全日警

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社全日警
ZENNIKKEI Co.,Ltd.
種類 株式会社
略称 ANS
本社所在地 日本の旗 日本
103-0007
東京都中央区日本橋浜町一丁目1番12号
プラザマーム
設立 1963年10月8日(創業:1962年8月
業種 サービス業
法人番号 6010001034791 ウィキデータを編集
事業内容
  1. 企業警備(常駐警備、巡回警備、保安警備、機械警備、公営競技場警備、催物警備等)および身辺警備
  2. 貨物自動車運送事業(現金および有価証券ならびにその他貴重品)
  3. 建物の保守、清掃および建物に付設する機械、装置等の管理
  4. 警備用機械器具および警備システムの国内販売および輸出入販売
  5. 電気通信工事、電気工事、一般建築付帯工事の請負と保守業務
  6. 損害保険代理業
  7. 通訳業務
  8. 前各号に付帯関連する一切の業務警備サービス
代表者 代表取締役社長 片岡由文
資本金 4億9,428万円(2020年度)
売上高 381億187万円(2020年度)
従業員数 5385名 (2020年度)
決算期 3月末日
主要株主 東海旅客鉄道三菱地所
関係する人物 金田正一(故人・CMキャラクター)
外部リンク https://www.zennikkei.co.jp/
特記事項:東京都公安委員会認定 第3号
テンプレートを表示
全日警のステッカー

株式会社全日警(ぜんにっけい)は、東京都中央区に本社を構える、警備業者。警備業界では売上高第5位(2020年度実績)。高層ビルや官公庁空港商業施設娯楽施設からホームセキュリティまで、セキュリティーサービス全般を手掛ける。業界5位の大手であるが上場はしていない。

JR東海と企業提携しており(JR東海が全日警株を13.2%保有)、東海道新幹線の沿線パトロールや、名古屋駅など主要各駅、本社が入居しているJRセントラルタワーズリニア・鉄道館などJR東海関連施設の警備を請け負い、2018年に発生した東海道新幹線車内殺傷事件をうけて東海道新幹線の車内巡回乗務(警乗)にも携わるようになった。また、2021年11月からは在来線においても車内巡回業務を開始している。これは京王線放火刺傷事件小田急線刺傷事件による警備強化によるものである。

法人向けサービスに強く施設警備では官公庁の衆議院議員会館や中央合同庁舎、その他において東京ドームヨドバシカメラ横浜ランドマークタワー甲子園球場などがある。機械警備においてはあまり主力にはなってないが小中学校、お店などでは吉野家マルエツなどが設置先がある。制服は冬服は旧警察官の制服に似ておりシンプルな紺色になっている。夏服は業界としては珍しくストライプ柄を取り入れている。現行の制服は2代目で創業30周年を記念してリニューアルされた。デザインは高島屋が担当している。これには1996年開店のタカシマヤタイムズスクエア の新規警備受注を狙いに高島屋に制服デザインを頼んだものの、警備契約自体は他社に取られるという経緯がある。しかし、ジェイア一ル名古屋タカシマヤに関しては警備を担当している。

みどり会の会員企業であり三和グループに属している[1]

企業沿革[編集]

業務の様子
東海道新幹線沿線をパトロールする車両
東海道新幹線車内巡回警備
東海道新幹線構内立哨警備(品川駅)
中央新幹線品川駅工事に伴う交通警備

系列会社[編集]

取引先[編集]

など 主要物件 ヨドバシAkiba ヨドバシ梅田 東京駅 品川駅 名古屋駅 JRセントラルタワーズ リニア・鉄道館 東京ドーム 東京ドームホテル 阪神甲子園球場 衆議院議員会館 中央合同庁舎第7号館 横浜ランドマークタワー

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

本体のサイト[編集]

系列会社のサイト[編集]