Sign (Mr.Childrenの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.Children > Sign (Mr.Childrenの曲)
Sign
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『I ♥ U
B面
  • 妄想満月
  • こんな風にひどく蒸し暑い日
リリース
規格 マキシシングル
録音 OORONG TOKYO STUDIO
ジャンル
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
ゴールドディスク
  • トリプル・プラチナ(日本レコード協会
  • シルバー(ストリーミング、日本レコード協会)
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2004年6月度月間1位(オリコン)
  • 2004年度年間2位(オリコン)
  • Mr.Children シングル 年表
    掌/くるみ
    (2003年)
    Sign
    (2004年)
    四次元 Four Dimensions
    (2005年)
    I ♥ U 収録曲
    ランニングハイ
    (8)
    Sign
    (9)
    Door
    (10)
    B-SIDE 収録曲
    I'm sorry
    (4)
    妄想満月
    (5)
    こんな風にひどく蒸し暑い日
    (6)
    EANコード

    EAN 4988061891071
    (TFCC-89107)

    ミュージックビデオ
    「Sign」- YouTube
    テンプレートを表示

    Sign』(サイン)は、日本バンドMr.Childrenの26枚目のシングル。2004年5月26日にトイズファクトリーより発売された[1]

    概要[編集]

    前作『掌/くるみ』から約半年ぶりのシングル。リミックスバージョンを除けば、1996年発売の12thシングル『マシンガンをぶっ放せ -Mr.Children Bootleg-』以来8年ぶりにカップリング曲が2曲収録された。

    ジャケット写真には、爪木崎灯台が写っている。アートディレクター信藤三雄。1stシングルから連続してシングルのジャケットを担当していたが、このシングルまでで途切れることとなる。

    チャート成績[編集]

    2004年に発売されたシングルでは最高の初動売上を記録。オリコンチャートでの登場週数が46週を記録し、Mr.Childrenのシングルでは4thシングル『CROSS ROAD』の50週に次ぐロングセラーとなった。累計売上は77.4万枚。オリコンの年間ランキングで2位を獲得し、これはMr.Childrenが2000年代に発売したシングルの中で最も高い順位となった。

    2018年5月10日に各ストリーミングサービスで配信され、2021年7月にはストリーム数が3000万回を突破し、シルバー認定された(Mr.Children#ストリーミング認定を参照)。

    収録曲[編集]

    全作詞: 桜井和寿、全編曲: 小林武史 & Mr.Children
    #タイトル作詞作曲時間
    1.「Sign」桜井和寿桜井和寿
    2.「妄想満月」桜井和寿桜井和寿・寺岡呼人
    3.「こんな風にひどく蒸し暑い日」桜井和寿桜井和寿
    合計時間:

    楽曲解説[編集]

    1. Sign
      • TBS系ドラマ『オレンジデイズ』主題歌[1]
      • 2012年2月に、住友生命CMソングとしても起用された[2]
      • ドラマの台本を読んで書き下ろしたため、歌詞の内容もドラマに沿ったものとなっているが、直接の表現はなく、あくまでもこの時期の桜井和寿の心情が表れている。「ありふれた日々を大切に」というコンセプトの11thアルバム『シフクノオト』を凝縮させたような歌詞となっている。本楽曲は『シフクノオト』に収録されなかったものの、そのアルバムを引っ提げて行われたライブツアー『Mr.Children Tour 2004 シフクノオト』では本楽曲が演奏されている。
      • 『シフクノオト』の完成後、恒例行事の打ち上げで飲みすぎてしまい、翌日の酷い二日酔いの状態で浮かんできた曲でもあるという[3]
      • サビの歌詞「サイン」について桜井は「最初からこの言葉を使おうと思ったわけではなかった。ただ、メロディが高いところへ駆け上がるとき、それを可能にする口の開き方というのがあって、そこでは『サ』の音しか考えられなかった。そうでなければ勢いがつかないし、駆け上がることもできなかった。そして、この音から始まる言葉を探していたら、『サイン』が閃いた。」と語っている[3]
      • 小林武史が「桜井は、いつのまに腕をあげたんだろう」と絶賛した曲でもある[3]
      • ミュージック・ビデオの監督は大喜多正毅が務め、メンバーのスタジオ演奏の映像とシンプルな内容となっている。元々は本作のCM用映像の撮影だったが、出来が良かったためミュージック・ビデオとして編集された。2012年5月10日発売のベスト・アルバムMr.Children 2001-2005 <micro>』の初回限定盤、2018年3月21日発売のライブ・ビデオ『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』に収録されている。
    2. 妄想満月
      • 作曲は寺岡との共作で、寺岡との共作はMr.Childrenとしては2ndアルバム『Kind of Love』収録曲の「星になれたら」以来となる。
      • ストーカーを主人公にした曲で、お互いにメールでMP3を送り合って作り上げていったという[4]
      • 桜井によると井上陽水の節回しを意識して作った曲で、自分が歌っているのではなく井上が歌っているのをイメージしたと語っている[5]
    3. こんな風にひどく蒸し暑い日
      • デジタル音を駆使したファンク調の曲で、歌詞は見解によってはエロティックになると桜井は語っている[4]
      • 桜井は必死で本曲のデモテープを制作したようで、元々はオリジナルアルバムに収録する予定で作られた曲でもある。[4]
      • 田原は、この曲のレコーディングにほとんど参加しておらず、前述の歌詞の内容も含めて「ついていけないっす」と発言している[4]
      • コンサートでは、曲順を話し合う時に浮上するが、結局披露されないという[4]。その事もあってか、2014年に開催されたファンクラブ限定ツアー『Mr.Children FATHER & MOTHER 21周年ファンクラブツアー』の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」アンケートでは13位に選ばれた[6]
      • ライブでは、発売から13年後のツアー『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』ドーム公演にて初披露された。

    テレビ出演[編集]

    5thシングル『innocent world』以来、10年ぶり2度目となる日本レコード大賞を受賞[注 1]。10年前は受賞式に出席していなかったものの、今回は生出演した[7]

    番組名 日付 放送局 演奏曲
    ミュージックステーション[8] 2004年5月28日 テレビ朝日 Sign
    HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP[9] 2004年5月31日 フジテレビ
    うたばん[10] 2004年6月3日 TBS
    COUNT DOWN TV 2004年6月5日 TBS
    第46回日本レコード大賞[7] 2004年12月31日 TBS

    ライブ映像作品[編集]

    曲名 作品名 備考
    Sign Mr.Children Tour 2004 シフクノオト
    MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜
    Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-
    MR.CHILDREN TOUR POPSAURUS 2012
    Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25
    Mr.Children Tour 2018-19 重力と呼吸 特典映像
    一部のみ収録されている
    Mr.Children Dome Tour 2019 Against All GRAVITY
    妄想満月 Mr.Children、ヒカリノアトリエで虹の絵を描く

    収録アルバム[編集]

    カバー[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 2004年度オリコン年間1位の「瞳をとじて」を歌った平井堅はノミネート段階で辞退していた。

    出典[編集]

    1. ^ a b Sign | Mr.Children”. ORICON NEWS. 2021年5月22日閲覧。
    2. ^ Mr.Children、“Sign”が2月18日(土)から住友生命のCMでオンエア”. rockin'on.com (2012年2月15日). 2021年5月20日閲覧。
    3. ^ a b c 『Mr.Children 道標の歌』水鈴社、2020年11月20日
    4. ^ a b c d e B-SIDE』ライナーノーツ
    5. ^ 『別冊カドカワ 総力特集 井上陽水』KADOKAWA、2009年、49頁
    6. ^ 映画『Mr.Children REFLECTION』パンフレット、2015年、30頁
    7. ^ a b 2度目のレコ大ミスチル、10年前の恩返しで熱唱”. サンケイスポーツ. 2005年1月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月22日閲覧。
    8. ^ 出演者ラインナップ | ミュージックステーション”. テレビ朝日. 2020年8月9日閲覧。
    9. ^ HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP:GUEST”. フジテレビ. 2020年8月9日閲覧。
    10. ^ うたばん”. TBS (2004年6月5日). 2020年8月9日閲覧。

    外部リンク[編集]