抱きしめたい (Mr.Childrenの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.Children > 抱きしめたい (Mr.Childrenの曲)
抱きしめたい
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『Kind of Love
B面 君の事以外は何も考えられない
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
Mr.Children シングル 年表
君がいた夏
1992年
抱きしめたい
(1992年)
Replay
1993年
Kind of Love 収録曲
BLUE
(3)
抱きしめたい
(4)
グッバイ・マイ・グルーミーデイズ
(5)
B-SIDE 収録曲
君の事以外は何も考えられない
(1)
my confidence song
(2)
テンプレートを表示

抱きしめたい」(だきしめたい)は、Mr.Childrenの2枚目のシングル1992年12月1日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

2ndアルバム『Kind of Love』と同時発売。アルバムにも収録されたため最高順位は56位に留まり、発売当時は一部のラジオを除いて全く話題にならなかった。

Mr.Childrenのシングルでは初めて横向きのデザインのジャケット。次作の「Replay」も横向きのデザインのジャケットである。

ベストアルバム『Mr.Children 1992-1995』のライナーノーツでの累計売上がオリコン集計とは異なるが、ブレイク後に売上が再燃しているため、正確な数字はわかっていない。

収録曲[編集]

  1. 抱きしめたい
    1996年に放送されたフジテレビテレビドラマピュア」の最終回で、挿入歌として使用されている。
    発売から25年後の2017年には、NTTドコモ dヒッツ「娘の帰り篇」CMソングとなっている。なお、同年4月よりNTTドコモとMr.Childrenが共に25周年を迎えた事を記念して制作されたスピンオフ・ブランドCM「NTT docomo group × Mr.Children 25th Anniversary コラボキャンペーン」に引き続いて起用された。
    桜井は当初この曲をクリスマスソングとして考えていたため、歌詞の「震えそうな夜に」を「クリスマスの夜に」にしようとしていたが、小林が反対したことにより現在の歌詞になった。ドームツアー『MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I U"』、『Mr.Children DOME TOUR 2009 〜SUPERMARKET FANTASY〜』でこの曲を演奏した際には「クリスマスの夜に」と歌っている。
    元々はトイズファクトリーの先輩であり、友人でもあった宮田和弥の結婚式で披露するために作った曲だったが、結局宮田の結婚式では歌われなかった。
    当初、桜井が小林の家に持ち込んだデモテープでは、サビは転調していなかったが、小林のアイデアでイントロとサビでB♭に、ラストのサビではCに転調するアレンジが加えられた。
    前述の通り売れなかったが、ブレイク後は一転して、初期の代表曲の1つとなった。売れなかったシングル曲の中でベストアルバム『LAND IN ASIA』に収録されたのはこの曲のみである。
    2002年12月24日テレビ朝日で放送された浜崎あゆみGacktが司会で共演した番組「浜崎あゆみ&Gackt 夢のクリスマスショー」内のクリスマスにおすすめの曲にGacktが本楽曲を選んでいる。
  2. 君の事以外は何も考えられない
    • 作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children
    矢崎総業CMソング
    アマチュア時代から存在する曲で、Mr.Childrenの楽曲で初めてタイアップがついた。
    桜井が当時付き合っていた女性のことだけを考えて書いたラブソングで、4回登場するサビは全て同じ歌詞である。
    B-SIDE』に収録されている楽曲では最も古い曲である。
  3. 抱きしめたい (Instrumental Version)

盗作問題[編集]

2015年5月、歌手・平浩二がシングル「愛・佐世保」のカップリングに楽曲「ぬくもり」を収録したが、後にこの曲の歌詞が本楽曲と酷似していると指摘され、販売元の徳間ジャパンコミュニケーションズは12月にCD回収と出荷停止を決定した[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

カバー[編集]

収録アルバム[編集]

「抱きしめたい」の調
前奏 1A・1Bメロ 1サビ・間奏A 2A・2Bメロ 2サビ・間奏B 大サビ
B-flat-major g-minor.svg 変ロ長調
(B)
G-major e-minor.svg ト長調
(G)
B-flat-major g-minor.svg 変ロ長調
(B)
G-major e-minor.svg ト長調
(G)
B-flat-major g-minor.svg 変ロ長調
(B)
C-major a-minor.svg ハ長調
(C)