空も飛べるはず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
空も飛べるはず
スピッツシングル
初出アルバム『空の飛び方
B面 ベビーフェイス
リリース
規格 CDシングル
録音 1994年1月 - 2月
ジャンル ポップ、ロック
時間
レーベル ポリドール
作詞・作曲 草野正宗
プロデュース 土方隆行&スピッツ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年2月度月間2位(オリコン)
  • 1996年3月度月間9位(オリコン)
  • 1996年4月度月間16位(オリコン)
  • 1996年度年間6位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング88位
  • 登場回数20回(オリコン)
  • スピッツ シングル 年表
    君が思い出になる前に
    1993年
    空も飛べるはず
    1994年
    青い車
    (1994年)
    ミュージックビデオ
    「空も飛べるはず」 - YouTube
    収録アルバム空の飛び方
    スパイダー
    (2)
    空も飛べるはず
    (3)
    迷子の兵隊
    (4)
    テンプレートを表示

    空も飛べるはず」(そらもとべるはず)は、日本ロックバンドスピッツの楽曲で、通算8作目のシングル。1994年4月25日にポリドールより発売。

    概要[編集]

    ドラマ主題歌(後述の『白線流し』とは別)の依頼を受け、草野がシナリオを読んで2-3日で書き下ろした曲[1]。結果的に主題歌候補からは外れたものの、シングルとして発売された[1]

    レコーディング当時は、前年にアルバム『Crispy!』を担当した笹路正徳プロデューサーとのスケジュールが合わず、代わりに土方隆行がプロデュースを務め、同時期に次のシングルとなる「青い車」もレコーディングされた。5thアルバム『空の飛び方』のレコーディングから笹路が復帰し、彼の監修の下アルバムバージョンを制作。ボーカルテイクを再録した上でリミックスされた。

    ジャケットデザインはCentral67の木村豊が手掛け、今作以後現在に至るまでスピッツ関連作品のすべてに関わっている。プロモーションビデオ竹内鉄郎の制作。撮影場所は茨城県霞ヶ浦の廃病院であり、現存はしていない。老紳士役を演じているのは丸山詠二

    1994年の発売当初はオリコン最高28位だったが、1996年1月からフジテレビテレビドラマ『白線流し』の主題歌として起用されたことで同一品番で準新譜扱いで新たにプレスされる。その影響からチャートを上昇し、スピッツのシングル初のオリコン1位を獲得、ミリオンセラーとなる[1](なお、ドラマで使用されたのはアルバムバージョン)。ドラマのイメージから卒業ソングとして歌われることも多い。1996年3月に第8回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主題歌賞を受賞[2]

    収録曲[編集]

    全曲 作詞、作曲/草野正宗 編曲/土方隆行&スピッツ

    1. 空も飛べるはず
      収録アルバム:『空の飛び方』(Album Versionとして収録)、『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』、『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection
      調ハ長調[3]
    2. ベビーフェイス
      収録アルバム:『空の飛び方』(Album Versionとして収録)

    デモバージョン「めざめ」[編集]

    1993年12月24日に一日でレコーディングされた[4]若干、アレンジや歌詞が異なるデモバージョンが存在する。当初のタイトルは「めざめ」であり、そのままのタイトルで『CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection』(2006年)の初回盤に付属されているボーナスディスクに初収録された。

    カバー[編集]

    音源化されているもの
    ライブその他

    大張偉による盗作疑惑[編集]

    中国の歌手・大張偉が歌った2009年発売の楽曲『偏偏愛上洋葱』(和訳:どうしても玉葱しか愛せない、作詞・作曲:Russo, Gioavanni・Della Vecchia, Domenico・Jeanne, Laurent)のメロディが『空も飛べるはず』に酷似していることがインターネットなどで話題となり、報道された[8]。大張偉は「(パクリと疑う人は)音楽の素質が解っていない」とコメントしていた[9]が、事務所関係者は「権利は日本からもらった」と主張しているため盗作疑惑が益々強くなった。「なぜ作曲者欄の名前が本来の草野さんではないのか」という記者の質問には「印刷のミスだ」と答えたという。また、大張偉は2006年ごろから邦楽を含む盗作騒動が相次いでいる。

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    関連項目[編集]