佐々部清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ささべ きよし
佐々部 清
佐々部 清
生年月日 (1958-01-08) 1958年1月8日
没年月日 (2020-03-31) 2020年3月31日(62歳没)
出生地 日本の旗 日本 山口県下関市
死没地 日本の旗 日本 山口県下関市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1983年 - 2020年
事務所 レプロエンタテインメント(最終所属)
主な作品
陽はまた昇る
チルソクの夏
半落ち
夕凪の街 桜の国
ツレがうつになりまして。
東京難民
 
受賞
日本アカデミー賞
優秀監督賞
2005年半落ち
優秀脚本賞
2005年『半落ち』
その他の賞
日本映画監督協会新人賞
2003年チルソクの夏
新藤兼人賞 金賞
2004年『チルソクの夏』『半落ち』
日本映画批評家大賞
作品賞
2005年カーテンコール
2007年夕凪の街 桜の国
テンプレートを表示

佐々部 清(ささべ きよし、1958年1月8日 - 2020年3月31日)は、日本の映画監督山口県下関市出身。

経歴[編集]

山口県立豊浦高等学校明治大学文学部演劇科を経て横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)卒業。1983年より映画およびテレビドラマの助監督となり、主に和泉聖治降旗康男などの監督に師事した。映画現場デビューは、戸塚ヨットスクールを描いた青春ドラマ『スパルタの海』(1983年)だったが、公開前にスクール生の死亡事故が発生し、校長の戸塚宏が逮捕される事態となったため、お蔵入りとなってしまった。

2002年に『陽はまた昇る』で監督デビュー。以降、2003年チルソクの夏』、2004年半落ち』、2006年カーテンコール』、2007年夕凪の街 桜の国』、2011年ツレがうつになりまして。』などを監督。『チルソクの夏』『四日間の奇蹟』『カーテンコール』は下関三部作と呼ばれている。吉田拓郎の大ファンでもあり、2008年には全編吉田の音楽しか流れない映画『結婚しようよ』を作った[1][2]

2020年3月31日朝、次回作の制作準備のために宿泊中の山口県下関市内のホテルで倒れているのが見つかり、その後死亡が確認された[3]。死因は心疾患だった[4]。62歳没。2021年5月公開の『大綱引の恋』が遺作となった。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

主な助監督参加作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 日刊スポーツ、2008年2月2日17面
  2. ^ ほぼ日刊イトイ新聞 - あのひとの本棚。
  3. ^ 映画監督の佐々部清さん死去 「半落ち」がヒット”. 共同通信 (2020年3月31日). 2020年3月31日閲覧。
  4. ^ 佐々部清監督死因は心疾患 新作準備の下関で倒れる”. 日刊スポーツ (2020年4月1日). 2020年4月1日閲覧。

関連文献[編集]

外部リンク[編集]