ラテン音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サンバの太鼓演奏(ブラジル)

ラテン音楽(ラテンおんがく)は、中南米発祥の音楽の総称で、『中南米の音楽』を意味するラテン・アメリカ音楽英語: Latin American music)とほぼ同一の音楽ジャンル概念[1]キューバ・カリブ系、ブラジル系など、それぞれに音楽的特徴があり、また、ラテン・アメリカ系移民の多いニューヨークが、ラテン音楽の一つの本場でもあるなど、成り立ちや歴史も複雑であり、一言では言い表せない。

スカロックステディレゲエの発祥地、ジャマイカは主に英語が使われ、いわゆるラテン諸語圏ではないが、音楽においてはラテン音楽とみなされることが多い。また、中南米諸国が植民地であった時の宗主国であり、発生起源にも影響しているヨーロッパのラテン諸語圏(主にポルトガルスペインイタリア)を含めた音楽を指すこともある[2]

特徴など[編集]

ラテン音楽とされるものには沢山のスタイルが存在し、中にはアフリカ系アメリカ人の音楽的伝統要素を持ち、ヨーロッパアフリカ南アメリカ先住民族の音楽が混じった物も存在する。かつては多くの人間が、ラテン音楽はアフリカの影響を全く持たないものである、もしくはヨーロッパやアメリカ先住民族の要素を持たない、まさにアフリカ音楽そのものであるという二極的な論が展開されていたが、今日では一般的にラテン音楽というのは、本質的に色々な要素が融合したものであると見なされている。具体的に言えば、スペイン音楽の形式とアフリカ音楽のリズム、ヨーロッパの和声などは回帰線以下のラテン・アメリカ諸国の音楽の主要素であり、更に言えば、これは近代や現代の音楽であるロックヘヴィメタルパンクスカヒップホップジャズレゲエR&Bなどとある意味同様である。

日本においては、特にスペイン語圏のものに限って用いられることも多く、ラテン音楽専門のレコードショップなどではブラジル音楽を一切扱わない店もある。またブラジル音楽を愛好する人たちからも「ブラジル音楽はラテンではない」という意見もある。

音楽的特徴[編集]

ラテン音楽の浮き立つようなリズムはアフリカ直系の2拍子と3拍子の複合リズムや、現在のスペイン民謡や中南米各地の民謡に見られる8分の6拍子(2ビート)と4分の3拍子(3ビート)の交互進行である。ソンやサルサのように、これらのリズムが融合して発展したものも多い[3]

ラテン音楽のメロディフリギア旋法に近い「ミの旋法」と呼ばれるスペイン起源の音階が定番となっている[3]循環コードとソロ楽器の即興という定番のコード進行も、16世紀にヨーロッパで流行した流儀である。

主なスタイル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 必ずしも和製英語というわけではないが、英語の"Latin music"は字義通りでは今日ほとんど伝わっていない「古代ローマの音楽」を意味する。
  2. ^ 東 2002, pp. 14-21.
  3. ^ a b 石橋 2010, pp. 12-31.

参考文献[編集]

  • 石橋純 編 『中南米の音楽:歌・踊り・祝宴を生きる人々』 東京堂出版、2010年ISBN 9784490206678
  • 東琢磨 編 『カリブ・ラテンアメリカ 音の地図』 音楽之友社、2002年ISBN 4276238242

関連項目[編集]