三菱ガス化学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三菱瓦斯化学株式会社
MITSUBISHI GAS CHEMICAL COMPANY, INC.
Mitsubishi Gas Chemical logo 20120117.gif
Mitsubishi building.jpg
三菱ガス化学本社のある三菱ビル
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4182
1954年2月15日上場
略称 三菱ガス化学、MGC
本社所在地 日本の旗 日本
100-8324
東京都千代田区丸の内二丁目5番2号
三菱ビル
設立 1951年昭和26年)4月21日
(日本瓦斯化学工業株式会社)
業種 化学
法人番号 9010001008768
事業内容 天然ガス系化学品
芳香族化学品
機能化学品
特殊機能材
代表者 倉井 敏磨(代表取締役社長)
資本金 419億70百万円
発行済株式総数 4億8,347万8,398株
売上高 連結:5,564億80百万円
単独:2,992億34百万円
(2017年3月期)
営業利益 連結:437億62百万円
単独:175億83百万円
(2017年3月期)
経常利益 連結:623億78百万円
単独:314億09百万円
(2017年3月期)
純利益 連結:479億58百万円
単独:279億96百万円
(2017年3月期)
純資産 連結:4,767億49百万円
単独:2,515億21百万円
(2017年3月現在)
総資産 連結:7,416億39百万円
単独:4,263億24百万円
(2017年3月現在)
従業員数 連結:8,034人 単独:2,323人
(2017年3月現在)
決算期 3月31日
会計監査人 東陽監査法人
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 10.13%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 5.39%
日本生命保険相互会社 4.04%
明治安田生命保険相互会社 3.47%
全国共済農業協同組合連合会 2.91%
(2014年3月31日現在)
主要子会社 (株)JSP 51.0%
日本パイオニクス(株) 100%
フドー(株) 100%
外部リンク 三菱ガス化学株式会社 公式サイト (日本語)
テンプレートを表示

三菱瓦斯化学株式会社(みつびしがすかがく、Mitsubishi Gas Chemical Company, Inc.)は、日本化学メーカー。三菱グループの一員であり、三菱金曜会[1]及び三菱広報委員会[2]の会員企業である[3][4]

概要[編集]

日本海天然ガスの自社鉱区を所有し、過酸化水素キシレン誘導品、アンモニア誘導品、エンジニアリングプラスチックなどの化学品を生産しているほか、サウジアラビアベネズエラなど海外で、メタノールを合弁方式によって生産している。また、鉄が錆びるときに酸素を吸収する原理を応用した脱酸素剤『エージレス®』を世界に先駆けて商品化したことで知られる。これは食品の鮮度保持などに広く用いられている。

エンジニアリングプラスチックでは、5大汎用エンプラのうち4種を自社開発技術で製造している。DVDCD等の材料となるポリカーボネートでは世界トップシェア、自動車のギアやカムなどの材料となるポリアセタール、家電やOA機器の主要パーツとなるポリフェニレンエーテルなどである[5]

2015年3月期の連結売上の内訳は、メタノールMMAなど天然ガス系化学品が約1,976億円、メタキシリレンジアミン誘導体など芳香族化学品が1,233億円、過酸化水素ポリカーボネートなど機能化学品が約1,660億円、プリント基板用材料や脱酸素剤『エージレス®』など特殊機能材が約582億円となっている。

沿革[編集]

旧・三菱江戸川化学[編集]

  • 1918年大正7年) 三菱製紙の出資により江戸川バリウム工業所を設立。翌年江戸川工業所に、さらに1922年(大正11年)に合資会社江戸川工業所に改称。
  • 1933年昭和8年) 東京工場の隣に東京メタノールを設立。4年後、同社を吸収して株式会社江戸川工業所と改称。
  • 1943年(昭和18年) 日本低温化学を吸収合併。
  • 1949年(昭和24年) 江戸川化学工業株式会社に改称。
  • 1951年(昭和26年) 本社研究所を開設し、浪速合成化工を吸収合併。
  • 1962年(昭和37年) 三菱江戸川化学株式会社に改称。
  • 1969年(昭和44年) 台湾に台豊印刷電路工業股有限公司を設立。

旧・日本瓦斯化学工業[編集]

合併後[編集]

  • 1972年(昭和47年) 三菱江戸川化学と日本瓦斯化学工業が対等合併し、三菱瓦斯化学株式会社に改称。
  • 1979年(昭和54年) 日本サウジアラビアメタノールを設立。
  • 1985年(昭和60年) デュポンとの合弁でエムジーシーデュポンを設立。
  • 1986年(昭和61年) 佐賀製造所を新設。
  • 1991年平成3年) CIを制定し表記社名を三菱ガス化学株式会社に変更し、エレクトロテクノを設立。
  • 1994年(平成6年) 三菱化成と合弁で三菱エンジニアリングプラスチックスを設立。
  • 1996年(平成8年) 新潟工業所で稼動していた日本で最後のメタノール製造プラントを停止。
  • 2000年(平成12年) チッソと合弁でシージーエスターを、日本パーオキサイドと合弁で共同過酸化水素をそれぞれ設立。
  • 2001年(平成13年) 丸紅と合弁で水島パラキシレンを設立。
  • 2002年(平成14年) 三菱化学と合弁でダイヤティーエーを設立。
  • 2004年(平成16年) 大塚化学と合弁でエムジーシー大塚ケミカルを設立。
  • 2005年(平成17年) 住友金属鉱山と合弁でグラノプトを設立。
  • 2007年(平成19年) 新潟工場で爆発事件発生。
  • 2009年(平成21年) 大阪証券取引所、名古屋証券取引所上場廃止。
  • 2015年(平成27年) 東京証券取引所一部上場のJSPを子会社化。

事業所[編集]

東京開発センター

グループ企業[編集]

2015年3月末時点の子会社及び関連会社数は161社である[6]

連結子会社[編集]

持分法適用関連会社[編集]

その他[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]