藤井聡太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 藤井聡太 四段
名前 藤井聡太
生年月日 (2002-07-19) 2002年7月19日(14歳)
プロ入り年月日 2016年10月1日(14歳)
棋士番号 307
出身地 愛知県瀬戸市
師匠 杉本昌隆
段位 四段
戦績
2017年4月13日現在

藤井 聡太(ふじい そうた、2002年7月19日 - )は、将棋棋士杉本昌隆門下。棋士番号は307[1]。2016年9月現在、名古屋大学教育学部附属中学校在学[1]

概要[編集]

21世紀生まれで初となる将棋のプロ棋士である[1]

プロ入りまで[編集]

5歳のときに祖母から将棋を教わる[1]2010年3月に「アマ初段」で東海研修会に入会[2]2011年に第10回全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝[3]。同年10月にJT将棋日本シリーズ東海大会の低学年の部で優勝[4]2012年6月に研修会B1に昇級し新進棋士奨励会入会試験の一次試験免除の資格を得て、同年9月に奨励会に6級で入会[1]

奨励会入会以前から詰将棋の強さに定評があり、プロ棋士や奨励会員、詰将棋作家が多数参加する詰将棋解答選手権のチャンピオン戦には2011年の第8回大会に小学2年で初参加し参加24人中13位[5]と健闘した。2015年の第12回大会で同選手権史上初の「小学生による優勝」を達成し[1]、以後2017年の第14回大会まで3連覇。詰将棋作家としても、2012年に投稿時9歳で将棋世界詰将棋サロンの年間優秀作の谷川賞を受賞している[6]

2016年9月3日日本将棋連盟の第59回奨励会三段リーグで13勝5敗の1位となり[7]、10月1日付、14歳2か月でプロ棋士(四段)となる資格を得た[1][8]。中学生でプロ入りを果たしたのは加藤一二三谷川浩司羽生善治渡辺明に続く5人目で[1][8]、14歳2か月という年齢は加藤一二三の14歳7か月を62年ぶりに更新する最年少記録[1][8]。また、初参加の三段リーグで昇段したのは、全員が初参加の第1回リーグを除くと、小倉久史屋敷伸之川上猛松尾歩三枚堂達也に次ぐ史上6人目(うち、1位での昇段は小倉、川上、松尾、藤井の4名)。

プロデビュー[編集]

プロとしてのデビュー戦は、2016年12月24日に行われた第30期竜王戦6組ランキング戦の初戦、加藤一二三との対局。両棋士の年齢差は62歳6か月であり、記録に残っているプロ棋士の公式戦では最多年齢差の対局となった。この対局を110手で制しプロデビュー戦を勝利で飾り、公式戦出場と公式戦勝利の史上最年少記録を更新した。

2016年度はその後も勝ち続け、最終的に公式戦を10戦全勝。プロ入り初年度を全勝したケースは清野静男(1949年度・9勝0敗)以来、67年振り。2017年4月4日、王将戦1次予選で小林裕士に勝ち、松本佳介近藤正和の10連勝を更新するプロデビュー以来の11連勝の新記録を達成した。

公式戦に並行して通常の新四段に対しては組まれない非公式戦も行われ、2017年3月から4月にかけてAbemaTV将棋チャンネルで放映された「藤井聡太四段 炎の七番勝負~New Generation Story~」では、増田康宏(2016年新人王)、永瀬拓矢(2016年棋聖戦挑戦者)、斎藤慎太郎(2016年度勝率1位)、中村太地(過去タイトル挑戦2回)、深浦康市(A級在位中)、佐藤康光(A級在位中・将棋連盟会長)、羽生善治(タイトル三冠保持中)という錚々たる顔ぶれの対戦相手に6勝1敗と大きく勝ち越した(対永瀬のみ敗北)。特に2017年4月23日放送(収録日は同年2月18日[9])の羽生戦の勝利は、非公式戦であるにも係わらず各メディアで広く報道された[9][10][11]。藤井と同じく中学生棋士としてプロ入りした羽生は、AbemaTVの取材に対し、デビュー当時の自分と比べても藤井の将棋は完成度が高く、今後の成長に大いに期待できるとコメントした[12]

棋風[編集]

  • 得意戦法は角換わり[1]
  • 終盤で力を発揮する棋士で、相手の攻めを余して勝つ対局が多い[13]
  • 将棋に熱中すると極端な前屈姿勢になり、上部カメラで自陣が見えないくらい頭を盤面に近づける事がある[14]

人物[編集]

  • 母曰く「生活能力が低い」らしく、中学に入学したばかりの頃、大阪(関西将棋会館)に一人で泊まりがけで行かせたところ「服と傘を全部(将棋会館に)忘れて帰ってきた」という[2]
  • 学校の授業で好きな科目は「算数と体育」[2]。体育では球技が苦手で陸上競技系が得意[2]
  • ラーメンが大好物[15]。「味噌煮込みうどん[注釈 1]」も対局前によく食べるとの事[16]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2012年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2012年11月 5級
  • 2013年5月 4級
  • 2013年6月 3級
  • 2013年9月 2級
  • 2014年4月 1級
  • 2014年6月 初段
  • 2015年2月 二段
  • 2015年10月 三段
2016年度前期(第59回)より三段リーグ参加
  • 2016年10月1日 四段(第59回奨励会三段リーグ優勝) = プロ入り

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

記録[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 新四段誕生のお知らせ *藤井聡太(史上最年少四段)・大橋貴洸”. 日本将棋連盟 (2016年9月3日). 2017年1月14日閲覧。
  2. ^ a b c d 詰将棋選手権、最年少V 5人目の「中学生棋士」目指す - NIKKEI STYLE・2015年4月25日
  3. ^ 第10回全国小学生倉敷王将戦 - 日本将棋連盟
  4. ^ 将棋日本シリーズTableMarkこども大会 - Internet Archive 2016年12月26日閲覧
  5. ^ この年は東日本大震災の影響を考慮し、東京と大阪がそれぞれ個別の大会となった
  6. ^ 将棋世界 2013年3月号 2012年詰将棋サロン年間優秀作品選考会 210p - 214p
  7. ^ 第59回奨励会三段リーグ戦日本将棋連盟、2016年9月3日閲覧。
  8. ^ a b c 中学2年の将棋棋士誕生=愛知県の藤井聡太さん-62年ぶり最年少記録時事ドットコム、2016年9月3日、2016年9月3日閲覧。
  9. ^ a b 藤井四段 羽生三冠撃破! 驚異14歳、公式戦13連勝中 勢い止まらん”. スポーツニッポン (2017年4月24日). 2017年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月25日閲覧。
  10. ^ 「神の子」14歳・藤井四段、羽生3冠に勝った”. 報知新聞 (2017年4月24日). 2017年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月25日閲覧。
  11. ^ 藤井聡太四段、羽生善治棋聖に勝利 将棋13連勝中 非公式戦ながら大御所も撃破”. 産経新聞 (2017年4月23日). 2017年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月25日閲覧。
  12. ^ 将棋・藤井聡太四段 羽生善治三冠に勝利!「炎の七番勝負」6勝1敗の快挙”. AbemaTV (2017年4月23日). 2017年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月25日閲覧。
  13. ^ 第42期棋王戦予選 豊川孝弘)(2017.1.25)携帯中継など
  14. ^ 第30期竜王戦6組ランキング戦(2016年12月24日、ニコニコ生中継)など。
  15. ^ プロ棋士カラー名鑑2017 (扶桑社ムック)
  16. ^ 藤井4段の母明かす 勝負フードはみそ煮込みうどん”. 日刊スポーツ (2016年12月25日). 2017年1月18日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 「味噌煮込みうどん」は、独特の硬さのある麺で知られる名古屋名物の一つ。

外部リンク[編集]