インディゴ地平線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
インディゴ地平線
スピッツスタジオ・アルバム
リリース
録音 1995年11月〜1996年9月
ジャンル ポップ
ロック
時間
レーベル ポリドール
プロデュース 笹路正徳スピッツ
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年度年間20位(オリコン)
  • 1997年度年間76位(オリコン)
  • 登場回数29回(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • スピッツ 年表
    ハチミツ
    1995年
    インディゴ地平線
    (1996年)
    フェイクファー
    1998年
    『インディゴ地平線』収録のシングル
    1. チェリー
      リリース: 1996年4月10日

    2. リリース: 1996年9月9日
    ミュージックビデオ
    スピッツ / インディゴ地平線
    テンプレートを表示

    インディゴ地平線』(インディゴちへいせん)は、日本ロックバンドスピッツの通算7作目のオリジナルアルバム1996年10月23日ポリドールより発売。初回盤のみボックスケース・オレンジトレイ、ピクチャーレーベル仕様。

    概要[編集]

    • これまでファンタジックな内容の楽曲が多かったのに対し、前年のブレイクによる影響から本作ではリアリスティックな視点からの楽曲が多くなった。草野曰く「裸足で地面に立ち、真っ直ぐ地平線を見つめるイメージ」。
    • この頃はバンドとして相当忙しく、歌入れの当日に歌詞が出来ていなかったり、レコーディングも徹夜で行なわれることが多かった。その反作用から、音としては「余裕を見せる」楽曲作りを心掛けたと草野は語っていた。しかし、三輪はこの頃急にギターが弾けなくなり(原因は不明、後に回復)、スケジュールにも遅れが生じていた。最初に決定された発売日(10月23日)が延期されることはなかったが、ミックスダウンにも時間がかかり、アルバム制作は9月初旬まで行なわれることとなった。こういった経緯から、メンバーは「一番思い出深いアルバム」と語っている。
    • 本作では、久々の三輪テツヤ作品に加え、初めてベース田村明浩の作品が収録された。
    • カバーモデルは、本作の約二週間前に発売されたライヴビデオ『JAMBOREE 1』のジャケットも飾った小倉智栄で、アルバムの表題曲のPVにも登場。また、本作の発売と同時に開始した全国ツアー「JAMBREE TOUR '96-'97」のステージセットに描かれるモデルにも起用された。
    • プロデューサー笹路正徳との最後のアルバム。エンジニアは『Crispy!』の森山恭行が再び起用された(「チェリー」のみ坂本充弘)。
    • 現在オリジナル盤は廃盤となり、LAのエンジニア、スティーヴン・マーカッセンによりリマスタリングを施して、2002年10月16日に再発。rockin'on井上貴子によるライナーノーツが封入されている。
    • 裏ジャケットは、メンバーの目線が異なっている2タイプの仕様がある。

    収録曲[編集]

    1. 花泥棒 (1:50)
      作詞:草野正宗 / 作曲:三輪徹也 / 編曲:笹路正徳スピッツ
      • パンクナンバー。草野は「俺には絶対作れない曲」と絶賛した。本当は30秒程度の曲にしたかったらしい。当初は「花泥棒〜」と言う箇所を「アパガード〜」と歌っていたため、仮タイトルは「アパガード」だった。三輪がボーカルをとった音源も存在する。
    2. 初恋クレイジー (4:09)
      作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
    3. インディゴ地平線 (4:20)
      作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
      • アルバムのタイトルチューン。タイトルは草野の造語で、あとからアルバムのタイトルに選ばれた。PVも作られている。
    4. (4:47)
      作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
      • 14thシングル。シングルバージョンではカットされていたイントロが入っている。アルバムのタイトル候補でもあった。仮タイトルは「七夕」。
    5. ハヤテ (3:15)
      作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
      仮タイトルは「ロイホ」。
    6. ナナへの気持ち (3:42)
      作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
      • 間奏で聴こえる女の子の声は、元エフエム福岡DJ半田嘉子(2013年現在、田村の妻)のもので、草野と語り合っている音声のピッチを上げたものだという。初め女の子の名前は「チカ」だったが響きの問題から「ナナ」になった。曲中で描かれている女の子は日焼けしていて髪を染め、大きなピアスをしているという少女像。草野曰く「コギャル賛歌」。
    7. 虹を越えて (4:13)
      作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
      仮タイトルは「山田倉庫」。
    8. バニーガール (3:49)
      作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
      • シングル「チェリー」のカップリング曲。本作では森山恭行によってリミックスされている。オリジナルバージョンのエンジニアは「チェリー」同様坂本充弘。
    9. ほうき星 (4:11)
      作詞:草野正宗 / 作曲:田村明浩 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
      • 作曲は田村明浩。サビの歌詞がを踏んでいる。レコーディングにかなり時間がかかったという。
    10. マフラーマン (3:37)
      作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
      • 「マフラーマン」とは、草野曰く「正義も悪も超越したヒーロー」。フルートが使われている。仮タイトルは「ビーボ、VIBOギター」。
    11. 夕陽が笑う、君も笑う (3:27)
      作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
      • 仮タイトルは「ミネソタ野郎」。元々はアルバムの最後の曲として作られた。
    12. チェリー (4:19)
      作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
      • 13thシングル。仮タイトル「びわ」。

    アナログ盤[編集]

    • Spitz Analog Disc Collection Vol.1として、アナログ盤が1997年1月1日にリリースされた。
    • オレンジ・クリア・ビニール仕様。
    • 和田ラヂヲによるオリジナルコミックを収録。
    • 曲順、構成は以下の通り。
    Side ONE
    1. 花泥棒
    2. 初恋クレイジー
    3. インディゴ地平線
    4. ハヤテ
    5. ナナへの気持ち
    Side TWO
    1. 虹を越えて
    2. バニーガール
    3. ほうき星
    4. マフラーマン
    5. 夕陽が笑う、君も笑う
    6. チェリー

    関連項目[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]