三菱ケミカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三菱ケミカル株式会社
Mitsubishi Chemical Corporation
三菱ケミカルロゴ
本社
本社
種類 株式会社
機関設計 監査役会設置会社
本社所在地 日本の旗 日本
100-8251
東京都千代田区丸の内一丁目1番1号
パレスビル
北緯35度41分6.45秒 東経139度45分41.81秒 / 北緯35.6851250度 東経139.7616139度 / 35.6851250; 139.7616139座標: 北緯35度41分6.45秒 東経139度45分41.81秒 / 北緯35.6851250度 東経139.7616139度 / 35.6851250; 139.7616139
設立 1950年昭和25年)6月1日
(新光レイヨン株式会社)
業種 化学
法人番号 6010001146760
事業内容 機能商品、素材他
代表者 越智仁代表取締役社長
植田章夫(代表取締役兼専務執行役員
資本金 532億2900万円
売上高 2兆4179億円(2017年3月期、統合前3社合算)[1]
従業員数 4万914人(連結、2018年3月31日現在、統合前合算)[1]
決算期 毎年3月31日
主要株主 三菱ケミカルホールディングス 100%
主要子会社 日本ポリケム
外部リンク http://www.m-chemical.co.jp/
テンプレートを表示

三菱ケミカル株式会社(みつびしケミカル、Mitsubishi Chemical Corporation )は東京都千代田区丸の内一丁目1番1号に本社を置く、日本国内最大の大手総合化学メーカーである。三菱ケミカルホールディングスグループの子会社であり、三菱グループに属する。2017年(平成29年)4月1日、三菱化学三菱樹脂三菱レイヨンの3社が合併する形で発足した[2]

会社概要[編集]

三菱ケミカルホールディングスグループ(三菱ケミカルHDグループ)の中核企業であり、重複拠点の集約などの合理化を図るため、三菱化学・三菱樹脂・三菱レイヨンの3社が事業統合することにより誕生した、日本国内最大の大手総合化学メーカーである。3社の統合効果は、500億円程度と見積もられている[3]

親会社の三菱ケミカルホールディングスとともに三菱金曜会の会員企業である[4]

また、3社のグループ会社は三菱ケミカルのグループ会社に移行するとともに、三菱ケミカルの会社発足に伴って、"三菱化学"・"三菱樹脂"・"三菱レイヨン"を冠したグループ会社は"三菱ケミカル"を冠した社名に変更している。

詳細な事業内容・事業拠点については、三菱化学三菱樹脂三菱レイヨンの各記事を参照。

事業拠点[編集]

坂出事業所

沿革[編集]

グループ会社[編集]

2019年4月1日現在。なお、社名後の(K)は旧三菱化学系、(J)は旧三菱樹脂系、(R)は旧三菱レイヨン系、(N)は日本化成系を指す。

連結子会社
  • 石化
  • 炭素
    • エムコマース(K)
    • 関西熱化学(K)
  • MMA
    • アクリサンデー(R)
    • MCCユニテック(R)(旧:MRCユニテック)
    • ダイヤテック(R)
    • 菱晃(R)
  • 高機能ポリマー
    • 越前ポリマー(K)
    • 日本ユニペット(K)
    • ロンビック(K)
  • 高機能化学
    • アルケマ吉富(K)
    • ジャパンコーティングレジン(K)
    • 東栄化成(R)
    • 三菱ケミカルアナリテック(K)(旧:三菱化学アナリテック)
    • 三菱ケミカルフーズ(K)(旧:三菱化学フーズ)
  • 情電・ディスプレイ
  • 高機能フィルム
    • ジェイフィルム(J)
    • ダイヤプラスフィルム(J)
  • 環境・生活ソリューション
    • アストロ(J)
    • ウェルシィ(R)
    • MCC幸田(R)(旧:MRC幸田)
    • ダイヤテックス(J)
    • 日東化工(J)
    • みかど化工(J)
    • 三菱ケミカル・クリンスイ(R)(旧:三菱レイヨン・クリンスイ)
    • 三菱ケミカルアクア・ソリューションズ(R)(旧:三菱レイヨンアクア・ソリューションズ)
    • 三菱ケミカルアグリドリーム(J)(旧:三菱樹脂アグリドリーム)
    • 三菱ケミカルインフラテック(J)(旧:三菱樹脂インフラテック)
    • 菱樹商事(J)
  • 高機能形成材料
    • アルポリック(J)
    • 越菱(J)
    • MCCコンポジットプロダクツ(R)(旧:MRCコンポジットプロダクツ)
    • MCC-SGLプレカーサー(R)(旧:MRC-SGLプレカーサー)
    • クオドラント ポリペンコ ジャパン(J)
    • ダイアモールディング(J)
    • チャレンヂ(R)
    • トーセン(R)
    • 富山フィルタートウ(R)
    • 油化電子(J)
    • 菱光サイジング(R)
    • 菱琵テクノ(J)
  • その他
    • エムイーシーテクノ(K)
    • エムシーパートナーズ(K)
    • エムシーヒューマネッツ(K)
    • 小名浜海陸運送(N)
    • 化成フロンティアサービス(K)
    • ダイヤリックス(K)
    • 北菱モールド(J)
    • 日化運輸(N)
    • 日化エンジニアリング(N)
    • 三鈴エリー(K)
    • 三菱ケミカルエンジニアリング(K)(旧:三菱化学エンジニアリング)
    • 三菱ケミカルシステム(K)(旧:菱化システム)
    • 三菱ケミカルハイテクニカ(K)(旧:三菱化学ハイテクニカ)
    • 三菱ケミカル物流(K・J)(旧:三菱化学物流)
    • 三菱ケミカルリサーチ(K)(旧:三菱化学テクノリサーチ)
    • 菱栄(J)
    • 菱湖テクニカ(J)
持分法適用会社

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 会社概要”. 三菱ケミカル (2017年4月1日). 2017年11月25日閲覧。
  2. ^ 4月1日、「三菱ケミカル株式会社」発足|ニュース|三菱ケミカル株式会社 2017年4月27日閲覧
  3. ^ 三菱ケミカルHD、統合効果500億円に上積み :日本経済新聞 2017年4月27日閲覧
  4. ^ 三菱金曜会
  5. ^ “当社連結子会社間の合併に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 三菱ケミカルホールディングス, (2005年4月26日), http://www.mitsubishichem-hd.co.jp/ir/pdf/00323/00372.pdf 2017年11月25日閲覧。 
  6. ^ 三菱ケミカル、日本化成を吸収合併ゴム報知新聞 2018年2月2日
  7. ^ 日本合成化学工業株式会社の合併について三菱ケミカル 2018年10月11日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]