三菱マテリアル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三菱マテリアル株式会社
Mitsubishi Materials Corporation
Mitsubishi Materials.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5711 1950年9月上場
大証1部(廃止) 5711 2013年7月12日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
100-8117
東京都千代田区大手町1-3-2経団連会館[1]
設立 1950年(昭和25年)4月1日
業種 非鉄金属
事業内容 非鉄金属製錬セメント製造、金属加工事業、電子材料事業など
代表者 代表取締役社長 竹内 章
資本金 連結:1,194億5,700万円
発行済株式総数 1,314,895,351株
売上高 連結:1兆5,172億65百万円
(2015年3月期)
営業利益 718億71百万円
(2015年3月期)
経常利益 810億93百万円
(2015年3月期)
純利益 561億47百万円
(2015年3月期)
総資産 連結:1兆8,264億6,420万円
従業員数 連結:23,112人
単体:4,183人
決算期 3月31日
会計監査人 有限責任あずさ監査法人
主要株主 日本トラスティ(5.71%)
日本マスタートラスト(4.34%)
主要子会社 三菱アルミニウム
関係する人物 大槻文平(元三菱鉱業セメント社長)
永野健(初代会長)
社長の節も参照
外部リンク 三菱マテリアル株式会社
テンプレートを表示

三菱マテリアル株式会社(みつびしマテリアル、英名Mitsubishi Materials Corporation)は、三菱グループの大手非鉄金属メーカーである。伸銅品で日本国内シェアトップ[2]セメント協会会員[1]

製錬セメント製造、金属加工(自動車部品の製造等)、アルミ缶製造などの事業を行っている。1990年に三菱金属と三菱鉱業セメントが合併して2016年(平成28年)現在の社名となった。三菱系企業としてのルーツは1871年(明治4年)からの炭鉱事業にさかのぼる。

1998年に宇部興産とセメント事業で提携して宇部三菱セメント[3]、2002年にシリコンウエハー事業を住友金属工業と事業統合して三菱住友シリコン(2016年現在のSUMCO[3]、2004年に銅管事業で神戸製鋼所と事業統合してコベルコマテリアル銅管を設立[3]、2005年にアルミ缶事業について北海製罐と事業統合してユニバーサル製缶を設立[3]するなど、他社との事業提携・統合が増えてきている[要出典]

他にも関連会社を通して、シリコンウエハー製造、電子デバイス製造、金地金販売、環境リサイクル事業、原子燃料製造などの販売も行っている。

三菱金曜会[4]及び三菱広報委員会[5]の会員企業である[6][7]

社内カンパニー[編集]

セメント事業カンパニー

セメントの生産量は太平洋セメント住友大阪セメントに次いで国内3位。 またセメントの販売会社である宇部三菱セメントの供給量は太平洋セメントに次いで国内2位。

銅事業カンパニー

銅地金の生産、供給量はパンパシフィック・カッパー住友金属鉱山に次いで国内3位。

加工事業カンパニー

超硬工具メーカーとしては国内首位。

電子材料事業カンパニー

多結晶シリコンの生産、供給量はトクヤマに次いで国内2位。

事業所所在地[編集]

沿革[編集]

三菱鉱業→三菱鉱業セメント[編集]

三菱合資会社炭鉱部、鉱山部、研究所が独立し1918年(大正7年)4月に設立された。本業の高島炭鉱・大夕張炭鉱などの炭鉱経営、生野銀山などの金属鉱業の他に採掘した石炭を輸送するために地方鉄道事業も行っていた。雄別炭礦鉄道は傍系会社であった。

三菱セメント[編集]

  • 1954年(昭和29年)2月 - 三菱セメント株式会社発足。
  • 1955年(昭和30年)4月 - 黒崎工場(現・九州工場黒崎地区)操業開始。
  • 1963年(昭和38年)5月 - 東谷工場(現・東谷鉱山)操業開始。
  • 1969年(昭和44年)6月 - 横瀬工場操業開始。

豊国セメント[編集]

  • 1918年(大正7年)12月 - 豊国セメント株式会社発足。
  • 1920年(大正9年)5月 - 福岡県京都郡苅田町にて門司工場(現・九州工場)操業開始。
  • 1922年(大正11年)6月 - 名古屋セメント、佐賀セメントを合併。
  • 1924年(大正13年)8月 - 佐賀工場を閉鎖。
  • 1941年(昭和16年)11月 -敦賀セメント七尾セメントとともに 磐城セメントに合併、名古屋工場を閉鎖、門司工場を苅田工場に名称変更。
  • 1948年(昭和23年)3月 - 磐城セメントより独立し豊国セメント株式会社再発足、豊国セメント苅田工場となる。
  • 1959年(昭和34年)3月 - 三菱セメントが経営参加。

三菱金属[編集]

  • 1950年(昭和25年)4月 - 太平鉱業株式会社発足、三菱鉱業の金属部門を継承。
  • 1950年(昭和25年)9月 - 東京証券取引所に上場。
  • 1952年(昭和27年)12月 - 三菱金属鉱業株式会社に社名変更。
  • 1973年(昭和48年)4月 - 岐阜工場(現・岐阜製作所)操業開始。
  • 1973年(昭和48年)12月 - 三菱金属株式会社に社名変更。
  • 1976年(昭和51年)7月 - 金属鉱山部門を子会社に譲渡。

三菱マテリアル発足後[編集]

  • 1990年平成2年)12月 - 三菱金属と三菱鉱業セメントが合併し、三菱マテリアル株式会社が発足。
  • 1991年(平成3年)3月 - 筑波製作所操業開始。
  • 1991年(平成3年)4月 - いわき製作所操業開始。
  • 1991年(平成3年)10月 - 東北開発株式会社(かつて特殊会社であった)を吸収合併、岩手工場(1958年6月操業開始)および青森工場(1979年6月操業開始)を継承。
  • 1994年(平成6年)6月 - 苅田工場を九州工場に改称。
  • 1998年(平成10年)7月 - 宇部三菱セメント株式会社を設立。同年10月にセメント販売・物流部門を譲渡。
  • 1999年(平成11年)6月 - 東谷工場が九州工場に統合され、九州工場東谷地区となる。
  • 2000年(平成12年)1月 - 株式会社神戸製鋼所の工具事業部門の子会社である神鋼コベルコツール株式会社(現・三菱マテリアル神戸ツールズ株式会社)を買収。
  • 2000年(平成12年)11月 - 黒崎工場が九州工場に統合され、九州工場黒崎地区となる。
  • 2002年(平成14年)2月 - 住友金属工業とシリコンウエハー事業を統合し、三菱住友シリコン(現・株式会社SUMCO)を設立。
  • 2002年(平成14年)12月 - 九州工場東谷地区におけるセメント製造を停止。
  • 2004年(平成16年)4月 - 神戸製鋼所との銅管事業統合会社、株式会社コベルコマテリアル銅管を設立。
  • 2005年(平成17年)10月 - 北海製罐と飲料用アルミ缶事業を統合し、ユニバーサル製缶株式会社を設立。
  • 2005年(平成17年)12月 - プランゼー・ホールディングとの共同出資により、三菱マテリアルPMG株式会社を設立。
  • 2007年(平成19年)4月 - 三菱マテリアルポリシリコンを吸収合併。
  • 2007年(平成19年)10月 - 三菱マテリアル神戸ツールズを吸収合併。
  • 2009年(平成21年)12月 - プランゼー・ホールディングとの合弁解消により、三菱マテリアルPMGを株式会社ダイヤメットに社名変更。
  • 2010年(平成22年)7月 - 桶川製作所事業を分社化し、MMCスーパーアロイ株式会社を設立。
  • 2014年(平成26年)7月 - MMCスーパーアロイを日立金属との合弁に移行し(日立金属51%)、商号を日立金属MMCスーパーアロイに変更。
  • 2015年(平成27年)4月 - 日立金属の完全子会社であった日立ツール株式会社の株式を51%取得し連結子会社化。商号を三菱日立ツール株式会社に変更。

社長[編集]

歴代の三菱マテリアル社長
代数 氏名 在任期間 出身校 出身母体
初代 藤村正哉 1990 - 1994 東京帝国大学法学部 三菱鉱業
第2代 秋元勇巳 1994 - 2000 東京文理科大学理学部 三菱金属
第3代 西川章 2000 - 2005 京都大学工学部 三菱金属
第4代 井手明彦 2005 - 2010 早稲田大学商学部 三菱金属
第5代 矢尾宏 2010 - 2015 一橋大学社会学部 三菱金属
第6代 竹内章 2015 - 京都大学経済学部 三菱金属

グループ企業[編集]

セメント事業

  • 宇部三菱セメント株式会社
  • エヌエムセメント株式会社
  • 菱光石灰工業株式会社
  • 東海菱光株式会社
  • 新関西菱光株式会社
  • 中国菱光株式会社
  • 中津宇佐菱光コンクリート工業株式会社(2005年3月解散[8]

建材・建築・エンジニアリング事業

銅事業

金属加工具・機械部品・機械装置・高性能合金材事業

  • MMCツーリング株式会社
  • 日立金属MMCスーパーアロイ株式会社(2014年7月、日立金属の株式取得により筆頭株主は日立金属となる[9][10]。)
  • 日本新金属株式会社
  • 株式会社ダイヤメット
  • 菱三工業株式会社(筆頭株主は三菱電機[11]
  • MMCリョウテック株式会社

アルミ事業

電子材料・電子部品事業

  • 三菱マテリアル電子化成株式会社
  • 株式会社SUMCO
  • 株式会社SUMCO JSQ事業部

環境・エネルギー事業・コンサルティング事業

  • 秋田発電株式会社
  • アックス・グリーン・サービス株式会社
  • 苅田エコプラント株式会社(苅田町、三菱マテリアル、電源開発福岡銀行の共同出資による第三セクター[12]
  • 三菱マテリアルテクノ株式会社
  • 八幡平地熱株式会社
  • 北海道エコリサイクルシステムズ株式会社
  • 東日本リサイクルシステムズ株式会社
  • 関西リサイクルシステムズ株式会社
  • マテリアル石油株式会社
  • 三菱原子燃料株式会社

観光・スポーツ事業

  • 株式会社ゴールデン佐渡
  • 株式会社シルバー生野
  • 株式会社ダイヤプラザ
  • 土肥マリン観光株式会社
  • 西日本開発株式会社
  • 菱空リゾート開発株式会社

流通・金融・不動産・その他事業

他に、北海道放送との合弁で、札幌市内の手稲山一帯でスキー場やレジャー施設を運営していた株式会社テイネオリンピアもあったが、2002年11月にHBC保有の資本も含め、加森観光に売却された。また三菱マテリアル建材株式会社は、2015年10月に主要事業を会社分割し、アイカテック建材株式会社へ承継している。

社会貢献[編集]

埼玉県の総合研究所・おおさかアメニティパーク・秋田精錬所・埼玉県桶川製作所などの土壌汚染問題や、秋田県における酸化チタン廃棄物などの環境汚染問題解決に向けて取り組んでおり内容がホームページで公開されている。

かつて経営していた鉱山炭鉱周辺を中心に14,513haもの森林を所有する。これは生産される木材を坑道建設の資材や搬出路の枕木に用いるために確保されてきたものである。2016年(平成28年)現在もマテリアルの森として森林経営(林業)が行われている。

2008年4月15日に早稲田大学理工学術院と「産学連携に係る包括協定」を締結した[14][15]

諸問題[編集]

大宮原子炉[編集]

さいたま市大宮区原子炉跡地で起きた土壌汚染及び総合研究所内に国内最多量の放射性廃棄物が保管されている問題。

大宮原子炉跡地放射性廃棄物汚染を参照。

子会社による補助金不正受給[編集]

三菱マテリアルの完全子会社である細倉鉱業は、同社から近くの川に流す排水中の鉛濃度が鉱山保安法の基準値を超え、「休廃止鉱山鉱害防止工事費補助事業」の目的を達成できないことを知りながら、補助金受給を計画。国と県に提出した報告書の水質データを改ざんして「目標を達成した」などと偽り、2000年から2001年にかけて補助金計1億1,142万円を騙し取っていた。これにより同社の元社長らが逮捕され、元社長には懲役2年(執行猶予3年)、同社には罰金100万円等の判決が下された[16]

土壌汚染隠蔽再開発事件[編集]

旧三菱金属大阪精錬所跡地の再開発事業大阪アメニティパーク(OAP)の分譲マンション販売に際して、土壌汚染の事実を顧客に告げずに販売していた問題が発覚。2005年大阪府警察本部による強制捜査が行われ、宅地建物取引業法違反(重要事実の不告知)の容疑で、共同事業者の三菱地所大林組などと共に書類送検された。同年、大阪地方検察庁は、三菱地所の高木茂社長、三菱マテリアルの西川章会長等、当時の両社幹部計10人と、法人としての両社を起訴猶予処分とした。なお、起訴猶予処分とされた両者首脳は検察による刑事処分が下される前に引責辞任を発表している。

秋田精錬所における地下水汚染[編集]

2006年7月、秋田製錬所(秋田市茨島3)において2006年春に地下水から環境基準の3倍を超えるカドミウムを検出し地下水汚染を発生させていながら公表せず、公害防止協定違反・水質汚濁防止法違反をおこした[17]

四日市工場における高圧ガスの無許可使用[編集]

2010年5月、三重県防災危機監理部が三菱マテリアル四日市工場に立入検査を行ったところ、高圧ガス保安法第5条第1項に基づく許可を受けずに高圧ガス製造行為が継続されていることが判明。三重県は、同社四日市工場に対して高圧ガスの製造を停止するよう行政指導を行った。

金売買における身元不確認[編集]

2010年12月、三菱マテリアルに対して金地金を偽名で売却した客のうち税務申告をしなかった約10人が国税当局から追徴課税を受けた。犯罪収益移転防止法で200万円を超える取引の場合に本人確認が義務づけられていたが200万円以下のため三菱マテリアルではこれを一切行っていなかった。しかし同じ窓口で同日に数回に分けて売った客や複数の名前を使った客に対しても確認を行っていなかった。この件で三菱マテリアルは国税局の指導を受け法律上の義務はないケースでも本人確認を行うよう7月から改めた。[18]

四日市工場における爆発事故[編集]

2014年1月9日、水素精製設備内の熱交換機の洗浄作業中に爆発事故が発生、5人が死亡、13人が重軽傷を負った[19]三重県警業務上過失致死傷容疑捜査を始めている。また、厚生労働省三重労働局四日市労働基準監督署も現場の立ち入り調査を行った。猿渡暢也工場長は会見で「エネルギー源は水素ではないか」との見解を示しており、設備内部に残った液化ガストリクロロシランから分解して発生する水素が、爆発につながったのではないかと発表した。同工場では2012年2月にも、水素爆発によるものとみられる事故が発生している[20][21]

2014年1月17日に田村昌三赤塚広隆鈴木泰之持田邦夫飯田修斎木渉からなる事故調査委員会が設置され、6月12日に委員会の最終報告書が発表された[22]

 日中戦争時に中国人を強制連行し過酷な労働を強いたとして謝罪と損害賠償を行う[編集]

旧三菱鉱業が日中戦争時に中国人を強制連行し過酷な労働を強いたとして、中国人被害者やその家族に対して痛切なる反省の意を表するとする謝罪文を発表し損害賠償(1人あたり10万元)を行い、記念碑の建立に協力すると発表した。この行為は今後他の日本の企業に波及する恐れがあるとされている[23] [24]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b セメント協会会員名簿
  2. ^ 株式会社日本格付研究所 (JCR) は、以下のとおり信用格付の結果を公表します 2015年1月16日
  3. ^ a b c d 沿革 会社情報 三菱マテリアル
  4. ^ 三菱金曜会
  5. ^ 三菱広報委員会
  6. ^ 三菱金曜会会員会社紹介
  7. ^ 三菱広報委員会 - 会員会社紹介
  8. ^ “連結子会社の解散に関するお知らせ” (プレスリリース), 三菱マテリアル, (2005年3月25日), https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/01/01/2005-0325.html 2014年9月7日閲覧。 
  9. ^ “新社発足のお知らせ” (プレスリリース), 日立金属MMCスーパーアロイ株式会社, (2014年7月1日), http://www.hitachi-metals-sa.co.jp/news/2014-02.html 2014年9月7日閲覧。 
  10. ^ 会社概要”. 会社情報. 日立金属MMCスーパーアロイ株式会社. 2014年9月7日閲覧。
  11. ^ 会社概要・沿革”. 会社紹介. 菱三工業株式会社. 2014年9月7日閲覧。
  12. ^ エコプラント”. くらし、環境・ごみ・リサイクル、ごみ・し尿、ごみの出し方. 苅田町. 2014年9月7日閲覧。
  13. ^ 会社概要”. カヤク・ジャパン株式会社. 2014年9月7日閲覧。
  14. ^ 三菱マテリアル&早大理工学術院第三回産学連携セミナー
  15. ^ 早稲田大学理工学術院と三菱マテリアルが「産学連携に係る包括協定」を締結 2008年4月15日
  16. ^ “細倉鉱業株式会社による補助金不正受給に対する処分について” (PDF) (プレスリリース), 経済産業省原子力安全・保安院, (2002年12月20日), オリジナル2003年10月1日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20031001202410/http://www.meti.go.jp/kohosys/press/0003520/0/021220hosokura.pdf 2014年9月13日閲覧。 
  17. ^ 秋田市で2005年初めから、カドミウムやヒ素を検出・三菱マテリアル,2006年7月29日,毎日新聞朝刊
  18. ^ うその名前で金取引 追徴課税も,2010年12月22日,NHKニュース
  19. ^ “四日市工場における爆発火災事故について(第2報)” (プレスリリース), 三菱マテリアル, (2014年1月24日), オリジナル2014年9月12日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140912121453/https://www.mmc.co.jp/corporate/ja/01/01/14-0124.html 2014年9月12日閲覧。 
  20. ^ “四日市、三菱マテリアル 工場爆発、5人死亡 熱交換器洗浄中”. 伊勢新聞. (2014年1月10日). オリジナル2014年1月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140111190617/http://www.isenp.co.jp/news/20140110/news01.htm 2014年1月11日閲覧。 
  21. ^ “業務上過失致死で現場検証 四日市の工場爆発”. 中日新聞. (2014年1月10日). オリジナル2014年1月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140111191455/http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014011090120801.html 2014年9月12日閲覧。 
  22. ^ 四日市工場爆発火災事故に関する 事故調査委員会最終報告について 2014年6月12日
  23. ^ 中国人強制連行:和解 三菱マテリアルが謝罪 2016年6月1日
  24. ^ 三菱マテリアルが中国元労働者側と和解 過去最多、「謝罪」表明と1人当たり170万円 2016年6月1日

参考文献[編集]

  • 『三菱鉱業社史』 1976年 三菱鉱業セメント株式会社刊

外部リンク[編集]