藤田観光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
藤田観光株式会社
Fujita Kanko Inc.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 9722
1964年4月上場
大証1部(廃止) 9722
1973年7月上場
本社所在地 日本の旗 日本
112-8664
東京都文京区関口二丁目10-8
設立 1955年昭和30年)11月7日
業種 サービス業
法人番号 6010001100247
事業内容 ブライダル&ラグジュアリーホテル事業、ホテルグレイスリー・ワシントンホテル事業およびリゾート事業
代表者 代表取締役社長:瀬川章
資本金 120億8159万2677円
(2017年12月31日時点)
発行済株式総数 12,207,424株
(2017年12月31日時点)
売上高 単体: 51,222百万円
連結: 70,624百円
(2017年12月期)
営業利益 単体: 579百万円
連結: 1,995百万円
(2017年12月期)
純利益 単体: 1,090百万円
連結: 1,672百万円
(2017年12月期)
純資産 単独: 25,100百万円
連結: 26,526百万円
(2017年12月現在)
総資産 単独: 104,086百万円
連結: 107,362百万円
(2017年12月現在)
従業員数 単独: 953人、連結: 1,438人
(2017年12月31日時点)
決算期 12月末日
主要株主 DOWAホールディングス 31.81%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 3.32%
主要子会社 東海汽船株式会社 20.4%
外部リンク http://www.fujita-kanko.co.jp/
テンプレートを表示

藤田観光株式会社(ふじたかんこう、Fujita Kanko Inc.)は、東京都文京区関口に本社を置く、ホテル結婚式レジャー事業をおこなう企業である。みどり会の会員企業であり三和グループに属している[1]

概要[編集]

前身である藤田鉱業が1945年昭和20年)に藤田財閥の中核である同和鉱業から分離する。さらに1948年(昭和23年)に藤田興業と改称する。

1955年(昭和30年)11月7日、藤田興業の観光部門が分離し、小川栄一を社長として独立、発足した。藤田観光は1964年(昭和39年)4月に東証第二部に上場、翌年5月には東証第一部に昇格した。さらに、1973年(昭和48年)7月には大証第一部にも上場した。

過去には、観光バスタクシーハイヤーを核とする自動車事業も行っていたがバブル崩壊後の1995年平成7年)10月に自動車部の事業は国際自動車(現在は分社化されてケイエム観光バス)に売却。藤田観光主体の無線タクシーグループの藤田無線は1995年10月以降は藤田観光自動車を除く残った春駒交通・日立自動車交通・ライオン交通の3社で運営をしてきたが、2006年(平成18年)2月で解散、事業は日本交通に譲渡、現在3社は日本交通グループとなっている。

2006年(平成18年)5月24日までは東京都港区海岸芝商業高校JR東日本アートセンター四季劇場の対角にあたる場所に本社ビルを構えていたが、2006年5月25日より文京区関口の椿山荘内に本社を移転。旧本社跡は新日鉄興和不動産により『浜離宮インターシティ』へ建て替えられた。

事業[編集]

藤田観光が経営する施設には、藤田組創始者である男爵・藤田伝三郎の本宅であった太閤園をはじめ、ワシントンホテルホテル椿山荘東京・椿山荘・小涌園箱根小涌園・箱根小涌園ユネッサン・下田海中水族館などがある。

売上割合はワシントンホテルが約38%を占め、ビジネスホテル運営が主力事業となっている。椿山荘を始めとした結婚式・宴会事業が約17%、ホテル椿山荘東京が約10%、箱根小涌園や箱根小涌園ユネッサンなどレジャー事業が約9%などとなっている[2]

小涌園[編集]

「小涌園」の代名詞ともなっている箱根小涌園1948年昭和23年)7月に開業し、かつては施設の一部門として一般有料道路芦ノ湖スカイライン」も所有していた。2001年平成13年)1月には箱根小涌園に隣接して、温泉テーマパークである箱根小涌園ユネッサンを開業した。

芦ノ湖スカイラインは後に、10億円程度でNIPPOコーポレーションへ譲渡されている[3]

椿山荘[編集]

椿山荘1952年昭和27年)11月、東京・目白山縣有朋屋敷跡に開業し、約2万坪(6万6千m2)に及ぶ日本庭園で知られる宴会施設である。「椿山荘」の名称は、古来より椿が多く咲いていた地域に位置することに因む。

椿山荘には1992年平成4年)1月、世界的なホテルチェーン・フォーシーズンズホテルズ・アンド・リゾーツ(カナダ)との提携によって「フォーシーズンズホテル椿山荘東京」が開業した。フォーシーズンズホテル椿山荘東京は開業当初、東京都心でも珍しい外資系の高級ホテルとして人気を集めたものの、競争の激化などによって次第に業績が悪化していたという。また、ホテルの運営方針を巡ってのフォーシーズンズホテル側との不和も顕在化したことから、提携は2012年(平成24年)末をもって解消、翌2013年1月1日からは藤田観光独自の運営による「ホテル椿山荘東京」に変わった。[4]

WHGホテルズ[編集]

2014年2月14日に、ワシントンホテル及びホテルグレイスリーのブランド総称としてWHGを制定[5]。総称の由来は、ワシントンホテルの略称であるWHとホテルグレイスリーの略称であるHGを合わせたもの。 2016年7月現在、ワシントンホテルブランド26箇所、ホテルグレイスリーブランド6箇所、ホテルフジタブランド2箇所のネットワークを持つ。

ワシントンホテル[編集]

新宿ワシントンホテル
(東京・西新宿

後に全国規模のビジネスホテルチェーンとなったワシントンホテルの第一号は、名古屋国際ホテル(当時)が1969年昭和44年)に開業した『名古屋国際ホテル別館ワシントンホテル』(名古屋市中区錦)であった。

藤田観光はその後の全国展開に当たって参画、その第一号は1973年昭和48年)6月に開業した札幌ワシントンホテル(札幌市)であった。以後、主に東日本では藤田観光、主に西日本では名古屋国際ホテル(後にワシントンホテル株式会社と改称)がワシントンホテルの事業を展開した。

当初は単一の全国チェーンとして運営されていた「ワシントンホテル」であるが、1997年平成9年)2月1日に藤田観光が運営するワシントンホテルは「ワシントンホテルチェーン」、ワシントンホテル社が展開しているホテルチェーンは「ワシントンホテルプラザチェーン」(原則西日本のみ)として分裂した。その後は、両者をあわせて「ワシントングループホテル」と称して緩やかに提携、ポイントカード「ワシントンカード」などを共同運営をしていたが、そのポイントカードも藤田観光のメンバー制度見直しに伴って2012年平成24年)2月末をもって藤田観光によるワシントンホテルチェーンでの取り扱いが中止され、両チェーンの関係は完全に絶たれた。

ホテルグレイスリー[編集]

ワシントンホテルよりも上級のビジネスホテル・チェーン[6]。当初から「ホテルグレイスリー」として建設された第一号は2008年平成20年)開業の「ホテルグレイスリー田町」。

ホテルフジタ[編集]

  • ホテルフジタ奈良[7] - 1983年開業
  • ホテルフジタ福井 - 2009年に「福井ワシントンホテル」から転換。名称として「ホテルフジタ」を冠するが、藤田観光における扱いは「ワシントンホテルチェーン」と同等[8]で、上記2ホテルブランド同様WHGホテルズの一角を成している。

ウィスタリアンライフクラブ[編集]

会員制リゾートホテル。箱根・鳥羽・静岡(伊豆)・長野で7か所運営されている。

その他のホテル[編集]

  • 十和田ホテル-1939年開業。十和田の風景を全客室から一望できる。

過去に運営していたホテル[編集]

  • 京都国際ホテル[9] - 1961年開業、耐震工事の費用対策を検討した結果、2014年12月26日で営業終了[10]。国内の法人に譲渡された(相手方は公表されていなかった)が2015年になって阪急不動産が土地建物を取得したことが明らかになった[11]。2016年1月に三井不動産が阪急不動産から跡地を取得したことが明らかになった。2016年4月より解体工事が行われており、高価格帯ホテルが建設される予定である[12]
  • ホテルフジタ京都 - 1970年開業。鴨川沿いに立地し、東山の眺望や繁華街への近さが人気であったが、2011年1月に営業終了した[13]。藤田観光は2006年平成18年)の時点でホテルフジタ京都の土地・建物を積水ハウスに売却しており、跡地にはザ・リッツ・カールトン京都が開業している[13]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]