土屋昌巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
土屋 昌巳
出生名 土屋昌巳
別名 ツッチー
生誕 (1952-08-22) 1952年8月22日(70歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県富士市
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1969年 -
レーベル
事務所 クール・コーポレーション
共同作業者 りりィ & バイバイセッションバンド大橋純子 & 美乃家セントラル・ステイション一風堂ジャパンアーケイディアThe d.e.pVITAMIN-Q featuring ANZA、KA.F.KA
公式サイト Masami Tsuchiya Official Web Site

土屋 昌巳(つちや まさみ、1952年8月22日 - )は、日本のシンガーソングライターミュージシャン音楽プロデューサーギタリスト

ロックバンドである一風堂リーダーおよびボーカル、ギターを担当、「すみれ September Love」 (1982年)のヒットで知られる。一風堂の活動休止後はソロ活動において「スターライト・シャワー」(1984年)や「東京バレエ」(1985年)などの楽曲をリリース。1990年代以降はロックバンドであるTHE BLANKEY JET CITYGLAYのプロデュースを手掛ける。静岡県富士市出身血液型はAB型。

概要[編集]

1952年8月22日に生誕。静岡県富士市の出身。

姉と共に幼少期よりクラシックピアノを習わされたが好きではなかった。ロックギターに興味を持つも、父親の強い反対を受け、深夜に自宅の屋上でこっそり練習を重ねる毎日であった。その後、地元で開かれた数々のギターコンクールで優勝するなど、ギターテクニックに磨きをかけていき15歳で家出。

ボブ・ディランの「窓からはい出せ」のタイトルの通り、文字通り風呂の窓からはい出し、1969年(昭和44年)に上京。年齢を偽りザ・ゴールデン・カップスバンドボーイを勤めるも、ほどなく家族に連れ戻される。

日本大学芸術学部放送学科入学を機に再度上京。初めてのアルバイトで購入したヴィンテージ・ギターを校庭で弾いていたところを、斉藤ノブに声をかけられ、以来音楽の世界で身を立てることとなる。本人も「僕が音楽業界に入るきっかけを作ってくれたのはノブちゃん」の通り、この出会いが土屋の運命を大きく変える事になる。

1970年代に入ってからはスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。りりィバックバンド「バイバイ・セッション・バンド」、大橋純子のバックバンド「美乃家セントラル・ステイション」を経て、1978年見岳章藤井章司平田謙吾らと「一風堂」を結成し、1984年まで活動。イギリスのバンド・ジャパンのワールドツアーにサポートメンバーとして参加したことがある。それを機に1985年には同じイギリスのバンド・デュラン・デュランのサイモン・ル・ボン、ニック・ローズ、ロジャー・テイラーが結成したアーケイディアのレコーディングにも参加。その後ソロに転じ5枚のアルバムを発表。

1990年よりロンドンに移住。1990年代THE WILLARDBLANKEY JET CITYマルコシアス・バンプのプロデュースを次々と手掛ける。その後LUNA SEAのギタリスト・SUGIZOの勧めで再びソロアーティストとしても復帰した。

2001年には佐久間正英の呼びかけで屋敷豪太ミック・カーンビビアン・スーと共にThe d.e.pを結成。アルバム1枚とシングル2枚をリリースした他、単独ライブやGLAYのライブへゲスト出演している。

2008年3月、加藤和彦小原礼、屋敷豪太、ANZAVITAMIN-Q featuring ANZA結成。12月にアルバムをリリース。2009年9月、ロック・フェスティバルBUCK-TICK FEST 2007 ON PARADE」にソロ名義で出演。スティーヴ エトウTOKIEひぐちしょうこがバックを務めた。

2013年11月に15年振りに自身主宰のレーベルよりソロ・アルバムを発表。

2019年、吉川晃司の35周年記念ツアーにギタリストとして参加[1]するも、演奏スタイルの違いから途中離脱することとなった[2]

人物[編集]

2003年にロンドンより帰国、以後日本に生活の場を移す。愛猫はKIKIという名前。ギターラボのインタビューでは、「自分はインターネットはやらない」と否定的なコメントをしていたが、2011年8月22日からFacebookを開設。定期的に更新している。

自身のFacebookやインタビューなどで「20代のころからベジタリアンになった」「お酒は30代の頃に既に止めているが、タバコだけは止められない。」と記載している。

一風堂時代は身長174cm、体重は44 - 47kgと非常にスリムな体型で、還暦を過ぎた現在でもデビュー当時と体型は変わっていない。

一風堂時代から担当楽器は基本的にはギターだが、ベースキーボードドラムなども担当している。

作品[編集]

シングル[編集]

  1. スターライト・シャワー STARLIGHT SHOWER(1984年6月1日)
  2. 東京バレエ TOKYO BALLET(1985年7月21日)
  3. さよならフォリナー LIKE A FOREIGNER(1985年9月21日)
  4. レディ・ロキシー LADY ROXY(1989年8月21日)

アルバム[編集]

  1. RICE MUSIC(1982年6月21日)
    スティーヴ・ジャンセンミック・カーンビル・ネルソン坂本龍一、ナチコ、EVE参加。
  2. TOKYO BALLET(1985年6月21日)
    井上鑑が共同制作。
  3. LIFE IN MIRRORS(1987年10月21日)
    吉田美奈子デヴィッド・シルヴィアン、ミック・カーン、福岡ユタカアンディ・マッケイ参加
  4. HORIZON(1988年6月22日)
    清水靖晃との共同制作。ミック・カーン、デヴィッド・パーマー、福岡ユタカが参加
  5. TIME PASSENGER(1989年9月1日)
    小原礼参加
  6. Mod' Fish(1997年10月1日)
    清水三恵子、ミック・カーン参加
  7. 森の人 Forest People(1998年10月21日)
    櫻井敦司、ミック・カーン、リチャード・バルビエリ参加
  8. Swan Dive(2013年11月6日)
    Issayホッピー神山MOTOKATSUKenKen参加
  9. Privacy(2019年)
    サウンドトラック(新曲2曲収録)付ミニフォトブック

ベスト・アルバム[編集]

  • VERY BEST〜すみれSeptember Love(1998年4月1日)
    • 一風堂の作品も含むベスト・アルバム
  • ESSENCE:THE BEST OF MASAMI TSUCHIYA(2010年2月24日)
    • 一風堂の作品も含むベスト・アルバム

楽曲参加[編集]

プロデュースしたアーティスト[編集]

楽曲を提供したアーティスト[編集]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

  • 天女の涙(1986年、TBS)

舞台[編集]

  • ショート・アイズ(1985年)

CM[編集]

KA.F.KA[編集]

2013年6月[3]、新たなロックバンドKA.F.KAを結成、配信音源発表。

初ライブは京都のライブハウス「磔磔」にて行われた金子マリ主催イベント。このため急遽集結されたバンドであったと言われている(KenKenはこのライヴのみ参加)。

2014年1月[3]、東京でお披露目となるライブが行われ、バンドとしてのオリジナル曲を一曲も持たない状況で行われた前代未聞のデビューライブであった。

2015年6月28日LUNA SEA主催『LUNATIC FEST.』に出演。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • KA.F.KA(2曲入り配信シングル)2014/6/11
  1. The Prisoner
  2. Silent Party
  • Fantome † Noir (CDアルバム) 2015/5/9
  1. Jack The Midnight
  2. The Prisoner
  3. 夜明け前~Before the Dawn~
  4. Labiera Beladen
  5. Silent Party
  6. Coyote

ライヴ(イベント含む)[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ KIKKAWA KOJI 35th Anniversary Live 決定!”. K2 NET CAST[KIKKAWA KOJI OFFICIAL WEB SITE] (2018年5月11日). 2020年3月4日閲覧。
  2. ^ KIKKAWA KOJI 35th Anniversary Live サポートミュージシャン変更のお知らせ”. K2 NET CAST[KIKKAWA KOJI OFFICIAL WEB SITE] (2019年5月7日). 2020年3月4日閲覧。
  3. ^ a b 土屋昌巳Official | Masami Tsuchiya Official
  4. ^ 土屋昌巳の新ユニット「KA.F.KA」に森岡賢、KenKenら”. 音楽ナタリー (2013年2月22日). 2015年5月19日閲覧。
  5. ^ 【ライブレポート】SUGIZO、土屋昌巳率いるKA.F.KAと共演「僕の親友です」”. BARKS音楽ニュース (2014年12月21日). 2015年5月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]