キセキ (GReeeeNの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キセキ
GReeeeNシングル
初出アルバム『あっ、ども。おひさしぶりです。
B面 ルーキーズ
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル NAYUTAWAVE RECORDS
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(CD日本レコード協会
  • 4ミリオン(シングルトラック、同上)
  • 3ミリオン(着うた、同上)
  • 2ミリオン(着うたフル、同上)
  • トリプル・プラチナ(PC配信、同上)
  • 2008年度JASRAC賞銅賞
  • 2009年度JASRAC賞金賞
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続・オリコン
  • 週間1位(ビルボードジャパン ホット100・ホットシングルセールス)
  • 2008年6月度月間1位(オリコン)
  • 2008年度上半期9位(オリコン)
  • 2008年度年間4位(オリコン)
  • 2009年度年間91位(オリコン)
  • 登場回数81回(オリコン)
GReeeeN シングル 年表
旅立ち
(2008年)
キセキ
(2008年)
足跡
BAReeeeeeeeeeN名義
(2008年)
ミュージックビデオ
「キセキ」 - YouTube
テンプレートを表示

キセキ」は、GReeeeNの通算7枚目のシングルである。2008年5月28日発売。

概要[編集]

ROOKIES[編集]

タイトル曲の「キセキ」は、高校野球を題材としたTBS系テレビドラマ『ROOKIES』の主題歌である[1]。また、『ROOKIES』の出演者たちが2008年6月5日放送の『うたばん』に出演した際、登場のシーンでこの曲を歌った[2]。また、2008年にTBS系列限定で放送されたトヨタ自動車「ist」と映画 「ROOKIES〜卒業〜」とのコラボCMのCMソングに起用された。

野球関連[編集]

第81回選抜高等学校野球大会開会式入場行進曲に採用された。また、オリックス・バファローズ内野手の中島裕之読売ジャイアンツ内野手の坂本勇人が自軍主催試合での登場曲として使用している。

DVD[編集]

DVDが付属しない通常盤と自身初となるDVD付属の初回限定盤が存在する[3]。初回盤のDVDには、テレビでは放送されない『キセキ』のPVとは全く異なる編集によるテレビ未公開版PV『「キセキ」〜夜空のキセキ〜』が収録されている[4]

音楽配信[編集]

着うたは『ROOKIES』の放送開始に合わせ2008年4月19日から先行配信され、同年5月18日までの1か月で100万ダウンロードを突破した[5]着うたフルは2008年6月4日から配信され、初日に1日当たりの件数としては史上初の10万超えとなる18万ダウンロードを記録した[6]。また、配信開始から29日で100万ダウンロードを突破し、着うたフル史上最速のミリオン達成を記録した[7]。その後も配信件数を伸ばし、2009年5月28日には、ギネスで「日本で最も売れたダウンロード・シングル」と認定された青山テルマ feat. SoulJaの「そばにいるね」の200万件(2008年9月)を上回る230万件を突破、記録更新としてギネスに申請を行い[8]、同年7月2日に着うたフルで230万1674件、着うた総計で590万超として記録認定された[9]

フル配信(着うたフル、インターネット及びスマホ日本レコード協会発表)では400万DLを達成[10]しており、これは2015年現在、国内で歴代最多の記録である。

チャート[編集]

2008年6月9日付のオリコンシングルチャートでグループにとってシングル、アルバム通じてデビュー以来初の首位を獲得。初動は自己最高記録を大幅更新し、「人」から「旅立ち」までの累積売上を初動のみで更新した[11]。また、2008年のオリコン年間シングルチャートでは4位となっている。

2008年と2009年の2年連続で、オリコン年間カラオケランキングで1位となった。(オリコン史上初の記録、第一興商の年間カラオケランキングでは、SMAP世界に一つだけの花以来の記録。)また、2009年12月28日付のオリコン週間カラオケランキングでも1位で、5か月以上連続1位を継続した。

プロモーションビデオ[編集]

プロモーションビデオには桜木せいら田辺修斗、五十畑哉耶、蒼井涼香が出演している。

発車メロディ[編集]

GReeeeNが郡山にゆかりのあることから、2015年4月1日から郡山駅の新幹線ホームにて発車メロディに採用された。

映画化[編集]

本楽曲が誕生するまでの物語を2017年に映画化(後述)。

収録曲[編集]

  1. キセキ (4:31)
  • 作詞・作曲- GReeeeN

2. ルーキーズ (3:50)

  • 作詞・作曲・編曲 - GReeeeN

書斎[編集]

  • 盤種 - マキシシングル
  • 規格品番 - 初回限定盤 UPCH-89026、通常盤 UPCH-80081
  • JANコード - 初回限定盤 4988005518972、通常盤 4988005518989
  • 価格(税込) - 初回限定盤 1300円、通常盤 1000円

カバー[編集]

  • アンドリューW.K. - 「KISEKI」というタイトルで英語でカバーしている。
  • C.J.ルイス(C.J. Lewis) - 英国レゲエ歌手。「Ki・se・ki」というタイトルでレゲエカバーしている。
  • Naomileと内藤匠によるユニット「Little Whisper」 - 同名タイトルでテクノ系のカバー(『SWEETS HOUSE 〜for J-POP HIT COVERS CANDY〜』収録)。
  • 美吉田月 - 同名タイトルでカバーしている(『Ska Flavor#2』収録)。
  • 蘭華 - 同名タイトルでカバー。アルバム『SWEETS! MACARON POP featuring Ranka』(2009年11月17日発売。After Time NQCL-1012。編曲:綾部健三郎。)に収録。
  • SISTER KAYA - 同名タイトルでカバー(『Heartful Lovers』収録)。
  • 阿部恭子 - 同名タイトルでカバー(『やさしいうた』収録)。
  • 松崎しげる - 同名タイトルでカバー(『Yes We Can!!』収録)。
  • 加藤登紀子 - FUNKISTとコラボレーション、同名タイトルでカバー(『登紀子 男情歌〜SOUL SONGS〜』収録)。
  • ミゲル・ゲレイロ - 同名タイトルでカバー(『しあわせソングス-初めましてミゲルです☆-』収録)。
  • Tiara - DEPAPEPEとコラボレーション、同名タイトルでカバー(『Sweet Flavor 〜cover song collection〜』収録)。
  • ヒュー・ジャックマン - トヨタ自動車「クラウン」のCM内で、英語版を歌っている(2014年)。
  • whiteeeen - 「キセキ〜未来へ〜」のタイトルでカバー。映画『青空エール』主題歌[12]
  • グリーンボーイズ - 映画『キセキ -あの日のソビト-』でGReeeeNのメンバーを演じた4人によるユニットで、同名タイトルでカバー[13]

映画[編集]

キセキ -あの日のソビト-』(キセキ あのひのソビト)のタイトルで、2017年1月28日に公開された。松坂桃李菅田将暉のダブル主演[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GReeeeN - Nayutawave Records :: キセキユニバーサルミュージック。2008年6月11日閲覧。
  2. ^ TV LIFE 『ROOKIES』出演者が『うたばん』で口パク熱唱! 学研TV LIFEウェブ。2008年6月11日閲覧。
  3. ^ GReeeeN - Nayutawave Records :: ディスコグラフィー」 ユニバーサルミュージック。2008年6月11日閲覧。
  4. ^ 5月4日は、GReeeeNの日!?」 オリコン、2008年5月3日。2008年6月11日閲覧。
  5. ^ GReeeeN、新曲『キセキ』着うたが100万DL突破BARKS、2008年5月19日。2008年6月11日閲覧。
  6. ^ GReeeeNが史上初の快挙を達成!ぴあ、2008年6月5日。2008年6月11日閲覧。
  7. ^ GReeeeN、「キセキ」がキセキ的な記録BARKS、2008年7月4日。
  8. ^ 「キセキ」着うたフルDLでギネス申請、スポーツニッポン,2009年5月28日
  9. ^ http://www.barks.jp/news/?id=1000050756
  10. ^ http://www.riaj.or.jp/data/others/chart/w150820.html
  11. ^ その他、08/06/09付オリコン週間シングルチャートを詳細分析!: The Natsu Style」 The Natsu Style、2008年6月3日。2008年6月11日閲覧。
  12. ^ “土屋太鳳が奇跡に感激!映画「青空エール」主題歌にwhiteeeen版「キセキ」”. 音楽ナタリー. (2016年6月23日). http://natalie.mu/music/news/191879 2016年6月23日閲覧。 
  13. ^ a b “松坂桃李×菅田将暉W主演、GReeeeN名曲誕生秘話描く「キセキ」製作決定”. 映画ナタリー. (2016年6月3日). http://natalie.mu/eiga/news/189455 2016年6月3日閲覧。 

外部リンク[編集]