MUSIC FREAKS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

MUSIC FREAKS』(ミュージック・フリークス)は、FM802が毎週日曜 22:00 - 月曜 0:00 に放送している音楽番組である。

概要[編集]

かつてFM802には、開局以来毎晩放送されていたワイド番組『FUNKY STUDIO 802 MUSIC GUMBO』があり、プロのDJに混じって、佐藤竹善Sing Like Talking)、吉田美和ドリームズ・カム・トゥルー)、桜井和寿Mr.Children)、草野マサムネスピッツ)、KAN槇原敬之谷村有美など、現在[いつ?]J-POPシーンを作り上げた当時の若手アーティスト達が番組を担当、リスナーからの人気を得ていた。

その『MUSIC GUMBO』が、平日に『Around the MARK'E SONIC STYLE』がスタートしたのに伴い終了。代替として、以前から同じスタイル(隔週交替)でアーティストが担当していた日曜の夜にこの番組をスタートさせた。

DJを務めるアーティストの起用基準は前番組から変わっておらず、FM802が特に注目する若手アーティストが毎年10月に2組選ばれ、隔週交替で1年間担当する。

現在の担当アーティスト[編集]

2019年10月から1年間の予定で担当。

過去の担当アーティスト[編集]

過去に担当したアーティストの中にも、後に大ブレイクすることとなった者が多く含まれる。太字は、同局でヘヴィー・ローテーションに選ばれたアーティスト。

アーティスト
2018年10月 - 2019年9月 藤原聡(Official髭男dism あいみょん
2017年10月 - 2018年9月 片岡健太(sumika Rover(ベリーグッドマン
2016年10月 - 2017年9月 YONCE(Suchmos 藤原さくら
2015年10月 - 2016年9月 田邊駿一(BLUE ENCOUNT 高城晶平(cero
2014年10月 - 2015年9月 いちろー(東京カランコロン ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ
2013年10月 - 2014年9月 ハルカトミユキ 谷口鮪(KANA-BOON
2012年10月 - 2013年9月 川上洋平([Champagne][1] 三浦大知
2011年10月 - 2012年9月 古舘佑太郎(The SALOVERS 蒼山幸子ねごと
2010年10月 - 2011年9月 小山田壮平(andymori ハマ・オカモトOKAMOTO'S
2009年10月 - 2010年9月 阿部真央 光村龍哉NICO Touches the Walls
2008年10月 - 2009年9月 桃野陽介(monobright 山森大輔ROCK'A'TRENCH
2007年10月 - 2008年9月 越智志帆(Superfly 須藤寿(髭(HiGE)
2006年10月 - 2007年9月 絢香 高橋孝樹[2]PERIDOTS
2005年10月 - 2006年9月 渡和久(風味堂 Salyu
2004年10月 - 2005年9月 ヒダカトオルBEAT CRUSADERS グローバー義和Jackson vibe
2003年10月 - 2004年9月 藤巻亮太レミオロメン コヤマシュウ(Scoobie Do
2002年10月 - 2003年9月 松本素生GOING UNDER GROUND SHOGO175R
2001年10月 - 2002年9月 JESSERIZE KREVAKICK THE CAN CREW
2000年10月 - 2001年9月 永積タカシ[3]SUPER BUTTER DOG 小林建樹
1999年10月 - 2000年9月 岸田繁くるり 我那覇美奈
1998年10月 - 1999年9月 スガシカオ 中村一義

出来事[編集]

2010年2月14日の放送では光村が体調不良のため、急きょNICO Touches the Wallsのベース・坂倉心悟が代打DJを務めた。この日はライブツアー中であったため、同じJFL系列のCROSS FMのスタジオから放送された。

関連項目[編集]

  • 出没!アド街ック天国 - 以前[いつ?]番組が大阪特集でFM802を紹介した際に本番組を取り上げ、当時の担当アーティストである我那覇美奈がコメント出演した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 後に[Alexandros]と改名。
  2. ^ DJ担当後にヘヴィー・ローテーションに選出。
  3. ^ 終了後[何の?]ハナレグミohanaとしても活動。

外部リンク[編集]