豊田利晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とよだ としあき
豊田 利晃
生年月日 (1969-03-10) 1969年3月10日(48歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市東成区
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画ミュージック・ビデオCM
主な作品
映画
ポルノスター
青い春
ナイン・ソウルズ

豊田 利晃(とよだ としあき、1969年3月10日[1] - )は、日本映画監督脚本家。『ポルノスター』『青い春』『ナイン・ソウルズ』などの作品で知られる[2]

経歴[編集]

大阪府大阪市東成区出身[1]。9歳から17歳まで新進棋士奨励会に所属していた[3]。その時の体験をもとに、阪本順治監督の『王手』の脚本を書き上げ、映画界にデビューした[3]

1998年には渋谷の裏社会で正反対に生きる二人の若者を描いたバイオレンス映画『ポルノスター』を初監督(千原浩史主演)。その年の日本映画監督協会新人賞を受賞。2001年、4人の実在のボクサーを5年間追い続けた映像をまとめた『アンチェイン』を発表。松本大洋の人気コミックを映像化した『青い春』(松田龍平新井浩文主演)は、ミニシアター系では異例のヒットを飛ばした。2003年には9人の脱獄犯を描いた『ナイン・ソウルズ』を監督。苦闘する男達の痛みを描くことを基調とした作品を立て続けに発表した。

2005年には、直木賞作家角田光代の原作で、主演に小泉今日子を迎えた『空中庭園』を監督したが、同年8月24日、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕。判決は懲役2年執行猶予3年。監督逮捕に伴い『空中庭園』配給元のアスミック・エースは公開の延期か中止かという判断を迫られたものの、最終的に公開が決定。

2009年、監督復帰作『蘇りの血』を発表。

また、勝井祐二中村達也照井利幸とのユニットのTWIN TAILで音楽活動もおこなっている[4]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

CM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 【豊田利晃】邦画界の異端児 「笑い」と「間」と隠し味の「毒」”. ZAKZAK (2009年11月11日). 2015年12月5日閲覧。
  2. ^ 窪塚洋介&豊田利晃監督、初タッグで得た強烈なインパクト”. 映画.com (2012年2月22日). 2015年12月5日閲覧。
  3. ^ a b キョンキョン最新作の映画監督、覚せい剤所持で逮捕”. ZAKZAK (2005年8月25日). 2015年12月5日閲覧。
  4. ^ TWIN TAIL新春WWW公演で豊田利晃撮り下ろし短編上映”. ナタリー (2013年1月13日). 2015年12月5日閲覧。
  5. ^ “菅田将暉×桐谷健太W主演で「火花」映画化!板尾創路監督に又吉は全幅の信頼”. 映画.com. (2017年2月14日). http://eiga.com/news/20170214/2/ 2017年2月15日閲覧。 

外部リンク[編集]