BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
TM NETWORK > TM NETWORKの作品 > BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)
BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)
TM NETWORKシングル
初出アルバム『CAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜
B面 BEYOND THE TIME (Instrumental Mix)
リリース
規格
ジャンル
時間
レーベル EPIC・ソニー
作詞・作曲
プロデュース 小室哲哉
ゴールドディスク
チャート最高順位
TM NETWORK シングル 年表
RESISTANCE
1988年
BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)
1988年
SEVEN DAYS WAR
1988年
テンプレートを表示

BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)」(ビヨンド・ザ・タイム メビウスのそらをこえて)はTM NETWORKの13枚目のシングル。1988年3月5日に発売された。

本楽曲からEP(7インチレコード)と8㎝シングルCDが同時発売されるようになる。

解説[編集]

アニメ映画機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の主題歌[1]。レコーディングは当時行っていたツアー「Kiss Japan TM NETWORK Tour '87〜'88」の最中に行われ、1987年9月に完成し[2]、ツアー終了直後にリリースされた。

小室は「人類全体の夢=宇宙的な広がりのあるもの」というぼやけたテーマからバックトラックを作り上げ[2]、作詞の小室みつ子は、関係者から貰ったアニメ版ガンダムのビデオを見ながら、「人間は罪を繰り返していく」「『自由と平和』という大義名分より、結局人間は『個人的に愛する誰か』のために戦う。そして、未来を決めるのも意志の問題」というテーマを構築した[3]。後年、このことを振り返って「ガンダムに対する自分の感想文の様なもの」と述べている[4]

小室はボーカルのメロディはキーを下げ目にして、宇都宮に声色の雰囲気を変えるように指示した[2]

本楽曲は『逆襲のシャア』がゲーム作品などに登場する際にはBGMとして起用されることがある(「スーパーロボット大戦シリーズ」や「ガンダム無双シリーズ」など)。

2021年12月21日に日本経済新聞社内のメディアビジネスイベント・企画ユニットが運営する「日経宇宙プロジェクト」において、有人宇宙システム株式会社(JAMSS)が提供する国際宇宙ステーション(ISS)を利用した高品質タンパク質結晶生成サービス「Kirara」を利用し、宇宙利用促進のため、宇宙ビジネスを応援する様々なデータを搭載したSDメモリーカードをISSへ届ける取り組みの一環として、本作の楽曲データ等を納めたSDメモリーカードが、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げられた[5]。2022年1月25日に地球に帰還し、2022年2月25日に国際宇宙ステーション(ISS)の滞在証明書を添えられて日本経済新聞社に返却された[6]

ヴァージョン[編集]

8cmCDシングルヴァージョンはアウトロがカットアウトになっているが、対してEP収録ヴァージョンはアウトロにフェードアウトが施され、収録時間が短くなっている。ベスト・アルバムでは8cmCDシングルヴァージョンが採用されることは少なく『TIME CAPSULE all the singles』と、小室楽曲のコンピレーション・アルバムTK BOX 〜TETSUYA KOMURO HIT HISTORY〜』、『TETSUYA KOMURO ARCHIVES"T"』のみ収録されている。

オリジナル・アルバムCAROL 〜A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991〜』は「EXPANDED VERSION」としてアルバムのミックスを手がけたスティーヴ・ナイがリミックスしたヴァージョンを収録。当ヴァージョンもアウトロにフェードアウトが施されているがEP収録ヴァージョンと比較すると、フェードアウト・タイミングが微妙に異なる。収録時間はEP収録ヴァージョンより長く、8cmCDシングルヴァージョンより短い。

2014年6月11日発売『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア オリジナル・サウンドトラック 完全版』初回生産限定盤Disc3には、「テーマVocal BEYOND THE TIME MOVIE ENDING EDIT」として、映画のエンディングで使用されたヴァージョンを収録[7]。アウトロはカットアウトで収録時間は3分台と短い作品になっている。

再発盤[編集]

2019年12月4日、クリアパープルヴァイナル仕様の7インチアナログレコードで、完全生産限定盤としてリリースされた[8]。収録されているのは8cmCDシングルヴァージョンとなっている。

収録曲[編集]

7インチレコード
8cmCDシングル
全作詞: 小室みつ子、全作曲・編曲: 小室哲哉
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)小室みつ子小室哲哉
2.BEYOND THE TIME (Instrumental Mix)小室みつ子小室哲哉
合計時間:

収録アルバム[編集]

カバー[編集]

2008年
  • 中村千絵 - オムニバスアルバム『百歌声爛-女性声優編-2』のメドレー曲の内の1曲でカバー。
2009年
  • Starving Trancer feat.hideki - オムニバスアルバム『EXIT TRANCE PRESENTS SPEED アニメトランス ビター』でカバー。2010年の同シリーズの『アニメトランス BEST THE MOVIE 2』にも収録。
2016年

2019年

  • LUNA SEA - 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』のテレビシリーズのOP主題歌にてカバー。LUNA SEA及びX JAPANのギタリストSUGIZOがOP/ED曲のプロデュースにより放映、同年9月6日より配信リリース開始[9]。同年12月18日に発売されたアルバム『CROSS』の初回限定盤Bに付属するDISC 2に音源が収録されている。
  • 森口博子 - ガンダム楽曲のカバーアルバム『GUNDAM SONG COVERS』にてカバー。2022年には『GUNDAM SONG COVERS 3』にてTM NETWORKとのコラボレーションによる再カバーも行う。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Staff & Cast”. 『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』公式サイト. 2021年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c 立東社刊 「PLUM」1988年4月号 Vol.29「TM NETWORK 最新インタビュー 夢は宇宙に」pp.9-12より。
  3. ^ CAROL 歌詞”. miccos.com - mitsuko komuro 小室みつ子 personal site -. 2020年12月8日閲覧。
  4. ^ 扶桑社刊「SIMPLE DREAMS」小室みつ子著p.204より。
  5. ^ TM NETWORKの楽曲データが国際宇宙ステーションへ”. THE FIRST TIMES (2021年12月15日). 2022年2月3日閲覧。
  6. ^ 日本経済新聞社様に宇宙から帰還したSDカードを返還しました。”. JAMSS(有人宇宙システム株式会社) (2022年3月4日). 2022年5月12日閲覧。
  7. ^ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア サウンドトラック”. OTONANO. ソニー・ミュージックダイレクト. 2020年12月8日閲覧。
  8. ^ TM NETWORK『BEYOND THE TIME (メビウスの宇宙を越えて)』『SEVEN DAYS WAR』大ヒットシングル2タイトルがクリアカラーヴァイナル仕様の7インチアナログレコードで復活!映画『ぼくらの七日間戦争』のオリジナル・サウンド・トラックも2019年最新リマスタリング・Blu-spec CD2仕様にて再リリース!”. OTONANO. ソニー・ミュージックダイレクト. 2020年12月8日閲覧。
  9. ^ “LUNA SEAによるTM「BEYOND THE TIME」カバー、ガンダムOP配信リリース”. ナタリー. (2019年9月5日). https://natalie.mu/music/news/346402 2019年9月7日閲覧。 

外部リンク[編集]