ダイヤトーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ダイヤトーンDiatone)は、オーディオ・ビジュアル機器に用いられる三菱電機登録商標(日本第930612号)[1]である。日本を代表するスピーカーブランドのひとつ。

概要[編集]

ダイヤトーンの商号は1946年(昭和21年)に、自社製ラジオに初めて使用された。主に旧陸軍向け余剰物資(九九式対戦車被甲爆雷用のOP磁石)を流用した内蔵スピーカー 「P-62(F)」が広帯域性能で注目され、間もなくこれが「P-610」(1960年(昭和35年)発売)の名で単体販売されると折からのHi-Fiブームでは「ロクハン」(6.5インチ=約16センチ)の代表的製品として、松下電器産業(現・パナソニック)の「8P-W1」(1954年(昭和29年)発売。通称「ゲンコツ」、輸出向けに『パナソニック』の商標が初めて付された製品)と人気を二分する。

中でもNHK放送技術研究所と共同開発した試作モデル「2S-660」、および「2S-205」「2S-206」などを基に大幅な改良を加えたフロア型放送・業務用モニタースピーカーの 「2S-305(R305)」(1958年(昭和33年)発売)[2]はその高価格と相俟ってオーディオマニアの羨望の的になり、本機は1989年(平成元年)に後継モデルの「2S-3003」が登場するまで若干の改良を繰り返しつつ、業務用・コンシューマー双方で約33年(1991年(平成3年)販売終了)という驚異的なロングランを続けることになる。

好調な業績に従い神奈川県鎌倉市大船から福島県郡山市に専用工場を新たに設立し、1968年(昭和43年)からは大型ブックシェルフ型スピーカーシステムの「DS-21C」、および「DS-31C」、「2S-305」の個人向け仕様となるフロア型スピーカーシステム「2S-305D」などのモデルを投入しコンシューマー(一般)向けオーディオ市場に進出。中でも1970年(昭和45年)に登場した中型ブックシェルフ型3ウェイスピーカーシステムの「DS-251」が予想外の売り上げを記録し[3]、その後ラジカセなどにも積極的に商品展開した。ラジカセの場合は三菱ブランド(MITSUBISHI ELECTRIC)が多かった。また1978年(昭和53年)にレコードプレーヤーが縦の状態(つまり地面と垂直)で収まったコンポーネント(商品名「たてコン」[4])や1983年(昭和58年)にオートチェンジャー機能付きのカセットデッキを搭載したミニコンポーネント(商品名「ロボティ」)[5]、果ては1990年(平成2年)に壁や机、ドア、窓ガラスなどに貼り付けて貼った場所を音源(振動板)として利用するスピーカーアクチュエーターユニットの「ACT-1」などというユニークな商品があった。

1987年(昭和62年)、経営危機により三菱グループ入りした赤井電機(AKAI)と部門統合し、合同ブランドA&Dを設立。ダイヤトーンブランドはスピーカーのみとなり、カセットデッキやDAT、CDプレーヤー、ミニコンポ等の製品はA&Dのブランドで赤井電機が開発・製造することになった。

1991年(平成3年)のA&Dブランド消滅後もダイヤトーンの名前は残ったが、1998年(平成10年)夏に発表・発売されたAVマルチチャンネル(サラウンド)再生用小型ブックシェルフ型2ウェイスピーカーシステム「DS-100ZV」(23,000円/1本・税別)を最後に、そして翌年の1999年(平成11年)に三菱電機はカーオーディオを除いて音響部門から撤退し、ダイヤトーンの名前も市場から一旦姿を消した。しかし、2005年(平成17年)に三菱電機エンジニアリングが、高級志向層の需要を見込んで本ブランド製品を再登場させている[6]。以前のような店売りする普及帯の商品展開ではなく、受注生産・インターネット販売の形態を採っている(外部リンク参照)。

近年では自社製液晶テレビ リアルのスピーカーに同ブランドの使用を再開。2006年(平成18年)9月には車載用にも久々に同ブランドを復活させたスピーカー「DS-SA3」を、2008年(平成20年)にはブルーレイディスクドライブ内蔵HDDレコーダー「DVR-BZ200/100」を発表している。

2012年(平成24年)7月4日には、カーナビゲーションのブランドとして「DIATONE SOUND.NAVI」を発売、カーナビゲーション分野にも参入した[7]

参考文献[編集]

  • 『音づくりに生きる - ロボットと名人芸の結晶「ダイヤトーン」開発物語』(米山義男・後藤慶一共著、1986年、ダイヤモンド社)ISBN 4478330123

脚注[編集]

  1. ^ 別の商品ジャンルでも、他社が商標を取得している。
  2. ^ また、本機の登場から3年後の1961年(昭和36年)にはその姉妹機にあたるフロア型放送・業務用モニタースピーカーの「2S-208(R205)」も発売された。
  3. ^ 更に1973年(昭和48年)に「DS-251MkII」へマイナーチェンジし、従来モデルの「DS-251」以上の売り上げを記録した。1975年(昭和50年)に全面改良版の「DS-261」が登場後も当面の間「DS-251MkII」は併売されていたが1977年(昭和52年)を以って惜しまれつつも販売終了となった。
  4. ^ 「たてコン」登場から2年後の1980年(昭和55年)には「たてコン」の横展開商品にあたる縦型レコードプレーヤー一体型カセットデッキ搭載FM/AMステレオレシーバーシステム(実質的にはモジュラーステレオ扱い)「ダイヤトーン・セットアップコンポ」も発売された。
  5. ^ 前者は石立鉄男CMに出演し、後者は1980年代当時、一風堂に在籍していた土屋昌巳がCMに出演していた。
  6. ^ 再登場後の第1弾モデルはフロア型スピーカーシステム「DS-MA1」(1,000,000円/1本・税別)である。
  7. ^ 三菱電機オーディオナビシステム「DIATONE SOUND.NAVI」発売のお知らせ 三菱電機ニュースリリース 2012年6月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]