空と君のあいだに/ファイト!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
空と君のあいだに / ファイト!
中島みゆきシングル
初出アルバム『LOVE OR NOTHING(#1)
予感(#2)』
B面 ファイト!
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 中島みゆき
プロデュース 中島みゆき、瀬尾一三
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1994年度年間5位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング90位
中島みゆき シングル 年表
時代/最後の女神
1993年
空と君のあいだに/ファイト!
(1994年)
旅人のうた
1995年
収録アルバムLOVE OR NOTHING
空と君のあいだに
(Album Version)
(1)
もう桟橋に灯り(あかり)は点らない
(2)
テンプレートを表示
ファイト!
中島みゆき楽曲
収録アルバム 予感
リリース 1983年3月5日
規格 LP
録音 1982年 - 1983年
ジャンル J-POP
レーベル AARD-VARKキャニオン
作詞者 中島みゆき
作曲者 中島みゆき
プロデュース 中島みゆき
槇原敬之1998年
福山雅治2002年、「FUKUYAMA ENGINEERING GOLDEN OLDIES CLUB BAND」名義)
アナム&マキ(2002年)
予感収録順
金魚
(8)
ファイト!
(9)

空と君のあいだに/ファイト!」(そらときみのあいだに/ファイト)は、1994年5月14日に発売された中島みゆきの31作目のシングル両A面シングルとして発売された。

解説[編集]

ドラマが高視聴率だったこともあり、オリコンの集計において、シングルでは「浅い眠り」に続いて2作目のミリオンセラーを達成した。オリコンの集計で自身最大のヒット曲である。

またこのシングルのオリコンシングルチャート1位獲得で、3つの西暦10年代(1970年代:「わかれうた」、1980年代:「悪女」)に渡って同一名義で同チャート1位を獲得した史上初の歌手となった。

収録曲[編集]

  1. 空と君のあいだに(作詞・作曲: 中島みゆき、編曲: 瀬尾一三
    • 日本テレビドラマ家なき子主題歌
    • 歌詞は同ドラマの主人公すずの愛犬リュウの目線から歌ったもの。そのためミュージック・ビデオにも多数の犬が登場する。また、中島が主題歌を依頼された時点で設定が「犬を連れた家のない少女が主人公」しか決まっておらず、唯一の手掛かりである犬の写真だけでイメージを膨らませて曲を書いた。中島曰く「犬の気持ちで見れば、犬が見えているのは『空』と『君』しかないんです」[1]
    • 同年に発表されたアルバム『LOVE OR NOTHING』にはストリングスを取り入れたバージョンが収録されている。
    • 1995年のツアー『中島みゆきCONCERT'95「LOVE OR NOTHING」』では中盤で披露され、アルバム・バージョンで始まり、途中からシングル・バージョンに移行するというアレンジで演奏された。
  2. ファイト!(作詞・作曲: 中島みゆき、編曲: 井上堯之
    • 住友生命CMソング
    • 元々は、1983年に発表されたアルバム『予感』の収録曲。CM曲として起用されたためシングルカットされた。
    • タイトルの「!」だけ、白抜きで表記されている[2]
    • 阪神・淡路大震災地下鉄サリン事件が起こった1995年、自身のコンサート『中島みゆきCONCERT'95「LOVE OR NOTHING」』では、ラストに被害者への激励として数分間の語りの後「ファイト!」が歌われた[3]
    • 2017年4月から放送されている、テレビ朝日昼ドラマやすらぎの郷』では、劇中の告別式シーンで故人夫妻が中島みゆきファンだったという設定で、BGMとして流されており、参列者の一人が祭壇の前で一番の歌詞を朗読していたが、途中から歌い出し参列者全員で大合唱していた。
  1. 空と君のあいだにTV MIX

演奏者[編集]

空と君のあいだに[4]

カバー[編集]

空と君のあいだに
ファイト!

脚注・出典[編集]

  1. ^ 日本テレビ『人生が変わる1分間の深イイ話』2009年12月14日放送分
  2. ^ BS2BS熱中夜話 中島みゆき』(2009年11月20日-27日)
  3. ^ このコンサートは国内の他に台湾でも行われたが、台湾でのコンサートは前曲の「YOU NEVER NEED ME」がラストとなっており、ラストに「ファイト!」が歌われたのは国内だけである。
  4. ^ ニッポンの編曲家(アレンジャー): 歌謡曲/ニューミュージック時代を支えたアレンジャーたち 川瀬泰雄, 吉田格, 梶田昌史, 田渕浩久 著 DU BOOKS