吉川市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Katsushika-Katsu.pngと異なる可能性があります。
よしかわし
吉川市
Yoshikawa park 1.jpg
Flag of Yoshikawa, Saitama.svg
Emblem of Yoshikawa, Saitama.svg
吉川市旗
1955年3月1日制定
吉川市章
1955年3月1日制定
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
市町村コード 11243-7
法人番号 8000020112437 ウィキデータを編集
面積 31.66km2
総人口 71,763[編集]
推計人口、2019年10月1日)
人口密度 2,267人/km2
隣接自治体 越谷市草加市三郷市北葛飾郡松伏町
千葉県流山市野田市
市の木 モクセイ
市の花 サツキツツジ
吉川市役所
市長 中原恵人
所在地 342-8501
埼玉県吉川市きよみ野一丁目1番地
北緯35度53分45秒東経139度51分20秒
Yoshikawa City Hall4.jpg
外部リンク www.city.yoshikawa.saitama.jp

吉川市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

吉川市(よしかわし)は、埼玉県南東部にある人口約7万人のである。

概要[編集]

  • 埼玉県の東南部に位置し、東京都心から約20 km江戸川中川に挟まれた水と緑が豊かなまちである。また、自然堤防等を除き全体的には、起伏の少ない平坦な低地である。古くは舟運で栄え、なまず料理をはじめとする川魚料理で知られる。都心部へ1時間圏内というベッドタウンらしからぬ、川や田んぼに囲まれたスローライフを味わえることから、人口の流入も増加傾向にある。吉川美南地区の開発や商業施設誘致等の影響もあり、近年ではテレビで取り上げられる事も多くなりつつある。
  • 市の中心部に「人にやさしい街づくり」をコンセプトとして誕生した、吉川きよみ野がある。吉川きよみ野は、1988年度(昭和63年度)からUR都市機構(旧都市基盤整備公団)により開発された総面積約62 haの街。1997年度(平成9年度)には、吉川きよみ野コミュニティ道路が都市景観大賞を受賞。その後も1999年度(平成11年度)に「彩の国さいたま景観賞」、2001年度(平成13年度)に同奨励賞を受賞している。現在は[いつ?]、公園や街路、ショッピングセンター、学校・保育所、市民交流センター「おあしす」、といった施設も充実している。

河川[編集]

歴史[編集]

中世以前から稲作地帯であり、この地域は二郷半領とよばれていた。江戸時代に入ると天領になり、大消費地・江戸に非常に近い生産地で中川の水運にも恵まれ、ますます稲作が盛んになった。

吉川市の範囲は中世までは下総国に属していた。

  • 1871年(明治4年)11月14日 (旧暦) - 浦和県忍県岩槻県の3県が合併して埼玉県が誕生。
  • 1889年4月1日 - 北葛飾郡吉川村・旭村・三輪野江村がおかれる。
  • 1915年11月1日 - 吉川村が町制施行し(旧)吉川町となる。
  • 1955年3月1日 - 吉川町・旭村三輪野江村が合併し(新)吉川町となる。
  • 1973年4月1日 - 国鉄武蔵野線が開通。吉川駅が開業。
  • 1976年 - 人口が3万人を超える。
  • 1982年 - 人口が4万人を超える。
  • 1991年 - 人口が5万人を超える。
  • 1996年4月1日 - 吉川町が市制施行し吉川市となる。(市制時人口:53,443人)
  • 2005年 - 人口が6万人を超える。
  • 2006年 - 埼玉県吉川保健所が草加保健所及び越谷保健所と統合し、埼玉県越谷保健所吉川分室となる。
  • 2010年 - 埼玉県越谷保健所吉川分室が廃止され埼玉県草加保健所の管轄となる。
  • 2012年3月17日 - 武蔵野線吉川美南駅が開業。
  • 2015年2月7日 - 人口が7万人を超える。
  • 2019年 - きよみ野1丁目の市民交流センター「おあしす」隣に吉川市役所の新庁舎が完成した。

人口[編集]

Demography11243.svg
吉川市と全国の年齢別人口分布(2005年) 吉川市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 吉川市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

吉川市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政[編集]

市長[編集]

歴代町長[編集]

  • 初代:森田金次郎(1955年4月19日 - 1959年4月18日、1期)
  • 2代:平井伊一(1959年4月30日 - 1963年4月29日、1期)
  • 3、4代:安井武夫(1963年4月30日 - 1971年4月29日、2期)
  • 5代:清宮辰雄(1971年4月30日 - 1975年4月29日、1期)
  • 6 - 8代:浅子鴻(1975年4月30日 - 1987年4月29日、3期)
  • 9 - 11代:深井誠(1987年4月30日 - 1996年3月31日、市制施行)

歴代市長[編集]

  • 初代:深井誠(1996年4月1日 - 1999年1月19日、町長時代含め通算4期)
  • 2 - 5代:戸張胤茂(1999年3月7日 - 2015年3月6日、4期)
  • 6 - 7代:中原恵人(2015年3月7日 - )2期目)

広域行政[編集]

一部事務組合
事務の委託
協議会

議会[編集]

市議会[編集]

定数と任期

定数:20、任期:2016年(平成28年)2月5日 - 2020年2月4日

議長と副議長

役職 氏名 所属会派
議長 中嶋 通治 自民党
副議長 五十嵐 惠千子 公明党

会派の構成

会派名 議席数 所属議員
市民の会・無所属 6 濱田美弥 岩田京子 降旗聡 伊藤正勝 稲垣茂行 齋藤詔治
未来会議よしかわ 4 戸田馨 稲葉剛治 林美希 妹尾百合子
日本共産党吉川市議員団 4 遠藤義法 雪田きよみ 佐藤清治 小林昭子
自由民主党吉川市議員団 3 加藤克明 中嶋通治 松﨑誠
公明党吉川市議団 3 五十嵐惠千子 小野潔 互金次郎

県議会[編集]

選挙区と定数

選挙区:東第12区(吉川市・松伏町)、定数:1

任期

2019年(平成31年)4月30日 - 2023年4月29日

選出議員

2019年改選時は、他に立候補者がなく無投票で当選している。

市民の中には選挙があったことすら知らなかった者もおり、無投票当選のあり方も問われる。

氏名 所属会派
松澤正 自民党

経済[編集]

商業[編集]

産業[編集]

市内中心部

金融機関[編集]

特産物[編集]

  • なまず料理(養殖をはじめ、なまずグッズなどでPRに力を入れている。)
  • 土俵だわら

姉妹都市・提携都市[編集]

地域[編集]

病院[編集]

  • 吉川中央総合病院

教育[編集]

小学校
関小学校
中学校
高等学校

公共施設[編集]

消防[編集]

警察[編集]

  • 吉川警察署(所在地は三郷市上彦名)
    • 吉川交番
    • 吉川駅前交番

郵政[編集]

郵便番号は市内全域が「342-00xx」である。

  • 吉川郵便局 - 吉川市及び松伏町全域の集配を担当
    • 吉川駅前郵便局
    • 吉川団地前郵便局
    • 吉川平沼郵便局

住宅団地[編集]

  • UR吉川団地 UR吉川駅前住宅 UR吉川駅みなみ 吉川きよみ野
  • 県営吉川土場団地

地域情報[編集]

  • 東武よみうり新聞:(当市ならびに越谷市、草加市、三郷市、八潮市、松伏町の全域と春日部市、川口市さいたま市の一部に配布)
  • 東武朝日新聞:(当市ならびに越谷市、草加市、三郷市、八潮市、松伏町、春日部市、さいたま市岩槻区の全域と川口市の一部に配布)
  • 東武新聞:(当市ならびに越谷市、草加市、三郷市、八潮市、松伏町の情報を掲載)
  • 東埼玉新聞:(当市ならびに越谷市、草加市、三郷市、八潮市、松伏町の情報を掲載)

交通[編集]

吉川駅南口

鉄道路線[編集]

武蔵野線吉川駅 - 吉川美南駅[1]

いずれも市南部にあり、北部はバスなどで松伏町を経由し東武伊勢崎線(北越谷駅など)に出たり、江戸川を渡って東武野田線(野田市駅梅郷駅など)に出た方が近い地域もある。

  • 中心となる駅:吉川駅

バス[編集]

タクシー[編集]

タクシーの営業区域県南東部交通圏で、春日部市草加市越谷市久喜市八潮市などと同じエリアとなっている。

道路[編集]

高速道路
一般国道
県道
その他主要道路

観光[編集]

  • 八坂祭(7月中旬)
  • 定勝寺
  • 延命寺
  • 清浄寺
  • 喬高神社
  • 吉川なまずの里マラソン(4月上旬)

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光