ECC総合教育機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社ECC
種類 株式会社
略称 ECC
本社所在地 日本の旗 日本
530-0044
大阪府大阪市北区東天満1-10-20
設立 1975年1月
(創業1962年6月
業種 情報・通信業
事業内容 総合教育・生涯学習機関として様々な教育活動を展開
代表者 代表取締役社長 山口勝美
資本金 4,500万円
売上高 410億34百万円(2013年5月期)
従業員数 1,405名、講師3,596名
主要子会社 株式会社ECCベストキャリア
外部リンク http://www.ecc.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ECC(イーシーシー)は、英会話スクールのほか、学習塾や資格取得のための学校などを運営する会社。本社は大阪市北区

ECCの名の由来は、高品質の教育(Education)実践によって、全ての人々との意思疎通と相互理解(Communication)促進を通じて、平和で豊かな社会共同体(Community)のためにの意味で、この頭文字をとったものである。非上場会社。

みどり会の会員企業であり三和グループに属している[1]

概要[編集]

本社
  • 代表者 代表取締役 山口勝美
  • 沿革 1962年7月 設立
  • 本社所在地 大阪府大阪市北区東天満1-10-20
  • 関連会社 株式会社ECCベストキャリア
  • 資本金 3億900万円(グループ資本金)
  • 売上高 410億34百万円(2013年5月期)
  • 従業員数 1,405名、講師3,596名(2013年5月31日現在)
  • 生徒総数 379,267名(2013年5月31日現在)

沿革[編集]

  • 1962年 - 大阪市住吉区にて外語学院創立。
  • 1969年 - ECC教育研究所開設。
  • 1971年 - 海外研修プログラム開始。
  • 1975年 - ハワイ大学にて講演(ECC山口勇 初代理事長)。
  • 1976年 - 英検1級合格者数、全国1位を記録。
  • 1977年 - ECC予備校・進学ゼミ設立。
  • 1980年 - ECCジュニア英語教室設立。フランチャイズ方式での語学教室・学習塾事業に参入。
  • 1984年 - (提携法人)山口学園ECC国際外語専門学校設立。ECCエアライン学院設立。
  • 1985年 - ECCビジネスコミュニケーショントレーニングセンター設立。
  • 1986年 - ECCコンピュータ学院設立。ECCビジネス学院設立。
  • 1988年 - ECC国際交流事務局設立。(2001年ECC海外留学センターに改称)。ECCオープンキャンパスセンター設立。
  • 1990年 - ECCビジネスライセンス学院設立。
  • 1991年 - ECC・BS教室開始、ECCジュニア・BS教室へと発展改称。
  • 1992年 - ECC通信教育センター設立。
  • 1993年 - 英検通信教育講座開始。
  • 1995年 - ECC編入学院設立。
  • 1996年 - ECC出版事業部設立。ECC就職情報センター開設。
  • 1997年 - (提携法人)山口学園 ECCコンピュータ専門学校設立。
  • 1998年 - ECC高等学院設立。労働省「教育訓練給付金制度」の適用指定を受けた英語・英会話グループレッスンクラス開始。
  • 1999年 - ECCベストキャリア(人材派遣・人材紹介業)開始。ECCビジネス学院をECCカレッジグループへと発展改称。
  • 2001年 - ECCイーラーニング社設立。ECC総合研究所発足。
  • 2002年 - (提携法人)学校法人山口学園ECCアーティスト専門学校設立。
  • 2002年 - ECC Web School設立。
  • 2004年 - ECC Foreign Language Institute Ireland Limited 設立
  • 2008年 - ECC学園高等学校設立
  • 2011年 - ECC Web Schoolのシステムを利用して英数の指導を行うWeb個別指導塾を開始
  • 2012年 - 英会話業界初 学習サービスの国際規格「ISO29990」の認証を取得(ECCジュニア・ECC法人渉外部門)小学校英語指導者認定協議会(略称:J-SHINE)の登録団体に認定

主な専門学校[編集]

主なその他学校・スクール[編集]

CMモデル[編集]

過去[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ECC全体のサイト[編集]

ECCが運営する専門学校のサイト[編集]

ECCが運営するその他の教育機関のサイト[編集]