナージェル
独自の低粘度インクを採用し、滑らかな書き味、速乾性を実現している。染料である。
ハイパーG
筆記線の中央が掠れずインクが中央に集まる特殊なインクを採用。エナージェルと同様インクの拍出量が多いため、非常に滑らかな書き味となっている。顔料である。現在は廃番。

シャープペンシル[編集]

製図用シャープペンシル

数多くの製品を発売したが、CADが普及したことにより製図の需要が無くなり、多くが生産中止となった。最近は、最もシャープペンシルを良く使う層である学生をターゲットとした比較的安価な新商品も発売している。

グラフ1000 フォープロ(PG100x)
軸をプラスティック製、グリップをアルミニウム製の円筒からシリコンゴムが飛び出した構造(3F構造)にすることによって、軽量・低重心でかつ滑りにくくなっている。全世界で1000万本以上を売り上げたベストセラー商品であり、それを記念して色違いの「グラフ1000リミテッド」が計10色、2008年・2009年の2度に5万本ずつ限定発売された後、2010年には同社のシャープペンシル替芯STEINとコラボレーションした「グラフ1000×シュタイン」が計5色が限定発売された。
実際は色だけでなく、重量と重心も多少変わっている。
グラフギア1000(PG101x)
グラフ1000の後に出たモデルであり、フルメタルシャープペンシルで、重く、重心は、高い。先端収納機能やデュアルグリップ{ローレット&シリコン4F構造}も搭載している。芯径は、0,3、0,4、0,5、0,7、0,9と豊富である。過去にはボールペン版も存在した。
グラフギア800(P36×)
グラフ600(PG60×)
0.3mm,0.5mm(日本国外はさらに0.7mm)を展開。2015-2016カタログで限定商品と記載されており、間もなく生産中止となる。一部の国ではグラフ620なるものも存在する。
グラフギア500(PG51x)
芯径0.3,0.4,0.5,0.7,0.9。低重心のシャープ。
メカニカ(生産中止)
1968年に発売された最高級シャープペンシル。長年にわたりつくられたシャープペンシルであり、時代ごとに形、付属品などが異なる。それらは大まかに「前期・中期・後期」に分けられるが、実際はその中でも多種多様なバリエーションがある。0.5mmと、世界初となる0.3mmを展開。箱、シース(初期のみ革製、以降プラスチック製)、使用説明書(保証書)、クリップ、(初期の物には専用のクロス(青または黄))が付属し、軸にはポリアセタールを採用、グリップを回転させることによって曲がりやすいペン先を保護する機構を搭載するなど、贅沢な作りとなっている。0.3mmモデルのみグリップに墨入れが施されている。中期の物にはJISマークが入っている。1969年グッドデザイン賞受賞。定価は3000円。設計は関口友三さん。2002年頃に廃番となった。
グラフ(生産中止)
ぺんてるの製図用シャープペンシルでは2番目に当たる高級モデル。外装は全金属製でずっしりした重さが特徴。0.3(PG2003),0.4(PG1804),0.5(PG1505)を展開。初期のものには芯硬度表示窓がない。
グラフレット(PG50x)
芯径0.3,0.4,0.5,0.7,0.9。2016年ロングライフデザイン賞受賞。
グラフレット300(PG30x)(生産中止)
グラフレットの廉価版。グラフレットが六角なのに対して、グラフレット300は丸軸である。海外では「GRAPH300」として販売していた。定価300円。芯径0.3,0.5,0.7,0.9。
グラフペンシル(PGx)
ぺんてるが数十年に渡って販売している製図用シャープペンシル。黒軸で左右対称のデザインとなっている。大日本文具株式会社時代の物はデザインが若干異なっていたり、製造時期によって様々なマイナーチェンジがされている。0.2,0.4,0.5,0.7があるが現在0.5mmのみの販売。設計は関口友三さん。
メカニカグラフ(PMG)(生産中止)
メカニカの廉価版として開発された。ペン先に付属のキャップをつけることでペン先を保護する。筆記時には逆側にはめることができる。0.3mmのみ。グラフペンシルとほとんどが似ていて、なおかつ、軸に「GRAPH PENCIL」の表記があるが、ぺんてるのカタログには別で表記されるなど、定義が曖昧である。設計は関口友三さん。定価1300円(初期は1000円)。2011年に廃番。
P320シリーズ(P32x)

12角軸を採用したシャープペンシル。芯径表示のフォントはグラフペンシルと同一。芯径0.3,0.5,0.7,0.9。2007年頃に廃番になったが、今でも限定生産される事が多い。海外ではP20xとして販売している。

GRAPH-Ⅱ(生産中止)
現行のPG5に良く似ているが、グラフペンシルではない。
PG15(生産中止)
アルミ製の製図用シャープ。外観はグラフシリーズと似ているが、ローレット加工ではない。定価1500円。
PWP15(生産中止)
ローレット加工が施されたダブルノックシャープ。定価1200円。
一般筆記用/製図用以外のシャープペンシル
Tuff
太いグリップ、回転することによって繰り出す長い消しゴムが特徴。色はブラックとダークブルーの2色で、0.5mm、0.7mm、0.9mmと太目の芯径を展開。
オレンズ
「芯をパイプから出さない」ことによって0.3mmや0.2mmなど超極細芯でも芯の折れにくいシャープペンシル。0.3mmと0.2mmの芯径がある。通常モデルに加え、ラバーグリップ、メタルグリップがある。
スマッシュ(Q100x)
グラフ1000フォープロの一般筆記用として開発された。更にスマッシュの後継として「XS」と言うシャープペンシルが発売されたが現在は廃番となっている。4mmスリーブ、硬度表示窓を搭載する。黒以外の色や、0.3mm,0.7mm,0.9mm、ボールペンもあったが今は廃番となっている。海外限定モデルや、廃番色のAmazon限定復刻モデル(現在はグレーブルーが復刻)、LOFT限定モデルが存在する。海外の品では表記が「Q1000」の物も存在する(ボールペンの場合は「B1000」)。「Q1005-」の後に付する色別の型番は1:黒、2:ウォームグレー、3:ウォームグレーグリーン、4:グレーブルー、5:レッド、6:ブルー、7:グリーン、8:ピンク、9:ホワイト、B:メタリックレッド、C:メタリックブルー、K:メタリックグリーン、V:メタリックバイオレット、V:シルバー。 海外限定色は型番が「Q1005Z」となり、ロフト限定モデルは末尾にLF、Amazon限定モデルは末尾にAが付加される。
Technomatic (生産中止)
メカニカと並ぶ高級モデルで、定価3000円。ヘアライン加工や墨入れ加工が施され、スライドパイプによるダブルノック機構、芯折れ防止機構、オートマチック、紙を押し付けて離すことによって芯が繰り出される先端プッシュ機構が搭載されていた。現行品であるぺんてるのオレンズと同じく、パイプの先端は紙面にひっかからないようになめらかになっている。生産性が上がらないことが原因で、生産期間は短かった。芯径は0.5のみ。ノックによってガイドパイプがスライドし、製図用シャープペンシルと同じ4mmになる。説明書での正式な読みは「テクノマティック」。Technomatic・TECHNOCLIC・Technopressで俗に「テクノ三兄弟」と呼ばれる。より高級な「エクスキャリバー・テクノマティック」というものも存在する。
TECHNOCLIC(生産中止)
オートマチック機構搭載のサイドノックシャープ。スライドパイプによるダブルノック機構も搭載されている。読みは「テクノクリック」。
Technopress(生産中止)
QX(生産中止)
キャップ式のシャープペンシル。オートマチック、紙を押し付けて離すことによって芯が繰り出される先端プッシュ機構が搭載されていた。
テクニクリック
SHARPLET (A125)
SHARPLET-2
SHARPLET100(A135)
SHARPLET300
SHARPLETFine
Roℓℓy
ドットe
Fiesta
KERRY
INJECTO(P154)(生産中止)
初の0.4mm芯を採用したシャープペンシル。芯タンクをカートリッジ式にした事で、楽に芯の補充が出来る。軸色は銀と黒があった。1970年代後半に発売。定価1500円。廉価版にPop'n pop INJECTOという物も存在する。

シャープ芯[編集]

黒鉛芯に代って世界初となるPOLYMER(ポリマー)芯を開発、販売し、現在主流になっている。0.3,0.5,0.7,0.9mmの芯を世界初で実用化し、現在0.2mmの芯を日本で唯一販売する。 (0.2mmの芯を入れて使うシャープペンシルを開発したのはNEWMANである。)現在0.2mm、0.3mm、0.4mm、0.5mm、0.7mm、0.9mm、1.3mm、2.0mmの8芯径を販売している。

Ain STEIN
現行品
HI・POLYMER Ain
人気がある替え芯のブランドの1つ。濃さも4Hから4Bまであり、使用者にとっては幅広い硬度を選ぶことが出来る。また、ソフトHBとハードHBの芯がある(HBに3種類を展開しているのはぺんてるとトンボ鉛筆のみ)。発売直後、Ainに「志村けんの変身シール」が付くキャンペーンがあった(商品名が志村けんのギャグ「アイ~ン」に似てるため、コラボレーション企画が実現したとされる)。
HI・POLYMER FOR PRO
製図をターゲットとした、より高級なバリエーション。0.3mm、0.4mm、0.5mmの計3芯径を販売。価格は0.3mmは30本で400円、0.4mmは30本で300円、0.5mmは40本で300円。同価格帯の三菱鉛筆の商品、「Hi-uni」とは対照的な、固くぬるりとした書き味や、定規で線を引いても粉が出にくい特性から、今でも一部から熱烈な支持がある。ラインナップは0.3mmが4H~B(Fなし)、0.4mmが2H~B(Fなし)、0.5mmが6H~2Bである。2011年に廃番。
HI・POLYMER 100
0.3 0.4 0.5 0.7 0.9の芯径があったが、今は0.5を除いて廃番。従来の芯(恐らくHI・POLYMER SPARE LEADS)より、強度が100%あるということから名付けられた。0.7mmと0.9mmはケースの形状が異なる。赤色の芯や、青色の芯もある。
HI・POLYMER120
従来の芯よりも120%強度があると謳った芯。0.3mmと0.5mmを展開。ケースは再生紙を使用。ケースは筒状になっていて、15本入×3のものと×5のものがある。廃番。
HI POLYMER SUPER
0.5mmと、0.3mmがあった。どちらも現在は廃番になっているが、海外では、SUPER HI・POLYMERとして0.7mmなども販売されている。0.3mmは業務用HI・BLACKやBLACK40と同じ形状のケースである。
HI・POLYMER SPARE LEADS
0.2mm、0.3mm、0.4mm、0.5mm、0.7mm、0.9mm、1.3mmを展開。現在0.5mm B/HBと、1.3mmB/HBのみ。製造時期によってケースに変化がある。現在では他のシリーズに取って代わられている。
HI・BLACK
シャープペンシル用替え消しゴム付属のものと、そうでない業務用HI・BLACKなるものがある。
BLACK 40
日本で初めての40本入りの芯とされているが、ソースがない為詳細は不明。
FAX-LEAD
FAXやコピーの為の芯。専用のシャープペンシルも存在。0.7mm。
HI・POLYMERマークシート芯
マークシート向けに作った替芯。現行品。1.3mmのB/HBがある。
HI・POLYMER COLOR LEADS for Teachy’s CHECKER
1.3mmの蛍光芯。ケースはHI・POLYMER100や、HI・POLYMER FOR PROと同じ。専用のシャープペンシルが出ていた。現在は廃番。
Multi8専用替芯
Multi8専用の替芯。2.0mmで、カラー色や、黒など、種類が多い。
HI・POLYMER COLORLEADS
カラー芯。蛍光色や、オレンジ色などを販売していた。中味の芯の色と、キャップの色が合わせられている。ケースはHI・POLYMER SPARE LEADSと同じ。1.3mmの朱色のみ現行。
HI・POLYMER 100G/N100
詳細は不明。
Ain supplio
香り付きの芯。種類は「リフレッシュ」「ヒーリング」「ポジティブ」の3種類。20本入りで200円。
ポリフィット芯
製図フィルム用芯、硬度はP1〜P5まである(芯径による)。廃番。
EC-105
牛乳パックを再生使用したケースに入っている。
C357
ぺんてるのシャープペンシル、《ファンクション357》向けに作られた芯。0.3mm、0.5mm、0.7mmの三種類の太さの芯が入っている。
HI・POLYMER for PLOTTER
プロッター用の芯。HI・POLYMER FOR PROとは異なる。0.2mm芯が40本入りで1000円。
DIAZO NON COPY(ジアゾノンコピー)芯
青焼き時に複写されないピンクに近い色の芯。現在は2.0mmのみ、販売している。(Multi8専用替え芯という名目にて販売)
インジェクトカードリッジ
ぺんてるのシャープペンシル《インジェクト》の専用カードリッジ。

各種ペン[編集]

アイプラス
カスタマイズペン。ラブライブ!初音ミクなどの人気作品とのコラボレーションも展開した。
サインペン
1963年に発売開始。当初、日本ではまったく売れなかったが当時のアメリカ大統領リンドン・ジョンソンが愛用したことで日本だけでなく世界で使用される当社最大のヒット商品となる。NASAの宇宙プロジェクトで使用されたことは有名。
プラマン
素材が全てプラスティックで出来た万年筆。安価でありながら、独自の構造により一般の万年筆に匹敵する書き味や筆跡を実現。1993年にはカートリッジタイプも発売された。また、同名で形が似ているサイドノックのシャープペンシルもあったが現在は廃番である。
ぺんてるペン
マークぺんてる
ぺんてる筆
筆ペン
筆touchサインペン
ペン先が筆のようにしなやかなのが特徴。

くれよん[編集]

ずこうクレヨン
かつては「メイローくれよん」や「ドラゴンくれよん」「ホームランくれよん」などがあった[3][4]

絵具[編集]

エフ水彩

その他[編集]

HI・POLYMER
AinBlack
消しゴム
Ain
青と赤の2色が有り、青の方が硬くなっている。
AinCLIC
ノックによって細い消しゴムを繰り出す方式。三角形のゴムが特徴。
AinBlack
ブラックボディが特徴。消しゴムに付着したヨゴレが目立たない。
CLIC ERASER
HYPERASER
修正液
修正テープ
kachitto
先端ノック式。4mm、5mm、6mmのテープ幅を販売している。
French pop Creamo

※かつてはやハサミも生産されていた。]

文具以外[編集]

文具以外に電子機器や生産設備の生産・販売を行っているのが大きな特徴といえる。もともと文具の生産には高い技術を必要とし、生産設備にも高い精度が要求されるため、自社製品の品質を保つには金型や生産機器などを外部業者に発注して製造するよりも、自社で製造したほうが得策であると判断したためである。これは技術や生産ノウハウを蓄積できることやライバル他社への技術などの漏洩というリスクの減少、生産性向上が見込めることなどが要因である。電子機器は文具の延長線から開発を行っているもので、当初の電子ペンとペンタブレットから液晶パネルやディスプレイといったところまで手がけている。OEM事業は当社の基幹である文具だけでなく、前述の電子機器や生産設備、さらには蓄積した技術を生かした胡蝶蘭の生産まで幅広く手がける。

  • 電子機器関連(電子機器部[5]) - タッチパネルデジタイザー液晶ペンタブレット)、タッチスイッチ、電子ペン(airpen[6]
  • 生産設備関連(新規事業部[7]) - 産業用ロボット、産業用自動組立機、射出成型用精密金型、精密ハンドプレス
  • OEM供給(OEM事業部[8]) - 化粧品部品、文具事務用品、医療機器

拠点等[編集]

日本国内

日本国外の19カ国に現地法人を、アメリカ・フランス・台湾・中国・ブラジル・メキシコに生産拠点を置いている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]