一冨士フードサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一冨士フードサービス株式会社
Ichifuji Food Service Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 一冨士、イフスコ、IFSCO
本社所在地 日本の旗 日本
530-0001
大阪府大阪市北区梅田3丁目3番20号
設立 2004年11月16日
(創業1901年5月)
業種 食料品
法人番号 9120001109274
事業内容 フードサービスの提供、直営レストラン・喫茶の経営、その他の飲食品の製造・販売など
代表者 代表取締役社長 山岡 直方
資本金 1,000万円
売上高 347億円(2019年3月期)
従業員数 10,405名(2017年12月現在)
決算期 3月31日
主要株主 日清医療食品株式会社 100%
主要子会社

イフスコヘルスケア株式会社

イフスコダイニング株式会社
外部リンク http://www.ifsco-group.com/
テンプレートを表示

一冨士フードサービス株式会社(いちふじフードサービス)は、大阪府大阪市北区に本社を置く、大手総合サービス企業。略称は一冨士。英文社名から「イフスコIFSCO)」とも呼ばれている。

1901年に、大衆食堂「一冨士」として創業した。現在では官公庁企業学校病院福祉施設・社員寮・幼稚園・保育園等の食堂でのフードサービスの提供、衛生管理、人材育成、企画開発のほか、特定保健指導を主な事業としている。

みどり会の会員企業[1]

沿革[編集]

  • 1901年 - 大衆食堂「一冨士」を開店。
  • 1927年 - 大阪市福島区に仕出部調理場を新設。
  • 1958年 - 株式会社一冨士を設立。
  • 1991年 - 社名を「一冨士フードサービス株式会社」に変更。
  • 1997年 - 東京商品センターを開設。
  • 2000年 - 大阪市福島区の本社地区がISO14001認証取得。
  • 2003年 - 民事再生法の適用を申請。
  • 2004年 - 日清医療食品株式会社の完全子会社として、一冨士フードサービス株式会社を新たに設立して事業を承継。
  • 2005年 - 本部制から支社・営業所制等機構改革を図る。
  • 2006年 -「オリエンタルフーズ株式会社」を100%子会社とする。
  • 2007年 -「株式会社オリエンタルビジネスサービス」を100%子会社とする。
  • 2008年 - 北海道・東北、中部、中国・四国、九州の各支社においてISO14001を拡大認証取得。
  • 2012年 - 同じく日清医療食品株式会社の子会社であるアイビス株式会社を合併。
  • 2016年 - 「イフスコダイニング株式会社」の全株式を取得し、子会社化。
  • 2017年 - 「紀水産業株式会社」を吸収合併。

事業拠点[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]