ミュージック・ビデオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミュージック・ビデオ: music video)は、宣伝芸術目的で制作された、イメージを統合した短編映画である[1]。現代のミュージック・ビデオは、主に音楽録音の販売を促進するためのマーケティングデバイスとして制作され、使用されている。また、マーケティングキャンペーンで曲を使用し、単なる曲以上のものにすることも可能である。食品やその他の製品の玩具やマーケディングキャンペーンでは、マーチャンダイジングとして使用されている。ミュージック・ビデオの起源は1920年代に登場したミュージカル短編映画英語版にまで遡るが、1980年代にはMTVメディアにそのフォーマットに基づいて登場した。これらの作品は、1980年以前は「イラストレイテッド・ソング英語版」、「フィルムド・インサート」、「プロモーション(プロモ)フィルム」、「プロモーション・クリップ」、「プロモーション・ビデオ」、「ソング・ビデオ」、「ソング・クリップ」、「フィルム・クリップ」などと呼ばれていた。

現代のミュージック・ビデオは、アニメーション実写ドキュメンタリー抽象アニメーション英語版など非物語的なアプローチを含む幅広い撮影技術が使用されている。いくつかのミュージック・ビデオは、アニメーション、音楽、実写など異なるスタイルを混合している。これらのスタイルと技術を組み合わせることは、観客に変化を示す為に、より一般的になってきた。多くのミュージック・ビデオは、曲の歌詞からイメージや場面を解釈するが、別のテーマのアプローチが採用される場合もある。また、必ずしも曲のライブパフォーマンスを撮影したビデオである必要はない[2]プロダクトプレイスメントは、ミュージック・ビデオでは一般的な技巧であり、多くのヒップホップのビデオにはビーツピル英語版が登場する。

概要[ソースを編集]

ミュージック・ビデオの概念は1970年代以前から存在しており、ポップミュージック以前ではディズニー制作の「ファンタジア」などが音楽と映像を融合させた作品として著名である。1894年楽譜出版社であるエドワード・B・マークスとジョー・スターンが電気技師のジョージ・トーマスと様々な演奏家を雇い、曲「ザ・リトル・ロスト・チルド英語版」の販売を促進した[3]幻灯機を使用して、トーマスはライブパフォーマンスと同時にスクリーンに一連の静止画を投影した。これは、ミュージック・ビデオに向けた最初のステップとして知られるイラストレイテッド・ソング英語版として人気になった[3]トニー・ベネットは自伝で、1956年ロンドンハイド・パークにあるサーペンタイン・レイクに沿って歩いて撮影された「最初のミュージック・ビデオ」を制作したと主張している。それは、「ストレンジャー・イン・パラダイス」のビデオである[4]。ビデオは、イギリスアメリカ合衆国テレビ局に送られ、ディック・クラークの「アメリカン・バンドスタンド英語版」などの番組で放送された[5]。より抽象的な現代的なビデオと似ているプロモーション・ミュージック・ビデオの最も古い例は、1958年に制作され、ラディスラフ・リュヒマン英語版によって監督された「Dáme si do bytu」である[6][7]

イギリスロックバンドザ・ビートルズが新曲リリースの度に、様々なテレビ番組に出演しなければならない事を疎ましく思い、演奏シーンとイメージ映像を組み合わせた映像作品を予め作成し、テレビ局へ提供したのが始まりという説が一般的に浸透している。実際、ビートルズのメンバーでギタリストのジョージ・ハリスンは「MTVは僕たちの発明品だよ(笑)」と、冗談半分、本気半分で語っている他、ビートルズの主演映画「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」「ヘルプ!4人はアイドル」の監督を務めたリチャード・レスターは、MTVから「あなたはMTVの父だ」と賞状を贈られている[8]アメリカ合衆国1980年代にMTVの登場によって急速に一般化した。特にマイケル・ジャクソンマドンナはミュージックビデオを駆使した例である(マイケル・ジャクソンの「スリラー」や「今夜はビート・イット」、「バッド」などは当時非常に話題を呼んだ)。

日本[ソースを編集]

日本におけるミュージック・ビデオの発展は、生放送音楽番組が衰退した1980年代中頃から1990年代初頭以降、アーティストの音楽番組出演に代わるプロモーション手段の一つとして、また洋楽シーンの影響も受け、増えていくようになる。この頃の先駆けはオフコースTM NETWORK小泉今日子サザンオールスターズCHAGE and ASKAなど。EPICソニー(現エピックレコードジャパン)は所属するアーティストのミュージック・ビデオやライブ映像をメインにした音楽番組『eZ (音楽番組)』を放送するなど、レーベル独自の展開も見られるようになった。

従来はプロモーションのみが目的であったので、店頭での視聴や音楽番組(洋楽では「ベストヒットUSA」や「SONY MUSIC TV」が有名)での放映に限定されていたが、1990年代中頃からは、アーティストが映像作家と共に作品の世界観を表現し、一般に伝える手段のひとつとして重視されるようになっていった。ミュージック・ビデオから切り出された映像が、CMや出演しない音楽番組でのスポットで使用されることも多くなっていった。また、3大都市周辺県の独立県域テレビ局の一部の日中の休止枠のフィラー千葉テレビ放送テレビ神奈川KBS京都他)や、TBSテレビなどの一部系列で行われた天気予報(歌う天気予報と呼ばれる)で、これらのビデオクリップを使った放送が実施されたことがある。

この頃にはすでにビデオデッキの普及が成されていたこともあり、パッケージ販売される機会も増加した。現在ではDVD-Videoによる販売が主流であるが、CDとDVDをセットにして割安な価格で販売する商品が売上を伸ばすケースが多い。ミュージック・ビデオは音楽以外の販売促進のための宣伝資料などの意味もある。1993年の『第35回日本レコード大賞』に初めて「ミュージックビデオ賞」が登場した。受賞したのはtrf「EZ DO DANCE」と米米クラブ「THE 8TH OF ACE」。ただしこの賞が設置されていたのはこの年と翌1994年の『第36回日本レコード大賞』のみ。

2000年以降[ソースを編集]

一般にシングル曲のプロモーションのために制作されることが多いが、2000年代に入るとシングルCD市場の衰退などの要因によりアルバム収録曲のミュージック・ビデオが制作されるケースが多くなった。50セント2005年のアルバム『The Massacre』のスペシャルエディション(再発盤)やベックの2006年のアルバム『The Information』には収録曲全曲のビデオを収録したDVDが付属された。日本でも海外の手法を取り入れる形で、アルバム発売に際してそのリードトラックをシングルCDとしては発売しないままビデオのみ制作するケースも増えてきている。

ミュージック・ビデオにストーリー性を加味する物も多く、最も有名なものにマイケル・ジャクソンの「Thriller」(1983年)がある。ユニークな例では、同じ曲で違う歌詞の全12曲(12章、約40分)でストーリーを展開したR・ケリーの「トラップト・イン・ザ・クローゼット」(DVDとして纏められている)がある。

日本国内でミュージック・ビデオはスカパー!や、ケーブルテレビ局などを介したCS音楽専門チャンネルMUSIC ON! TVスペースシャワーTVなど)で視聴できる。また近年はYouTubeGYAO!などのインターネットの動画配信ウェブサイトiTunes Storeなどでも視聴できる。他にも、テレビ神奈川 (tvk) が「ミュージックトマトJAPAN」などの番組で古くからミュージック・ビデオを多数放送している。また邦楽のミュージック・ビデオについては、1990年代中頃からバラエティ番組などのエンディング時のスタッフロールのバックにタイアップ曲のミュージック・ビデオを流す手法が見られはじめ、2000年代以降には同様の手法を取る番組が数多く見られるようになった。ただしこの場合はサビの部分のみの30秒前後だけ流されることが大半である。

また、ハイビジョン撮影される作品も増えている。ミュージック・ビデオが収録されたBlu-ray Discが付録に付いたCDがリリース[9]されることは稀で、放送技術上の問題から公開される際に標準画質に落とされて放送されたり、DVD収録時にレターボックスで収録される形がほとんどである。近年では16:9で収録される作品も増えているが、アルバム付属DVDやPV集で以前の作品と同時に収録されると、それらとの兼ね合いからレターボックスに落とされて収録される事が多い。

問題点[ソースを編集]

日本国内・国外を問わず、映像のアイデアや演出が何を基準に盗作なのかという著作権やルールが明確に定まっていないため、ミュージック・ビデオに他の作品などからアイデアを盗用した疑いが浮上して問題になるケースが多々ある。[要出典]

替え歌に合わせてミュージック・ビデオもパロディ化しているアル・ヤンコビックは、必ず本人とレコード会社から許可を得て製作・公開しており、ヤンコビックに物まねされることを成功の証として喜ぶミュージシャンも多い。[要出典]

著名な作品[ソースを編集]

史上最も費用のかかったミュージック・ビデオとしてギネス・ワールド・レコーズに認定を受けている[10]
  • Thriller - マイケル・ジャクソン
MTVにおける、「今まで作られたミュージック・ビデオの中で最も偉大なベスト100」で第一位[10]。ミュージック・ビデオとしては唯一アメリカ議会図書館に永久保存されている[11][注釈 1]

ミュージック・ビデオの監督として有名な人物[ソースを編集]

ミュージック・ビデオで注目を集め、映画監督などに進出した人物も多い。

自らミュージック・ビデオの監督を務める音楽家[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 2014年7月現在

出典[ソースを編集]

  1. ^ Dan Moller: Redefining Music Video”. Dan Moller (2011年). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^ Cutietta, Robert (1985). “Using Rock Music Videos to Your Advantage”. Music Educators Journal 71 (6): 47–49. 
  3. ^ a b Music Video 1900 Style”. PBS (2004年). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ Cole, Clay (October 1, 2009). Sh-Boom!: The Explosion of Rock 'n' Roll (1953-1968). Morgan James Publishing. p. 238. ISBN 9781600377686. https://books.google.com/books?id=kWoLGiW-wnAC 2014年6月8日閲覧。. 
  5. ^ Bennett, Tony (December 7, 2010). The Good Life: The Autobiography Of Tony Bennett. Simon and Schuster. ISBN 1416573666. http://www.amazon.co.uk/The-Good-Life-Autobiography-Bennett/dp/1416573666 2014年6月8日閲覧。. 
  6. ^ History of Czechoslovak music clips before 1989”. ceskatelevize.cz. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ The best of duets”. ceskatelevize.cz. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. ^ 「ヘルプ!」DVD特典インタビュー
  9. ^ 例えば、アイドリング!!!は2012年以降CD+BD盤が限定盤の一種としてリリースされている
  10. ^ a b マイケル・ジャクソン VISIONブックレット
  11. ^ マイケル・ジャクソン「スリラー」のフィルムが永久保存決定”. 2014年7月19日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]