池永天志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 池永天志 五段
名前 池永天志
生年月日 (1993-04-20) 1993年4月20日(29歳)
プロ入り年月日 2018年4月1日(24歳)
棋士番号 314
出身地 大阪府大阪市[1]
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 小林健二九段
段位 五段
棋士DB 池永天志
戦績
一般棋戦優勝回数 2回
2021年4月5日現在
テンプレートを表示

池永 天志(いけなが たかし[1]1993年4月20日[1] - )は、日本将棋棋士小林健二門下[1]。棋士番号は314[1]

棋歴[編集]

小学生1年生のとき、父親が将棋の本を買ってきた事が、将棋を始めたきっかけ[1]

三段リーグには第47回(2010年上期)から参加。第48回と第51回では降段点が付いてしまい、第55回と第59回には「あと1勝で昇段」を経験するなど(最終的な順位はそれぞれ6位と4位)、厳しい状況が続いた。

そして参加から16期目となった第62回三段リーグ(2017年下期)では好調を維持し、自身最高の成績である14勝4敗の2位で、四段昇段(プロ入り)を決めた。

プロ入り前の2017年に行われた第14回詰将棋解答選手権では、藤井聡太に次ぐ2位を記録した[2]

プロ入り後[編集]

デビュー年度の2018年は、5月14日の第8期加古川青流戦2回戦で里見香奈に勝ち、プロ棋士として公式戦初勝利を果たす。そして2019年度は第9期加古川青流戦を勝ち抜き、決勝戦へ進出。 服部慎一郎三段との決勝三番勝負を2勝1敗で制し、一般棋戦の初優勝を決めた。

2020年度は年齢制限で最後の参加となった第51期新人王戦にて勝ち進み、決勝でも齊藤優希三段を相手に2連勝して、2回目の棋戦優勝を果たした。第33期竜王戦では6組の昇級者決定戦を制し5組へ昇級すると、第62期王位戦では予選を突破して、初の王位リーグ入りを決めた(2勝3敗で白組陥落)。

2021年度は第34期竜王戦にて5組ランキング戦の決勝に進出し、4組へ昇級した。そして第63期王位戦では2年連続のリーグ入りを果たし、4勝1敗で白組優勝。挑戦者決定戦に進出するも豊島将之に敗れ、藤井聡太王位への挑戦はならなかった[3]

棋風[編集]

人物・発言[編集]

  • パソコンが壊れてから、将棋ソフトを活用しての研究をやめた。「将棋を指すのが楽しかった頃を思い出し、頑張った」等と今回の三段リーグを振り返ってインタビューに答えている[4]
  • あだ名は「テンテン」 [5]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2006年9月  = 奨励会入会[1]
  • 2010年4月 三段 = 第47回奨励会三段リーグから[1]
  • 2018年4月1日 - 四段
  • 2021年4月3日 - 五段(竜王ランキング戦連続昇級)[6]

主な成績[編集]

棋戦優勝[編集]

将棋大賞[編集]

  • 第48回(2020年度):新人賞[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 新四段誕生のお知らせ *長谷部浩平・池永天志”. 日本将棋連盟 (2018年3月4日). 2018年3月4日閲覧。
  2. ^ 第14回詰将棋解答選手権の結果”. 日本将棋連盟 (2017年3月30日). 2018年3月4日閲覧。
  3. ^ 王位戦挑戦者に豊島九段 2年連続で藤井王位と対局”. 西日本新聞 (2022年5月31日). 2022年5月31日閲覧。
  4. ^ 「将棋世界」2018年5月号「新四段誕生 長谷部浩平四段&池永天志四段」
  5. ^ 携帯中継・第8期青流戦コメント(2018.5.14)ほか
  6. ^ 池永天志四段が五段に昇段|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2021年4月7日閲覧。
  7. ^ 第48回将棋大賞受賞者のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). www.shogi.or.jp. 2021年4月1日閲覧。

外部リンク[編集]