峯田和伸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
峯田和伸
別名 ミネタカズノブ
生誕 (1977-12-10) 1977年12月10日(40歳)
出身地 日本の旗 日本 山形県東村山郡山辺町
学歴 東京情報大学経営情報学部卒業
ジャンル 青春パンク
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギターシンセサイザー
活動期間 1996年 -
レーベル Libra records
初恋妄℃学園
共同作業者 GOING STEADY
銀杏BOYZ

峯田 和伸(みねた かずのぶ、1977年12月10日 - )は、日本シンガーソングライター俳優1996年青春パンクバンドGOING STEADYを結成し音楽活動を開始。現在は銀杏BOYZのメンバーとして活動を継続している。山形県東村山郡山辺町出身。東京情報大学経営情報学部卒業。血液型はA型。

来歴[編集]

実家は年商5億の電気販売店「峯田電器[1]

山辺町立山辺小学校山辺町立山辺中学校卒業。

1996年3月、山形市立商業高等学校卒業(軟式野球部に所属し、生徒会で会計監査も担当していた)

1996年4月、東京情報大学経営情報学部に入学。アサイ・タケオ・チイ・タケオと出会いフォーク・デュオを結成。

1997年、山形の大手デパートでビートルズ展開催中、警備員の一瞬のすきを盗んでジョン・レノン愛用のスクーターにまたがる。夏、アサイ・タケオ・チイ・タケオとのフォーク・デュオにアビコシンヤが加入しGOING STEADYとなる。

1999年6月に青春パンクバンド、GOING STEADYボーカルギター担当のミネタカズノブとしてCDデビュー(1stシングル「YOU&I」)。たった1ヵ月で10,000枚を超すヒットとなり大きな話題になった。同年11月に生まれて初めて彼女ができて童貞を失う。

2000年3月、東京情報大学経営情報学部卒業。作曲家井筒昭雄とは同期。

2002年冬、自主レーベル「初恋妄℃学園」立ち上げ。

人気絶頂時でありながら2003年にバンドは解散。同年、ソロ活動としてエレファントカシマシのトリビュートアルバム『花男』に銀杏BOYZ名義で参加。

その後、銀杏BOYZはバンド体制になり、峯田はボーカル・ギターを担当している。

2005年1月15日、『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』と『DOOR』のアルバム2枚を同時リリース。

ソロ活動中には、映画『アイデン&ティティ』に主人公の中島役で主演を務める。2002年2005年にはオナニーマシーン、ベースボーカルのイノマーとの共著を2冊『真夜中のふたりごと』『ふたりごと』を発売。DVD『ふたりごと』も発売しており、音楽だけでなく幅広い活動を行なっている。

2005年、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005でライブ演奏中に全裸になり、書類送検される。

2006年、峯田とギターのチン中村、そして自身のブログで募集した一般人女性4名と敏感少年隊としてもデビュー。そして自身のブログに手を加えた単行本『恋と退屈』を発売。

2007年4月11日に銀杏BOYZドキュメンタリーDVD『僕たちは世界を変えることができない。』を発売する。大槻ケンヂ原作の映画版『グミ・チョコレート・パイン』にAV男優役で出演。

2007年7月28日夜に、台湾台北市でコンサートに出演した際、舞台の上で下着を脱いで下半身を見せ、警察当局の取り調べを受けた。29日付の台湾紙、聯合報によると、実演中にパンツをひざまでおろし、ステージで観客に近づいて歌ったという。主催者側は「しゃがんだときに偶然パンツがずり落ちた」とかばったが、警察当局は刑法の風紀妨害罪に触れるとした。峯田が下着を脱いだ際、観客の一部が興奮して舞台に殺到する騒ぎになったという(ライブ終了後も会場は銀杏BOYZへのコールとともに、かなりの盛り上がりをみせていたとのこと)。その後公然わいせつ容疑で書類送検され、9000台湾ドル(約3万3000円)の罰金を払い29日、日本に戻った(通報したのは観客や関係者ではなく、記事のネタを欲した現地の新聞記者)。

2007年8月25日、香川県で行われた野外フェス、MONSTER baSHに出演。ステージから去る直前に峯田が全裸になり、安孫子が頭を下げて謝罪した。

2008年12月24日銀杏BOYZとして出演した、オナニーマシーンイノマーとの共同企画「童貞たちのクリスマスイブ2008」にて、男性ファンに男性器を噛まれ、泣く。

2009年4月20日、映画『色即ぜねれいしょん』(田口トモロヲ監督)の完成披露試写会にて、報道陣向けに行われた取材で、ある芸能リポーターが出演者の臼田あさ美に対して「フリーセックス派?」などセクハラ質問を連発。これに表情を曇らせた峯田が、インタビュー後リポーターに「どういう意味で聞いたの?」と20分程度問い詰める一幕があった[2]

2016年NHK BSプレミアムプレミアムドラマ奇跡の人』で連続ドラマ初主演[3]

2017年4月〜NHK朝の連続ドラマ『ひよっこ』に出演

2018年7月〜日本テレビ系水曜ドラマ高嶺の花』で民放連続ドラマのレギュラーに初出演

著書[編集]

  • 「イノマー&ミネタの「真夜中のふたりごと」」宝島社、2002年12月 - イノマーと共著。
  • 「ふたりごと」リットーミュージック、2005年12月 - イノマーと共著。
  • 「恋と退屈」河出書房新社、2006年9月
    • 「恋と退屈」河出文庫、2010年1月
  • いちごの唄」朝日新聞出版、2018年5月 - 岡田惠和著。銀杏BOYZの詞曲をもとに岡田惠和が書き下ろした小説。峯田のイラストが収録されている。

楽曲提供[編集]

歌唱[編集]

CM[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

吹き替え[編集]

MV[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.shikoku-np.co.jp/national/life_topic/20091101000163 2009年11月11日付 四国新聞社
  2. ^ 監督・キャストが大絶賛! みうらじゅん自伝映画主演俳優はリアル童貞!? 2009年04月21日付 オリコン
  3. ^ a b 銀杏BOYZ ・峯田、連ドラ初主演 麻生久美子と13年ぶり共演”. ORICON STYLE (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。
  4. ^ 水原希子さん起用のテレビCM 「LIFULL(ライフル) 人生」篇 9月18日(月)よりオンエア開始”. LIFULL (2017年9月14日). 2017年9月21日閲覧。
  5. ^ 銀杏BOYZ・峯田和伸、『恋仲』最終回に出演 民放ドラマ初挑戦”. ORICON (2015年9月10日). 2015年9月10日閲覧。
  6. ^ 吉岡里帆『世にも奇妙』に初主演「トラウマをぜひ受け取って」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年9月26日). 2017年9月26日閲覧。
  7. ^ “銀杏BOYZ峯田和伸、本日放送「宮本から君へ」にカメオ出演「原作が好きなので光栄」”. 音楽ナタリー|date= 2018-06-22. https://natalie.mu/music/news/287824 2018年7月2日閲覧。 
  8. ^ 《2019年大河ドラマ》出演者発表 第2弾! ビートたけしが “落語の神様” 役でナビゲート!”. NHKオンライン. NHK (2017年11月29日). 2017年11月29日閲覧。
  9. ^ 峯田和伸、麻生久美子、リリー・フランキーがアヌシーW受賞アニメの日本語吹替担当”. 映画ナタリー (2017年11月9日). 2017年11月9日閲覧。
  10. ^ 安藤裕子の新曲MVで峯田和伸が金田一耕助役”. 音楽ナタリー (2016年2月24日). 2016年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]