aki (男性歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
aki
生誕 (1970-10-10) 1970年10月10日(47歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県
ジャンル ロック
ヘヴィメタル[1]
ハードロック[1]
エレクトロニック・ダンス・ミュージック
職業 ヴォーカリスト
作詞家
作曲家
マニピュレーター[2]
デザイナー[2]
音楽プロデューサー[2]
担当楽器 ヴォーカル
プログラミング
活動期間 Laputa
1993年 - 2004年
aki
2005年 -
レーベル タイムリーレコード
Khaos Number
共同作業者 Laputa
公式サイト aki official

aki(アキ、1970年10月10日[2] - )は、日本ミュージシャンヴォーカリスト愛知県出身。左利き

ロックバンドLaputaの元ヴォーカルで、2005年からakiとしてソロで活動中。レーベル「Khaos Number (カオスナンバー)」を主催している。

来歴[編集]

1996年、Laputaのヴォーカルとして、シングル「硝子の肖像」で東芝EMIよりメジャーデビュー[2]2000年日本クラウンへの移籍を経て、シングル11枚、アルバム8枚、ミニアルバム3枚をリリースする。

2004年、9月5日の渋谷公会堂のライヴを以って、Laputaが無期限活動休止となる[2]

2005年よりソロ活動を開始し、8月3日に1stシングル「COME INTO CONFLICT」でソロデビュー、9月7日に1stアルバム『CONFLICT』をリリース[3]

2010年、レーベル「Khaos Number (カオスナンバー)」を設立[2]

2011年11月27日、赤坂BLITZで開催されたKISAKIプロデュースによるイベント「輪・廻・転・生〜A RETURN of "VISUAL MONSTER"〜」に出演[4]

2013年8月、DEAD ENDのトリビュートアルバム『DEAD END Tribute -SONG OF LUNATICS-』の第4弾情報解禁参加アーティストとして発表され[5]、収録曲「Sacrifice Of The Vision」にヴォーカリストとして参加[6]

2015年2月、ソロ活動10周年の幕開けとなる東名ツアー「BIAS - Early2015」を開催し[7]、約4年ぶりとなる4thアルバム『FORCE』をリリース[8]

影響[編集]

中学生の頃にチェッカーズをきいたことがきっかけでバンドを好きになる[9]。高校時代にモトリー・クルーを聴いたことで衝撃を受けてLAメタルにはまり、その後はDEAD ENDLOUDNESS44MAGNUMGASTANKREACTION、SNIPER、MARINO、TILTなどのジャパニーズ・メタルをよく聴いていたという[10]。なかでもDEAD ENDからの影響は大きく、かつてMORRIEのコピーをしていたことが「今現在のボーカルスタイルの基礎になって」いるとのこと[9]。DEAD ENDのトリビュートアルバム『DEAD END Tribute -SONG OF LUNATICS-』のレコーディングの際には「『DEAD LINE』のアナログ盤(通常盤とピクチャー盤)二枚をスタジオに持込み、当時の初期衝動を思い出しながら歌いました」と語っている[9]

エピソード[編集]

2005年9月にリリースされた1stアルバム『CONFLICT』の制作に際し、「ソロとしての自分はLaputaの延長線上にあり、Laputaありきで今の自分がいる」としながらも、10年以上に渡りLaputaのヴォーカリストとして活動して来た経緯から、「何だ、Laputaじゃないか」と言われることを恐れ、曲を書いては捨てを繰り返し、行き止まりに突き当たったことがあったという[3]。しかしそれを受け入れることで次々と曲が出来上がって行ったと当時のインタビューで語っている[3]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1 2005年8月3日 COME INTO CONFLICT CXCD-001Ver.1,2
2 2006年3月1日 THE CELL MIXES CXCD-003
3 2006年7月19日 FORGET ME NOT/GO AHEAD CXCD-004
4 2007年10月17日 FOOLISH DANCE FLOOR/LANDSCAPE CXCD-007 A/B/C
5 2007年11月14日 くちづけ/NO REASON CXCD-008 A/B/C
6 2012年10月24日 ユメ、アザヤカ/NIGHT RIDER KNCP-0006
7 2012年10月24日 BALANCE/RED ALERT KNCP-0007

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1 2005年9月7日 CONFLICT CXCD-002
2 2007年3月7日 RESONANCE CXCD-006
3 2011年6月8日 DISCORD KNCP-0002
4 2015年2月6日 FORCE KNCP-0013

ミニアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1 2010年5月19日 INSPIRE KNCP-0001
2 2013年4月22日 THE CELL MIXES 2 -aki feat. Yuto Hakuta- KNCP-0011

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1 2008年8月13日 BEST 2005-2007 CXCD-009

映像作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1 2008年12月15日 adam -aki dvd another magazine- VOL.1 2008. WINTER ADAM-0001
2 2009年3月4日 adam -aki dvd another magazine- VOL.2 2009. SPRING ADAM-0002
3 2013年6月28日 adam -aki dvd another magazine- VOL.3 KNBP-0002

サポートミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ラピュータ” (日本語). cdjournal.com. CDジャーナル. 2015年8月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g BIOGRAPHY”. 2015年8月21日閲覧。
  3. ^ a b c 「9月7日にリリースされた1stアルバム『CONFLICT』をakiに訊く!」、『ultra veat』Vol.119、ソニー・マガジンズ、2005年10月25日、 112頁、 ISBN 4-7897-9729-5
  4. ^ KISAKI PROJECT 輪・廻・転・生〜A RETURN of "VISUAL MONSTER"〜”. ViSULOG. 2015年8月30日閲覧。
  5. ^ DEAD ENDトリビュート、全参加アーティスト情報解禁!”. Vif (2013年8月10日). 2015年8月28日閲覧。
  6. ^ あの曲は誰? DEAD ENDトリビュート楽曲×アーティスト”. 音楽ナタリー (2013年9月2日). 2015年8月28日閲覧。
  7. ^ まもなく開催!【本人コメント到着】2015年でソロワークス10周年を迎えるaki(ex, Laputa)幕開けの東名ツアー”. V-PLUS (2015年2月3日). 2015年8月30日閲覧。
  8. ^ ソロ活動10周年を迎えるaki インタビュー”. ぴあ中部版 (2015年3月18日). 2015年8月28日閲覧。
  9. ^ a b c COMMENT”. avex. 2015年7月27日閲覧。
  10. ^ 『Laputa―from the cradle to the grave 1999 (Fool’s Mate extrax)』、FOOL’S MATE、1999年、ISBN 4938716186、p.54

外部リンク[編集]