シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.Children > シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『BOLERO
B面 フラジャイル
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(3週連続、オリコン
  • 1995年8・9月度月間2位(オリコン)
  • 1995年度年間5位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング40位
  • Mr.Children シングル 年表
    【es】
    〜Theme of es〜

    (1995年)
    シーソーゲーム
    〜勇敢な恋の歌〜

    (1995年)
    名もなき詩
    1996年
    LAND IN ASIA 収録曲
    シーソーゲーム
    〜勇敢な恋の歌〜

    (1)
    Tomorrow never knows
    (2)
    BOLERO 収録曲
    【es】
    〜Theme of es〜
    (5)
    シーソーゲーム
    〜勇敢な恋の歌〜

    (6)
    傘の下の君に告ぐ
    (7)
    B-SIDE 収録曲
    雨のち晴れ
    remix version

    (3)
    フラジャイル
    (4)
    また会えるかな
    (5)
    ミュージックビデオ
    「シーソーゲーム ~勇敢な恋の歌~」
    - YouTube
    テンプレートを表示

    シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜』(シーソーゲーム ゆうかんなこいのうた)は、日本のバンドMr.Childrenの9枚目のシングルである。1995年8月10日トイズファクトリーより発売された。

    概要[編集]

    前作『【es】 〜Theme of es〜』から僅か3か月後にリリースされた。ジャケットには簡素な猿のイラストと田原健一の字でタイトルが書かれている。桜井和寿はジャケットに猿の絵を使った理由を「映画(『【es】 Mr.Children in FILM』)も一件落着して新たな気持ちでリスタート、猿の気持ちでリスタート」と語っている。アートディレクターは信藤三雄

    本作で発生するCD売上金や印税は全て発売年の1月に発生した阪神・淡路大震災の義援金に充てられた。

    チャート成績[編集]

    Mr.Childrenでは2週目の売り上げ(29.9万枚)が最も高く一番安定した売上推移だったシングルで、自身の最高記録(合算週を含んでいない)のオリコンチャート3週連続1位を獲得し、オリコン集計におけるノンタイアップシングル歴代1位の売上を記録した。

    4thシングル『CROSS ROAD』から6作連続でミリオンセラーを達成。初週で56.2万枚、累計売上は181.2万枚。また、3週目の1位獲得と同時にオリコン集計によるシングル総売上が1000万枚を突破した。

    2018年5月10日に各ストリーミングサービスで配信され、2021年10月にストリーム数が3000万回(シルバー認定)を突破した[1]。他にシルバー認定された楽曲は、「HANABI」や「名もなき詩」などがある。

    収録曲[編集]

    全作詞・作曲: 桜井和寿、全編曲: 小林武史Mr.Children
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜」桜井和寿桜井和寿
    2.「フラジャイル」桜井和寿桜井和寿
    3.「シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜 (Instrumental Version)」桜井和寿桜井和寿
    合計時間:

    楽曲解説[編集]

    シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
    ミュージック・ビデオをはじめ[注 1]、曲自体もエルヴィス・コステロを意識した部分があると述べ、2002年に出演のNHKのインタビュー番組において、サプライズとしてコステロにMr.Childrenを知っているか取材に行っていたが、メンバーは突然の勝手な取材に困惑していた。
    これまでのシングル曲では小林がイントロや間奏などをアドバイスしながら共同で進めることが多かったが、この曲は桜井のデモ作成段階で全体の構成をほぼ仕上げていた。なお、同曲のストリングスは生ではなく小林のシンセサイザーによるものである。
    「ライブで盛り上がる曲」というコンセプトで制作されたが、桜井曰く「歌詞が何を言っているのかよく分からないから歌うのが恥ずかしい」という理由から実際のライブではめったに演奏されることはなく、同年に行われた初のスタジアムツアー『Mr.Children STADIUM TOUR -Hounen Mansaku- 夏祭り1995 空[ku:]』以降はほとんど演奏されなくなった。その後、2007年にライブツアー『Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-』で約10年ぶりに演奏された。
    後に開催されたファンクラブ限定ツアー『Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー』の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では19位に選ばれた[2]
    ミュージック・ビデオは桜井がサーファーになり他メンバーは猿になるというもので、メンバーが富士急ハイランドにかつて存在したダブル・ループというジェットコースターに乗って絶叫している場面が登場する[3]フジテレビ系『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングにメンバー全員で初出演した際も同じ格好で登場した。ミュージック・ビデオは、1995年12月15日発売の『【es】 Mr.Children in FILM』、2018年3月21日発売の『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』に収録されている。監督は小林武史。
    フラジャイル
    仮タイトルは「ハルマゲドンはご機嫌斜め[4]」。
    1995年5月3日渋谷で行われたゲリラライブからの音源で、原曲のスタジオ録音が存在しない。
    歌詞に「ドラえもん」が登場する。
    映画『【es】 Mr.Children in FILM』のオープニングにも収録されているが、映画版の方は短く編集されている(イントロで失敗する場面は映画でしか確認できない)[5]
    カップリングの楽曲がアルバムからのリカットでないのは5thシングル『innocent world』以来4作品ぶりとなる。

    テレビ出演[編集]

    番組名 日付 放送局 演奏曲
    FAN[6][出典無効] 1995年6月9日 日本テレビ CROSS ROAD
    everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
    【es】 〜Theme of es〜
    フラジャイル
    HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP[6][出典無効] 1995年7月24日 フジテレビ Dance Dance Dance
    everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
    シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
    ミュージックステーション[7] 1995年8月4日 テレビ朝日 シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
    COUNT DOWN TV[6][出典無効] 1995年8月19日 TBS
    HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP[8][出典無効] 1997年3月17日 フジテレビ Tomorrow never knows
    everybody goes -秩序のない現代にドロップキック-
    シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜
    名もなき詩
    Everything (It's you)

    ライブ映像作品[編集]

    シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜

    作品名
    Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field-
    ap bank fes '12 Fund for Japan
    Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25

    フラジャイル

    作品名 備考
    【es】 Mr.Children in FILM ドキュメンタリー映画作品

    収録アルバム[編集]

    カバー[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 6thシングル「Pump it up」参照。

    出典[編集]

    1. ^ ストリーミング認定”. 日本レコード協会. 2021年11月25日閲覧。
    2. ^ 映画『Mr.Children REFLECTION』パンフレット
    3. ^ MUSIC CLIP”. mrchildren.music.coocan.jp. 2021年7月16日閲覧。
    4. ^ B-SIDE」ライナーノーツ
    5. ^ ドキュメンタリー映画 『【es】Mr.Children in FILM
    6. ^ a b c ToolBox TV 1995”. 2007年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月9日閲覧。
    7. ^ ミュージックステーション バックナンバー 出演者ラインナップ 1995.08.04.FRI”. テレビ朝日. 2021年8月30日閲覧。
    8. ^ ToolBox TV 1997”. 2007年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月9日閲覧。

    外部リンク[編集]