スリーダイヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スリーダイヤ

スリーダイヤあるいは三菱マーク(みつびしマーク)は、三菱鉛筆[1]、旧三菱財閥の流れを汲む三菱グループ及び関連会社[2]弘乳舎[3]で使用される商標ロゴタイプ)のこと。

商標登録[編集]

三菱鉛筆のスリーダイヤは1903年に商標登録[注釈 1]された。1901年の逓信省(現在の総務省)御用品として採用された『局用鉛筆』の記念として考案された。『局用鉛筆』の硬度が一号から三号までの三種類あったことと、眞崎家の家紋「三つ鱗」(みつうろこ)から図案化された[1]

三菱財閥を発端とする三菱グループのスリーダイヤは、岩崎家(旧三菱財閥創業家)の家紋「三階菱」と、山内家土佐藩主家)の家紋「三つ柏」から考案されたものである。始めは九十九商会の船旗号として採用され「三角菱」と呼ばれた。「三角菱」の図案は中央の丸から3方向の放射線状に細い菱形を配置した形であった。ひし形の先端内角の角度は当初30度程度であったが現在は60度である[2]

また、1919年には弘乳舎が『三菱サイダー』の商標として登録している[3]

このような歴史的な経緯から、スリーダイヤは三菱鉛筆、三菱グループ、弘乳舎が会社のロゴマークや社旗社章等に使用している。

三菱社名商標委員会[編集]

第三者によって、不正に使用されることを防止するために、三菱社名商標委員会が結成され、三菱の商号とマークの管理を行っている[2]。しかし上記のように歴史的に先に登録が行われた三菱鉛筆及び弘乳舎については管理外となっている。

会員一覧(2011年1月現在 28社)

三菱を名乗った事件[編集]

2007年、三菱グループと無関係であるにもかかわらず、「三菱アーバン株式会社」、「三菱ゼオライト株式会社」を含む複数の会社が「岩崎三菱会」に属するなどと称して、「三菱」の名称・商号・「スリーダイヤ」マークを使用して、投資勧誘を行うという事件があり、投資会社幹部逮捕された。この事件をうけて、三菱グループのホームページと同グループの一部の会社のホームページに、これらとは無関係である旨のお知らせを掲載した。また、三菱グループのポータルサイト「mitsubishi.com」にも、三菱グループで『三菱』が社名につく会社の一覧のページを設けている。

これ以前にも、「三菱」を無断で称する金融業者があり(このうち「三菱第一信用株式会社」は商標法違反で逮捕者が出ている)、東京三菱銀行 → 三菱東京UFJ銀行では、新たなケースが出るたびに注意喚起と詐称者に関する情報提供の呼びかけを行っている[1]

その他[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 商標とブランド - 三菱鉛筆公式サイト
  2. ^ a b c mitsubishi.com「三菱マークの起源」 - 三菱グループ
  3. ^ a b 三菱サイダー通販 - 弘乳舎公式通販ページ

注釈[編集]

  1. ^ 商標とブランドでは「三菱財閥の商標登録に先立つこと10年になります」とある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]