豊田利晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
とよだ としあき
豊田 利晃
生年月日 (1969-03-10) 1969年3月10日(50歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市東成区
職業 映画監督
ジャンル 映画ミュージック・ビデオCM
主な作品
映画
ポルノスター
青い春
ナイン・ソウルズ
空中庭園

豊田 利晃(とよだ としあき、1969年3月10日[1] - )は、日本映画監督。『ポルノスター』『青い春』『ナイン・ソウルズ』『空中庭園』』などの作品で知られる[1]。監督した全作品で脚本を書いている[1]。『火花』(2017年公開、監督:板尾創路)では、監督の板尾と共同で脚本を書いた[2]

経歴[編集]

大阪府大阪市出身[1]将棋棋士を目指して9歳で関西奨励会に入会したが、同時期に関西奨励会員であった村山聖(九段)や佐藤康光(九段、永世棋聖資格者、タイトル13期、日本将棋連盟会長)らの才能を見て自らの限界を悟り、17歳の時に自ら退会した[1]

鉄工所勤務、フリーライターなどの職を経て、21歳の時に助監督として映画界に入り、その3か月後に書いた『王手』(1991年公開、監督:阪本順治)の脚本が一発で採用され、才能を認められた[1]

30歳時の1998年に渋谷の裏社会で正反対に生きる二人の若者を描いたバイオレンス映画『ポルノスター』を初監督(千原浩史主演)。その年の日本映画監督協会新人賞を受賞。2001年、4人の実在のボクサーを5年間追い続けた映像をまとめた『アンチェイン』を発表。松本大洋の人気コミックを映像化した『青い春』(松田龍平新井浩文主演)は、ミニシアター系では異例のヒットを飛ばした。2003年には9人の脱獄犯を描いた『ナイン・ソウルズ』を監督。苦闘する男達の痛みを描くことを基調とした作品を立て続けに発表した。

2005年には、直木賞作家角田光代の原作で、主演に小泉今日子を迎えた『空中庭園』を監督した。しかし、同年8月に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕され、有罪判決(執行猶予)を受けた[3]。豊田の逮捕に伴い『空中庭園』配給元のアスミック・エースは公開の延期か中止かという判断を迫られたものの、最終的に公開が決定。

豊田の才能は映画界から早い段階で高く評価されていたが、覚せい剤取締法違反事件を起こしたことにより、2005年から数年にわたり、新作を制作することができなかった[3]。2009年、監督作品『蘇りの血』が公開され、映画界へ復帰した[4]

2018年、奨励会を退会してから32年を経て監督した将棋映画『泣き虫しょったんの奇跡』が公開された[1]。豊田は奨励会を辞めた時は将棋を二度と指すまいと考え、映画監督になった後も将棋映画を撮るつもりは一切なかったと言うが、2010年頃に将棋棋士瀬川晶司自伝泣き虫しょったんの奇跡』を読み、自分と同じように棋士になる夢を一度は絶たれた瀬川が、紆余曲折の末に棋士になる夢を実現したことに感銘を受け、直ちに脚本の初稿を書き上げ、映画化の資金調達に奔走したが、手ごたえがないまま歳月が経過した[5]。しかし、2017年藤井聡太の活躍によって起きた将棋ブームに後押しされ、8年越しで『泣き虫しょったんの奇跡』の映画化が実現した[5]

2019年4月18日、自宅で拳銃を所持していたとして、銃刀法違反の容疑で静岡県警察現行犯逮捕された[6]。同月26日、静岡地方検察庁沼津支部は、豊田を処分保留で釈放した[7]。捜査は在宅で継続された[7]。静岡地方検察庁沼津支部は、5月23日付で豊田を不起訴処分とした[8]。5月24日、豊田はTwitterで「不起訴になったこと」を報告し、併せて「くだんの拳銃は豊田の祖父(故人)が戦中から所持していたものであること」を述べた[9]。「夕刊フジ」が伝える捜査関係者の談話には「しかしその拳銃は古い物でさび付いており、当然使用できるようなものではなかった。」とある[10]

音楽活動[編集]

勝井祐二中村達也照井利幸とのユニットのTWIN TAILで音楽活動を行っている[11]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

CM[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g “豊田利晃監督、「ようやく将棋に恩返し…」映画「泣き虫しょったんの奇跡」公開中!” (日本語). スポーツ報知. (2018年9月8日). オリジナルの2018年9月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180923212555/https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180907-OHT1T50155.html 2018年9月23日閲覧。 
  2. ^ “菅田将暉×桐谷健太W主演で「火花」映画化!板尾創路監督に又吉は全幅の信頼” (日本語). 映画.com. (2017年2月14日). オリジナルの2017年2月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170214174646/https://eiga.com/news/20170214/2/ 2018年9月23日閲覧。 
  3. ^ a b 豊田利晃監督の本当の意味での“復帰作”に 『泣き虫しょったんの奇跡』で再び放たれた輝き” (日本語). リアルサウンド (ニュースサイト) (2018年9月17日). 2018年9月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月23日閲覧。
  4. ^ ““蘇り”かけた豊田利晃監督の熱血演出秘話が続出” (日本語). 映画.com. (2009年12月9日). オリジナルの2013年7月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130615054504/https://eiga.com/news/20091219/4/ 2018年9月23日閲覧。 
  5. ^ a b “【今週の注目記事】将棋の〝虎の穴〟奨励会退会経験持つ映画監督が描く棋士の世界、藤井七段の存在が後押し” (日本語). 産経新聞. (2018年9月2日). オリジナルの2018年9月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180904173725/https://www.sankei.com/west/news/180902/wst1809020003-n1.html 2018年9月23日閲覧。 
  6. ^ 豊田利晃映画監督を逮捕=自宅に拳銃容疑-静岡県警” (日本語). 時事通信社 (2019年4月18日). 2019年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月18日閲覧。
  7. ^ a b “拳銃所持容疑の映画監督釈放 「火花」脚本、「泣き虫しょったんの奇跡」など”. サンケイスポーツ. (2019年4月26日). オリジナルの2019年4月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190426133850/https://www.sanspo.com/geino/news/20190426/geo19042619200036-n1.html 2019年4月26日閲覧。 
  8. ^ 拳銃所持の映画監督不起訴 静岡地検沼津支部” (日本語). 日本経済新聞. 2019年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月7日閲覧。
  9. ^ 豊田利晃 (2019年5月24日). “ツィート” (日本語). Twitter. 2019年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月7日閲覧。
  10. ^ 映画監督・豊田利晃容疑者の拳銃所持に“仰天の真相” 薬物捜査で浮上も…ピエール瀧被告とは別ルート” (日本語). 夕刊フジ (2019年4月25日). 2019年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月18日閲覧。
  11. ^ TWIN TAIL新春WWW公演で豊田利晃撮り下ろし短編上映”. ナタリー (ニュースサイト) (2013年1月13日). 2014年3月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]