大船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 鎌倉市 > 大船
大船地域
おおふな
日章旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
自治体 鎌倉市
旧自治体 鎌倉郡大船町
世帯数
19,300世帯
総人口
43,094
推計人口、2018年1月1日現在)
隣接地区 横浜市栄区戸塚区)、藤沢市、鎌倉市鎌倉地域玉縄地域深沢地域
鎌倉市役所大船支所
鎌倉市役所大船支所
北緯35度20分59.79秒 東経139度32分0.48秒 / 北緯35.3499417度 東経139.5334667度 / 35.3499417; 139.5334667座標: 北緯35度20分59.79秒 東経139度32分0.48秒 / 北緯35.3499417度 東経139.5334667度 / 35.3499417; 139.5334667
所在地 〒247-0056
神奈川県鎌倉市大船二丁目1番26号 大船行政センター1階
大船地域の位置(神奈川県内)
大船地域
大船地域
特記事項:このテンプレートの情報は鎌倉市の定める大船地域のものである。
テンプレートを表示
大船
—  町丁大字  —
大船駅前・大東橋交差点
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kamakura, Kanagawa.svg 鎌倉市
地域 大船地域
面積[1]
 - 計 1.65km2 (0.6mi2)
人口 (2018年(平成30年)1月1日現在)[2]
 - 計 10,991人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 247-0056[3]
市外局番 0467 (藤沢MA)[4]
ナンバープレート 横浜

大船(おおふな)は、神奈川県鎌倉市町丁、および広域地名である。 行政地名としては大船駅東側の大船一~六丁目および大字大船があるが、旧大船町域をはじめ、より広い範囲を大船と呼ぶこともある。

なお、大船駅構内は横浜市栄区にもまたがるが、同駅周辺で横浜市に含まれる地域については、「大船駅」または該当する地名の項目を参照のこと。

地理[編集]

鎌倉市の北西部に位置し、北は横浜市(栄区・戸塚区)、西は藤沢市と隣接する。鎌倉市の中心部(いわゆる「鎌倉」)と市外を結ぶ交通の要衝である。

周辺では大船駅付近の市街地が最も低く、その周囲を小高い丘陵に囲まれている。 低地部分には柏尾川が丘陵を避ける形で蛇行しつつ南北に流れ、大船周辺で複数の河川(小袋谷川砂押川いたち川など)が合流する。このことから、かつては頻繁に水害を起こしていた。

柏尾川に並行して東海道線が走り、大船駅からは小袋谷川に沿って横須賀線が走る。また、大船駅からはモノレールも走っている。 大船は古来から各地から鎌倉に向かって伸びる街道が合流する場所であり、現在も複数の県道が通っているが、県道同士の交差・合流はほとんどが平面交差であり、鉄道も東海道線・横須賀線で複数の踏切交差を行っていることから地域内各所で渋滞が発生する。

広義の大船の地域細分[編集]

  • 大船地域 (歴史の項にある小坂村とほぼ重複する)
  • 玉縄地域 (歴史の項にある玉縄村とほぼ重複する)

地価[編集]

住宅地の地価は、2017年平成29年)1月1日公示地価によれば、大船2-7-26の地点で31万8000円/m2となっている[5]

歴史[編集]

もとは鎌倉郡小坂村(柏尾川東側、ほぼ現在の大船地域)といい、1933年大船町となってまもなく玉縄村(柏尾川西側)を合併した。1948年に鎌倉市に編入。

もともと大船駅周辺は柏尾川の氾濫原であり、近世までこの地区の中心は玉縄地区側にあったが、1888年大船駅が開業すると駅の東側が開発され商業地として発展した。

関東大震災直前、大船駅東側で田園調布を真似た「大船田園都市計画」が立てられたがその後中止になった。この付近には大船競馬場があったが、その跡地に1936年松竹の撮影所が蒲田から移り(松竹大船撮影所)、数々の名画がここで作られた。また俳優や映画関係者が付近に住んだことから人気が出て開発が進められた。

鉄道開業から戦後にかけて三菱電機資生堂、また大船駅そばの栄区内にある芝浦メカトロニクス三井東圧化学(現在は廃止、大規模マンションであるガーデンアソシエになった)などの工場が造られ工業地帯ともなった。

戦前には横須賀線神奈川県道23号原宿六ツ浦線など海軍の施策により作られた交通網に関連して、横須賀海軍工廠深沢分工場(深沢地区。戦後は国鉄大船工場になる)、第一海軍燃料廠(横浜市栄区)など、海軍関連の施設が作られた。

戦後は1960年代頃から東京・横浜のベッドタウンとして丘陵地帯にも住宅が開発され人口が増加した。

1995年、松竹大船撮影所の一部にテーマパーク「鎌倉シネマワールド」が開設されたが1998年に閉鎖され、撮影所自体も2000年に閉鎖され鎌倉女子大学大船キャンパスになった。

大船の由来・範囲[編集]

古来湿地帯に丘が点在する地域であり、語源としては大きな船が入ったため「大船」、また粟を積んだ船が出入りしたため「粟船」(大船五丁目にある常楽寺の山号が粟船山[ぞくせんざん]でその裏の丘が[あわふねやま]と呼ばれる)から転じた、あるいは丘の形が船のような形をしていたから、などの説がある。

大船と呼ばれる地域については上記の正式地名のほか、鎌倉市の行政区分ではより広く鎌倉市北西部の大船駅東側から山ノ内北鎌倉駅周辺)などを含めて大船地域とよぶ。西に隣接する玉縄地区も含む旧大船町の範囲全体(現在の大船警察署管内)を大船と呼ぶこともある。

さらに大船駅は隣接する横浜市栄区笠間にもかかっていることから通称としてはこのあたりも大船と呼ぶことがあり、栄区のより広い範囲についても根岸線開業以前は大船と呼ぶことがあった(根岸線本郷台駅の計画段階の仮称は「新大船駅」であり、横浜栄共済病院も「大船共済病院」から改称された)。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)1月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

大字丁目 世帯数 人口
大船 1,330世帯 3,165人
大船一丁目 298世帯 528人
大船二丁目 955世帯 1,673人
大船三丁目 573世帯 1,162人
大船四丁目 735世帯 1,611人
大船五丁目 784世帯 1,746人
大船六丁目 527世帯 1,106人
5,202世帯 10,991人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

大字・丁目 番地 小学校 中学校
大船 1150-2~2366-2
2713
2717‐2~6
鎌倉市立小坂小学校 鎌倉市立岩瀬中学校
335~340 鎌倉市立大船小学校 鎌倉市立大船中学校
大船一丁目 全域
大船二丁目 全域
大船三丁目 全域
大船四丁目 1~15番
16~21番 鎌倉市立小坂小学校
大船五丁目 3番20号
4~15番
1~2番
3番1~19号
3番21~29号
鎌倉市立大船小学校
大船六丁目 1~3番
4番31~57号
10番22~64号
11番38~44号
4番1~30号
5~9番
10番1~21号
11番1~35号
12番
鎌倉市立小坂小学校

施設[編集]

大船駅周辺施設については大船駅#駅周辺も参照のこと

行政機関[編集]

大船地域

玉縄地域

  • 鎌倉市玉縄行政センター

教育機関[編集]

大船地域

玉縄地域

名所・旧跡[編集]

大船地域

玉縄地域

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

バス[編集]

路線と大船駅前バス停については大船駅#路線バスも参照のこと

河川[編集]

  • 柏尾川
    • 台川・倉久保川(山崎川)
    • 小袋谷川
      • 西瓜川・明月川・梅田川
    • 砂押川(岩瀬川)
    • 関谷川(大面川)

大船音頭[編集]

大船音頭は、大船を唄いこんだ音頭松竹撮影所が大船に移転した1936年以後に、松竹関係者により作成されたと言われる。その後、演技されなくなり、歌詞や振り付けも不明になっていた。しかし、2007年に歌詞が発見されたため[8]、町おこしの一環として、新たな振り付けで復興が検討されている。

脚註[編集]

  1. ^ 平成28年(2016年)版鎌倉の統計”. 鎌倉市. 2018年2月22日閲覧。
  2. ^ a b 鎌倉の人口と世帯数(地域・町丁・字別)”. 鎌倉市 (2018年1月26日). 2018年2月22日閲覧。
  3. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月22日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月22日閲覧。
  5. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  6. ^ 鎌倉市の市立小学校通学区域”. 鎌倉市. 2017年7月6日閲覧。
  7. ^ 鎌倉市の市立中学校通学区域”. 鎌倉市. 2017年7月6日閲覧。
  8. ^ “大船音頭”見つかる”. タウンニュース (2007年8月24日). 2008年3月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月9日閲覧。

関連項目[編集]

鯵の押し寿司(2010年10月3日撮影)

外部リンク[編集]