スピッツ (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スピッツ
スピッツスタジオ・アルバム
リリース 1991年3月25日
録音 1990年10月23日 - 11月20日
ジャンル ポップ、ロック
時間 48分17秒
レーベル ポリドール
プロデュース スピッツ&高橋信彦
スピッツ 年表
ヒバリのこころ
1990年
スピッツ
1991年
名前をつけてやる
1991年
スピッツ収録のシングル
  1. ヒバリのこころ
    リリース: 1991年3月25日
  2. 夏の魔物
    リリース: 1991年6月25日
テンプレートを表示

スピッツ』は日本ロックバンドスピッツのファースト・デビュー・オリジナルアルバム。1991年3月25日にポリドールより発売。

概要[編集]

  • 1990年10月から約1ヶ月でレコーディング。収録曲の半分はアマチュア時代の楽曲からセレクトされた。
  • インディーズレーベル、クリエイション・レコーズのアルバムにならって、表ジャケットにアーティスト写真を使わないという方針を本作から意識。この方針は4thアルバム『Crispy!』を除き、スピッツのアルバム全てに一貫している。
  • 裏ジャケットの写真では、メンバー自身で選んだ服を購入し使用している[1]。そのようになった理由は、デビュー前にマスコミ発表や販売店用の宣伝材料を制作する際、自身の希望を担当のスタイリストやヘアメイクにどのように伝えていいかわからず、服装髪型などを任せきっていたために、完成した写真の写りが自身の意図とはかけ離れたものになってしまったという出来事があり、その事についてプロデューサーに抗議して以降、スタイリストやヘアメイクがつかなくなったからである[1]。また草野はデビュー前の宣伝資料について「今見ると笑えるけど、当時は笑いごとじゃなかった」とコメントしている[1]
  • このアルバムの制作は、草野にとってあまりいい思い出がないらしく、本人の話だと「プロが作った商品としてリリースする以上、どこに出しても恥ずかしくない完璧なものを作ろうとしていたためか、テイク数が異常に多くなり、いつまでも終わりが見えない状況に腹を立てたエンジニアに怒鳴られたこともあった」そうだ[1]
  • 現在オリジナル盤は廃盤となり、LAエンジニア、スティーヴン・マーカッセンによりリマスタリングを施して、2002年10月16日に再発。ROCKIN'ON JAPANの編集長山崎洋一郎によるライナーノーツが封入されている。

収録曲[編集]

  1. ニノウデの世界 (4:31)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    後に大阪のFM802ヘヴィー・ローテーションとなり、2ndシングル『夏の魔物』のカップリングとしてリカット
  2. 海とピンク (3:38)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    アマチュア時代からあった曲。
  3. ビー玉 (4:42)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    デビューシングル『ヒバリのこころ』にもカップリングとして収録。
  4. 五千光年の夢 (2:42)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    「ヒバリのこころ」と前後して作られた。高橋新吉の詩が元ネタになっている。
  5. 月に帰る (4:25)
    作詞:草野正宗 / 作曲:三輪徹也 / 編曲:スピッツ
    作曲者の三輪は「歌が始まってもずっとアルペジオを弾いてるっていうのをやりたかった」と語っている。
  6. テレビ (4:07)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
  7. タンポポ (5:09)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    3拍子の曲。アマチュア時代の最初期に演奏されていた曲であるがその後存在を忘れられていた。初披露時からアレンジが大きく変わっていない曲の中で、メジャーで発表されている最古の曲である。
  8. 死神の岬へ (3:43)
    作詞:草野正宗 / 作曲:三輪徹也 / 編曲:スピッツ
  9. トンビ飛べなかった (3:31)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    失恋をやけくそ気味に歌ったパンクナンバー。デビュー前、ポリドールとは別のレコード会社から食事に誘われ、草野がいざ食べようとした時になぜか思いついた曲だという。
  10. 夏の魔物 (3:11)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    後に2ndシングルとしてリカット。三輪曰く「当初は夏限定で演奏しようとメンバー内で盛り上がっていた。」
  11. うめぼし (3:36)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:塩谷哲
    アマチュア時代からライブで演奏されていた曲。アコースティックギター弦楽器による演奏。後に奥田民生によってカバーされる。
  12. ヒバリのこころ (4:51)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:スピッツ
    本作と同時発売のデビューシングル。シングル収録版とはフェードアウトの開始位置が異なり、こちらの方が長いバージョンとなっている。

アナログ盤[編集]

Side ONE
  1. 夏の魔物
  2. 月に帰る
  3. 五千光年の夢
  4. テレビ
  5. タンポポ
  6. ヒバリのこころ
Side TWO
  1. うめぼし
  2. ニノウデの世界
  3. 海とピンク
  4. 死神の岬へ
  5. トンビ飛べなかった
  6. ビー玉

参加ミュージシャン[編集]

スピッツ[編集]

外部ミュージシャン[編集]

参考・出典[編集]

  1. ^ a b c d スピッツ『旅の途中』 幻冬舎、2007年11月30日発行

関連項目[編集]