LUNA SEA (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LUNA SEA
LUNA SEAスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル パンク・ロック
時間
レーベル Extasy Records
ユニバーサルミュージック
(リマスター盤)
プロデュース LUNA SEA
LUNA SEA アルバム 年表
LUNA SEA
1991年
IMAGE
1992年
テンプレートを表示

LUNA SEA』(ルナシー)は日本ロックバンドLUNA SEAの1枚目のオリジナルアルバムである。初回限定盤は、写真集ブックレット・ステッカー付き。2011年3月16日に発売された再録盤についても本項で紹介する。

概要[編集]

  • LUNA SEAの1stアルバムであり、LUNA SEAとしてはインディーズ時代での唯一のCD作品である。当時XYOSHIKIが主催していたExtasy Recordsからセルフプロデュースによりリリースされた。
  • 歌詞カードの最後にある「Special Thanks」の欄には、Extasy Records関係のバンド名が綴られているが、XとAIONのメンバーに関しては一人一人名前を出して書かれている。
  • ジャケット写真は真冬の井の頭恩賜公園で撮影されたもの。
  • 2007年12月5日に最新リマスタリング音源、DVDとの2枚組でユニバーサルミュージックより再発された。DVD内容は「MOON」「PRECIOUS...」のライブ映像。この2つの映像は1991年9月19日・日本青年館のものだが、収録されている音声は差し替えられたものである。

収録曲[編集]

編曲LUNA SEA

  1. FATE
    作曲:SUGIZO/作詞:RYUICHI
    演奏時間が1分20秒とLUNA SEAの楽曲の中でも極めて短い曲。演奏にはツーバスまたはツインペダルを必要とする。
  2. TIME IS DEAD
    作曲:J/作詞:RYUICHI
    Jが生まれて初めて作曲したという「SEXUAL PARVASION」(1stデモテープ「LUNACY」に収録)という曲が原曲となっている。LUNA SEAとして初のオリジナル曲で、現在に至るまでライブでの定番曲である[1]
  3. SANDY TIME
    作曲:INORAN/作詞:RYUICHI
    クリーントーンのギターと歪んだギターの組み合わせの曲である。ライブではSUGIZOが長尺のギターソロやステージパフォーマンスを織り交ぜた、攻撃的なアレンジが加えられる。
  4. BRANCH ROAD
    作曲:SUGIZO/作詞:RYUICHI
    情事をテーマにした歌詞の曲。
  5. SHADE
    作曲:J/作詞:J、RYUICHI
    元々2ndデモテープ「SHADE」に収録されていたものの再録。2ビートのナンバーだが、間奏で3拍子が出てくるという構成。SUGIZOがヴァイオリンを担当した。
    GLAYが「LUNATIC FEST.」にて、本曲をカバーした[2]
  6. BLUE TRANSPARENCY 限りなく 透明に 近い ブルー
    作曲:INORAN/作詞:RYUICHI
    副題の「限りなく透明に近いブルー」は、村上龍の小説の題名からそのまま採ったもので、歌詞も小説の内容と同じく麻薬中毒がテーマとなっている。
  7. THE SLAIN
    作曲:J/作詞:RYUICHI
    曲中に時計の音が使用されており、そのまま次の曲に繋がる。
  8. CHESS
    作曲:SUGIZO/作詞:RYUICHI
    前曲の時計の音がしばらく鳴ったあと、プロペラの起動音が鳴り響き、ベースの独奏後、演奏が開始される。歌詞は人間の戦争を神々のゲーム(チェス)に例えている。LUNA SEAの曲の中で一番テンポが速い。
  9. MOON
    作曲:SUGIZO/作詞:RYUICHI
    ディレイのかかったギターがイントロから続く4分の3拍子のナンバー。次作のメジャーデビューアルバム『IMAGE』でリメイクされる。後にライヴアルバム『NEVER SOLD OUT』にも収録され、作曲者であるSUGIZO自身、心から納得できた(納得できるクォリティに達した)のはこの時(1996年の「真冬の野外」ライヴ)が初めてだったと語っている[3]。『LUNA SEA MEMORIAL COVER ALBUM -Re:birth-』では、土屋昌巳によってカバーされている。
  10. PRECIOUS...
    作曲:J/作詞:RYUICHI
    初期の頃からライブで頻繁に演奏され、終幕ライブ「THE FINAL ACT」でも2日とも演奏された。『LUNA SEA MEMORIAL COVER ALBUM -Re:birth-』では、メリーによってカバーされている。

セルフカバー盤(2011年)[編集]

LUNA SEA
LUNA SEAスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル パンク・ロック
プログレッシブ・ロック
時間
レーベル HPQ
プロデュース LUNA SEA
チャート最高順位
  • 週間6位(オリコン
  • デイリー3位(オリコン)
LUNA SEA アルバム 年表
LUNA SEA COMPLETE BEST
2008年
LUNA SEA
2011年
LUNA SEA 3D IN LOS ANGELES
(2011年)
テンプレートを表示
  • 上記全曲を再録音したセルフカバー・アルバム。エイベックス移籍後第1弾で、2ndデモテープ「SHADE」復刻版カセットテープと「UNDER THE NEW MOON TOUR 1991」ツアーロングTシャツが封入されたBOXタイプ、スペシャル特典ムービーが収録されたDVD付属のタイプ、CDのみ(初回盤はスリーブケース、ステッカー封入)の3タイプで発売。
  • LUNA SEAが再始動した2010年の「REBOOT」後、LUNA SEAとしての最初のCD作品。メンバー5人が揃って新たにスタジオ・レコーディングした楽曲を収録した作品としては2000年のベストアルバム『PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜』以来約10年ぶりのリリース。
  • DVDに収録の「SHADE-EXTREME CLIP」は2010年12月25日に行われた「LUNACY 黒服限定GIG ~the Holy Night~」の映像を中心に編集したもの。

収録曲[編集]

  • CD
  1. FATE
  2. TIME IS DEAD
  3. SANDY TIME
  4. BRANCH ROAD
  5. SHADE
  6. BLUE TRANSPARENCY 限りなく透明に近いブルー
  7. THE SLAIN
  8. CHESS
    トラック開始のタイミングが変更されており、時計の音は前曲に最後まで収録されているため、プロペラの回る音から始まる。
  9. MOON
    次作『IMAGE』収録バージョンの構成で再録。
  10. PRECIOUS...
    ベストアルバム『PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜』でも再録されているが、本作のレコーディングに伴い2度目の再録を行った。
  • DVD
  1. SHADE-EXTREME CLIP
  • デモテープ
A面
  1. SHADE
  2. SEARCH FOR REASON
  3. SUSPICIOUS
B面は何も収録されていない

参考文献[編集]