STYLE (LUNA SEAのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
STYLE
LUNA SEAスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
プロデュース LUNA SEA
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年度年間30位(オリコン)
LUNA SEA 年表
MOTHER
1994年
STYLE
(1996年)
SINGLES
1997年
『STYLE』収録のシングル
  1. DESIRE
    リリース: 1995年11月13日
  2. END OF SORROW
    リリース: 1996年3月25日
  3. IN SILENCE
    リリース: 1996年7月15日
テンプレートを表示

STYLE(スタイル)は、日本ロックバンドLUNA SEAの5枚目のオリジナルアルバムである。初回限定盤は、透明帯・ピクチャーレーベル・特殊ジュエルケース仕様(5種類)。

2007年12月5日に、最新リマスタリング音源、「DESIRE」「END OF SORROW」「IN SILENCE」のPVが収録されたDVDとの2枚組で、ユニバーサルミュージックより再発された。

概要[編集]

  • アルバム名となった「STYLE」はJが考案したもの。「俺達はよく『曲がバラバラだね』と言われるけど、何でバラバラだといけないのか。だから皮肉にも『バラバラなのが俺達のスタイルです』と言えたらと思った」とのこと[1]。また「STYLE」という言葉には「日時計の針」という意味もあるらしく、「周囲(太陽、影)がクルクル変わっても、俺達(針)は変わらない」というダブルミーニングでもあるとメンバーは明かしている[1]
  • 初回版のケースについているシールは5種類あり、一つ一つがメンバーの誰かを表している。

収録曲[編集]

作詞作曲編曲:LUNA SEA

  1. WITH LOVE
    SUGIZO原曲。50s60sオールディーズぽさをLUNA SEA風に提示した作品。冒頭のレコードに針を落とす音もその事に関係している[1]
  2. G.
    J原曲。1999年にはル・マン24時間レースのテーマ曲として採用された。
    SUGIZOはこの曲をオープニング曲にしたかったが、他のメンバーの同意を得られなかった[2]
  3. HURT
    J原曲。
  4. RA-SE-N
    J原曲。5/4拍子のAメロとサビ、さらに4/4拍子の大サビが存在するという曲構成。RYUICHIはこの曲を演奏するときには、自分の世界に入り込んで歌うとのこと[1]
  5. LUV U
    INORAN原曲。6thシングル「DESIRE」のカップリング曲でもある。シングル版とはミックスイントロの出だし、アレンジ、曲の終わり方などが異なる。
  6. FOREVER & EVER
    J原曲。歌詞も全てJによって書かれたものである。10分を超えるバラードナンバーで、LUNA SEAのスタジオ音源の中では2番目に長い曲である(最長は2012年発売の「THE ONE -crash to create-」)。それ故にメンバーがレコーディングで非常に苦労した曲である[1]。曲の途中でJの英詞の語りがある。
  7. 1999
    SUGIZO原曲。ギターや尺八サンプリングを入れるなどの様々なアプローチがなされた曲。ギターもレギュラーチューニングではない。SUGIZO曰く、「初めから遊びながら取り掛かった曲。タイトルもふざけた。」最後で女性ナレーションが呟く「I need you」は、シングル版「END OF SORROW」の冒頭にもあったものであり、そして次に同曲を間髪なく持ってくる事によって、シングルがこのアルバムの断片だったということを示唆させている[1]
  8. END OF SORROW
    SUGIZO原曲。7thシングル。シングル版とは少しミックスが異なっている。
  9. DESIRE
    SUGIZO原曲。6thシングル。
  10. IN SILENCE
    SUGIZO原曲。後にテレビ朝日系ドラマシカゴ・ホープ」イメージソングに採用され、8thシングルとしてリカットされた(LUNA SEA初のタイアップ曲となった)。
  11. SELVES
    INORAN原曲。ギターをトイレの中で録音したり、曲の最後ではアコースティック・ギターを8本重ね合わせて録るなどの試みがなされている。当時SUGIZOがインタビューで「俺の一番やりたいことができた」と語っている[1]。英詞のつぶやきはINORANによるもの。

参考文献[編集]