稲垣浩 (労働運動家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

稲垣 浩(いながき ひろし、1944年5月5日 - )は、日本労働運動家釜ヶ崎地域合同労働組合委員長、北大阪合同労働組合執行委員長[1]。釜ヶ崎炊き出しの会代表。

略歴[編集]

  • 大阪高等学校卒業。1966年、兵庫栄養専門学校卒業。
  • 1970年5月、給食会社「一富士」で労働組合結成を図るが解雇される。その年の安保闘争で逮捕収監される。
  • 1972年に、「暴力手配師追放釜ヶ崎共闘会議結成」に参加する。
  • 1975年12月10日より、炊き出し活動を行う。現在も存続している。
  • 1978年に、「釜ヶ崎解放会館」設立に参加する。
  • 1979年からの大阪市議会議員選挙に毎回立候補しているが、落選している。
  • 1981年、釜ヶ崎地域合同労働組合の結成に参加。
  • 2007年8月、「西成公園でホームレスのテント状況などを調査していた大阪市職員に暴行を加えて業務を妨害した」という理由で威力業務妨害罪で懲役1年、執行猶予3年の判決を受ける。
  • 2008年6月13日から17日にかけて、西成署員による日雇労働者に対する暴行に抗議する群衆が機動隊員と対峙して逮捕者18人を出す事件(第24次西成暴動)が発生するが、その際道路交通法違反の疑いで18日に逮捕される。10月20日に保釈となるが、翌年2009年2月27日、大阪地方裁判所において、道路交通法違反で懲役2月の実刑判決が下る。 大阪高等裁判所に控訴するが、7月22日に控訴棄却の判決が下る。最高裁判所に上告したが、2009年10月29日に、上告棄却となり、2010年3月10日収監される[2]。同年11月25日、滋賀刑務所より出所する[3]

人物[編集]

釜ヶ崎の労働運動およびホームレス支援運動で、代表して発言するなど、目立っている人物である。釜ヶ崎で30年以上も続けられてきた炊き出し活動を組織している。釜ヶ崎労働運動・生活闘争の拠点および釜ヶ崎日雇労働者の住所登録先にもなっていた釜ヶ崎解放会館の実現にも寄与している。また、大阪市議会議員選挙にたびたび立候補していることにより、大阪においては、あいりん地区も含め西成区をはじめとして諸地域で知名度が高い。自書として単行本『釜ヶ崎炊き出しのうた』も出版している。支持や共感を覚える釜ヶ崎労働者も多い中も、批判する人も少なくない。

暴動を扇動しているとの報道がされることもある。 最近は、YouTube に演説がアップロードされている[4]

著書によると、家族は妻と子供二人。

和歌山毒物カレー事件主犯の林眞須美死刑囚を支援する活動を行っており、2014年3月、同死刑囚の依頼で養子縁組した。同死刑囚は稲垣姓となっている[5]

著書[編集]

  • 『釜ヶ崎炊き出しのうた』海風社、1989年

関連画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]