北島忠雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 北島忠雄 七段
名前 北島忠雄
生年月日 (1966-01-04) 1966年1月4日(51歳)
プロ入り年月日 1995年4月1日(29歳)
棋士番号 214
出身地 東京都
師匠 関根茂
段位 七段
戦績
2014年8月16日現在

北島 忠雄(きたじま ただお 1966年1月4日-)は、将棋棋士関根茂九段門下。棋士番号は214。東京都出身。日本将棋連盟理事(2003年5月-2005年5月、2011年5月-)。

棋歴・実績[編集]

プロ入りに苦労した棋士の代表例である。

奨励会を抜けるのに15年かかり、四段昇段したのは29歳のときである。奨励会の同期には日浦市郎小野敦生中田功佐藤秀司がいるが、北島が四段昇段した当時、彼らは全員トーナメントプロとして相応の実績を挙げ、五段以上に昇段していた。

しかしながら、プロ入り後は相応の活躍をし、順調に出世する。

第39期(1997年度)王位戦予選でタイトル(棋聖)経験者の田中寅彦・後に二冠となる久保利明などに勝利し紅組リーグ入り。初代竜王島朗に勝利したものの、残留ならず。次期王位戦でも予選を勝ち抜き、白組リーグ入り。当時タイトルホルダー(棋聖)だった郷田真隆に勝利したものの、再びリーグを陥落した。

第54期(1995年度)より参加した順位戦ではC級2組在籍5期目となる第58期(1999年度)において8勝2敗・45人中3位の成績を修め、C級1組に昇級した。第61期(2002年度)も、C級1組において8勝2敗の好成績を修めたが、B級2組への昇級には至らなかった(仮に最終局で、北島自身が勝ち、勝数上位だった堀口一史座・勝数同点で北島より順位が上位だった屋敷伸之の両者が負けていたら、北島が昇級していた。しかし、堀口・屋敷ともに勝利し、昇級を阻止された形となった)。

2003年に六段に昇段。これは、竜王戦の昇段規定の一つである「竜王ランキング戦通算3回優勝」の条件によって昇段した初のケースである(竜王戦歴代本戦出場者 を参照)。

第22期竜王ランキング戦3組準決勝(2009年4月9日)で勝ち、自己最高の2組へ昇級。また、同年度、第17期銀河戦においては予選と本戦を勝ち抜き、16名で行われる決勝トーナメントに進出し、さらに羽生善治を破るなどしてベスト4入り。準決勝で阿久津主税(この期の優勝者)に敗れる。

人物・棋風[編集]

  • 居飛車党。温和な性格と語り口であるが、将棋では激しい戦法を用いることが多い。
  • NHK BS2で放送される「囲碁・将棋ジャーナル」の司会を務めたことがある。
  • 2003年に日本将棋連盟の理事選挙に出馬し当選、主にメディア・出版業務を担当するが、2005年の選挙では落選。
  • 2011年に日本将棋連盟の理事選挙に出馬し当選。主に総務部・電子メディア部を担当。

昇段履歴[編集]

  • 1980年 6級 = 奨励会入会
  • 1983年 初段
  • 1995年4月1日 四段 = プロ入り
  • 1999年6月3日 五段(勝数規定
  • 2003年10月1日 六段(竜王ランキング戦通算3回優勝) = 6組優勝(第11期)、5組優勝(第14期)、4組優勝(第16期)
  • 2014年8月14日 七段(勝数規定)[1]

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]