GLAY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
GLAY
基本情報
出身地 日本の旗 日本 北海道函館市
ジャンル ロック
ビートロック
ポップ・ロック[1]
J-POP[1]
活動期間 1988年 -
レーベル プラチナム・レコード
(1994年 - 1998年)
アンリミテッド・レコード (UNLIMITED RECORDS)
(1998年 - 2005年)
キャピトル・レコード
(2006年 - 2009年)
loversoul music & associates
(2010年 - )
■販売レコード会社
ポリドール・レコード
(1994年 - 1999年)
ポニーキャニオン
(1999年 - 2003年、2012年‐)
東芝EMI/EMIミュージック・ジャパン
(2003年 - 2010年)
フォーライフミュージックエンタテイメント
(2010年 - 2012年)
事務所 loversoul music & associates
共同作業者 佐久間正英プロデューサー
永井利光ドラムス
永井誠一郎キーボード
公式サイト GLAY OFFICIAL WEB SITE
メンバー
TERUボーカル
TAKUROギター
HISASHIギター
JIROベース
旧メンバー
ISO(ドラムス
SHINGO(ドラムス・ベース)
AKIRA(ドラムス)
NOBUMASA(ドラムス)

GLAY(グレイ)は、日本ロックバンド[1][2]1994年メジャーデビュー以降、CDセールス、ライブ動員数など数々の金字塔を打ち立ててきた。

代表作として、ミリオンセラーを記録した「HOWEVER」「誘惑」「SOUL LOVE」「BE WITH YOU」「Winter,again」「とまどい/SPECIAL THANKS」などが挙げられる(シングルのミリオンセラー作品数としては日本歴代4位)。2014年現在、CD総売上枚数は3800万枚[3](歴代7位)。

1999年7月31日には、幕張メッセ駐車場特設ステージでの単発コンサート『MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY GLAY EXPO'99 SURVIVAL』において20万人を動員した(この動員数は2014年現在日本記録、単独アーティストの有料ライブに限れば世界記録となっている。)。

所属事務所は、自主レーベルのloversoul music & associates。公式ファンクラブは、『HAPPY SWING』。

概要[編集]

1988年にTERU・TAKUROを中心に結成。その後TAKUROの高校時代の友人であったHISASHI、さらに上京後、地元が一緒で顔見知りだったJIROを加え、1994年5月25日にシングル「RAIN」でメジャーデビュー。1995年に「Yes, Summerdays」が注目を受け、1996年に「グロリアス」がヒット。その後2ndアルバム『BEAT out!』がオリコン初登場1位を獲得。以降「BELOVED」「口唇」「HOWEVER」などがヒット。1997年に発売のベスト・アルバムREVIEW-BEST OF GLAY』が当時の歴代アルバムセールス1位の約488万枚を記録し、1999年ギネスブック(現・ギネス世界記録)に「日本で最も売れたアルバム」として掲載された。また1998年2月にはコンサートチケット予約の電話が殺到して電話回線がパンクするという事態も起き、その出来事が新聞に掲載されるほどにまで人気が絶頂した。

それ以後も1998年に同時リリースされた「誘惑」(年間シングルランキング1位)「SOUL LOVE」(同5位)などヒット曲を連発。「サバイバル」が歴代ビデオシングル1位の約90万枚を記録。1999年3月には東京ドームで5日間のライブを決行。同年7月31日、幕張メッセ屋外有料駐車場で、単発コンサート『MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY GLAY EXPO'99 SURVIVAL』を行い1公演で観客20万人を動員(2014年現在日本最多、単独アーティストの有料ライブに限れば世界最多の動員数)。多くのメディアは、当日の模様を報じ、スポーツ紙のみならず一般紙の1面に掲載されるなど、社会現象になった。12月には「Winter,again」で第41回日本レコード大賞を受賞(後に、レコード大賞受賞を巡り、解散の危機になっていたことが明らかになった)。

バンド解散の危機を乗り越え、2000年代に入ると独自のスタイルでの活動へと方向性を定め始め、『GLAY EXPO』や『HOTEL GLAY』などの大規模野外ライブに代表されるようなライブ活動を積極的に行っている。この年代において特筆すべきライブとしては、2002年日中国交正常化30周年を記念して北京にて『GLAY ONE LOVE in 北京』を決行したことが挙げられる。(中国音楽史上最大規模の5万人を動員)この時には中国最高指導者江沢民への表敬訪問を実現した。

2009年に大手レーベルを脱退、2010年6月自主レーベル「loversoul music & associates」を設立。同レーベルからの発売作品の一般流通を「フォーライフミュージックエンタテイメント」に委託していたが、2012年12月5日のシングル「JUSTICE [from] GUILTY」、「運命論」リリースを機に、「ポニーキャニオン」とパートナーシップ契約を締結する[4]。2011年にはオフィシャルストア「G-DIRECT」をオープンし、一般流通のない同ストア限定商品を発売をするなどインディーズに近い活動も行なっているものの、販売委託のポニーキャニオンは日本レコード協会に所属しているためメジャーでもあり、インディーズとメジャーの垣根を越えた活動をしていると言える。

デビュー以来2014年現在に至るまで正式な活動休止宣言をしたことはなく、新譜の発売やライブ活動を毎年コンスタントに行っており、総じて精力的に活動を続けている。

2014年現在シングルでは「口唇」「HOWEVER」「誘惑」「SOUL LOVE」「BE WITH YOU」「Winter,again」「ここではない、どこかへ」「とまどい/SPECIAL THANKS」の8作品が、アルバムでは『BELOVED』『REVIEW-BEST OF GLAY』『pure soul』『HEAVY GAUGE』『DRIVE-GLAY complete BEST』の5作品が日本レコード協会からミリオン認定を受けている。オリコンの集計では「口唇」「ここではない、どこかへ」を除く6作品がミリオンセラーとなっており、シングルミリオンセラー作品数は日本歴代4位である。また、1996年から2013年まで18年連続オリコン週間シングルランキングTOP10入り(歴代5位)を果たすなどファンの支持は根強い。

メンバー[編集]

HISASHI以外の全員は北海道函館市の出身(HISASHIは青森県弘前市出身)である。また、JIRO以外の3人は同学年(JIROのみ1学年下)である。

メンバー同士非常に仲が良く、それぞれの誕生パーティーを行ったり、4人でスノーボードコンサートなどに出掛けたりするほどである。

TERU(テル)
ボーカル担当。
本名は小橋 照彦(こばし てるひこ)。オリジナルメンバー(結成当初はドラム担当)。ライブではアコースティック・ギター(「とまどい」など)やブルースハープ(「Cynical」など)を演奏することもある。自身が作詞作曲した「Little Lovebirds」ではドラムを演奏している。GLAYのフロントマンとしてライブでのMCのほとんどを担当している。
ライブの定位置はステージ中央。
TAKURO(タクロウ)
ギター担当。
本名は久保 琢郎(くぼ たくろう)。オリジナルメンバーで、バンドのリーダー。リズムギターを担っていることが多いがギターソロも披露する。「HAPPINESS」等一部の曲ではピアノを弾くこともある。GLAYのほとんどの楽曲の作詞作曲を行っている。
ライブではコーラスを担当することも多く、また「君が見つめた海」の一部ではボーカルを担当し、「おまえと供にある」ではTAKUROがメインボーカルを担当した。
ライブの定位置はステージ上手。音源においてもTAKUROのギターは右側の定位に設定されていることが多い。
HISASHI(ヒサシ)
ギター担当。
本名は外村 尚(とのむら ひさし)。1988年に加入。リードギターを担っていることが多く、ギターリフの多くはHISASHIによるものであり、ギターソロも披露する。ライブでは「嫉妬」などでテルミンも演奏している。インストゥルメンタル曲やライブでのSEの多くの作曲とプログラミングを行っている。TAKURO・JIROよりは少ないものの、ライブではコーラスも担当する。
ライブの定位置はステージ下手。音源においてもHISASHIのギターは左側の定位に設定されていることが多い。
JIRO(ジロウ)
ベース担当。
本名は和山 義仁(わやま よしひと)。1992年に加入。TAKUROと並んでライブではコーラスを担当しており、JIROが作曲した楽曲では一部ボーカルを担当しているものもある。「ストロベリーシェイク」ではメインボーカルを担当した。
ライブの定位置はHISASHIとTERUの間。

旧メンバー[編集]

ISO(イソ)
ドラムス担当。1992年に在籍。[5]
SHINGO(シンゴ)
ドラムス、ベース担当。1990年から1992年9月まで在籍。元々GLAYのメンバーとは函館時代からの友人であり、「DILDO」という別のバンドを率いて上京してきたところ、GLAYに加入。本来はベース担当だったが、ドラムが不在時にはドラムも担当(その場合はHISASHIがベースを担当)した。GLAYが『三宅裕司のいかすバンド天国』に出演した際にも在籍していた。
AKIRA(アキラ)
ドラムス担当。1992年5月から1994年1月まで在籍。メジャーデビュー直前に脱退。「RAIN」「真夏の扉」「Life 〜遠い空の下で〜」と『灰とダイヤモンド』の全曲においてAKIRAがドラムスを担当した音源が残っている。本名は上島 明
NOBUMASA(ノブマサ)
ドラムス担当。メジャーデビュー1994年)時から1995年4月まで在籍。当初はサポートメンバーとして参加したが後に正式加入、間もなく事務所の意向で脱退させられる。以降ドラムスの正式メンバーは加入させることはなく、永井利光(TOSHI)をサポートメンバーとして迎えている。音源としてNOBUMASAがドラムスを担当したものは残っていない。本名は大庭 伸公(おおば のぶまさ)。

バンド名の由来[編集]

造語であり、音楽のジャンルが黒(ロック)でもなければ白(ポップ)でもないという意味である。ビートルズがバンド名を造語にしたことに因み、TAKUROがGRAY(英語で"灰色"の意)の"R"を"L"とした。また函館の冬空の色(灰色)にもかけている。

しかし、2010年5月25日に放送された『DON!』(日本テレビ系)にて「名前の由来は?」との質問にTAKUROは「前は、黒でもなければ白でもない・・・と言っていたが、実際は響きですね。」と語っている。

プロデューサー・サポートメンバー[編集]

佐久間正英
シングル「彼女の“Modern…”」以後から自身が死去する直前の2013年までプロデュース、多くの楽曲の編曲に携わった。レコーディングではストリングスアレンジやプログラミングを担当、自らギターピアノも演奏していた。2011年からは中崎文惠とともにメインのエンジニアとしてレコーディング・ミキシングをも行った。また、サポートメンバーとしてライブにも出演しキーボード(稀にギターも)を演奏した。GLAY EXPOには1999年、2001年、2004年に出演した。自身がプロデュースを手がけたバンドによるフェス「SAKUMA SUMMIT」(発案者はTAKURO)も過去2回開催(GLAYは2回とも出演)した。
Toshi Nagai(永井利光)
SPEED POPツアーより2014年現在に至るまで、ほとんど全てのレコーディング・ライブにおいてドラムスを担当。
ステージ上のメンバー紹介では“TOSHI”(トシ)と呼ばれている。
永井誠一郎
『GLAY TOUR 2006 ROCK'N'ROLL SWINDLE 〜Re-birth〜』以降、2013年現在に至るまで、ライブでキーボードやコーラスを担当。ライブではサックスアコーディオンも演奏したり、SEの作曲を任されることもある。の「Love so sweet」をカバーした際には一部メインボーカルをも担当した。レコーディングにおいてもピアノやサックスを演奏することがあり、楽曲によっては編曲やプログラミング等も行う。ステージ上のメンバー紹介では“セイちゃん”と呼ばれている。また、上記のToshi Nagaiと同じく名字が「永井」なので2人を合わせて“ダブル永井”と呼ばれることもある。2014年現在、佐久間正英を除けば最も長くGLAYのキーボードを務めている。
DJ Mass MAD Izm*
『TERU Produce Live 2009 THE GREAT VACATION-extra- BOYS ONLY NIGHT』(Jay aka. J'quartusと共に登場)や『GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM Supported by glico』でターンテーブルの演奏をサポート。また、GLAYの楽曲をクラブアレンジしており、ライブの開演前に度々流されるほか、「HIGHCOMMUNICATIONS」のリミックスが『rare collectives vol.4』に収録されている。「シキナ」や「華よ嵐よ」においては編曲でも参加した。
YOSHIKIX JAPAN
デビュー曲「RAIN」をプロデュース。同曲のピアノを演奏。GLAYの可能性を見抜いたHIDEのアドバイスもあり、自レーベルよりデビューさせた。後に独立するまで事務所及びレーベルの社長も務めた。
土屋昌巳
「真夏の扉」をプロデュース。2001年GLAY EXPO 2001九州公演にはThe d.e.pのメンバーとして同じステージに立ち、最後の曲「I'm In Love」にコーラスで参加。なお、セックス・ピストルズで音楽に開眼した土屋は、ロックバンドに「やんちゃ」な部分を求める傾向がある。そのような土屋は、「真夏の扉」レコーディング時に、真面目で礼儀正しく、破壊的な部分が皆無なメンバーの態度に「手に負えない部分が無いとは、僕の手に負えない。」と以降のプロデュースを断念したというエピソードがある。
湊雅史
シングル「彼女の“Modern…”」収録曲のドラムスを担当。
そうる透
SPEED POP』収録曲のうちAKIRAおよび湊が担当した曲以外と、「Yes, Summerdays」「月に祈る」のドラムスを担当。
D.I.E.
SPEED POPツアーよりレコーディング・ライブのキーボードを担当していたが、『pure soul in STADIUM』をもってサポートメンバーから脱退。ライブではコーラスも担当した。後述のhideのサポートを長年務めた人物であり、hide with Spread Beaverのメンバーでもあった。
2005年にはTERUによるラジオ番組TERU ME NIGHT GLAYの野外公開録音『TERU ME NIGHT GLAY 10th ANNIVERSARY SPECIAL 〜Summer of 05〜』にてキーボードを演奏した。
小森茂生 (SHIGEO "sk55" KOMORI)
D.I.E脱退以後、1999年から『GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED』以前のレコーディング・ライブにおいてキーボードを担当していた。メンバー紹介では“SHIGE”(シゲ)と呼ばれている。ライブではターンテーブル(「BACK-UP」)やアコーディオン(「I'm in love」)を披露することもあった。
斎藤有太
『GLAY DOME TOUR 2005 "WHITE ROAD"』でキーボードを担当。
島健
BEAUTIFUL DREAMER」のストリングスアレンジの他、2003年・2011-2012年の『HIGHCOMMUNICATION TOUR』オープニングテーマを手がける(2011-2012年のものは「Red moon & Silver sun」として音源が発表された)。2003年の『X-RATED TOUR』ベイNKホール公演では、指揮者としてストリングスを引き連れて出演。『THE FRUSTRATED』のDVDには、「BEAUTIFUL DREAMER」のメイキングの模様も収録。
溝口肇
時の雫」のストリングアレンジを手がける。指揮者として『GLAY DOME TOUR 2005 "WHITE ROAD"』ではストリングスを引き連れて出演。TERUは「イケメン・アレンジャー」と紹介した。
金原千恵子ストリングス
「BEAUTIFUL DREAMER」「SAY YOUR DREAM」等、2014年現在に至るまでストリングスを用いる曲の多くのレコーディングに参加している。
クラッシャー木村ストリングス
風にひとり」「Satellite of love」等、2010年から2014年現在に至るまでストリングスを用いる曲のレコーディングに参加している。
草間敬
2000年の「Surf Rider」以降、主にHISASHI作による楽曲のコンピューター・マニピュレートを手がける。TAKURO作曲の「嫉妬」でもマニピュレーターを務めており、「KURID PHANTOM mix」として、彼の所属している「KURID INTERNATIONAL」の名前が冠されている。「Time for Christmas」のクラブアレンジも行った。2004年発表のアルバム『THE FRUSTRATED』のメイキングを収めたDVD『The Complete of THE FRUSTRATED-RECORDING DOCUMENTARY&LIVE-』では、HISASHIと共に同アルバム収録の「coyote,colored darkness」の解説を行っている。
Michel Zimmerling
佐久間との縁で、2009年に至るまでGLAYのレコーディングミキシングにおけるエンジニアリングを行う。「Blue Jean」のストリングスアレンジも担当。
競紀行
当初はエンジニアリングのアシスタントを行っていたが、「G4」より2010年に至るまでメインのエンジニアとしてレコーディング・ミキシングを担当。2013年現在もライブ音源を中心としてレコーディング・ミキシングを担当している。
小西康司 (Koniyoung)
草間と同じくKURID INTERNATIONALに属しており、ACE OF SPADESのレコーディングを担当した縁で2012年よりGLAYのエンジニアをも担当。佐久間が編曲に携わらない曲について主にレコーディング・ミキシングを担当している。
亀田誠治
DARK RIVER」をプロデュース。2006年8月26日・27日開催のTHE 夢人島 Fes.[6]で初めて対面[7]。GLAYのメンバーは、その時の打ち上げ時から亀田にプロデュースをオファーしており[7]、それから7年の歳月を経て、「DARK RIVER」で初めてプロデュースを担当。また、2005年に発売された『別冊カドカワ 総力特集GLAY』にて、GLAYサウンドの特別考察を行ったことがある[8]

音楽性[編集]

メンバー共通して好きなバンドにB'zRED WARRIORSなどがあり、特に1980年代(メンバーが学生の頃)に活躍したBOØWYの影響を最も強く受けていて、デビュー当時からロックバラードの両方をこなしている。

2000年代以降はストリングスラップダンス・ミュージックフラメンコサンバに至るまでロック以外のサウンドも用いるようになり、音楽性の幅を広げつつある。

また、メンバー4人の音楽性がそれぞれ異なっていることも特徴の1つである。

TERU
好きなアーティストには上記の他にU2などを挙げていて、メンバーの中で最もBOØWYの影響を強く受けている。本人も尊敬する人は誰かという質問に「氷室さん」と答えており、ライブでのポーズやマイクの握り方は氷室に影響を受けている。
作曲する曲は「週末のBaby Talk」のような16ビートの曲を得意としている他、「BLAST」のようなスカ・ナンバー、「BACK-UP」、「MAD BREAKER」などのパンクチューン、「Little Lovebirds」、「RainbirD」などのバラードも手がけている(TERUは、この手のバラード曲を「セツナ系」[9]と呼んでいた)。
TAKURO
影響を受けたアーティストに、ビートルズ尾崎豊ブライアン・アダムスを挙げていて、アコースティックな嗜好が強い。その音楽性はアルバム『UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY』にて顕著に表れている。
GLAYの楽曲のほぼすべての作詞・作曲を手掛けているだけあって作風は幅広い。作曲については「誘惑」のようなスピードチューンや「LOVE SLAVE」のようなパンクチューン、「華よ嵐よ」のようなディスコチューン、「ずっと2人で…」のようなバラードまでをこなす。また「口唇」「誘惑」「SPECIAL THANKS」のような、転調を用いる曲が多いのも特徴の一つである。歌詞に関しても「HOWEVER」のような恋人間のラブソングに留まらず、「I'm in Love」のように家族愛を歌った曲から、「-VENUS」のような政治・社会を風刺した曲や「CHIDREN IN THE WAR」といった反戦歌も手がけている。なお、TAKUROは「永遠」を否定する考えを持っており、「春を愛する人」や「100万回のKISS」のように歌詞の中でも「永遠」という言葉が否定されている事がある。
ギターはHISASHIと比較してブルージーであったり速弾きを多用したりする傾向がある。
HISASHI
メンバーの中で最もパンクの嗜好が強く、同じギタリストでもTAKUROとは作風・音楽性が正反対。Talboを使用しているのは有頂天の影響である。
作曲する曲には「Surf Rider」のように、打ち込みを多用した曲が多く、「Surf Rider」においてはLeetを用いている。他にも「1988」のようなパンクチューン、「everKrack」のようなダンスチューンも作っており、「GIANT STRONG FAUST SUPER STAR」では、声優山寺宏一緑川光西田裕美をゲストに呼んで、HISASHIの趣味的側面を感じさせるお遊び的なナンバーも手がけた。また、「Tokyo vice terror」、「gestalt」などのインスト曲を手がけることも多い。
GLAYオフィシャルストア「G-DIRECT」設立後は、「everKrack」、「JUSTICE [from] GUILTY」など、シングルA面曲を飾ることも増えてきている。
ギターはTAKUROと比較してメロディアスなフレーズを弾くことが多い。
JIRO
メンバーの中で最もポップの嗜好がある(「天使のわけまえ」PVでも、その傾向が見られる)。
BUGS IN MY HEAD」のようなパンクチューンや「SHUTTER SPEEDSのテーマ」のようにライブの定番曲となって非常に盛り上がるスピードチューンを作ることが多いが、「Good Bye Bye Sunday」のようなアコースティックチューン、「WHO KILLED MY DIVA」のようなオルタナティヴ・ロックチューン、「カナリヤ」、「運命論」のようなバラードナンバーも手掛けている。2007年以降、作詞はTAKUROに任せることが多い。自身がプロデュースしたライヴGLAY Acoustic Live in 日本武道館 produced by JIROでは全曲をアコースティックアレンジしたアンプラグドライヴを披露した。
GLAYオフィシャルストア「G-DIRECT」設立後は、「Ruby's Blanket」、「運命論」など、シングルA面曲を飾ることも増えてきている。

メジャーデビューまでの足跡[編集]

1988年函館で結成される。TERUとTAKUROはこのときから在籍(TERUは結成当時はドラム担当)。翌年、HISASHIが加入。

1990年3月に高校時代最後のライブを行う。結成時からいたベースとドラムスが卒業する[10]。同年4月より拠点を東京に移す。11月には「いかすバンド天国」に出場し結成時からの自信作「無限のdeja vu」を披露するも不合格に。その理由は「もう少し毒があると思っていた。」、「同じメロディーの繰り返しでつまらない。」と酷評の嵐。

1991-1992年、自主制作のデモテープを3本発表、瞬く間に完売。

1992年5月、AKIRAが加入。それに伴いISOが脱退。同年9月 SHINGOが脱退し、後にJIROが加入。ほぼメジャーデビュー前のGLAYに。

1993年10月のライブ・ハウス「「CLUB GIO ICHIKAWA」」にYOSHIKIが訪れ、スカウトされる。同日、エクスタシーレコードと契約。

1994年1月、アルバム『灰とダイヤモンド』のレコーディング終了。この頃にAKIRAが脱退。後任としてNOBUMASAがサポートメンバーとして参加。同年2月1日、目黒鹿鳴館で初のワンマンライブを行う。チケットはSOLD OUT。同年の2月-3月、ロサンゼルスのONE ON ONE RECORDING STUDIOにてYOSHIKIプロデュースの下、「RAIN」のレコーディングを行う。同年4月25日、デビュー前に目黒鹿鳴館にて2daysライブを行う。チケットはSOLD OUTとなる。

メジャーデビュー以降の活動[編集]

1990年代[編集]

デビュー[編集]

1994年5月25日にシングル「RAIN」にてデビュー、同日インディーズアルバム『灰とダイヤモンド』をリリース。この後も2ndシングル「真夏の扉」(同年6月15日)、3rdシングル「彼女の“Modern…”」(同11月15日)をリリース。7月31日にSHIBUYA ON AIR WESTでのデビューライブ『HAPPY SWING』を開催したほか、全国ツアー『灰とダイヤモンドTOUR』(9月26日〜10月21日、全13公演)、11月24日〜11月30日に3大都市ツアー『THE SPEED POP LIVE '94 』などを行った。シングル1作目・2作目はタイアップを得たものの、3作目はタイアップが得られず初動売り上げも振るわず、無名バンドの一つという状況であった。「彼女の“Modern…”」より佐久間正英と共同作業を行っており、 1994年末にはNOBUMASAが正式にメンバーとして加入した。

SPEED POP[編集]

4thシングル「Freeze My Love」(1995年1月25日)、1stアルバム『SPEED POP』(同3月1日)、5thシングル「ずっと2人で…/GONE WITH THE WIND」(同5月17日)および1stビデオクリップコレクション『VIDEO GLAY』(同5月17日)をリリース。『SPEED POP』はオリコンアルバムチャート最高8位と、ブレイクへ向け大きく踏み出した。全国ツアー『SPEED POP GIG '95』(4月22日〜6月12日、全10公演)などを行う。このツアーより脱退したNOBUMASAに代わり、TOSHI NAGAIがサポートメンバーとして参加することになった。

BEAT out![編集]

6thシングル「Yes, Summerdays」(1995年8月9日)、7thシングル「生きてく強さ」(同11月8日)、に8thシングル「グロリアス」(1996年1月17日)、2ndアルバム『BEAT out!』(同2月7日)、2ndビデオクリップコレクション『VIDEO GLAY 2』(同6月2日)をリリース。「Yes, Summerdays」は初のCMタイアップ(カメリアダイヤモンド)を獲得、「グロリアス」はスマッシュヒットとなりGLAY初のオリコンシングルチャートトップ10(4位)を記録、そして『BEAT out!』はオリコンアルバムチャート最高1位を記録するなど、GLAYにとってブレイクの1年となった。公式ファンクラブ『HAPPY SWING』が設立されたのもこの時期である。ライブは全国ホールツアー『BEAT out ! '96』(1996年2月29日〜3月29日、全9公演)などを行った。

BEAT out! 〜 BELOVED[編集]

9thシングル「BELOVED」(1996年8月7日)、10thシングル「a Boy〜ずっと忘れない〜」(同11月11日)、3rdアルバム『BELOVED』(同11月18日)をリリース。アルバム『BELOVED』はGLAYにとって初のミリオンセラーとなった。ライブは全国ホールツアー『BEAT out ! reprise』(1996年8月16日〜9月9日、全10公演)、全国ホールツアー『GLAY TOUR '96〜'97 "BELOVED YOU"』(12月8日〜1997年2月4日、追加公演『"BELOVED YOU ENCORE"』2月1日〜2月18日、全33公演)などを行い、『BEAT out ! reprise』の千秋楽では初の武道館ライブも決行した。『BEAT out ! reprise』ツアーの模様を収録したLIVE & DOCUMENTARY ビデオ『無限のdéjà vu DOCUMENT of "BEAT out!" TOURS』『無限のdéjà vu DOCUMENT of“BEAT out!”TOURS 海賊版』を同時リリース(1997年1月25日)。また、武道館初公演の模様を完全収録したデジタルライブ音源『BEAT out ! reprise at 日本武道館 1996.9.9』は2012年にリリースされている

HIT THE WORLD 〜 REVIEW[編集]

11thシングル「口唇」(1997年5月14日)、12thシングル「HOWEVER」(同8月6日)、ベストアルバム『REVIEW-BEST OF GLAY』(同10月1日)、3rdビデオクリップコレクション『VIDEO GLAY 3』をリリース(1998年2月4日)。「口唇」はGLAY初のオリコンシングルチャート最高1位、またオリコン集計では惜しくも届かなかったシングルミリオンセラーを「HOWEVER」で達成。『REVIEW-BEST OF GLAY』は488万枚を売上げ、堂々の年間アルバムチャート1位に輝き、当時のアルバム売上最高枚数を更新、ベストアルバムブームを引き起こした。これらに加え、「HOWEVER」でNHK紅白歌合戦第48回NHK紅白歌合戦)に初出場するなど、GLAYが一躍時代の寵児となった一年である。ライブは全国アリーナツアー『GLAY ARENA TOUR '97〜HIT THE WORLD〜』(1997年7月20日〜9月4日、全18公演)などを決行し、同ライブの模様を収録したLIVEビデオ『HIT THE WORLD GLAY Arena Tour '97 at Yoyogidaiichitaiikukan』をリリース(同12月3日)。

pure soul[編集]

サウンドトラック『GLAY SONG BOOK 〜TBS系金曜ドラマ「略奪愛・アブない女」オリジナル・サウンドトラック』(1998年2月25日)、13thシングル「誘惑」および14thシングル「SOUL LOVE」(同4月29日に同時発売)、4thアルバム『pure soul』(同7月29日)をリリース。前年からのGLAY熱は留まるところを知らず、発売したシングルとアルバムは全てミリオンセラーを記録。ライブは全国46か所53公演の長期ホールツアー『TDK presents GLAY TOUR '98 pure soul』(同4月17日〜7月25日、なお、この公演中HISASHIが脚を骨折し、いくつかの公演が8月11日〜9月15日に順延となっている)や全国7か所13公演のスタジアムツアー『pure soul in STADIUM "SUMMER of '98"』(8月8日〜9月6日、この公演をもってサポートメンバーのD.I.Eが脱退)を行うなど、その規模も大きくなった。ライブビデオは『“pure soul”TOUR '98』(同8月5日)、『“SUMMER of '98”pure soul in STADIUM』をリリース(同12月9日)。なお、この時期にバーニングプロダクションから独立している。

pure soul 〜 SURVIVAL 〜 HEAVY GAUGE[編集]

15thシングル「BE WITH YOU」をリリース(1998年11月25日)。1999年にはデビュー5周年を迎え、16thシングル「Winter,again」(1999年2月3日)、1stビデオシングル「サバイバル」(同5月19日)、17thシングル「ここではない、どこかへ」(同8月25日)、5thアルバム『HEAVY GAUGE』(同10月20日)、18thシングル「HAPPINESS -WINTER MIX-」(2000年1月1日、『HEAVY GAUGE』からのリカット)、4thビデオクリップコレクション『VIDEO GLAY 4』(同4月5日)をリリース。「Winter,again」は164万枚を売上げ第41回日本レコード大賞を受賞、2014年現在GLAYのシングルの中で最も売れたものとなった。「サバイバル」は2014年現在日本のビデオ・DVDシングルの歴代売上第1位である。ライブは東京ドーム5公演を含む初のドームツアー『GLAY DOME TOUR "pure soul" 1999』(1999年2月10日〜3月10日、全15公演、この公演から小森がサポートに参加)に加え、デビューライブからちょうど5年後の7月31日には幕張メッセ駐車場・特設ステージにて、2014年現在国内単独ライブとしては最高の観客動員数20万人を誇る『MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY GLAY EXPO '99 SURVIVAL』を決行。その他にもメンバープロデュースライブ(同12月6日〜12月29日)やLUNA SEAとの対バン『The Millennium Eve A Christmas present for the people who love live a lot.』(同12月23日)、カウントダウンライブ『GLAY LIVE in MESSE "COME TOGETHER"』(同12月31日)などを行った。ライブビデオ『DOME TOUR pure soul 1999 LIVE IN BIG EGG』(1999年7月7日、ドームツアーを収録)ライブビデオ&DVD『GLAY EXPO '99 SURVIVAL LIVE IN MAKUHARI』(EXPOを収録、ライブから1年後の2000年7月31日発売)をリリース(JIROプロデュースの武道館ライブの模様は2004年に発売)。一方、ここまで出世街道をひた走ってきた外部からの印象とは裏腹に、「自分たちの手を離れて大きくなりすぎたGLAY」にメンバーが戸惑いを覚え始めたのもこの時期である。事実、「EXPO '99」を終えてメンバーは目標を見失った節があり、『HEAVY GAUGE』は内省的な曲が並び、シングル曲は全てこのアルバムのためのバージョンが収録されるなど、全体を通して重苦しい雰囲気が漂うアルバムは『BEAT out!』から『pure soul』とは対照的なものであった。そして極めつけに、レコード大賞の受賞を巡ってメンバー間で論争となり、レコード大賞を受賞してそのまま解散というストーリーが一度決定されていた[11]

2000年代[編集]

HEAVY GAUGE 〜 DRIVE[編集]

19thシングル「MERMAID」(2000年7月19日、『DRIVE-GLAY complete BEST』には収録されず次作のオリジナルアルバム『ONE LOVE』に収録)20thシングル「とまどい/SPECIAL THANKS」(同8月23日)サウンドトラック『映画版「未来日記」オリジナル・サウンドトラック』(同9月6日)21stシングル「Missing You」(同11月15日)ベストアルバム『DRIVE-GLAY complete BEST』(同11月29日)をリリース。ライブは前半全国11か所40公演、後半全国12か所37公演の長期アリーナツアー『J-PHONE presents GLAY ARENA TOUR 2000 "HEAVY GAUGE"』(前半同4月15日〜6月28日・後半9月2日〜11月26日、この模様が収録されたライブDVD『GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”in SAITAMA SUPER ARENA』は2004年に発売)などを行う。前年末の解散騒動は、年が明けると同時に立ち消えになったが、『J-PHONE presents GLAY ARENA TOUR 2000 "HEAVY GAUGE"』前半の最中に今度はJIROが脱退の危機に陥る[11]。GLAYが解散の危機に陥ったのは後にも先にもこの2回だけであり、以後はメンバーが「続けることが大事」といった旨を度々口にするようになる。1997年から3年連続で紅白歌合戦に出場していたが、2000年以降は年越しライブを優先させるため出場していない。これはスポーツ紙が一面で取り上げられるなど大きな衝撃を起こした。

GLOBAL COMMUNICATION 〜 ONE LOVE[編集]

22ndシングル「GLOBAL COMMUNICATION」(2001年4月25日)23rdシングル「STAY TUNED」(同7月4日)ベストビデオクリップコレクション『GLAY BEST VIDEO CLIPS 1994-1998』(同9月5日)24thシングル「ひとひらの自由」(同9月19日)6thアルバム『ONE LOVE』(同11月28日)をリリース。ライブは全国3か所4公演の各公演趣旨が異なる『GLAY EXPO 2001 "GLOBAL COMMUNICATION"』(同7月28日〜8月11日)を決行、東京公演では東京スタジアムのライブこけら落とし、九州公演ではアジア各国からゲストを招いてのオールナイトライブを行ったのに加え、札幌ドームでのカウントダウンを含む全国ドームツアー『GLAY DOME TOUR 2001-2002 "ONE LOVE"』(同12月13日〜2002年1月15日、全13公演)、東北地区ホールツアー『GLAY TOUR 2002 Special Extra Package "ONE LOVE"』(同2月1日〜2月7日、全5公演)なども行った。これらの模様を収録したライブビデオ&DVDは『GLAY EXPO 2001 GLOBAL COMMUNICATION LIVE IN HOKKAIDO SPECIAL EDITION』『GLAY EXPO 2001 GLOBAL COMMUNICATION LIVE IN HOKKAIDO』(ともに2002年1月1日、EXPO石狩公演を収録)『GLAY DOME TOUR 2001-2002 ONE LOVE』(ドームツアーを収録、同8月27日)にリリース(EXPO東京公演を収録した『GLAY EXPO 2001“GLOBAL COMMUNICATION”in TOKYO STADIUM』は2004年に発売)。

ONE LOVE 〜 UNITY ROOTS & FAMILY, AWAY[編集]

25thシングル「Way of Difference」(2002年2月27日)Flow of Soulシリーズアルバム『Flow of Soul vol.1 〜TAKURO meets Vanessa-Mae〜』(同4月24日)26thシングル「またここであいましょう」(同7月24日)27thシングル「逢いたい気持ち」(同7月31日)7thアルバム『UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY』(同9月19日)5thビデオクリップコレクション『VIDEO GLAY 5』(同11月20日)をリリース。ライブは『JAL Presents 日中国交正常化三十周年特別記念コンサート〜GLAY ONE LOVE in 北京』(同10月13日)などを行う。これに伴い、当時の中国最高指導者江沢民主席への表敬訪問を実現した。この模様を収録したLIVE & DOCUMENTARYビデオ&DVD『日中国交正常化三十周年特別記念コンサート GLAY ONE LOVE in 北京 LIVE&DOCUMENT』をリリース(同12月18日)。

rare collectives 〜 HIGHCOMMUNICATIONS[編集]

カップリング曲集『rare collectives vol.1』『rare collectives vol.2』(ともに2003年2月5日)1st DVDシングル「いつか」(同3月5日)をリリース。ライブは長期アリーナツアー『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2003』(同2月17日〜5月18日、全34公演)などを行った。追加公演となった横浜アリーナではビデオ収録のためのライブを開催、この模様はライブビデオ&DVD『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS 2003』(同9月26日)に収録されている。なお、『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2003』開催中にイラク戦争が開戦したのに際し、TAKUROは新聞に意見広告を寄せ、更に反戦歌となる「CHILDREN IN THE WAR」を同ツアーで披露している。

THE FRUSTRATED 〜 WHITE ROAD[編集]

28thシングル「BEAUTIFUL DREAMER/STREET LIFE」(2003年10月16日、これを最後に小森はGLAYのサポート活動を行っていない)をリリース、2004年にはデビュー10周年を迎え、29thシングル「時の雫」(同1月28日)8thアルバム『THE FRUSTRATED』(同3月24日)30thシングル「天使のわけまえ/ピーク果てしなく ソウル限りなく」(同5月19日、5月25日には各地方版8種類も発売。アルバム収録は2009年の『THE GREAT VACATION VOL.1 〜SUPER BEST OF GLAY〜』が初となった)31stシングル「Blue Jean」(同8月4日)32ndシングル「ホワイトロード」(同12月8日)ベストアルバム『-Ballad Best Singles- WHITE ROAD』(2005年1月19日)をリリース。ライブでは全国ホールツアー『GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED』(2004年2月21日〜3月22日、全12公演)ユニバーサルスタジオジャパンにての『GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN "THE FRUSTRATED"』(デビューライブから10年後、幕張EXPOから5年後の同7月31日)、全国アリーナツアー『GLAY ARENA TOUR 2004 "THE FRUSTRATED -extreme-"』(同10月2日〜11月30日、全17公演、新潟県中越地震で被災したファンに向け1月16日〜1月17日に『THE FRUSTRATED -extreme- NIIGATA SPECIAL』を開催)ファンクラブ会員限定カウントダウンライブ『COUNTDOWN LIVE in MESSE COME TOGETHER』(同12月31日)全国ドームツアー『10th Anniversary Year Final GLAY DOME TOUR 2005 "WHITE ROAD"』(2005年2月5日〜3月13日、全5公演、大阪ドームが振動問題により使用できなかったためこれに加えてインテックス大阪にて代替公演を開催)など多彩な活動を見せた。これらの模様を収録したLIVE & DOCUMENTARY DVD『The Complete of THE FRUSTRATED-RECORDING DOCUMENTARY&LIVE-』(ホールツアーの模様を収録、2004年6月16日)LIVE DVD『LOVES & THANKS 〜波動する心音〜GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN“THE FRUSTRATED”』(EXPOの模様を収録、同12月15日)ライブDVD『10th Anniversary Year Final GLAY DOME TOUR 2005“WHITE ROAD”in TOKYO DOME』(2005年6月22日)をリリース。また、過去のライブ映像もLIVE DVD『GLAY Acoustic Live in 日本武道館 produced by JIRO』『GLAY ARENA TOUR 2000“HEAVY GAUGE”in SAITAMA SUPER ARENA』、『GLAY EXPO 2001“GLOBAL COMMUNICATION”in TOKYO STADIUM』『LIVE DVD BOX vol.1(includes LIVE DVD 3 Titles & GLAY Perfect Data 1994-2004)』を2004年11月3日に同時発売。

独立[編集]

2005年5月に事務所を独立、以降しばらく表向きの活動は少なくなる。GLAY×EXILEとしてコラボレーションシングル「SCREAM」(同7月20日)をリリース。事務所独立はダメージも非常に大きかったようだが、解散を選ぶというようなことには一切ならず、メンバーやスタッフが一丸となってまた活動ができるように尽力したという。年末には『white band FES.』(同12月3日〜12月4日)へ参加、『EXILE LIVE TOUR 2005 "PERFECT LIVE〜ASIA〜"』にアンコールに飛び入り参加し「SCREAM」をライブ初披露。

ROCK'N'ROLL SWINDLE[編集]

前年の事務所独立もあって、直前にスタッフが総入れ替えになるという事態もあった中、武道館ライブ『GLAY IN BUDOKAN 2006 ROCK'N'ROLL SWINDLE』(2006年2月6日〜2月9日)を決行。その後33rdシングル「G4」(同7月12日)をリリースして復活を遂げる。その後も34thシングル「夏音/変な夢 〜THOUSAND DREAMS〜」(同9月13日)をリリース、全国ホールツアー『GLAY TOUR 2006 ROCK'N'ROLL SWINDLE 〜Re-birth〜』(同11月1日〜12月28日、全25公演、このツアーから永井誠一郎がサポートに加わった)を行った。また、メンバーの憧れであった氷室京介とのコラボレート・シングル「ANSWER」を発売し(同8月2日)ジョイントコンサート『KYOSUKE HIMURO+GLAY 2006 at AJINOMOTO-STADIUM "SWING ADDICTION"』(同8月5日〜8月6日)も開催[12]、さらに『THE 夢人島 Fes. 2006』(同8月27日)に参加もするなど、幅広いアーティストとの交流も行った。

LOVE IS BEAUTIFUL[編集]

35thシングル「100万回のKISS」(2007年1月17日)9thアルバム『LOVE IS BEAUTIFUL』36thシングル「鼓動」(同4月4日、なおこれ以降のシングルのアルバム収録は2009年の『THE GREAT VACATION VOL.1 〜SUPER BEST OF GLAY〜』を待つこととなる)6thビデオクリップコレクション『VIDEO GLAY 6』(同12月19日)をリリース。ライブは全国アリーナツアーおよび沖縄での追加公演『GLAY ARENA TOUR 2007 LOVE IS BEAUTIFUL』(同1月13日〜3月18日、全)を行い、この模様を収録したLIVE DVD『GLAY ARENA TOUR 2007“LOVE IS BEAUTIFUL”-COMPLETE EDITION-』(同11月7日、全18公演)をリリース。なお、2007年に夕張市財政再建団体に指定されたのに伴い、毎年メンバーが何らかの形で夕張を訪問することを約束した。この約束は2012年現在守られている。

HIGHCOMMUNICATIONS 〜 VERB[編集]

37thシングル「Ashes.EP」(同10月31日)デジタルシングル「STARLESS NIGHT/-VENUS/SORRY LOVE (HIGHCOMMUNICATIONS 2007-2008 Live Ver.)」(2008年4月16日)38thシングル「VERB」(同6月11日)39thシングル「紅と黒のMATADORA/I LOVE YOUをさがしてる」(同9月10日)をリリース。ライブは長期全国ホールツアーおよび追加公演となるアリーナツアー『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2007-2008』(2007年11月9日〜2008年4月24日、全58公演)に加え、初のアメリカ公演『GLAY VERB TOUR 2008 in U.S.』(同8月12日〜8月16日、全3公演)やカウントダウンライブ『GLAY VERB TOUR FINAL “COME TOGETHER 2008-2009”』(同12月31日)などを行った。

THE GREAT VACATION[編集]

2009年にはデビュー15周年を迎え、40thシングル「SAY YOUR DREAM」(同3月4日)41stシングル「I am xxx」(デビューからちょうど15年目の同5月25日、なお水曜日ではない)ベストアルバム『THE GREAT VACATION VOL.1 〜SUPER BEST OF GLAY〜』(同6月10日)『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』(同10月21日)デジタルシングル「LET ME BE Live Ver. 2009-2010 at makuhari messe」(2010年2月24日)をリリース。ライブもメンバープロデュースライブ(2009年4月8日〜4月17日、全5公演)、the pillowsのツアー『SYNCHRONIZED TOUR』にての対バン(同6月13日)、全国ホールツアー『GLAY Hall Tour 2009 THE GREAT VACATION』(同6月15日〜7月6日、全10公演)、日産スタジアムにての「HOTEL GLAY」をテーマに、1日目はROCK、2日目はLOVEと題した2公演『GLAY 15th Anniversary Special Live 2009 THE GREAT VACATION in NISSAN STADIUM』(同8月15日〜8月16日)、アメリカ公演『GLAY U.S.TOUR 2009 THE GREAT VACATION』(同9月9日〜9月12日、全3公演)、カウントダウンも含む全国アリーナツアー『GLAY ARENA TOUR 2009 THE GREAT VACATION』(同11月21日〜12月31日、全14公演)など、ライブを中心に精力的に活動した。日産スタジアムの模様を収録したライブDVD『GLAY 15th Anniversary Special Live 2009 THE GREAT VACATION in NISSAN STADIUM』をリリース(2010年1月27日、なおBlu-ray版は2012年に発売される)。

2010年代[編集]

GLAY 〜 ROCK AROUND THE WORLD[編集]

デジタルシングル「Apologize」(2010年4月1日、期間限定無料配信)をリリース後、前々からの独立志向が高じ、自主レーベル『loversoul music & associates』を設立する(流通はフォーライフミュージックエンタテイメント)。その後42ndシングル「Precious」(同9月8日)、10枚目のオリジナルアルバム『GLAY』(同10月13日)をリリース。ライブは全国ホール・アリーナツアー『ROCK AROUND THE WORLD GLAY LIVE TOUR 2010-2011』(ホールは同6月17日〜7月29日、アリーナは同11月10日〜2011年2月6日の全37公演)などを開催、この模様を収録したDVDおよびBlu-ray『GLAY ROCK AROUND THE WORLD 2010-2011 LIVE IN SAITAMA SUPER ARENA -SPECIAL EDITION-』をリリース(デビュー17周年の2011年5月25日)。

rare collectives 〜 Thank you for your love 〜 We ♡ HAPPY SWING[編集]

8年ぶりとなるカップリング曲集『rare collectives vol.3』『rare collectives vol.4』(2011年3月9日)をリリース。同3月11日に発生した東日本大震災を受けて、3月14日に直ちに朝日新聞厚生文化事業団を通じて2000万円を寄付した。さらにTERUが被災者に向けてTwitterに弾き語りの楽曲を掲載、これをバンドアレンジしたものをデジタルシングル「Thank you for your love」としてリリースした(同5月5日、なおシングルではTAKURO以外が作詞・作曲した初のA面曲である)。なお、シングルの中でTAKURO以外のメンバーの作詞・作曲が表題となったのはこれが初めてである。その後、Zepp Sendaiにての氣志團との対バン『氣志團&GLAY Presents 極東ロックンロール・ハイスクール×Thank you for your love』(同7月8日)など、『Thank you for your love』を題した公開録音・ライブをいくつか行っている。シングル「Thank you for your love」の収益は全額義援金に充てられ、また公開録音・ライブのグッズによる収益と併せて更に2000万円分の楽器を石巻市の小中高等学校に、同年12月にクリスマスプレゼントとして寄付した。これらの活動に加えて、震災以前から計画されていたライブとして同7月5日・6日にGLAY初の台湾公演『ROCK AROUND THE WORLD FOREVER in TAIPEI』を開催、そして同7月30日・31日には、幕張メッセ国際展示場9・10・11ホールにてオフィシャルファンクラブ『HAPPY SWING』の結成15周年を記念した限定ライブ『We ♡ HAPPY SWING』を開催した。この会場では後述するG-DIRECT限定発売となる10thアルバムアンソロジー『GLAY Anthology』を先行販売している。このライブの模様を収録したDVDおよびBlu-ray『HAPPY SWING 15th Anniversary SPECIAL LIVE 〜We Love Happy Swing〜 in MAKUHARI』をリリース(同12月14日、G-DIRECT限定)。

HIGH COMMUNICATIONS "RED MOON & SILVER SUN"[編集]

2011年8月12日に、『loversoul music & associates』設立時より営業していたオフィシャルCD販売を大幅に改編し、オフィシャルグッズの購入も可能となったGLAYオフィシャルストア「G-DIRECT」を設立。以下、G-DIRECT限定盤を続々と発売する(特筆しない限りライブ会場でも直接販売される)。最初のG-DIRECT限定販売となる43rdシングル「G4・II -THE RED MOON-」をリリース(同10月5日、各メンバーによる作曲が1曲ずつ収録されている)。以降も44thシングル「My Private "Jealousy"」(同11月16日、一般販売)、クリスマスミニアルバム『Hope and The Silver Sunrise』(同12月14日、G-DIRECT限定)をリリース。「My Pricate "Jealousy"」のリリースに際しては、Youtubeニコニコ生放送Ustreamによる3サイト同時中継の生番組「GLAY DIRECT TALK」を放送している。アーティストによる生番組のこの3サイト同時中継は日本初である。なお、「GLAY DIRECT TALK」はこれ以降も度々、CDリリースに合わせて放送されている。ライブは、同9月25日に、テレビ朝日主催のライブイベント『テレビ朝日ドリームフェスティバル2011』(日本武道館にて開催)に出演[13]。長期の全国ホールツアー『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2011-2012 "RED MOON & SILVER SUN"』(前半同10月6日〜12月14日、後半2012年2月10日〜3月28日、東北地方・武道館追加公演4月1日〜4月22日、全51公演)を開催した。この武道館追加公演の初日を収録したデジタルライブ音源『HIGHCOMMUNICATIONS TOUR at 日本武道館 First Day 2012.4.19』(2012年6月13日、G-DIRECT限定)および千秋楽の模様を収録したDVD・Blu-ray『GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2011-2012 RED MOON & SILVER SUN FINAL AT BUDOKAN & DOCUMENT OF HCS』をリリース(2012年7月25日、G-DIRECT限定)。

THE SUITE ROOM[編集]

45thシングル「Bible」をリリース(2012年5月23日)。また、同曲をテーマソングとし、2009年の日産スタジアムにてのライブに引き続き「HOTEL GLAY」をコンセプトにした長居スタジアムでのライブ『GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM Supported by glico』(Super Welcome Partyと題した同7月28日、Big Surprise Partyと題した同7月29日の2公演)などを開催。これに際し、「Bible」の発売と同日に、前回の「HOTEL GLAY」のBlu-ray版『GLAY 15th Anniversary Special Live 2009 THE GREAT VACATION in NISSAN STADIUM DAY1 "ROCK"』『GLAY 15th Anniversary Special Live 2009 THE GREAT VACATION in NISSAN STADIUM DAY2 "LOVE"』が発売(G-DIRECT限定)。また、本公演を収録したLive DVD(『GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM IN OSAKA NAGAI STADIUM “7.28 Super Welcome Party”』『GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM IN OSAKA NAGAI STADIUM “7.29 Big Surprise Party”』)及びBlu-ray(『GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM IN OSAKA NAGAISTADIUM “7.28 SUPER WELCOME PARTY & 7.29 BIG SURPRISE PARTY”』)が2012年12月5日にリリース(G-DIRECT限定)。また、GLAY初の武道館公演を収録したデジタルライブ音源『BEAT out ! reprise at 日本武道館 1996.9.9』をリリースしている(2012年10月17日)。

THE SWEET ROOM 〜 JUSTICE & GUILTY[編集]

46thシングル「JUSTICE [from] GUILTY」・47thシングル「運命論」を2012年12月5日に同時リリース。なお、「JUSTICE [from] GUILTY」はHISASHI、「運命論」はJIROによる作曲で、「G4・II -THE RED MOON-」を除けば各々初のA面曲である(CD媒体に限ればTAKURO以外による作曲のA面曲も初である)。さらに、11thアルバム『JUSTICE』・12thアルバム『GUILTY』を2013年1月23日に同時リリースし、オリコン週間ランキング1・2位を独占するなど、バンドにとってシングル、アルバムを通じ首位の獲得は2年3か月ぶりとなった。(『GUILTY』は従来通り佐久間正英プロデュースである一方、『JUSTICE』はGLAY初のセルフプロデュースアルバムである)。ライブは、「HOTEL GLAY presents GLAY CHRISTMAS SHOW 2012 Winter THE SWEET ROOM」と題した3公演(2012年12月10日〜12月19日)をZepp DiverCity(ここでの公演はニコニコ生放送Gyao!アメーバピグにて生中継された)および大船渡市いわき市(入場料3900円という通常より大幅に安い価格)で開催するとともに、全国アリーナツアー『GLAY ARENA TOUR 2013 JUSTICE & GUILTY』(2013年2月23日〜同5月6日、全22公演)などを開催。また、初めてのアジアツアー『GLAY ASIA TOUR 2013 JUSTICE & GUILTY』(2013年5月25日〜2013年7月6日、全2公演、当初はソウル・バンコク公演が予定されていたが諸般の事情で中止となった)を開催した。アリーナツアーの模様を収録したDVD・Blu-ray『GLAY ARENA TOUR 2013 “JUSTICE & GUILTY” in YOKOHAMA ARENA』が6月5日にリリース。

GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT 〜 GLAY CHRISTMAS SHOW 2013[編集]

48thシングル「DARK RIVER/Eternally/時計」を2013年7月24日にリリース(「Eternally」は2か月以上前となる5月8日に先行配信)。また7月27日・7月28日には現職の函館市長の呼びかけによりメンバーの地元函館緑の島にて、「Eternally」をテーマソングとする大規模野外ライブ『GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.1』を開催。2日間で5万人を動員した。函館市の人口は約27万人で函館史上最大のライブとなった。このライブの模様を収録したDVD・Blu-ray『「GLAY Special Live 2013 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.1」』が11月27日にリリース。また、同9月19日には、テレビ朝日主催のライブイベント『テレビ朝日ドリームフェスティバル2013』(国立代々木競技場第一体育館にて開催)にて、EXILEとのツーマンライブが開催。同11月27日には、49thシングル「DIAMOND SKIN/虹のポケット/CRAZY DANCE」をリリース。同12月には、GLAY MOBILE会員限定ライブ[14]や「BUGGY CRASH NIGHT」15周年記念ライブ[15]などを含む『GLAY CHRISTMAS SHOW 2013 winter 〜ACOUSTIC MILLION DOLLAR NIGHT〜』(2013年12月2日〜同12月22日、全9公演)が開催された。

GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversary[編集]

20th Anniversary Year 3ヶ月連続リリースとして(2014年5月~7月)、第1弾はGLAYのデビュー日に、インディーズアルバムのアンソロジー『灰とダイヤモンド Anthology』(2014年5月25日)、第2弾は過去のライブから3つを厳選して収録されたLIVE DVD & Blu-ray『GLAY 20th Anniversary LIVE BOX VOL.1 DVD & Blu-ray』(同年6月18日)、第3弾は初のTERU作詞作曲による50thシングル「BLEEZE」(同年7月)をそれぞれリリース予定。また、同曲をテーマソングとし、同年9月20日はひとめぼれスタジアム宮城にて、2004年の『GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN "THE FRUSTRATED"』以来、10年ぶりとなる『GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversary』が開催され、当日は5万人の動員を予定している。

2014年以降[編集]

『10th Anniversary Year Final GLAY DOME TOUR 2005 "WHITE ROAD"』から10周年を迎えるにあたっての東京ドーム公演が予定されている。

NEVER MIND[編集]

1998年に、GLAYのメンバーとサポートメンバーのTOSHIによってNEVER MIND(ネバーマインド)という覆面バンドが結成された。GLAYの友人という設定である。デモテープとCDを発表している。NEVER MINDとしてのメンバー設定は以下の通り。

  • テリー…ボーカル。GLAYのTERUに酷似している。
  • タックン…ギター。GLAYのTAKUROに酷似している。
  • トニー…ギター。GLAYのHISASHIに酷似している。
  • ジド…ベース。GLAYのJIROに酷似している。
  • ボーボー…ドラム。GLAYのサポートドラマー永井利光に酷似している。

デモテープ[編集]

I LOVE 入浴 - 1998年9月15日にライブで無料配布された。

収録曲

  1. I LOVE 入浴

I LOVE N.M - 2000年5月26日発売に、少量がCDショップで販売された。

収録曲

A面

  1. RADIO NEVER MIND
  2. What's goin'on〜極悪トニー〜
  3. LOVE SURVIVOR
  4. END TRAP
  5. POWER NEVER MIND
  6. ごらん、世界は苦しみに満ちているよ。
  7. オアフ島 カメハメハ

B面

  1. Pretty Park
  2. BIG☆STAR
  3. THE GREAT ESCAPE
  4. ETHNIC NEVER MIND
  5. なになにナ
  6. TAI∞ZAN
  7. I LOVE N.Y
  8. tapのLONELY BLUES


CD[編集]

リリース タイトル 規格 販売生産番号
2001年7月28日 I LOVE N.M +3 CD PLGX-002

ディスコグラフィー[編集]

  • オリジナルアルバム
  1. 灰とダイヤモンド (1994年)
  2. SPEED POP (1995年)
  3. BEAT out! (1996年)
  4. BELOVED (1996年)
  5. pure soul (1998年)
  6. HEAVY GAUGE (1999年)
  7. ONE LOVE (2001年)
  8. UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY (2002年)
  9. THE FRUSTRATED (2004年)
  10. LOVE IS BEAUTIFUL (2007年)
  11. GLAY (2010年)
  12. JUSTICE (2013年)
  13. GUILTY (2013年)

ライブ・コンサートツアー[編集]

形態 タイトル 公演規模 公演日程 会場
1994年 単発コンサート HAPPY SWING 全1公演 7月31日 Shibuya O-West
1994年 コンサートツアー 灰とダイヤモンドTOUR 全国11都市13公演 9月26日 - 10月21日 9月26日 京都ミューズホール
9月27日 尼崎ビブレホール
9月29日 岡山ペパーランド
9月30日 広島ネオポリスホール
10月3日 松山サロンキティ
10月5日 福岡DRMU BE-1
10月9日 金沢VANVAN V4
10月10日 新潟CLUB JUNK BOX
10月12日 仙台BEEBベースメントシアター
10月14日 札幌ペニーレーン24
10月17日 函館金森ホール
10月20日 帯広REVEL(スタジオ・レスト)
10月21日 北見オニオンスタジオ
1994年 コンサートツアー THE SPEED POP LIVE '94 全国3都市3公演 11月24日 - 11月30日 11月24日 難波W'OHOL
11月26日 名古屋CLUB QUATTRO
11月30日 渋谷公会堂
1995年 単発コンサート シークレットライブ 全1公演 3月1日 東京・目黒鹿鳴館
1995年 単発コンサート SPEED POP STANDING GIG 全1公演 4月2日 日清パワーステーション
1995年 コンサートツアー SPEED POP GIG '95 全国8都市10公演 4月22日 - 6月12日 4月22日 新潟文化村O-DO
4月28日 福岡DRUM BE-1
4月29日 福岡DRUM BE-1
4月30日 広島ネオポリスホール
5月13日 難波W'OHOL
5月14日 名古屋CLUB QUATTRO
5月27日 仙台BEEBベースメントシアター
5月29日 函館金森ホール
5月31日 札幌ファクトリーホール
6月12日 渋谷公会堂
1995年 単発コンサート GLAY '95 FINAL THE GLORIOUS NIGHT 全1公演 12月29日 千葉・市川CLUB GIO
1996年 コンサートツアー BEAT out! '96 全国8か所9公演 2月29日 - 3月29日 広島南区民文化センター、愛知県勤労会館、渋谷公会堂、大阪サンケイホール、福岡ももちパレス、新潟フェイズ仙台市民会館札幌市民会館
1996年 公式FC結成記念ライブ HAPPY SWING 全1公演 5月8日 赤坂BLITZ
1996年 コンサートツアー BEAT out! reprise 全国9都市11公演 8月16日-9月9日 東京厚生年金会館宮城県民会館新潟テルサ、伊予三島市民会館、広島郵便貯金ホール福岡市民会館大阪厚生年金会館名古屋市民会館北海道厚生年金会館日本武道館
1996年 - 1997年 コンサートツアー GLAY TOUR '96〜'97 "BELOVED YOU" 全国23都市26公演 12月8日 - 2月4日 静岡市民文化会館香川県県民ホール福岡サンパレス鳥取県立県民文化会館、広島郵便貯金ホール、岡山市民会館神戸国際会館 ハーバーランドプラザ、石川厚生年金会館宇都宮市文化会館長野県県民文化会館群馬県民会館新潟県民会館、日本武道館、函館市民会館、北海道厚生年金会館、秋田県民会館青森市文化会館仙台サンプラザ郡山市民文化センター、大阪厚生年金会館、名古屋センチュリーホール長崎市公会堂熊本県立劇場 演劇ホール
1997年 コンサートツアー GLAY TOUR '96〜'97 "BELOVED YOU" 追加公演 "BELOVED YOU ENCORE" 全国7都市7公演 2月1日 - 2月18日 福岡サンパレス、倉敷市民会館、広島郵便貯金ホール、名古屋センチュリーホール、大阪厚生年金会館、北海道厚生年金会館、日本武道館
1997年 単発コンサート GLAY Official Fan Club HAPPY SWING Presents
HAPPY SWING '97 UNPLUGGED
全1公演 5月14日 国立代々木競技場第二体育館
1997年 コンサートツアー GLAY ARENA TOUR '97 〜HIT THE WORLD〜 全国9都市18公演 7月20日 - 8月4日 横浜アリーナ名古屋レインボーホール大阪城ホール新潟市産業振興センター広島サンプラザ福岡国際センター仙台市体育館、日本武道館、月寒グリーンドーム
1997年 コンサートツアー GLAY ARENA TOUR '97 〜HIT THE WORLD September〜 全国3都市6公演 9月13日 - 9月25日 国立代々木競技場第一体育館、名古屋レインボーホール、大阪城ホール
1998年 コンサートツアー TDK presents
GLAY TOUR '98 pure soul
全国46都市53公演 4月17日 - 7月25日 川口リリアホールNHKホール、群馬県民会館、神奈川県民ホール千葉県文化会館、名古屋センチュリーホール、三重県文化会館長良川国際会議場アクトシティ浜松、宇都宮市文化会館、大宮ソニックシティ、北海道厚生年金会館、函館市民会館、仙台サンプラザ、岩手県民会館秋田県民会館、大阪厚生年金会館、神戸国際会館 ハーバーランドプラザ、ふくやまリーデンローズ島根県民会館、鳥取県立県民文化会館、倉敷市民会館、広島郵便貯金ホール、愛媛県県民文化会館、香川県県民ホール、高知県立県民文化ホール徳島県立産業観光交流センター広島厚生年金会館徳山市文化会館、青森市文化会館、山形県県民会館、郡山市民文化センター、新潟県民会館、静岡市民文化会館、長野県松本文化会館、長野県県民文化会館、石川厚生年金会館、富山オーバードホール福井フェニックス・プラザ、福岡サンパレス、大分文化会館宮崎市民文化ホール鹿児島市民文化ホール 第一ホール、熊本市民会館佐賀市文化会館、長崎市公会堂
1998年 コンサートツアー pure soul in STADIUM "SUMMER of '98" 全国7都市13公演 8月8日 - 9月5日 真駒内オープンスタジアム安比高原 特設ステージ、広島グリーンアリーナポートメッセなごや 特設野外ステージ、マリンメッセ福岡阪急西宮スタジアム西武球場
1999年 コンサートツアー GLAY DOME TOUR pure soul 1999 全国4都市15公演 2月10日 - 3月10日 大阪ドームナゴヤドーム福岡ドーム東京ドーム
1999年 単発コンサート GLAY "pure soul" TOUR in OKINAWA 全2公演 3月17日・3月18日 沖縄コンベンション劇場
1999年 コンサートツアー GLAY "pure soul" TOUR in HOKKAIDO 全国1都市7公演 3月27日 - 4月6日 稚内総合文化センター、北見市民会館、帯広市民文化ホール、旭川市民文化会館、北海道厚生年金会館、北海道厚生年金会館、函館市民会館
1999年 単発コンサート MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY
GLAY EXPO '99 SURVIVAL
全1公演 7月31日 幕張メッセ 駐車場特設ステージ
1999年 単発コンサート
LUNA SEAとの共同)
The Millennium Eve A Chiristmas Present for the people who love live a lot 全1公演 12月23日 東京ドーム
1999年 カウントダウンライブ GLAY LIVE in MESSE "COME TOGETHER" 全1公演 12月31日 幕張メッセ・イベントホール
2000年 コンサートツアー J-PHONE presents
GLAY ARENA TOUR 2000 "HEAVY GAUGE"
全国19都市77公演 4月15日 - 11月26日 国立代々木競技場第一体育館、盛岡市アイスアリーナグランディ21 宮城県総合体育館石川県産業展示館 4号館、新潟市産業振興センター、神戸ワールド記念ホール長野エムウェーブ、広島グリーンアリーナ、名古屋レインボーホール、大阪城ホール、真駒内アイスアリーナグリーンドーム前橋、日本武道館、アスティとくしま、浜松アリーナ鹿児島アリーナ、マリンメッセ福岡、大阪城ホール、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ
2001年 コンサートツアー GLAY EXPO 2001 "GLOBAL COMMUNICATION" 全国3都市4公演 7月28日 - 8月11日 東京スタジアム、石狩市青葉公園特設ステージ、北九州マリナクロス新門司ステージ
2001年 - 2002年 コンサートツアー GLAY DOME TOUR 2001-2002 "ONE LOVE" 全国5都市13公演 12月13日 - 1月15日 大阪ドーム、福岡ドーム、札幌ドーム、ナゴヤドーム、東京ドーム
2002年 コンサートツアー
(東北ツアー)
GLAY TOUR 2002 Special Extra Package "ONE LOVE" 全国5都市5公演 2月1日 - 2月7日 青森市文化会館、仙台サンプラザ、岩手県民会館、秋田県民会館、山形県県民会館
2002年 単発コンサート JAL Presents
日中国交正常化三十周年特別記念コンサート〜GLAY ONE LOVE in 北京
全1公演 10月13日 北京工人体育場
2003年 単発コンサート GLAY HAPPY SWING presents GLORIOUS NIGHT CRUISE 2003 in MAKUHARI 全1公演 2月23日 幕張メッセ・イベントホール
2003年 コンサートツアー GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2003 全国15都市34公演 2月27日 - 5月11日 日本武道館、大阪城ホール、さいたまスーパーアリーナ、大阪城ホール、エコパアリーナ、徳島県立産業観光交流センター、石川県産業展示館4号館、国立代々木競技場第一体育館、横浜アリーナ、広島グリーンアリーナ、新潟市産業振興センター、盛岡市アイスアリーナ、グランディ21 宮城県総合体育館、名古屋レインボーホール、マリンメッセ福岡、真駒内アイスアリーナ
2003年 単発コンサート ROKC SHOCK vol.3 全1公演 5月14日 北海道・函館金森ホール
2003年 単発コンサート GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2003 for VIDEO SHOOTING 全1公演 5月18日 横浜アリーナ
2004年 コンサートツアー GLAY CONCERT TOUR 2004 X-RATED 全国12都市12公演 2月21日 - 3月22日 戸田市文化会館Zepp Sendai、名古屋センチュリーホール、香川県県民ホール、神奈川県民ホール、北海道厚生年金会館、福岡サンパレス、広島郵便貯金ホール、東京ベイNKホール、石川厚生年金会館、新潟県民会館、グランキューブ大阪
2004年 単発コンサート 愚麗威現象〜木更津TINY COMMUNICATION〜 全1公演 3月14日 千葉・木更津市民会館
2004年 フリーライブ GLAY X-RATED SPECIAL AT 南港WTC〜FREE THE FRUSTRATED〜 全1公演 3月23日 大阪・南港WTC前特設ステージ
2004年 単発コンサート GLAY EXPO 2004 in "THE FRUSTRATED" in 神戸 全1公演 7月26日 神戸国際会館 こくさいホール
2004年 単発コンサート GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIO JAPAN™ "THE FRUSTRATED"前夜祭 全1公演 7月30日 大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内ラクーン特設ステージ
2004年 単発コンサート GLAY EXPO 2004 in UNIVERSAL STUDIO JAPAN™ "THE FRUSTRATED" 全1公演 7月31日 大阪・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン内特設会場
2004年 コンサートツアー GLAY ARENA TOUR 2004 "THE FRUSTRATED -extreme-" 全国10都市15公演 10月2日 - 11月30日 さいたまスーパーアリーナ、大阪城ホール、石川県産業展示館4号館、長良川国際会議場、名古屋レインボーホール、朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター、グランディ21 宮城県総合体育館、真駒内アイスアリーナ、よこすか芸術劇場、国立代々木競技場第一体育館、マリンメッセ福岡、広島グリーンアリーナ
2004年 単発コンサート HSMS presents GLAY LIVE in O-east"COME TOGETHER" 全1公演 12月30日 Shibuya O-EAST
2004年 FC会員限定ライブ COUNTDOWN LIVE in MESSE COME TOGETHER 全1公演 12月31日 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
2005年 単発コンサート GLAY THE FRUSTRATED -extreme- NIIGATA SPECIAL 全2公演 1月16日・1月17日 1月16日 新潟LOTS
1月17日 新潟県民会館
2005年 単発コンサート GLAY 10th Anniversary Year Final "WHITE ROAD" in KOFU 全1公演 1月31日 山梨県立県民文化ホール
2005年 コンサートツアー GLAY 10th Anniversary Year Final GLAY DOME TOUR 2005 "WHITE ROAD" 全国4都市5公演 2月5日 - 3月13日 札幌ドーム、ナゴヤドーム、福岡 Yahoo! JAPANドーム、東京ドーム
2005年 単発コンサート GLAY 10th Anniversary Year Final "WHITE ROAD" in HOFU 全1公演 2月23日 山口・防府市公会堂
2005年 単発コンサート GLAY 10th Anniversary Year Final "WHITE ROAD" in GUNMA 全1公演 3月9日 群馬県民会館
2005年 単発コンサート GLAY 10th Anniversary Year Final GLAY OSAKA 4 DAYS SPECIAL 2005 "WHITE ROAD" 全4公演 3月17日 - 3月21日 インテックス大阪
2006年 単発コンサート GLAY ROCK'N'ROLL SWINDLE in Zepp Tokyo 全2公演 2月2日・2月3日 Zepp Tokyo
2006年 単発コンサート GLAY in BUDOKAN 2006 ROCK'N'ROLL SWINDLE 全3公演 2月6日 - 2月8日 日本武道館
2006年 単発コンサート
氷室京介との共同)
WONDA presents
KYOSUKE HIMURO+GLAY 2006 at AJINOMOTO-STADIUM『SWING ADDICTION』
全2公演 8月5日・8月6日 味の素スタジアム
2006年 ライブイベント THE 夢人島 Fes. 2006
WOW!! 紅白! エンタのフレンドパーク Hey Hey ステーション …に泊まろう!
全2公演 8月26日・8月27日
(27日のみ出演)
浜名湖ガーデンパーク
2006年 コンサートツアー ModernAmusement presents
GLAY TOUR 2006 ROCK'N'ROLL SWINDLE〜Re-birth〜
全国23都市25公演 11月1日 - 12月28日 宮崎市民文化ホール、鹿児島市民文化ホール、佐賀市文化会館、長崎ブリックホール大分iichikoグランシアタ、香川県県民ホール、高知県立県民文化ホール、鳴門市文化会館、倉敷市民会館、島根県民会館、三重県文化会館、長良川国際会議場、京都会館、静岡市民文化会館、長野県県民文化会館、富山オーバードホール、茨城県立県民文化センター、宇都宮市文化会館、郡山市民文化センター、山形県県民会館、岩手県民会館、秋田県民会館、旭川市民文化会館、北海道厚生年金会館、函館市民会館
2007年 コンサートツアー ModernAmusement presents
GLAY ARENA TOUR 2007 LOVE IS BEAUTIFUL
全国10都市18公演 1月13日 - 3月18日 横浜アリーナ、新潟市産業振興センター、マリンメッセ福岡、さいたまスーパーアリーナ、名古屋レインボーホール、グランディ21 宮城県総合体育館、大阪城ホール、北海道立総合体育センター 北海きたえーる、広島グリーンアリーナ、沖縄NAMURA HALL
2007年 ライブイベント CUE MUSIC JAMBOREE IN YUBARI 全2公演 6月30日・7月1日
(7月1日のみ出演)
夕張マウントレースイスキー場
2007年 単発コンサート LiB CAFE presents ROCK SHOCK VOL.4 全2公演 8月22日・8月23日 8月22日 Zepp Osaka
8月23日 Shibuya O-EAST
2007年 - 2008年 コンサートツアー GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2007-2008 全国39都市58公演 11月9日 - 4月24日 戸田市文化会館、群馬県民会館、宇都宮市文化会館、茨城県立県民文化センター、市川市文化会館なら100年会館、大阪厚生年金会館、京都会館、伊勢市観光文化会館、名古屋センチュリーホール、よこすか芸術劇場、旭川市民文化会館、帯広市民文化ホール、函館市民会館、福岡サンパレス、アルカスSASEBO、熊本市民会館、都城市総合文化ホール、奄美文化センター、沖縄コンベンション劇場、周南市文化会館、広島厚生年金会館、米子コンベンションセンター BiG SHiP、倉敷市民会館、松山市民会館、鳴門市文化会館、観音寺市民会館、神戸国際会館、和歌山県民文化会館びわ湖ホール渋谷C.C.Lemonホール、仙台サンプラザ、アクトシティ浜松、石川厚生年金会館、福井フェニックス・プラザ、新潟県民会館、北海道厚生年金会館、青森市文化会館、盛岡市民文化ホール、山形県県民会館、秋田県民会館、會津風雅堂、大阪城ホール、さいたまスーパーアリーナ、日本ガイシホール
2008年 単発コンサート ROCK SHOCK vol.5 全1公演 4月19日 Zepp Fukuoka
2008年 コンサートツアー GLAY VERB TOUR 2008 in U.S. 全3公演 8月12日 - 8月16日 8月12日 The Fillmore(サンフランシスコ
8月15日 House of Blues Sunset Strip(ロサンゼルス
8月16日 House of Blues Sunset Strip(ロサンゼルス)
2008年 コンサートツアー HAPPY SWING presents VERB TOUR 2008 全4公演 12月17日 - 12月27日 12月17日 Zepp Sendai
12月19日 Zepp Osaka
12月22日 Zepp Nagoya
12月27日 Zepp Tokyo
2008年 単発コンサート(GLAY MOBILE限定) HAPPY SWING presents VERB TOUR 2008 “HAPPY Xmaswing” 全1公演 12月24日 Zepp Sapporo
2008年 単発コンサート GLAY VERB TOUR FINAL “COME TOGETHER 2008-2009” 全2公演 12月30日 - 12月31日 12月30日 幕張メッセ国際展示場 9.10.11ホール
12月31日 幕張メッセ国際展示場 9.10.11ホール
2009年 単発コンサート(TAKURO Produce) GLAY Member Produce Live 2009 THE GREAT VACATION -extra-
10years〜あれから10年も、このさき10年も〜
全2公演 4月8日・4月9日 4月8日 東京・NHKホール
4月9日 東京・NHKホール
2009年 単発コンサート(TERU Produce) GLAY Member Produce Live 2009 THE GREAT VACATION -extra-
BOYS ONLY NIGHT
全1公演 4月13日 東京・新木場STUDIO COAST
2009年 単発コンサート(JIRO Produce) GLAY Member Produce Live 2009 THE GREAT VACATION -extra-
OSAKA CRUSH NIGHT!!
全1公演 4月15日 大阪厚生年金会館
2009年 単発コンサート(HISASHI Produce) GLAY Member Produce Live 2009 THE GREAT VACATION -extra-
RESONANCE Vol.2
全1公演 4月17日 東京・ディファ有明
2009年 フリーライブ MEET & GREET VACATION 全1公演 6月7日 横浜・みなとみらい 日本丸メモリアルパーク
2009年 単発コンサート
(the pillowsとの共同)
the pillows 20th Anniversary LATE BLOOMER SERIES 04 “SYNCHRONIZED TOUR” 全1公演 6月13日 Zepp Tokyo
2009年 コンサートツアー GLAY HALL TOUR 2009 THE GREAT VACATION 全10公演 6月15日 - 7月6日 6月15日 山梨県立県民文化ホール
6月17日 北見市民会館
6月19日 ゆうばり市民会館
6月22日 東京エレクトロンホール宮城
6月24日 長岡市立劇場
6月25日 長野県松本文化会館
6月29日 松山市民会館
7月1日 広島ALSOKホール
7月4日 大分iichikoグランシアタ
7月6日 鹿児島市民文化ホール
2009年 単発コンサート GLAY 15th Anniversary Special Live 2009 THE GREAT VACATION in NISSAN STADIUM
Presented by Caffé Latte
全2公演 8月15日・8月16日 8月15日 日産スタジアム
8月16日 日産スタジアム
2009年 コンサートツアー GLAY U.S.TOUR 2009 THE GREAT VACATION 全3公演 9月9日 - 9月12日 9月9日 The Fillmore(サンフランシスコ)
9月11日 House of Blues Sunset Strip(ロサンゼルス)
9月12日 House of Blues Sunset Strip(ロサンゼルス)
2009年 コンサートツアー GLAY ARENA TOUR 2009 THE GREAT VACATION 全14公演 11月21日 - 12月31日 11月21日 マリンメッセ福岡
11月22日 マリンメッセ福岡
11月25日 大阪城ホール
11月26日 大阪城ホール
11月29日 サンドーム福井
12月5日 アスティとくしま
12月11日 日本武道館
12月12日 日本武道館
12月18日 日本ガイシホール
12月19日 日本ガイシホール
12月23日 北海道立総合体育センター きたえーる
12月24日 北海道立総合体育センター きたえーる
12月30日 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
12月31日 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
2010年 - 2011年 コンサートツアー GLAY LIVE TOUR 2010-2011 ROCK AROUND THE WORLD 全37公演 6月17日 - 2月6日 2010年
6月17日 三郷市文化会館
6月21日 下関市民会館
6月23日 宮崎市民文化ホール
6月25日 長崎ブリックホール
7月1日 八戸市公会堂
7月3日 奥州市文化会館 Zホール
7月6日 よこすか芸術劇場
7月8日 高山市民文化会館
7月11日 四日市市文化会館
7月12日 和歌山県民文化会館
7月15日 アルファあなぶきホール
7月20日 釧路市民文化会館
7月21日 帯広市民文化ホール
7月23日 北斗市総合文化センター かなで〜る
7月27日 本多の森ホール
7月29日 アミューズメント佐渡
11月10日 大阪城ホール
11月11日 大阪城ホール
11月16日 日本武道館
11月17日 日本武道館
11月20日 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
11月23日 エコパアリーナ
11月27日 長野ビッグハット
12月4日 マリンメッセ福岡
12月5日 マリンメッセ福岡
12月11日 広島グリーンアリーナ
12月18日 セキスイハイムスーパーアリーナ
12月25日 北海道立総合体育センター きたえーる
12月26日 北海道立総合体育センター きたえーる

2011年
1月7日 日本ガイシホール
1月8日 日本ガイシホール
1月15日 横浜アリーナ
1月16日 横浜アリーナ
1月29日 大阪城ホール
1月30日 大阪城ホール
2月5日 さいたまスーパーアリーナ
2月6日 さいたまスーパーアリーナ
2010年 単発コンサート GLAY LIVE TOUR 2010-2011 ROCK AROUND THE WORLD BOYS ONLY NIGHT 全1公演 7月30日 新潟LOTS
2010年 単発コンサート GLAY LIVE TOUR 2010-2011 ROCK AROUND THE WORLD We are AX 全1公演 11月4日 SHIBUYA-AX
2011年 単発コンサート GLAY 新春特別興行 〜平成の世に生まれて〜第一夜 全1公演 1月20日 Zepp Tokyo
2011年 単発コンサート GLAY MOBILE presents 圏外ラヴァーズ 全1公演 1月24日 Zepp Osaka
2011年 単発コンサート GLAY LIVE in “AX” JAPAN × Thank you for your love 全1公演 6月27日 SHIBUYA-AX
2011年 単発コンサート ROCK AROUND THE WORLD FOREVER in TAIPEI 全2公演 7月5日・7月6日 7月5日 台北・Legacy Taipei 傳 音樂展演空間
7月6日 台北・Legacy Taipei 傳 音樂展演空間
2011年 単発コンサート
(氣志團との共同)
氣志團&GLAY Presents 極東ロックンロール・ハイスクール×Thank you for your love 全1公演 7月8日 Zepp Sendai
2011年 単発コンサート HAPPY SWING 15th Anniversary SPECIAL LIVE
〜We ♡ Happy Swing〜
全2公演 7月30日・7月31日 7月30日 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
7月31日 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
2011年 ライブイベント テレビ朝日ドリームフェスティバル2011 全1公演 9月25日 日本武道館
2011年 - 2012年 コンサートツアー GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2011-2012 RED MOON & SILVER SUN 全51公演 2011年10月6日 - 2012年4月22日 2011年
10月6日 川口リリアホール
10月7日 川口リリアホール
10月11日 宇都宮市文化会館
10月12日 結城市民文化センターアクロス
10月16日 ニトリ文化ホール
10月17日 ニトリ文化ホール
10月19日 旭川市民文化会館
10月22日 函館市民会館
10月23日 函館市民会館
10月27日 ベイシア文化ホール
10月29日 新潟県民会館
10月30日 新潟県民会館
11月3日 ホクト文化ホール
11月5日 福井フェニックス・プラザ
11月10日 府中の森芸術劇場
11月11日 府中の森芸術劇場
11月14日 神奈川県民ホール
11月15日 神奈川県民ホール
11月22日 仙台サンプラザ
11月23日 仙台サンプラザ
11月25日 山形県県民会館
12月1日 長良川国際会議場
12月3日 名古屋センチュリーホール
12月4日 名古屋センチュリーホール
12月7日 よこすか芸術劇場
12月8日 よこすか芸術劇場
12月13日 渋谷公会堂(C.C.Lemonホール)
12月14日 渋谷公会堂(C.C.Lemonホール)

2012年
2月10日 松戸・森のホール21
2月11日 松戸・森のホール21
2月15日 アクトシティ浜松
2月17日 京都会館 第一ホール
2月18日 京都会館 第一ホール
2月20日 びわ湖ホール
2月23日 三重県文化会館
3月1日 米子コンベンションセンター BiG SHiP
3月3日 神戸国際会館 こくさいホール
3月4日 神戸国際会館 こくさいホール
3月9日 広島市文化交流会館
3月10日 広島市文化交流会館
3月13日 高知県立県民文化ホール オレンジホール
3月15日 鳴門市文化会館
3月21日 大分iichikoグランシアタ
3月24日 福岡サンパレス
3月25日 福岡サンパレス
3月28日 人吉カルチャーパレス
4月1日 會津風雅堂
4月3日 盛岡市民文化ホール
4月19日 日本武道館
4月21日 日本武道館
4月22日 日本武道館
2012年 フリーライブ HOTEL GLAY presents MIRACLE OPENING PARTY 全1公演 6月16日 神戸ワールド記念ホール
2012年 単発コンサート GLAY LIVE 2012 THE SINGLE ROOM in Namba Hatch 全1公演 7月24日 大阪・なんばHatch
2012年 単発コンサート GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM
supported by Glico
全2公演 7月28日・7月29日 7月28日 長居スタジアム
7月29日 長居スタジアム
2012年 単発コンサート HOTEL GLAY presents GLAY CHRISTMAS SHOW 2012 Winter THE SWEET ROOM
in Zepp DiverCity
全1公演 12月10日 Zepp DiverCity
2012年 単発コンサート HOTEL GLAY presents GLAY CHRISTMAS SHOW 2012 Winter THE SWEET ROOM
in Rias Hall IWATE Ofunato
全1公演 12月17日 岩手・大船渡リアスホール
2012年 単発コンサート HOTEL GLAY presents GLAY CHRISTMAS SHOW 2012 Winter THE SWEET ROOM
in Iwaki Perfoming Arts Center“Alios”
全1公演 12月19日 福島・いわき芸術文化交流館アリオス
2013年 単発コンサート GLAY Special Live 2013〜卒業まで、あと少し〜
in Zepp DiverCity
全1公演 2月20日 Zepp DiverCity
2013年 コンサートツアー GLAY ARENA TOUR 2013 "JUSTICE & GUILTY" 全22公演 2月23日 - 5月6日 2月23日 大阪城ホール
2月24日 大阪城ホール
3月3日 石川県産業展示館 4号館
3月7日 横浜アリーナ
3月9日 横浜アリーナ
3月10日 横浜アリーナ
3月16日 グリーンドーム前橋
3月20日 広島グリーンアリーナ
3月23日 三重県営サンアリーナ
3月30日 セキスイハイム スーパーアリーナ
3月31日 セキスイハイム スーパーアリーナ
4月6日 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
4月7日 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
4月13日 大阪城ホール
4月14日 大阪城ホール
4月20日 日本ガイシホール
4月21日 日本ガイシホール
4月27日 マリンメッセ福岡
4月28日 マリンメッセ福岡
5月3日 さいたまスーパーアリーナ
5月5日 さいたまスーパーアリーナ
5月6日 さいたまスーパーアリーナ
2013年 単発コンサート GLAY Special Live 2013 Freshers Night
〜夢追いし者と、その背中を見つめる者達〜
in Zepp Fukuoka
全1公演 4月25日 Zepp Fukuoka
2013年 コンサートツアー GLAY ASIA TOUR 2013 "JUSTICE & GUILTY" 全2公演 5月25日・7月6日 5月25日 香港・アジア・ワールド・エキスポ・アリーナ
7月6日 台北・南港展覧館
2013年 コンサートツアー GLAY ASIA TOUR 2013 "JUSTICE & GUILTY" 全2公演 6月1日・6月15日 6月1日 ソウル・オリンピック・ジムナスティック・スタジアム
6月15日 バンコク・インパクト・アリーナ
2013年 単発コンサート GLAY Special Live 2013 GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.1 前夜祭 全1公演 7月22日 Zepp DiverCity
2013年 単発コンサート GLAY Special Live 2013 in HAKODATE
GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.1
全2公演 7月27日・7月28日 7月27日 北海道・函館緑の島 特設ステージ
7月28日 北海道・函館緑の島 特設ステージ
2013年 ライブイベント
(EXILEとの共同)
テレビ朝日ドリームフェスティバル2013 全1公演 9月19日 国立代々木競技場第一体育館
2013年 単発コンサート EX THEATER OPENING SERIES GLAY CHRISTMAS SHOW 2013 winter 〜ACOUSTIC MILLION DOLLAR NIGHT〜
in GIROPPON special "Road to GLAY EXPO 2014"
全1公演 12月2日 EX THEATER ROPPONGI
2013年 コンサートツアー GLAY MOBILE Presents 5th anniversary special GLAY CHRISTMAS SHOW 2013 winter
〜ACOUSTIC MILLION DOLLAR NIGHT〜
全4公演 12月4日 - 12月17日 12月4日 名古屋センチュリーホール
12月11日 大阪フェスティバルホール
12月16日 渋谷公会堂
12月17日 渋谷公会堂
2013年 単発コンサート GLAY CHRISTMAS SHOW 2013 winter 〜ACOUSTIC MILLION DOLLER NIGHT〜
in YUBARI special
全1公演 12月7日 北海道・アディーレ会館ゆうばり
2013年 単発コンサート FM802「BUGGY CRASH NIGHT」 15th anniversary special GLAY CHRISTMAS SHOW 2013 winter
〜ACOUSTIC MILLION DOLLER NIGHT〜
全1公演 12月10日 大阪フェスティバルホール
2013年 単発コンサート GLAY CHRISTMAS SHOW 2013 winter 〜ACOUSTIC MILLION DOLLAR NIGHT〜
in KUJI special "Road to GLAY EXPO 2014"
全1公演 12月20日 岩手・久慈市文化会館 アンバーホール
2013年 単発コンサート GLAY CHRISTMAS SHOW 2013 winter 〜ACOUSTIC MILLION DOLLAR NIGHT〜
in SENDAI special "Road to GLAY EXPO 2014"
全1公演 12月22日 仙台サンプラザホール
2014年 単発コンサート TOSHI祭り!BUZZ☆DRUM 〜30th Anniversary & Birthday〜 Produced by GLAY 全1公演 6月8日 渋谷公会堂
2014年 単発コンサート GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversary 全1公演 9月20日 宮城・ひとめぼれスタジアム宮城

タイアップ一覧[編集]

  • 収録作品はシングル・アルバム共に初出作品を挙げる。
発表年 曲名 タイアップ 収録作品 備考
1994年 RAIN TBS系アニメ『ヤマトタケル』前期エンディングテーマ
東宝配給映画『ヤマトタケル』主題歌
「RAIN」
SPEED POP
真夏の扉 TBS系アニメ『ヤマトタケル』前期オープニングテーマ 「真夏の扉」
『SPEED POP』
Freeze My Love テレビ朝日系『リングの魂』オープニングテーマ 「Freeze My Love」
『SPEED POP』
1995年 ずっと2人で… テレビ朝日系『チャンネル99』エンディングテーマ 「ずっと2人で…/GONE WITH THE WIND」
『SPEED POP』
GONE WITH THE WIND NHK-BS2アニメ『バイカーマイス』オープニングテーマ 「ずっと2人で…/GONE WITH THE WIND」
Yes, Summerdays MIKI「カメリアダイヤモンド」CMソング 「Yes, Summerdays」
BEAT out!
生きてく強さ テレビ朝日系『かざあなダウンタウン』オープニングテーマ 「生きてく強さ」
『BEAT out!』
1996年 グロリアス Victoria 企業CMソング 「グロリアス」
『BEAT out!』
Together ミズノスポーツ 企業CMソング 『BEAT out!』
BELOVED TBS系ドラマ『ひと夏のプロポーズ』主題歌
北海道新聞 企業CMソング
「BELOVED」
BELOVED
a Boy〜ずっと忘れない〜 NHKポップジャム』エンディングテーマ 「a Boy〜ずっと忘れない〜」
『BELOVED』
GROOVY TOUR 三菱自動車パジェロJr.」CMソング 『BELOVED』
1998年 口唇 フジテレビ系『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』エンディングテーマ 「口唇」
HOWEVER TBS系ドラマ『略奪愛・アブない女』主題歌 「HOWEVER」
誘惑 TDKミニディスクXAシリーズ」キャンペーンソング 「誘惑」
pure soul
SOUL LOVE カネボウ「ブロンズラブ '98夏」キャンペーンソング 「SOUL LOVE」
『pure soul』
YOU MAY DREAM 明治製菓「チョコレートクッキーホルン」CMソング 『pure soul』
pure soul TDK「ミニディスクXAシリーズ」キャンペーンソング 『pure soul』
BE WITH YOU フジテレビ系ドラマ『タブロイド』主題歌 「BE WITH YOU」
HEAVY GAUGE
1999年 Winter,again JR東日本「JR SKI SKI」CMソング 「Winter,again」
『HEAVY GAUGE』
サバイバル テレビ東京KAIKANフレーズ』オープニングテーマ 「サバイバル」
『HEAVY GAUGE』(アルバムバージョンとして収録)
ここではない、どこかへ フジテレビ系ドラマ『パーフェクトラブ!』主題歌 「ここではない、どこかへ」
『HEAVY GAUGE』(アルバムバージョンとして収録)
生きがい TDK「デジタルメディア」CMソング 『HEAVY GAUGE』
Will Be King 明治製菓「フラン」CMソング 『HEAVY GAUGE』
FATSOUNDS 明治製菓「ホルン」CMソング 『HEAVY GAUGE』
HAPPINESS[16] TBS系ドラマ『金曜日の恋人たちへ』主題歌 「HAPPINESS -WINTER MIX-」『HEAVY GAUGE』
2000年 とまどい TBS系『ウンナンのホントコ!』「未来日記」主題歌 「とまどい/SPECIAL THANKS」
SPECIAL THANKS 映画『未来日記』主題歌 「とまどい/SPECIAL THANKS」
2001年 GLOBAL COMMUNICATION KDDI「M-UP GLAY PHONE」CMソング 「GLOBAL COMMUNICATION」
ONE LOVE
STAY TUNED ニフティ「Broadband@nifty」CMソング 「STAY TUNED」
ONE LOVE
嫉妬 ライフ「GLAY LIFE MASTER CARD」CMソング 『ONE LOVE』
君が見つめた海 日本赤十字社20歳の献血キャンペーン」CMソング 『ONE LOVE』
Fighting Spirit サントリー「ダイエット(生)」CMソング 『ONE LOVE』
2002年 Way of Difference フジテレビ系『あいのり』主題歌 「Way of Difference」
UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY
またここであいましょう 日本航空「JAL NEW CHINA」CMソング 「またここであいましょう」
『UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY』
逢いたい気持ち テレビ朝日系ドラマ『サトラレ』主題歌 「BELOVED」
『UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY』
航海 ライフ「GLAY LIFE MASTER CARD "北京メモリアルタイプ"」CMソング 『UNITY ROOTS & FAMILY,AWAY』
2003年 幸せになる、その時に。 TBS系ドラマ『刑事☆イチロー』挿入歌 『rare collectives vol.1』
いつか TBS系ドラマ『刑事☆イチロー』主題歌 「いつか」
rare collectives vol.2
BEAUTIFUL DREAMER SUZUKI シボレー・クルーズ CMソング 「BEAUTIFUL DREAMER/STREET LIFE」
THE FRUSTRATED
STREET LIFE NTT DoCoMo 企業CMソング 「BEAUTIFUL DREAMER/STREET LIFE」
『THE FRUSTRATED』
2004年 時の雫 テレビ朝日ドラマ『スカイハイ2』主題歌 「時の雫」
『THE FRUSTRATED』
Billionaire Champagne Miles Away WOWOWヨーロッパサッカー イメージソング 「THE FRUSTRATED」
Runaway Runaway ライフ「Lifeカード」CMソング 「THE FRUSTRATED」
南東風 WOWOW 2004サマーキャンペーンソング 「THE FRUSTRATED」
天使のわけまえ SUZUKI シボレー・クルーズ CMソング 「天使のわけまえ/ピーク果てしなく ソウル限りなく」
ピーク果てしなく ソウル限りなく WOWOW 企業CMソング 「天使のわけまえ/ピーク果てしなく ソウル限りなく」
Blue Jean TBC 2004サマーキャンペーン CMソング 「Blue Jean」
-Ballad Best Singles- WHITE ROAD
2005年 (タイトル不明) ハウス 北海道クリームシチュー CMソング -
つづれ織り 〜so far and yet so close〜 JAPAN FM NETWORK「防災キャンペーン」テーマソング 『-Ballad Best Singles- WHITE ROAD』
SCREAM TBSテレビ50周年記念特別番組『DOORS』テーマソング 「SCREAM」(GLAY×EXILE)
LOVE IS BEAUTIFUL』(アルバムバージョンとして収録)
2006年 誰かの為に生きる TBS系『JスポーツスーパーサッカーPLUS』テーマソング 「G4」
rare collectives vol.3
夏音 TBS系『恋するハニカミ!』7 - 9月度テーマソング 「夏音/変な夢 〜THOUSAND DREAMS〜」
『LOVE IS BEAUTIFUL』
変な夢 〜THOUSAND DREAMS〜 Modern Amusement 企業CMソング 「夏音/変な夢 〜THOUSAND DREAMS〜」
『LOVE IS BEAUTIFUL』
2007年 鼓動 映画『大帝の剣』主題歌 「鼓動」
THE GREAT VACATION VOL.1
〜SUPER BEST OF GLAY〜
ASHES -1969- テレビ朝日『アドレな!ガレッジ』エンディングテーマ 「Ashes.EP」
『THE GREAT VACATION VOL.1
〜SUPER BEST OF GLAY〜』
2008年 STARLESS NIGHT 日本テレビ系『サッカー番組』イメージソング(月刊サッカーアースJリーグ中継、日本代表戦中継)
ECLIPSE 富士通テン"ECLIPSE"カーナビゲーション CMソング
STARLESS NIGHT/-VENUS/SORRY LOVE
(HIGHCOMMUNICATIONS 2007-2008 Live Ver.)」
rare collectives vol.4
VERB 日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』2009年6月度オープニングテーマ
music.jp』TVCMソング。
「VERB」
『THE GREAT VACATION VOL.1
〜SUPER BEST OF GLAY〜』
紅と黒のMATADORA 韓国映画『宿命』主題歌 「紅と黒のMATADORA/I LOVE YOUをさがしてる」
『THE GREAT VACATION VOL.1
〜SUPER BEST OF GLAY〜』
I LOVE YOUをさがしてる テレビ朝日ドラマ『打撃天使ルリ』主題歌 「紅と黒のMATADORA/I LOVE YOUをさがしてる」
『THE GREAT VACATION VOL.1
〜SUPER BEST OF GLAY〜』
2009年 春までは トヨタ・プリウス(アトム編)』 CMソング 「SAY YOUR DREAM」
『THE GREAT VACATION VOL.1
〜SUPER BEST OF GLAY〜』
I am xxx 映画『ラスト・ブラッド』主題歌 「I am xxx」
『THE GREAT VACATION VOL.1
〜SUPER BEST OF GLAY〜』
laotour 〜震える拳が掴むもの〜 日本テレビ系『ワールドプレミアムボクシング The REAL9』イメージソング 『THE GREAT VACATION VOL.1
〜SUPER BEST OF GLAY〜』
Synchronicity Xbox 360専用ソフト『マグナカルタ2』テーマソング 『THE GREAT VACATION VOL.1
〜SUPER BEST OF GLAY〜』
FAME IS DEAD MTV DAM WANNASING 11月度MONTHKY ARTIST CMソング THE GREAT VACATION VOL.2
〜SUPER BEST OF GLAY〜
LET ME BE 映画『イサム・カタヤマ=アルチザナル・ライフ』主題歌 『THE GREAT VACATION VOL.2
〜SUPER BEST OF GLAY〜』
2010年 Precious 日本テレビ系『スッキリ!!』2010年9月度エンディングテーマ 「Precious」
GLAY
汚れなきSEASON イオン ヒートファクト』CMソング 『GLAY』
Satellite of love 押井守監督の短編アニメーション映画『Je t'aime』挿入曲 『GLAY』 厳密にはタイアップではなく、アニメとの共同制作という形を取っている。[要出典]
2012年 Bible 『GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM supported by glico』テーマソング 「Bible」
GUILTY
2013年 運命論 日本テレビ系『スッキリ!!』2013年1月度テーマソング[17]
うたパス X au Exclusive Live企画テーマソング[18]
「運命論」
JUSTICE
真昼の月の静けさに 映画『草原の椅子』主題歌[19] 『JUSTICE』
DARK RIVER NHK総合ドラマ10激流〜私を憶えていますか?〜』主題歌[20] 「DARK RIVER/Eternally/時計」
時計 NHK総合ドラマ10『激流〜私を憶えていますか?〜』挿入歌[20] 「DARK RIVER/Eternally/時計」
Eternally 「GLAY Special Live 2013 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.1」テーマソング[20]
函館応援ソング[21]
メナード化粧品「イルネージュ」CMソング[22]
「Eternally」
虹のポケット 横浜ゴム「アイスガード ファイブ」CMソング[23] 「DIAMOND SKIN/虹のポケット/CRAZY DANCE」
CRAZY DANCE 函館野外ライブDVD&Blu-ray[24]公式応援ソング 「DIAMOND SKIN/虹のポケット/CRAZY DANCE」
DIAMOND SKIN CAPCOM音楽ゲーム『CROSS X BEATS』タイアップソング
テレビ朝日系『お願い!ランキング』2013年12月度エンディングテーマソング
「DIAMOND SKIN/虹のポケット/CRAZY DANCE」
2014年 BLEEZE 『GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversary』テーマソング 「BLEEZE」

出演[編集]

関連人物[編集]

THE PREDATORS
JIROとthe pillows山中さわおストレイテナーのナカヤマシンペイ(2010年に脱退、代わりに高橋宏貴が加入)の3人で、2004年にTHE PREDATORSを結成。なお、the pillowsとGLAYは2009年に対バンを行っている。
rally
HISASHI・TERU・ウエノコウジRadio Caroline)・MOTOKATSU MIYAGAMITHE MAD CAPSULE MARKETS)の4人で結成したバンド。BUCK-TICKのトリビュートアルバム『PARADE〜RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK〜』に参加し、BUCK-TICKの代表曲「悪の華」を演奏。
EXILE原田憲
GLAY×EXILEとして「SCREAM」でコラボレーション。GLAY×EXILEを参照。この縁で、EXILEの作曲・編曲を度々担当している原田が「」の編曲に参加。
ACE OF SPADES
HISASHI・TAKAHIRO(EXILE、GLAYの大ファンでもある)・MOTOKATSU MIYAGAMI(THE MAD CAPSULE MARKETS、上記rallyにも参加)・TOKIEunkey)の4人で結成した期間限定バンド。
氷室京介
2006年8月5日・6日に、氷室とのジョイントライブ『KYOSUKE HIMURO+GLAY 2006 at AJINOMOTO-STADIUM "SWING ADDICTION"』を開催。メンバーがBOØWYのファンということで、このライブの開催はメンバー、特にTERUの夢であった。
また、それに先立ち8月2日に、コラボレート・シングル「ANSWER」をリリース。「SUMMER GAME」と共に「SWING ADDICTION」で共演を果たした。
それ以降、『IN THE MOOD』『"B"ORDERLESS』に楽曲提供や演奏参加を行うなど、交流は深い。
2008年6月11日発売のアルバム『20th Anniversary ALL SINGLES COMPLETE BEST JUST MOVIN' ON 〜ALL THE-S-HIT〜』の収録曲「Keep The Faith」にHISASHIがギター参加をしている。
2008年9月21日、氷室のツアーの札幌公演に飛び入り参加。「ANSWER」「SUMMER GAME」で再度共演を果たす。
最近では、氷室が日本で公演を行う際、メンバーが足を運んだり食事したりするなど、交流を続けている。
なお、GLAYのサポートドラマーである永井利光は、氷室のサポートも行っている。
TOKI(exKill=slayd、現C4)
GLAYがインディーズ時代に対バンしたのを機に交友が深まり、オムニバスCD『an Optic』をボーカルのTOKIとTAKUROの企画でリリース。共にツアーも敢行した。TAKUROは今でも「尊敬する人は?」という質問で「TOKIさん」と答えている。
TOKIとTAKUROはユニットSTEALTHを結成、2009年5月28日に渋谷AXにてSTEALTHとして1stライブを行っている。1stアルバムの『アルストロメリア』には、GLAYメンバーではTAKUROに加えてHISASHIが、またGLAYのプロデュース・サポートを行っている佐久間正英、永井利光、永井誠一郎が参加している。
とまどい」「Blue Jean」のベスト・アルバム収録バージョンなどに冠されている、ミックス違いを表すJet the Phantomという語は、TOKIが使い出したフレーズである。GLAY EXPOで販売された俗称「本読みCD」という公演パンフレットに付属しているアテレコCDにおいて「本読み奉行」としても参加している。
なお、AKIRAはGLAY脱退後しばらくKill=slaydに在籍していた。
YUKI
同じ函館市出身ということもあって、GLAYとは親交がある。「週末のBaby Talk」と「南東風」のレコーディングにコーラスで参加。
LUNA SEA
1999年12月23日に東京ドームにて開催し、5万6千人を動員した『The Millennium Eve』にて共演。これは、酒の場にてSUGIZOの一言から決まったとされている。
SUGIZOは、「FRIEDCHICKEN & BEER」のレコーディングにギターで参加。また、「生きがい」はSUGIZOの生き様がモチーフとなっている。「HOWEVER」はロンドン滞在中の彼の部屋で作られたものである。
紫雨林五月天・DOME・ニコラス・ツェー・The d.e.p
GLAY EXPO 2001九州公演に出演。ラストの「I'm in Love」を共に演奏した。紫雨林は、「夢遊病」に参加。2001年に、台湾で行われた五月天のライブには、TERUとJIROが飛び入り参加して再度「I'm in Love」を演奏した。五月天の「候鳥」にTAKUROとTERUが参加している。
dj honda
ALL STANDARD IS YOU 〜END ROLL〜」のアレンジに参加。dj hondaのアルバム『REASON』収録曲「MONSTERZ」にTAKUROおよびHISASHIが参加。
くず
YUKIと共に「南東風」のレコーディングにコーラスで参加。くずのアルバム『くずアルバム』収録曲「恋なんて」にTAKUROがギター、TERUが囁きで参加。
NARGO・北原雅彦・GAMO・茂木欣一東京スカパラダイスオーケストラ
BLAST」、「ピーク果てしなく ソウル限りなく」に参加。『CONCERT TOUR 2004 X-RATED』の東京ベイNKホール公演にてゲスト出演している。
松下敦
REAL SHADOW」「シキナ (DEMO)」」のレコーディングにてドラムを担当。
ピエール中野
JUSTICE [from] GUILTY」「運命論」「傷だらけの太陽」のレコーディングにてドラムを担当。
JUJU
2011年に「BELOVED」をカバーしたことがきっかけで、ミニアルバム『Hope and The Silver Sunrise』の収録曲「Time for Christmas」にボーカルとして参加。
氣志團
TAKUROは、氣志團のデビュー直後から綾小路翔と親しくしている。公私ともに交流があり、氣志團が2003年8月に開催したイベント「氣志團万博」のオープニングアクトをGLAYが務め、また、2004年3月にGLAYが行った『愚麗威現象〜木更津TINY COMMUNICATION〜』のオープニングアクトを氣志團が務め、両バンドで「I'm in Love」を演奏するなどしている。2011年には東日本大震災を受け、Zepp Sendaiにて再度対バン。
hideX JAPAN
GLAYはYOSHIKIがデビューさせたが、実はGLAYを先に見つけたのはhideであるという話である。そんなこともあってか本人達はhideを尊敬しており、GLAY EXPOでは毎回hideの曲である「MISERY」をカバーしている(hideのトリビュートアルバム『hide TRIBUTE SPIRITS』でも同曲をカバーしている)、DVD『LOVES & THANKS』ではhideについて語り合うなど、いかに尊敬しているか見受けることができる。また、GLAYのサポートメンバーとしてキーボードを担当していたD.I.E.は、hide with Spread Beaverのメンバーであった。
宇多田ヒカル
TAKUROが彼女のシングル曲「タイム・リミット」の作曲に参加。
また、HISASHIは「Letters」でCharと共にギターで参加。
MISIA
TAKUROが彼女の楽曲「冬のエトランジェ」を作詞・作曲(セルフカバーのライブ音源が41stシングル「I am xxx」に収録されている)。同曲においてTERUがコーラスで参加。アルバム『SINGER FOR SINGER』に収録。
また、『white band FES.』においても同曲で共演している(TERUのみが出演)。
中島美嘉
TAKUROが彼女のシングル曲「一色」を作曲、及び同シングル収録の「EYES FOR THE MOON」を作詞・作曲。「一色」はファンクラブ限定ライブ「HAPPY SWING 15th Anniversary SPECIAL LIVE 〜We Love Happy Swing〜 in MAKUHARI」にてファンによる投票の結果、セルフカバーが行われた。
B'z
デビュー前からメンバー全員がシングルを集めていたと言うほどのファンだったという。TAKUROは、1999年5月にNHK BSで放映された松本ソロ・プロジェクト特番で対談。2002年には、松本のソロ・アルバム『』で「ENGAGED」を共同制作した。プライベートでは、アメリカ合衆国ギブソン社の工場見学旅行したり、大晦日には松本の自宅へ駆けつけることもある。
それぞれのファンクラブ会報誌で互いの話題が掲載されていることがあるなど、交流も深い。
また、2011年9月23〜25日に行われたテレビ朝日ドリームフェスティバル2011では、B'zと同じく25日に出演。松本はGLAYの演奏を直接会場で観たという。
L'Arc〜en〜Ciel
GLAYと同じ1994年にメジャーデビューし、1990年代後半の音楽シーンを牽引した。
2004年に、TAKUROとtetsuya(当時tetsu)が「ラジアンリミテッドDX」内でリーダー対談を3日間に渡り実施。
2007年12月26日に行われた「JACK IN THE BOX 2007」にてTERUとTAKURO、hydeがセッション。「誘惑」と「HONEY」を披露した。
坂本龍一
地雷撤去キャンペーンの一環として、2001年に結成したN.M.L.(NO MORE LANDMINE)に、TERUとTAKUROが参加(シングル「ZERO LANDMINE」をリリース)。また、坂本が提唱している「Artist's Power」にTAKUROが賛同しており、坂本が催した講演にTAKUROが同席したり、『GLAY EXPO』に「Artist's Power」のブースを出展したりしている。
桑田佳祐
デビュー当時から敬愛していたと言い、「ラジアンリミテッド」の企画で『桑田佳祐 meets GLAY スーパーFM』という番組が放送された。桑田主催によるイベント『THE 夢人島 Fes. 2006』にゲスト出演した。また、2005年に行ったサザンオールスターズの東京ドーム公演のMCで、『来年はGLAYに入るぞー!』と冗談を飛ばした。
松山千春
同郷ということから親交がある。日本テレビの音楽番組『FUN』にGLAYがゲスト出演した際に[25]、スペシャルゲストとして松山千春も出演し、メンバーとの交流歴やGLAYの楽曲について語ったこともある。取り分けTAKUROと親交が深いようである。また、2007年7月1日に行われた「CUE MUSIC JAM-BOREE IN YUBARI」に出演した際に、GLAYが松山の「長い夜」をカバーした。
やまだひさし
同郷であることから親交がある。度々『やまだひさしのラジアンリミテッドDX』に登場しており、一時はTAKUROが同番組内にコーナー「GLAY RADIO COMMUNICATION DX」を持ったこともある。その他『胸懐』に解説を寄せる、『GLAY EXPO』にブースを出展するなど。
山本シュウ
GLAYと親交の深いラジオパーソナリティの1人。「I'm in Love」のレコーディングに参加したり、また山本の呼びかけに応じてTERU・TAKUROがRed Ribbon Liveに参加するなどしている。
落合健太郎
GLAYと親交の深いラジオパーソナリティの1人。「STAY TUNED」の冒頭・末尾のラップは彼をイメージして作られたこともあり、GLAYのライブで「STAY TUNED」が演奏される際に度々登場している。
荘口彰久
GLAYと親交の深いラジオパーソナリティの1人。初回から2012年に至るまで、「GLAY DIRECT TALK」の司会を務めている。
南流石
南東風」などの楽曲に振り付けを行っている。『We ♡ HAPPY SWING』や『GLAY STADIUM LIVE 2012 THE SUITE ROOM in OSAKA NAGAI STADIUM Supported by glico』においては流石組のメンバーを引き連れて「南東風」などの楽曲のダンスを披露した。
キムスネイク
Bible」のジャケットや、ライブにおいてスクリーンに表示されるメンバーの絵を度々描画している。
バーで嵐のメンバーである松本潤に偶然出会い、流れでカラオケ大会になり、2011年7月の幕張でのライブで嵐の楽曲をカヴァーすることをTERUが自身のfacebookで告白し、実際に「Love so sweet」をライブにて披露した。なお、カラオケ大会のとき松本から「まったく覚えてないじゃないですか」と注意を受けていたことも告白している[26]
ゴールデンボンバー
ゴールデンボンバーのメンバー全員がGLAYファンと公言しており、GLAYも武道館ライブにメンバーを招待している。
武井壮
シングル「JUSTICE [from] GUILTY」、「運命論」のCMに、「GLAYの倒し方!?」と言うタイトルで出演[27][28]。2012年12月10日にZepp DiverCityで開催された『HOTEL GLAY presents GLAY CHRISTMAS SHOW 2012 Winter THE SWEET ROOM in Zepp DiverCity』の開始前にも登場し、「GLAYの楽しみ方!」を披露[29]。また、GLAYがゲスト出演した日本テレビ系『Music Lovers』にも、ゲストラバーズとして出演し、共演を果たした[30]

関連項目[編集]

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c キューブミュージック
  2. ^ GLAY - goo 音楽”. goo. 2009年8月24日閲覧。
  3. ^ 2013年3月29日放送の『ミュージックステーション』(オリコン調べより)。
  4. ^ GLAY 14年振りのシングル2タイトル同時リリースに関して(GLAY REPORT 2012.09.14) - GLAY公式サイト
  5. ^ 旧メンバーであるAKIRAの著書『Beat of GLAY』(1999年2月20日)にAKIRAが加入する前のドラムスについても書かれている。
    日本テレビ『アリゾナの魔法』2005年1月28日 23:25〜23:55放送ででてきたGLAYの過去のライブポスターのメンバー一覧にも書かれていた
  6. ^ GLAYは、2006年8月27日に出演
  7. ^ a b Vol.27 JIRO WEBインタビュー”. GLAY公式サイト. 2013年7月1日閲覧。
  8. ^ 『別冊カドカワ 総力特集GLAY』「シーンの王道を往く GLAYサウンドの秘密」(P144〜147)より
  9. ^ GLAY「THE GREAT VACATION VOL.2〜SUPER BEST OF GLAY〜」特集”. goo. 2010年1月6日閲覧。 - 「RainbirD」の欄参照
  10. ^ この時期から、元JUDY AND MARYYUKI(函館出身)とJIROは知り合い。高校時代から顔見知りであったことを火曜2部深夜3時のYUKIのオールナイトニッポンでYUKIが述べた。また、TAKUROの著書『胸懐』ではTAKUROらも当時から別にバンドをやっていたYUKIとは顔見知りで、彼女の通っている高校でGLAYが人気である事を聞き、夜中にライブのポスターを貼りに行ったが実は貼った次の日からは夏休みだったというエピソードが語られている。
  11. ^ a b 田家秀樹 『夢の絆—GLAY document story 2001-2002』 角川書店、2002年ISBN 4048835467
  12. ^ このコラボレーションに際しては、メンバーは「GLAYを続けていたことに対するごほうび」との旨発言している。
  13. ^ 当日は、B'z、ポルノグラフィティONE OK ROCKなどが出演した。
  14. ^ 『GLAY MOBILE Presents 5th anniversary special GLAY CHRISTMAS SHOW 2013 winter 〜ACOUSTIC MILLION DOLLAR NIGHT〜』(2013年12月4日〜同12月17日、全4公演)
  15. ^ FM802「BUGGY CRASH NIGHT」 15th anniversary special GLAY CHRISTMAS SHOW 2013 winter 〜ACOUSTIC MILLION DOLLAR NIGHT〜』(2013年12月10日公演)
  16. ^ タイアップ起用及びシングルカットは翌年。
  17. ^ GLAY NEWS & INFO 2012.12.28 - 最後の方で、タイアップが決定したことが発表されている。
  18. ^ <CD+DVD>JUSTICE”. G-DIRECT. 2013年5月19日閲覧。 - アルバム解説の欄に、タイアップ決定の説明が掲載
  19. ^ 主題歌がGLAYに決定!!!!(2012/11/27) - 映画『草原の椅子』公式サイトより
  20. ^ a b c GLAY NEWS & INFO(2013.05.06)”. GLAY公式サイト. 2013年5月8日閲覧。
  21. ^ GLAY NEWS & INFO(2013.07.03)”. GLAY公式サイト. 2013年7月8日閲覧。
  22. ^ GLAY NEWS & INFO(2013.07.22)”. GLAY公式サイト. 2013年7月25日閲覧。
  23. ^ GLAY NEWS & INFO(2013.08.06)”. GLAY公式サイト. 2013年8月6日閲覧。
  24. ^ 『「GLAY Special Live 2013 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.1」』(2013年11月27日発売)
  25. ^ 1999年10月15日放送の日本テレビ、音楽番組『FUN』にて。
  26. ^ 2013年5月31日放送の『ミュージックステーション』より。
  27. ^ 武井壮「GLAYの倒し方!?」CM ver. - YouTube
  28. ^ 武井壮「GLAYの倒し方!?」フル ver. - YouTube
  29. ^ GLAY NEWS & INFO 2012.12.07
  30. ^ 2013年1月20日放送

外部リンク[編集]